G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

G20国旗

 G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の関係者による発言や声明文、その他、G20と関連性が高いと考えられる相場に関するニュースなどを掲載しています。

 G20は、「Group of Twenty」の略式表記で、主要国首脳会議に参加する8か国、欧州連合、新興経済国11か国の計20か国・地域からなるグループです。

 また、このカテゴリ内においてHDP・RHDPの数値は複数のG20関係者の発言を元に算出しているため、その値は目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-01-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相・中銀総裁の代理会議は、2日間の日程を終えた。世界経済は減速懸念が強まっており、会議では米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題といったリスク要因を点検。年末年始の世界的な株価乱高下など金融市場の動向についても意見を交わしたもようだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のG20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

[2019-01-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相・中銀総裁の代理会議は、2日間の日程を終えた。世界経済は減速懸念が強まっており、会議では米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題といったリスク要因を点検。年末年始の世界的な株価乱高下など金融市場の動向についても意見を交わしたもようだ。

[2019-01-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・新興国を含むG20財務相・中銀総裁会議の代理会議が17-18日に東京都内であり、日本が議長国を務める今年のG20が始動する。議論は6月の首脳会合(大阪サミット)がヤマ場。世界経済の動揺を招いた米中貿易摩擦を和らげ、持続的な成長のための協調姿勢を取り戻せるかが焦点になる。

[2019-01-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相中銀総裁代理会議が17、18日に都内で開催される。財務省と日銀が発表した。同代理会議に先立ち、17日に日銀財務省共催G20シンポジウムが開かれる。G20シンポジウムでは、日銀の雨宮副総裁が開会あいさつ、黒田総裁が基調講演、麻生財務相が閉会あいさつなどが予定されている。

[2018-12-03][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・ブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は1日、首脳宣言を採択して閉幕。首脳宣言には世界経済が抱える様々なリスクへの指摘や、国際協調の枠組みの機能改善などが盛り込まれたが、米国の反対により「保護主義と闘う」との文言は盛り込まれなかった。
・安倍首相は、G20首脳会議の関連会議で演説し、人工知能(AI)の普及に関し「日本は新時代のルールづくりを主導する」と指摘した。2020年の東京五輪・パラリンピックでAIを使った最先端の顔認証技術など新たな技術を導入する考えも示している。

[2018-11-30][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・「米ホワイトハウスのナバロ通商製造政策局長は20カ国地域(G20)首脳会議に参加する」ようだ。また、「ナバロ氏は米中首脳会談に同席する」という。
・G20首脳会議の開幕を控え、共同声明策定に向けた協議は、貿易や移民、気候変動などの問題で合意にこぎ着けることができず、難航しているもようだと報じている。ドイツの政府高官は、G20が採択する共同声明をめぐる協議について「非常に困難だ」と語ったという。
・G20のためにアルゼンチンに訪れたトランプ米大統領、トルドー加首相、ニエト・メキシコ大統領は新たな北米自由貿易協定(NAFTA)を調印した。トランプ米大統領は「NAFTA批准にはほとんど問題は無かった」「いくつかの国の為替操作は悪いことだ」と発言している。調印前後も加ドルは小動きで、対ドルは1.3305加ドル近辺、対円は85.32円前後で推移している。

[2018-11-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・政府が、来年日本で開かれるG20財務相中銀総裁会議で、米中の貿易摩擦の背景にある経常収支の不均衡の問題や、高齢化が世界経済に与える影響などを議題とする方針を固めた、と報じている。麻生副総理兼財務相は、こうした方針を、今月末からアルゼンチンで開かれるG20の会議に合わせて表明することにしているという。

[2018-10-12][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・インドネシアで始まったG20財務相中銀総裁会議は、初日の討議を終え、11日の世界同時株安の背景にあると指摘されている米国と中国の貿易摩擦について、多くの国から懸念の声が相次いだ。そうしたなか、出席者のひとりである麻生財務相は、「世界経済が抱えるリスクの一部は現実化してきているとして、各国は警戒を怠るべきではない」と指摘していた。
・20カ国地域(G20)財務相中央銀行総裁会議が11日夜(日本時間同)、インドネシアのバリ島で開幕した。米国の金利上昇や米国と中国の貿易摩擦への懸念から世界同時株安となる中、世界経済の現状と課題について議論した。

[2018-09-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20はアルゼンチンで貿易投資相会合を開き、米中貿易摩擦などを念頭に「国際貿易の現在と将来の課題に対処できるよう、世界貿易機関(WTO)の改善に向けた方策を緊急に協議する必要がある」とする閣僚声明を採択した。

[2018-07-30][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれていたG20農相会議は、「世界貿易機関(WTO)のルールに反する保護主義的な非関税措置が増えていることへの懸念」を表明する共同声明を採択して閉幕した。強硬な通商政策を進めるトランプ米政権と中国などとのあいだで貿易摩擦が激化しているなか、声明は「国際貿易で不必要な障壁を採用することを控える」とも明記している。

[2018-07-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・20か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G20)が22日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで閉幕した。声明では「貿易摩擦や地政学リスクを背景に短期・中期的に成長の下振れリスクが増している」「新興国市場は市場のボラティリティや資本流出のリスクに直面している」「通貨の競争的切下げを回避し、競争力のために為替レートを目標としない」などとした。
・アルゼンチンで開かれていたG20財務相・中銀総裁会議は、共同声明を採択して閉幕した。貿易摩擦の激化で「世界経済の成長下振れリスクは増している」と危機感を示し、失速回避へ米国と関係国が「対話と行動」を強める必要があると表明。米利上げを念頭に、資金の流れの変化で悪影響が及びかねない新興国経済の監視を続けるとしている。

(最終更新日時 2019-01-22 00:01)

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース バックナンバー

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議) カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース