エリック・ローゼングレンの発言・ニュース

エリック・ローゼングレン

 エリック・S・ローゼングレンは、1957年生まれのアメリカの経済学者及び銀行マンで、第13代ボストン連銀総裁です。

 ローゼングレンは、経済学者として財政上の問題と実体経済との間の関係リサーチする事をテーマとしており、それを100以上の論文や記事を書いて広く公開している。

 また、リーマンショック後のアメリカの金融政策については「所得の伸びと経済の目標に沿った失業率を達成しつつあるという確証が得られるまで、国債買い入れを引き続き実施すべきだ」と発言するなど「ハト派」として知られている。

HDP

中間派

 HDP   -0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-20][NP+3.0 HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +4.2 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の経済状況は依然としてかなり良好」「利下げをし過ぎるのも負担になる」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「低い国債金利は世界的な経済の弱さを示している」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の消費は強く、個人支出は成長をサポートできる」「FEDは問題がなければそこまで緩和をすべきではない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済が良好であることを理由に、7月のFOMCでの利下げに反対した」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「現在、利下げをする多くの必要性は見られない」「利下げを正当化する成長減速の証拠が必要」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「著しい問題がないときに、過剰に利下げすることには注視が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエリック・ローゼングレンの発言・ニュース

[2019-11-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FRBのインフレ目標に非常に近づいている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDのインフレターゲットにかなり近い」「経済は良い位置にある」「FEDは以前のように多くの政策手段を持っていない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国においてはマイナス金利は適さない」「インフレレンジの採用を優先」

[2019-11-12][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・米ボストン連銀のローゼングレン総裁が、米経済は依然良好だとして、FRBによる利下げは不要という考えを強調したと報じている。
・米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は11日、米経済は依然良好だとして、連邦準備理事会(FRB)による利下げは不要という考えを強調した。

[2019-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FRBがマイナス金利を導入する確率は低い」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「景気後退時、マイナス金利を利用することを望まない」

[2019-10-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・米ボストン連銀のローゼングレン総裁は実施した講演で、FRBは利下げを検討するにあたり慎重に対処する必要があるとし、消費動向が鍵を握るとの見方を示した。

[2019-10-12][NP+1.0 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済はリスクに直面するが、消費者支出は強い」「金融政策はすでに調整されている」「成長が大幅に低下した場合はさらなる緩和も」「今後の緩和は予想しない」

[2019-10-05][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「下半期、1.7%の成長を予想」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「財政の安定を心配する必要がある」「失業率は非常に低く、安定した経済下で期待されるような雇用の伸びを実現している」「労働市場が逼迫している場合、賃金と価格は時間とともに上昇すると予想」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「現状のサイクルにおいて、労働市場は期待通り」「製造業が貿易摩擦に影響を受けている」「経済成長は潜在成長率の1.7%の付近にある」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「低金利に関するリスクを懸念している」

[2019-09-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「金利の引き下げが金融不安を高める」「過度に低いレートは、次の景気後退のリスクをさらに高める」

[2019-09-20][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.2 CRHDP +0.0]
・米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は20日、不確実性に対応するために利下げを行うことには代償が伴うとし、米経済には刺激策は必要ないとの考えを改めて示した。
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米経済に刺激策は必要ない」「不確実性に対応の利下げは代償が伴う」

[2019-09-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +4.2 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「データ順調ならFRBが直ちに行動する必要ない」「リスク上昇したが米経済にとってまだ現実でない」「リスクより鮮明になれば追加緩和必要になる公算」「個人消費継続なら米経済の2%前後の成長予想」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「リスクは上昇したが、まだ現実的ではない」「米経済のリスクが鮮明となればFRBは積極的に利下げすべき」「政策の調整が必要かどうかを見極めるために今後の指標を注視」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「合意なき英離脱は短期的にかなりの混乱の恐れ」「英EU離脱は金融市場通じ米国に影響与える公算」

[2019-08-20][NP+3.0 HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +4.2 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の経済状況は依然としてかなり良好」「利下げをし過ぎるのも負担になる」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「低い国債金利は世界的な経済の弱さを示している」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の消費は強く、個人支出は成長をサポートできる」「FEDは問題がなければそこまで緩和をすべきではない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済が良好であることを理由に、7月のFOMCでの利下げに反対した」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「現在、利下げをする多くの必要性は見られない」「利下げを正当化する成長減速の証拠が必要」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「著しい問題がないときに、過剰に利下げすることには注視が必要」

(最終更新日時 2019-11-20 17:35)

エリック・ローゼングレンの発言・ニュース バックナンバー

エリック・ローゼングレン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース