ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

ウィリアム・ダドリー

 【2015年FOMC投票権保有】ウィリアム・C・ダドリーは1952年生まれのアメリカの経済学者で、アメリカ ニューヨーク連銀総裁・FOMC(連邦公開市場委員会)の副議長です。

 ダドリーは、アメリカの証券大手のゴールドマン・サックスのチーフエコノミストを経て、2007年にニューヨーク連邦準備銀行に入行し、2009年からニューヨーク連銀の総裁に就任しています。

 また、2010年の連邦準備銀行総裁の給与によると、ダドリーは「年間41万ドル以上」の12連銀総裁の中でもトップクラスの給与となっている。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-12][NP+4.8 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.3]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBある時点でブレーキをより強く踏む必要の公算」「緩やかな利上げ継続の論拠依然強い」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「今年の米GDP伸び率を2.5-2.75%と予想」「成長過熱が現実のリスクとなること懸念」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「資産価値は高水準だが特に懸念されない」「インフレ率が2%目標に向けて高まると予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「最近の利回り曲線のフラット化懸念せず」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBは18年3回利上げが合理的な出発点と予想」「データ推移次第でより速くなったり遅くなる公算」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-11-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「現時点でビットコインにかなり懐疑的」「ビットコインは安定した価値を保っていない」

最近のウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

[2018-01-12][NP+4.8 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.3]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBある時点でブレーキをより強く踏む必要の公算」「緩やかな利上げ継続の論拠依然強い」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「今年の米GDP伸び率を2.5-2.75%と予想」「成長過熱が現実のリスクとなること懸念」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「資産価値は高水準だが特に懸念されない」「インフレ率が2%目標に向けて高まると予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「最近の利回り曲線のフラット化懸念せず」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBは18年3回利上げが合理的な出発点と予想」「データ推移次第でより速くなったり遅くなる公算」

[2017-12-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリーNY連銀総裁がインタビューで、12月にFF金利の誘導目標を引き上げる「合理的な根拠」があるとの考えを示したと報じている。また、来年の追加利上げ見通しについて、連邦議会で新たに採択され得る財政出動も影響する可能性があると述べたという。

[2017-11-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「現時点でビットコインにかなり懐疑的」「ビットコインは安定した価値を保っていない」

[2017-11-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRB議長交代に向けた動きはこれまでは順調」「FOMCは適切な政策の道筋で強く団結」「FRB議長の交代は全く心配ない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「資本・流動性規則の強化策は堅持する必要」「米国はまさに完全雇用の状態にある」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率が目標をやや下回っても懸念せず」「労働市場はさらに逼迫し賃金の伸びやや加速へ」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBが良い仕事をすればドルへの信認は高いままに」「当局が良い仕事をすればドルへの信認は高いままに」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「当局の責務に照らし2%は適切なインフレ目標」

[2017-11-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ドッド・フランク法の見直しは慎重に」「後任探しのプロセスは現在進行中」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBは問題ない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FOMCの空席、政策に影響しない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレ抑制維持へ2%を小幅に上回る必要も」「米経済は完全雇用に近い。インフレは不可解」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「イエレンFRB議長からパウエル氏への移行はスムースに進む」「後任探しのプロセスは現在進行中」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FOMCの空席が政策に影響することはない」「本年にインフレに驚き」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「2%インフレは上限ではない」

[2017-11-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー米ニューヨーク連銀総裁が2019年1月までの任期より前の退任を計画しているという。
・米NY連銀のダドリー総裁が任期が切れる2019年1月より前の退任を計画していると報じている。 関係者によると、ダドリー総裁は来年にも退任する見通しで、NY連銀の幹部は後任を探しているという。
・ダドリー米ニューヨーク連銀総裁が2018年半ばに引退すると発表した。

[2017-10-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「税制や移民、貿易を含め政策に課題」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「2017年は3回の利上げ軌道にある」

[2017-10-07][NP+4.2 HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「段階的な緩和解除はなお適切」「インフレ率の目標未達、構造的変化が一因の可能性も」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げは穏やかな軌道を続けるべき」「インフレは上昇し、2%前後で安定すると予想」

[2017-09-25][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「一時的で特殊な物価要因は薄れる見通し」「インフレ率は上昇し目標の2%近辺で安定する見通し」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FOMCは緩和政策の段階的解除を継続する見通し」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FF金利は次回リセッションまでに今よりも高水準になる」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「一時的で、独特な物価要因はなくなる、インフレは上昇へ」「米国経済が近く、景気後退に陥る可能性はかなり低い」

[2017-09-08][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「構造的な変化がインフレを抑制している可能性」「ドル安や世界的成長は貿易部門の重しを緩和」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融政策の緩和解除を続けるのが適切」「中期的にインフレ率は2%に上昇する見込み」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「緩和的な金融政策の解除を続けるのが適切」「バランスシートの縮小を比較的早期に開始する可能性」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ドル安や世界的な成長が貿易面での重しを緩和する」「米利上げの軌道は引き続き浅めとなるだろう」
・タドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融当局のMBS保有で金利変動を抑制の可能性」
・タドリー・ニューヨーク連銀総裁「低調なインフレで市場の利上げ期待が後退」「自然災害は経済成長を支援するケースが多い」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーン被害は、短期的に経済に悪影響を及ぼす」「景気は幾分勢いづいている」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「段階的な利上げは適切」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレは2%目標を下回っており、忍耐強くなれる」「バランスシート縮小は、比較的早期に始まる公算が大きい」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーン被害は、短期的に経済に悪影響を及ぼす」などと発言した。
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーンが利上げ時期に影響する可能性も」

(最終更新日時 2018-01-13 18:29)

ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース バックナンバー

ウィリアム・ダドリー カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース