ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

ウィリアム・ダドリー

 【2015年FOMC投票権保有】ウィリアム・C・ダドリーは1952年生まれのアメリカの経済学者で、アメリカ ニューヨーク連銀総裁・FOMC(連邦公開市場委員会)の副議長です。

 ダドリーは、アメリカの証券大手のゴールドマン・サックスのチーフエコノミストを経て、2007年にニューヨーク連邦準備銀行に入行し、2009年からニューヨーク連銀の総裁に就任しています。

 また、2010年の連邦準備銀行総裁の給与によると、ダドリーは「年間41万ドル以上」の12連銀総裁の中でもトップクラスの給与となっている。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-15][NP+3.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「自身の見通しは今年初めから変わっていない」「米成長率は依然として2%近辺と予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「年初から比べて見通はほとんど変化していない」「依然として2%近い成長と逼迫した労働市場を見込んでいる」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「保有資産、9月行動との見方は不合理ではない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレは幾分上昇すると予想」「経済が予想通り展開すれば年内もう一度の利上げ支持」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「9月にバランスシート縮小という市場の見方は不合理ではない」「コーン氏、FRB議長候補として妥当な人材」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレはいくらか上昇すると予想」「経済が予想通りに展開すれば、2017年の追加利上げを支持する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「バランスシート縮小に関する発表は間近」「バランスシートが2.5-3.5兆ドルの規模に近づくには5年近くかかると予想する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウィリアム・ダドリーの発言・ニュース

[2017-09-08][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「構造的な変化がインフレを抑制している可能性」「ドル安や世界的成長は貿易部門の重しを緩和」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融政策の緩和解除を続けるのが適切」「中期的にインフレ率は2%に上昇する見込み」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「緩和的な金融政策の解除を続けるのが適切」「バランスシートの縮小を比較的早期に開始する可能性」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ドル安や世界的な成長が貿易面での重しを緩和する」「米利上げの軌道は引き続き浅めとなるだろう」
・タドリー・ニューヨーク連銀総裁「金融当局のMBS保有で金利変動を抑制の可能性」
・タドリー・ニューヨーク連銀総裁「低調なインフレで市場の利上げ期待が後退」「自然災害は経済成長を支援するケースが多い」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーン被害は、短期的に経済に悪影響を及ぼす」「景気は幾分勢いづいている」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「段階的な利上げは適切」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレは2%目標を下回っており、忍耐強くなれる」「バランスシート縮小は、比較的早期に始まる公算が大きい」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーン被害は、短期的に経済に悪影響を及ぼす」などと発言した。
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ハリケーンが利上げ時期に影響する可能性も」

[2017-09-04][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ニューヨーク連銀のダドリー総裁が、米銀ウェルズ・ファーゴで幹部を務める親族1人の存在を開示するのを怠ったとして外部の法律事務所の調査を受け、その結果、問題はなかったとの結論が下されたことが、年次開示文書で示された。同連銀のウェブサイトに掲載された文書の説明によれば、ダドリー総裁による不開示は意図的ではなかったと判断された。総裁は自身のミスに気付いた4月に、同連銀のコンプライアンス(法令順守)担当者と理事会メンバーにその旨を伝え、ニューヨークの法律事務所ジェナー&ブロックに調査が依頼されたという。

[2017-09-02][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・NY連銀はダドリー総裁の16年の年次財務情報を開示。また、法律事務所がダドリー総裁の行為巡り独立した調査を実施。また、調査ではダドリー総裁は意図的ではなかったと判断。

[2017-08-15][NP+3.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「自身の見通しは今年初めから変わっていない」「米成長率は依然として2%近辺と予想」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「年初から比べて見通はほとんど変化していない」「依然として2%近い成長と逼迫した労働市場を見込んでいる」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「保有資産、9月行動との見方は不合理ではない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレは幾分上昇すると予想」「経済が予想通り展開すれば年内もう一度の利上げ支持」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「9月にバランスシート縮小という市場の見方は不合理ではない」「コーン氏、FRB議長候補として妥当な人材」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレはいくらか上昇すると予想」「経済が予想通りに展開すれば、2017年の追加利上げを支持する」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「バランスシート縮小に関する発表は間近」「バランスシートが2.5-3.5兆ドルの規模に近づくには5年近くかかると予想する」

[2017-08-10][NP+1.0 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレは中期的に2%目標に向けて上昇へ」「雇用の増加にもかかわらず、生産性の低迷が賃金の伸びを抑えている」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「経済は緩やかな成長トレンド継続すると想定」「緩やかな賃金成長は生産性の低下を反映」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ドルは下落、輸入物価に影響する」「インフレが2%に達成するには時間がかかる」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「前年比の物価はしばらく抑制される」

[2017-06-26][NP     HDP -0.4 CHDP +0.1 RHDP +3.2 CRHDP -0.1]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「債券ポートフォリオの縮小は非常に慎重に注意深く実施する」

[2017-06-19][NP+4.0 HDP -0.4 CHDP +0.1 RHDP +3.2 CRHDP -0.1]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「インフレはFRBが望む水準をやや下回っている」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「景気拡大はなお長期間続くと確信」「米経済は完全雇用に非常に近い」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「我々は金融状況をそれほど引き締めていない」

[2017-05-11][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁はこの日の講演で、米経済や金融政策の見通しについて言及しなかった。
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「保護貿易は経済に長期的な影響を及ぼす」「貿易障壁により生産性が低下するかもしれない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「米国経済は回復が続いている」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「米金融当局に積極的に金融を引き締める緊急性はない」

[2017-04-08][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「ボルカー・ルール、見直しを支持」「500億ドルのSIFI基準、大幅引き上げはあり得る」「銀行の負担軽減へ、ストレステスト変更を検討も」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「FOMCはまだバランスシート計画を策定中」「政策の優先手段は金利でありバランスシートではない」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「バランスシート縮小、将来の拡大余地を生む」「バランスシート、危機前の規模には戻らないだろう」「バランスシート縮小は年内か来年早期に開始へ」
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「バランスシート縮小は利上げにわずかな中断しかもたらさない可能性」

[2017-04-04][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「学資ローンの増加は将来的に消費の阻害要因になる」

(最終更新日時 2017-09-09 00:34)

ウィリアム・ダドリーの発言・ニュース バックナンバー

ウィリアム・ダドリー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース