麻生太郎の発言・ニュース

麻生太郎

 麻生太郎は1940年生まれの自民党の日本の政治家で、日本国第92代内閣総理大臣を歴任している。

 学習院大学政経学部にて政治学士(学習院大学)を取得し、スタンフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学し、その後、政界入り前には麻生セメント株式会社代表取締役社長や社団法人日本青年会議所会頭を務めている。

 しかし、内閣総理大臣に就任中に「麻生おろし」と呼ばれる麻生太郎を内閣総理大臣から引きずりおろす動きが広がり辞任に追い込まれている。

 また、安倍晋三政権下において、副総理兼財務・金融相に任命されている。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相とムニューチン米財務長官が電話会談をしたという。なお、為替の話は出なかったとのこと。
・麻生財務相が3月のドイツG20での日米財務相会談を提案した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の麻生太郎の発言・ニュース

[2017-02-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相とムニューチン米財務長官が電話会談をしたという。なお、為替の話は出なかったとのこと。
・麻生財務相が3月のドイツG20での日米財務相会談を提案した。

[2017-02-15][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「極めて率直、建設的な話が多かった」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ペンス米副大統領、話がしやすいと実感」「トランプ米大統領とペンス米副大統領はいいコンビ」「日米関係、ぐちゃぐちゃすることにならないのでは」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ペンス副大統領は日本の雇用への貢献よく知っていた」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米国ダラス-ヒューストンの新幹線建設プロジェクトで米国の関係者がきょう来日する」「日米対話、中間選挙までの成果を手際よくやりたい」「日米経済対話、プロジェクトも含めて協議」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ムニューチン米財務長官、まだ円安と言える状況でないとの理解で話したい」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米財務長官、為替、市場分かった上で話できる人と思う」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米財務長官、通商協定に為替は難しいと分かっていると思う」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ムニューチン米財務長官は為替、市場を分かった上で話できる人と思う」「米財務長官は通商協定に為替は難しいと分かっていると思う」「TPP交渉では米国から為替の要求があったが実現せしなかった」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ドル安とFRB利上げは矛盾している」「為替水準は、どれくらいがいいかは業界によって違う」「為替は市場でやるのが最もいいとG7、G20で合意されている」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替介入の話はG7やG20で合意済み」「ドル安とFRBの利上げは矛盾」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「アップダウンが激しくていい思いをする人はいない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「財政健全化を維持しながら今の経済を成長させていく」

[2017-02-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米経済対話は総理からトランプ米大統領に申し込んだ」「経済対話の具体的な構成や内容は今後米国と議論」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ムニューチン氏とは為替を含む従来どおりの議論を行う」
・麻生財務相は閣議後会見で、財務長官に承認される見通しのムニューチン氏とは、為替を含め、さまざまな課題について意見交換すると述べた。また、ペンス米副大統領とのもとで進める「経済対話」の枠組みに関し、マクロ経済政策やアジア太平洋地域における貿易・投資関係の強化などを議論する考えを示している。

[2017-02-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替はマーケットで決まる」「金融政策は円安誘導を目的としていない」「為替政策はG7、G20の合意に沿って対応してきている」

[2017-02-06][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「教育国債は名を変えた赤字国債という声もある」「教育国債には慎重でなければならない」

[2017-02-03][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「金融政策は円安誘導を目的としていない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「金融政策は円安誘導を目的にしていない」「為替政策はG7などの合意にそって適切に対応」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替に関してはこれまでも日米間で頻繁に話し合ってきた」

[2017-02-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「2国間貿易における為替条項はなじまない」

[2017-01-31][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替は日米で意思疎通する事が重要」「日米首脳会談への同行はまだ決まっていない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替に関わる話は通貨当局間で議論、日米間では意思疎通をしていく」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「トランプ氏という不確定要素入ってきている」「今年前半は円安、ドル高の傾向がしばらく続くと予想する」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「(経済には)トランプという不確定要素が入ってきている」「今年前半は円安ドル高の傾向がしばらく続くと予想」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替相場は、日米間でよく意思疎通することが重要」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替の方向性や水準についてはコメントを控える」「円高方向に推移したことが大きな理由」

[2017-01-30][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「金融政策の具体的な手法は日銀にゆだねられるべき」「日銀が物価安定目標実現に向けて努力されると期待」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「永久国債債は政府として検討していない」「日銀保有国債の永久債化は、財政規律の信認が損なわれる」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「政府として永久国債は検討していない」

[2017-01-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「アメリカの貿易赤字の半分くらいが中国」「進出日系企業が雇用する米国人は80万人くらい」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「貿易の話も出てくるのだと思う」と述べた。その上で、会談では日本企業が米国内でどの程度の雇用を生み出しているかなど「現状を話すことが大事」

(最終更新日時 2017-02-17 02:20)

麻生太郎の発言・ニュース バックナンバー

麻生太郎 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース