ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

ウィリアム・ダドリー

 【2015年FOMC投票権保有】ウィリアム・C・ダドリーは1952年生まれのアメリカの経済学者で、アメリカ ニューヨーク連銀総裁・FOMC(連邦公開市場委員会)の副議長です。

 ダドリーは、アメリカの証券大手のゴールドマン・サックスのチーフエコノミストを経て、2007年にニューヨーク連邦準備銀行に入行し、2009年からニューヨーク連銀の総裁に就任しています。

 また、2010年の連邦準備銀行総裁の給与によると、ダドリーは「年間41万ドル以上」の12連銀総裁の中でもトップクラスの給与となっている。

HDP

中間派

 HDP   -0.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-12-05][NP+4.6 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融政策は時間とともに多少の引き締めが望ましい」「FOMCの2大責務の達成は遠くない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-03-01][NP+3.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの主張はより説得力のあるものになっている」「Fairly soon(かなりすぐに)は近い将来を意味する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「データの大半はトレンド上回る成長と合致」「利上げの主張は大幅により説得力あるものに」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの根拠はかなり説得力のあるものになった」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げは比較的近い将来の公算」「緩和の縮小継続を予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「3%成長は一定の条件の下で可能」

[2017-01-17][NP-3.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「景気拡大は今後数年続くと楽観している」「最近のドル高は物価に下向きの圧力」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「2%の物価は今後数年で実現する可能性が高い」「国境税の変更はドルの価値を変える可能性がある」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「経済の成長が今後数年継続すると楽観視」

最近のウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

[2017-03-21][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は21日、米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ) の口座不正開設問題について、金融業界に存在する、業績に基づく報酬体系が引き続き問題との見方を示し、銀行が企業内文化を刷新するまでの「道のりは長い」と述べた。ダドリー氏はロンドンで行われた金融関係者向けスピーチの中で、Wファーゴの不正を受け「報酬体系が再び不祥事の軸になっているようだ」と語った。

[2017-03-01][NP+3.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの主張はより説得力のあるものになっている」「Fairly soon(かなりすぐに)は近い将来を意味する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「データの大半はトレンド上回る成長と合致」「利上げの主張は大幅により説得力あるものに」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの根拠はかなり説得力のあるものになった」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げは比較的近い将来の公算」「緩和の縮小継続を予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「3%成長は一定の条件の下で可能」

[2017-02-16][NP+3.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率はFRB目標の2%に向かっている」「米国の経済成長はトレンドを若干上回る」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBは今後数カ月内にさらに利上げと予想」「FRBは金融緩和を穏やかに解除へ」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「現時点で財政政策を予想に入れるのは難しい」「トランプ政権の政策はまだ明確でない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBは金融政策緩和を緩やかに解除へ」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「政策の不確実性が大幅に上昇」「不確実性が高い中での株価上昇は異例」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ボルカールールをより効果的にすることが恐らく可能」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「中国は依然課題に直面、信用が急速に増大」「中国は今年より安定した成長経路に」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「バランスシートの議論を比較的早期に始める必要がある」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「関税障壁は輸入価格を引き上げ、インフレを加速させる」

[2017-01-17][NP-3.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「景気拡大は今後数年続くと楽観している」「最近のドル高は物価に下向きの圧力」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「2%の物価は今後数年で実現する可能性が高い」「国境税の変更はドルの価値を変える可能性がある」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「経済の成長が今後数年継続すると楽観視」

[2017-01-12][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.1]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「経済には信頼できる銀行システムが必要」

[2016-12-06][NP+3.8 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.1]
・ダドリー・NY連銀総裁「債券市場の調整は遅すぎた可能性」「投資家は経済状況の改善を予想している」
・ダドリー・NY連銀総裁「賃金はもう少し上昇するのが望ましい」「経済への下向きリスク、恐らく縮小したもよう」
・ダドリー・NY連銀総裁「さらなる財政政策は一段と速やかな利上げを意味する可能性」
・ダドリー・NY連銀総裁「ドッドフランク法案は、撤廃よりも修正が望ましい」「強いドルは経済状況の改善を反映」

[2016-12-05][NP+4.6 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融政策は時間とともに多少の引き締めが望ましい」「FOMCの2大責務の達成は遠くない」

[2016-11-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.1]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FEDは数年のうちにインフレ目標を達成する」「経済成長は上昇トレンドにあり、雇用も増加する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「経済成長はトレンドを上回っており、雇用増加を生み出している」「インフレ目標に対してますます楽観視している」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「米国債利回りの上昇は消費支出期待の上昇を表している」「金融市場の動向を懸念していない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FEDの2%のインフレ目標は天井ではない」「中期的な2%のインフレを期待」「金融市場の動向を懸念していない」

[2016-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁の講演テキストが公表されたが、「金融政策や経済に関しては触れず」となっている。

[2016-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・ダドリー・NY連銀総裁「強固な金融システムが健全な経済を下支え」

(最終更新日時 2017-03-22 05:40)

ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース バックナンバー

ウィリアム・ダドリー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース