麻生太郎の発言・ニュース

麻生太郎

 麻生太郎は1940年生まれの自民党の日本の政治家で、日本国第92代内閣総理大臣を歴任している。

 学習院大学政経学部にて政治学士(学習院大学)を取得し、スタンフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学し、その後、政界入り前には麻生セメント株式会社代表取締役社長や社団法人日本青年会議所会頭を務めている。

 しかし、内閣総理大臣に就任中に「麻生おろし」と呼ばれる麻生太郎を内閣総理大臣から引きずりおろす動きが広がり辞任に追い込まれている。

 また、安倍晋三政権下において、副総理兼財務・金融相に任命されている。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生財務相は、G20財務相・中銀総裁会議後の記者会見で、米国が求める日米2国間の貿易協定について、「TPPより、米国が良い条件を取れる保証はない。どちらの方が日米にとっていいのか話をさせて頂く」として、米国側にTPPの利点を説明していく考えを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の麻生太郎の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生財務相は、G20財務相・中銀総裁会議後の記者会見で、米国が求める日米2国間の貿易協定について、「TPPより、米国が良い条件を取れる保証はない。どちらの方が日米にとっていいのか話をさせて頂く」として、米国側にTPPの利点を説明していく考えを示した。

[2017-04-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「従来のG20声明の内容を確認できた」「世界経済の見通しは改善しているがリスクを注視しなければいけない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米財務相会談で為替は財務相レベルで対応と確認」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「トランプ米大統領のドル高けん制発言はムニューチン米財務長官が後日解説を加えたので特に問題とは思わない」

[2017-04-20][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日本と米国は公平で自由な市場を強くする必要」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ヘリコプターマネーや財政ファイナンスは日銀の独立性を毀損し、金融政策への信頼損ねる」「好ましくないインフレを引き起こすため、日本は財政規律を放棄できない」「日本の財政問題への特効薬はない、景気回復・財政改革の達成へ忍耐強く努力続ける必要」
・麻生副総理兼財務相は、訪問先のNYで講演し、米国が離脱したTPPについて、5月下旬の閣僚会合で米国以外の署名国による協定発効が議論されるとの見通しを示した。

[2017-04-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米経済対話、摩擦ではなく協力の前提で話す」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「次回の日米経済対話、米政権人事の承認後になる」「日米経済対話は、協力を前提に協議する」「日米経済対話で細かい話をすることはできない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米の摩擦は過去、今は協力になりつつある」
・麻生太郎副総理「日米経済対話発足は時宜を得たもの」「世界の経済成長をリードしていく」
・麻生太郎副総理「ペンス副大統領は日米関係強化に精力的に取り組んできた」「第2回経済対話の開催で一致」
・麻生太郎副総理「安全保障は日米で情報交換していくことが大切」

[2017-04-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「金利は安い方が企業にとっていい。銀行のために経済があるわけではない」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米経済対話は自由貿易のルールづくりが最大の目的」「朝鮮半島で何かあれば日米経済対話は18日かわからない」
・自民党の麻生副総理兼財務大臣は、みずからの派閥のパーティーで、「2大政党による政権交代よりも、自民党の中に大きな政策集団があって切磋琢磨(せっさたくま)していくほうが政治が安定する」と述べ、最大派閥の細田派に匹敵する派閥の形成に力を尽くす考えを示した。自民党内では、安倍総理大臣の出身派閥の細田派が最大規模のおよそ100人で、麻生副総理兼財務大臣が率いる麻生派は、ことし2月に甘利前経済再生担当大臣らが入会して40人余りと4番目の規模になっている。

[2017-04-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「消費増税ができる経済状況にすることが肝心」

[2017-04-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ペンス米副大統領は4月18-19日まで来日予定」「経済や安保含めた日米関係が深まることを期待」「米中首脳会議がこのタイミングで開かれることは有意義」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日米経済対話は貿易、為替に限らず幅広く議論する」

[2017-04-04][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「日銀短観は全体として改善している」

[2017-03-28][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替市場は憶測で動く傾向がある」
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「為替の水準にはコメントしない」「米政権は人事が落ち着くまでゴタゴタする」

[2017-03-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・麻生太郎副総理兼財務・金融相「物価安定は一義的には日銀が対応するもの」「引き続き日銀と連携し、デフレからの早期脱却に取り組む」

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

麻生太郎の発言・ニュース バックナンバー

麻生太郎 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース