エリック・ローゼングレンの発言・ニュース

エリック・ローゼングレン

 エリック・S・ローゼングレンは、1957年生まれのアメリカの経済学者及び銀行マンで、第13代ボストン連銀総裁です。

 ローゼングレンは、経済学者として財政上の問題と実体経済との間の関係リサーチする事をテーマとしており、それを100以上の論文や記事を書いて広く公開している。

 また、リーマンショック後のアメリカの金融政策については「所得の伸びと経済の目標に沿った失業率を達成しつつあるという確証が得られるまで、国債買い入れを引き続き実施すべきだ」と発言するなど「ハト派」として知られている。

HDP

中間派

 HDP   -0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-13][NP-1.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「インフレ率が上昇しないことに驚いている」「米国経済は力強さを維持しており、貿易問題に耐えることが出来る」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2019-05-13][NP-1.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「インフレ率が上昇しないことに驚いている」「米国経済は力強さを維持しており、貿易問題に耐えることが出来る」

最近のエリック・ローゼングレンの発言・ニュース

[2019-09-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +4.2 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「データ順調ならFRBが直ちに行動する必要ない」「リスク上昇したが米経済にとってまだ現実でない」「リスクより鮮明になれば追加緩和必要になる公算」「個人消費継続なら米経済の2%前後の成長予想」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「リスクは上昇したが、まだ現実的ではない」「米経済のリスクが鮮明となればFRBは積極的に利下げすべき」「政策の調整が必要かどうかを見極めるために今後の指標を注視」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「合意なき英離脱は短期的にかなりの混乱の恐れ」「英EU離脱は金融市場通じ米国に影響与える公算」

[2019-08-20][NP+3.0 HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP +4.2 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の経済状況は依然としてかなり良好」「利下げをし過ぎるのも負担になる」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「低い国債金利は世界的な経済の弱さを示している」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国の消費は強く、個人支出は成長をサポートできる」「FEDは問題がなければそこまで緩和をすべきではない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済が良好であることを理由に、7月のFOMCでの利下げに反対した」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「現在、利下げをする多くの必要性は見られない」「利下げを正当化する成長減速の証拠が必要」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「著しい問題がないときに、過剰に利下げすることには注視が必要」

[2019-08-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米ボストン連銀のローゼングレン総裁は、追加利下げに対する「明確で説得力のある」論拠はないとの考えを示した。ローゼングレン総裁は、7月30-31日のFOMCにおいて、カンザスシティー連銀のジョージ総裁とともに金利据え置きを主張し、反対票を投じている。

[2019-08-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン米ボストン連銀総裁「緩和する明らかで説得力のある理由はない」

[2019-07-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDの金融政策は為替や株式市場に焦点を当てていない」「米経済は非常に好調で、失速はしていない」「6月の雇用統計は良かった」「経済の減速の証拠を探しているが、見当たらない」

[2019-05-23][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FRBは米中は通商合意に至ると予想」「もし通商摩擦への予想が違う場合、金融政策の再考も必要」「関税は米経済にとって大きなリスク」

[2019-05-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「貿易摩擦による不確実性がFRBを忍耐強くする重要な理由」「インフレは時間とともに2%に回帰するだろう」「最近のデータは緩やかな成長と一致」

[2019-05-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米経済は貿易摩擦を乗り切れる」「長期の高関税は成長を圧迫する」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「現在の米金融政策は緩和的」「インフレの高まりがほとんど確認されていない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁は、米中通商問題をめぐる緊張の高まりで景気が減速した場合、FRBは利下げを含む必要な手段を持ち合わせているとの考えを示した。ただ現時点ではこうした必要性はないと見ている、と指摘している。

[2019-05-13][NP-1.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「インフレ率が上昇しないことに驚いている」「米国経済は力強さを維持しており、貿易問題に耐えることが出来る」

[2019-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「昨年から若干の成長鈍化があったものの、経済活動の拡大ペースは短期的に失業率を一段と押し下げるのに十分となる見込みであり、したがって私のモード予測ではリセッション(景気後退)は予想されない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「低実質金利と低インフレは金融政策の余地を制限させる」「インフレ率は予想をやや下回っている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDによるインフレレンジ導入を支持」「FEDは2%インフレ持続の兆候を待っている」

(最終更新日時 2019-09-05 17:04)

エリック・ローゼングレンの発言・ニュース バックナンバー

エリック・ローゼングレン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース