麻生太郎の発言・ニュース

麻生太郎

 麻生太郎は1940年生まれの自民党の日本の政治家で、日本国第92代内閣総理大臣を歴任している。

 学習院大学政経学部にて政治学士(学習院大学)を取得し、スタンフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学し、その後、政界入り前には麻生セメント株式会社代表取締役社長や社団法人日本青年会議所会頭を務めている。

 しかし、内閣総理大臣に就任中に「麻生おろし」と呼ばれる麻生太郎を内閣総理大臣から引きずりおろす動きが広がり辞任に追い込まれている。

 また、安倍晋三政権下において、副総理兼財務・金融相に任命されている。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「G7サミットでは持続的で包摂的な経済成長を議論」
・麻生太郎財務相「G7サミットでは、持続的で包括的な経済成長を議論する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の麻生太郎の発言・ニュース

[2017-05-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「G7サミットでは持続的で包摂的な経済成長を議論」
・麻生太郎財務相「G7サミットでは、持続的で包括的な経済成長を議論する」

[2017-05-15][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「保護貿易の色が強くなるのではという話が出ていたが、そうした面はかなり解消したのではないか」
・麻生財務相は、イタリアで開いたG7財務相・中銀総裁会議に出席し、中国の資本規制の監視を強めるよう国際通貨基金(IMF)に要請した。中国は人民元安に歯止めをかけるため、元の海外送金を規制しており、麻生氏は「外国資本が本国に送金する際に支障が出ている。国際社会としても注視する必要がある」と訴えている。

[2017-05-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ムニューチン米財務長官と為替の話はしていない」
・麻生財務相は「自由貿易に背を向けるべきではない」「IMFに中国の資本規制について注視を要請」「ムニューシン氏と為替の議論はしなかった」「経済成長は再分配のためにも必要」「世界経済の見通しは明るくなっている」「ムニューシン氏と2国間貿易の話は出なかった」などと述べた。
・麻生財務相はムニューチン米財務長官と為替の議論はしなかったことを明らかにした。

[2017-05-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「G7では日本の経済政策について説明」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米利上げ、注意深く見ておかないとよくわからない」「G7財務相・中銀総裁会議では、テロ資金対策や国際課税など幅広い分野で率直な議論ができると考えている」

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎財務相は6日、横浜市で開かれているアジア開発銀行(ADB)年次総会の開会式で演説し、アジアで高度な技術を使ったインフラ整備を促進するため、ADBの新基金に2年間で4千万ドル(約45億円)を拠出すると表明した。議長国として「インフラ整備を推進するとともに、質を高めることが重要だ」と述べ、連携を訴えた。麻生氏は、途上国のインフラ整備にアジアでは今後15年間で26兆ドル(約2900兆円)が必要になると指摘した。新基金を通じ、鉄道や再生可能エネルギー事業で高度な環境技術を導入する際などの追加費用を賄う。
・麻生太郎財務相と中国の肖捷(シアオチエ)財務相は6日、2年ぶりとなる日中財務対話を横浜市で開き、双方が関心を持つ分野の共同研究を進めることで一致した。中国の過剰生産・債務など構造問題を取り上げる見通しだ。金融協力をめぐっては、日中が通貨を融通し合う「通貨スワップ協定」の再開を議論。経済危機が起きた場合、人民元が必要な日本企業や円が必要な中国企業に、互いの通貨を安定的に供給する制度で、2013年に終了したままだった。
・麻生財務相は、アジア開発銀行(ADB)の年次総会であいさつし、「日本はADBと密接に協力していく」と強調し、新たな投資銀行を設立した中国を牽制した。

[2017-05-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「世界経済は不透明」「インフラ需要や高齢化に対応していく」「為替レートは市場で決定されるべき」「円は安定通貨、力発揮できる」
・麻生太郎財務相は5日、横浜市で記者会見し、今週のロス米商務長官との会談では貿易赤字の話題にはならなかったことを明らかにした。同日午前に開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)などとの会議後、記者団に語った。
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「世界経済、政策取り巻く不透明性根強い」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米金利にIMF、世銀、各国が関心」「米国は利上げにおいて慎重になる必要」「米利上げ、少しずつ上げるのが通常」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「自由貿易の結果、日本の経済力は大きくなった」

[2017-05-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「需給ギャップは改善しつつあり失業率は3%未満だ」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日本のインフレ率は緩やかに上昇」「北朝鮮問題は日本にとって差し迫った問題」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「米国にとってTPP回帰が最善と判断するだろうが、それまでには時間が必要」

[2017-05-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生副総理・財務相は、ブラジルのサンパウロで同国のテメル大統領と会談し、日本のインフラ輸出や北朝鮮情勢について協議した。そのなかで、ブラジル政府はサンパウロ郊外での鉄道整備を計画しており、日本側に協力を求めたという。

[2017-04-28][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「米国抜きのTPP発効は現実的。TPP11の発効は早いかもしれない」「為替問題は日米経済対話で取り扱わず、日米財務相で行う。ムニューチン氏は現実の金融や為替をやってきた人物で、意味はよくわかっている」
・麻生太郎財務相「消費税引き上げの環境は整っており、以前より上げやすい状況になりつつある。予定通りの方向で進んでいる」

[2017-04-25][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「自由貿易堅持の流れを引き続き推進」「仏大統領選、大きく割れている」「仏大統領選、近接している状況で何とも言えない」
・麻生太郎・財務相「出口戦略を含めて、金融政策の手法は日銀に委ねるもの」

(最終更新日時 2017-05-24 01:56)

麻生太郎の発言・ニュース バックナンバー

麻生太郎 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース