エリック・ローゼングレンの発言・ニュース

エリック・ローゼングレン

 エリック・S・ローゼングレンは、1957年生まれのアメリカの経済学者及び銀行マンで、第13代ボストン連銀総裁です。

 ローゼングレンは、経済学者として財政上の問題と実体経済との間の関係リサーチする事をテーマとしており、それを100以上の論文や記事を書いて広く公開している。

 また、リーマンショック後のアメリカの金融政策については「所得の伸びと経済の目標に沿った失業率を達成しつつあるという確証が得られるまで、国債買い入れを引き続き実施すべきだ」と発言するなど「ハト派」として知られている。

HDP

中間派

 HDP   -0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-06-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「金融の安定性に多くの作業が必要」「金利を短期的、もしくは長期的に低く維持する必要がある」「話し合いの中で、より前向きなガイダンスを提供」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2020-04-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDと政府は迅速かつ積極的に行動」「景気刺激に誰も取り残されるべきではない」「経済を動かし続ける人々に必要なサポートを行う」「現在の危機は経済モデルを覆す」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率は急上昇すると想定」「金融への波及回避が最重要」「ウィルスの拡散を阻止するための取り組みに国民が自信を持っていると、経済はより早く回復できる」「FEDは金融のスピルオーバーを最小限に抑えることができるが、公衆衛生危機を完全に相殺することはできない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDのプログラムの主な目的は失業率の上昇を抑制すること」「感染リスクが低下するまで人々は仕事に戻らないだろう」「州および地方自治体はパンデミックによって深刻な影響を受けている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDは資金調達の仕事をより効果的にすることが可能」「第2四半期末までに失業率が10%を超えることを想定」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「景気後退は確実だが、長期の見通しは控える」「より高いレバレッジのセクターは課題に直面」「コロナウィルスショックは経済に構造的変化をもたらす」

最近のエリック・ローゼングレンの発言・ニュース

[2020-06-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「金融の安定性に多くの作業が必要」「金利を短期的、もしくは長期的に低く維持する必要がある」「話し合いの中で、より前向きなガイダンスを提供」

[2020-06-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「尚早な経済活動再開は大きなリスクを伴う」「金融と財政面で一段の緩和策が必要になる可能性」「2020年末の米失業率は2ケタになると予想」

[2020-05-20][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率、ピークは20%近くになるだろう」「20年末の失業率、ふたケタ水準に高止まりへ」「FEDは完全雇用、物価安定の回復へあらゆる措置」「失業期間の最短、企業の流動性確保が最優先の政策」「FEDには融資制度を調整する能力ある」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率は年末まで2桁を維持し、20%前後でピークとなる可能性が高い」「FRBは短期資金調達市場の圧力緩和を支援した」「大規模な金融政策と財政政策を実行する時」

[2020-04-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDと政府は迅速かつ積極的に行動」「景気刺激に誰も取り残されるべきではない」「経済を動かし続ける人々に必要なサポートを行う」「現在の危機は経済モデルを覆す」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率は急上昇すると想定」「金融への波及回避が最重要」「ウィルスの拡散を阻止するための取り組みに国民が自信を持っていると、経済はより早く回復できる」「FEDは金融のスピルオーバーを最小限に抑えることができるが、公衆衛生危機を完全に相殺することはできない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDのプログラムの主な目的は失業率の上昇を抑制すること」「感染リスクが低下するまで人々は仕事に戻らないだろう」「州および地方自治体はパンデミックによって深刻な影響を受けている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDは資金調達の仕事をより効果的にすることが可能」「第2四半期末までに失業率が10%を超えることを想定」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「景気後退は確実だが、長期の見通しは控える」「より高いレバレッジのセクターは課題に直面」「コロナウィルスショックは経済に構造的変化をもたらす」

[2020-03-20][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「市場は来週か再来週に安定すると思う」「社債の購入を含むすべてが選択肢としてあるべき」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率は大幅に上昇すると予測」「来週か再来週のうちに多くのレイオフが見られると予測」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済はウィルスショックからいくつかの点で回復している」

[2020-03-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「景気後退期のマイナス金利は経済にあまり役立たない」「米国債利回りは低く、低金利に続く可能性」「FEDは購入可能な資産を拡大する必要がある」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「景気後退期は財政政策の助けが必要」「財政政策支援が十分ではない」

[2020-01-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「資産価値やインフレの上昇リスクを注視」「インフレ率は2%まで上昇するだろう」「堅調な労働市場により賃金の上昇圧力が増す」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「金融安定性リスクはすぐには見られない」「赤字支出への依存度を下げるために経済成長を好む」「危機以前と比べ金融セクターは資本が強化された」

[2019-12-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「2020年に米国がリセッションに陥ることはないだろう」「辛抱強く経済を評価する良い機会」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「世界経済は依然として多くの下振れリスクに直面」「データが変わらない限り、さらなる緩和は必要ない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「労働市場は非常にタイト」「2.5%のFFレートが中立水準」「金融安定性については依然として懸念を抱いている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国経済において、リセッションの可能性は少ない」

[2019-11-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FRBのインフレ目標に非常に近づいている」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「FEDのインフレターゲットにかなり近い」「経済は良い位置にある」「FEDは以前のように多くの政策手段を持っていない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国においてはマイナス金利は適さない」「インフレレンジの採用を優先」

[2019-11-12][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
・米ボストン連銀のローゼングレン総裁が、米経済は依然良好だとして、FRBによる利下げは不要という考えを強調したと報じている。
・米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は11日、米経済は依然良好だとして、連邦準備理事会(FRB)による利下げは不要という考えを強調した。

(最終更新日時 2020-06-24 12:20)

エリック・ローゼングレンの発言・ニュース バックナンバー

エリック・ローゼングレン カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース