ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

ウィリアム・ダドリー

 【2015年FOMC投票権保有】ウィリアム・C・ダドリーは1952年生まれのアメリカの経済学者で、アメリカ ニューヨーク連銀総裁・FOMC(連邦公開市場委員会)の副議長です。

 ダドリーは、アメリカの証券大手のゴールドマン・サックスのチーフエコノミストを経て、2007年にニューヨーク連邦準備銀行に入行し、2009年からニューヨーク連銀の総裁に就任しています。

 また、2010年の連邦準備銀行総裁の給与によると、ダドリーは「年間41万ドル以上」の12連銀総裁の中でもトップクラスの給与となっている。

HDP

中間派

 HDP   -0.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-17][NP+4.8 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ダドリーNY連銀総裁がインタビューで、「市場は3-4回の可能性があるとみているが、5回または6回の可能性は非常に低いとわたしには思える」「長期にわたる『中立金利』を考えるうえで、3%は合理的な出発点となる」「株式市場の水準は妥当、国内金融状況もなお非常に緩和的」との見方を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-04-04][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・NY連銀総裁「現SF連銀総裁のウィリアムズ氏を、次期総裁に指名」

最近のウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

[2018-06-16][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「雇用を守るためにインフレの点検継続は必要」「中立を若干上回る水準への利上げが必要になる可能性も」「金融政策はいずれはやや引き締め的になるだろう」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FRBの政策はいずれ若干引き締め気味になるだろう」

[2018-05-05][NP+3.6 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ダドリーNY連銀総裁「これから2年間の見通しは非常に良い」「経済は潜在的な水準を上回るペースで成長」
・ダドリーNY連銀総裁「インフレは進展があるが、勝利宣言はまだ先」「任務完了宣言の前にバランスシートの完全正常化を」
・ダドリーNY連銀総裁「さらなる雇用の健全な伸びが見られた」
・ダドリーNY連銀総裁「貿易協議論争のリスクが逆風に」「ビットコインは良い通貨ではない」

[2018-04-19][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「より積極的な政策引き締めの論拠は強くない」「FRBのインフレ目標引き上げを支持せず」「貿易と財政政策、中長期のリスクを高めた」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「段階的な利上げ軌道、引き続き適切」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「18-19年の米経済、潜在成長率を上回る成長」「ほとんどのFOMC参加者、若干引き締め気味である必要と判断」「減税と歳出拡大が個人所得と企業収益を拡大する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「財政政策と通商政策が不透明要因」「ほとんどのFOMC参加者、若干引き締め気味である必要と判断」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「さらに積極的な利上げのシナリオ、説得力ない」「貿易、財政政策が長期のリスクになる」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「関税戦争になれば非常に悪い結果に」

[2018-04-17][NP+4.8 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ダドリーNY連銀総裁がインタビューで、「市場は3-4回の可能性があるとみているが、5回または6回の可能性は非常に低いとわたしには思える」「長期にわたる『中立金利』を考えるうえで、3%は合理的な出発点となる」「株式市場の水準は妥当、国内金融状況もなお非常に緩和的」との見方を示したと報じている。

[2018-04-16][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「貿易障壁が高まれば米経済にとって悪材料」「株式市場のバリュエーションは不合理ではないように見える」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「市場は4回以上の利上げがありそうもないことを理解している」「FRBは緩やかに緩和策を解除していく」

[2018-04-04][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・NY連銀総裁「現SF連銀総裁のウィリアムズ氏を、次期総裁に指名」

[2018-03-02][NP     HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリーNY連銀総裁「保護主義貿易は答えにならない」
・ダドリーNY連銀総裁「過剰な外貨準備は世界の調整機能を損ねる可能性」「保護貿易は答えにならない」
・ダドリーNY連銀総裁「関税引き上げは価格に上向きの圧力与える」
・ダドリーNY連銀総裁「速やかなペースでの利上げを予想している」「25bpの4回の利上げは依然緩やかな利上げに相当する」
・ダドリーNY連銀総裁「米国経済、潜在的水準を上回る成長を予想している」「低いインフレで積極的な利上げは困難」

[2018-02-24][NP-1.0 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「量的緩和は依然として有用な手段」「ゼロ金利環境下、QEは依然有益な手段」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「我々は国債のイールドのみ注目しているわけではない」「我々は米債利回りだけを注視しない」

[2018-02-09][NP+4.6 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金利上昇が株式市場への重し」「株安が続けば支出に影響を及ぼす可能性」「世界経済は堅調」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「今年の利上げ回数、1-4回とみるのは時期尚早」「今年4回の利上げはあり得る、景気見通し上向けば」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「速やかな世界の成長を受けて、市場は調整」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「長期金利の上昇はFOMCの金利見通しが一因」「金融引き締めの市場織り込み具合は適切」「FRBが緩和策の解除が必要である一段の自信」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「強すぎる経済は急激な引き締めにつながる可能性」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融引き締めの市場織り込み具合は適切」「強過ぎる経済、さらなる金融引き締めにつながり得る」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレはなお2%未満、FOMCは辛抱できる」「米政府の債務返済コスト、大幅上昇へ」

[2018-02-07][NP     HDP -0.2 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「銀行業務と報酬の関連性を高めることは可能だ」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「株式相場の急変、景気見通しに影響与えず」「株式市場の急変は経済見通しに何の影響も与えていない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「株式相場の下落は、中央銀行が重視する話には今のところなっていない」「今回の株式相場の下落はそんなに大きくない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「株価下落はまだ中央銀行が重視する話ではない」「株式相場の急変は景気見通しに影響与えず」

(最終更新日時 2018-06-18 12:36)

ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース バックナンバー

ウィリアム・ダドリー カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース