スティーブン・ムニューチンの発言・ニュース

スティーブン・ムニューチンの発言・ニュース

 スティーブン・ターナー・ムニューチンは、1962年生まれのアメリカの銀行家であり政治家で、トランプ米大統領により米財務長官に指名された。

 ムニューチンはゴールドマン・サックスの共同経営者を務め推計4000万ドルを稼ぎ出し、トランプ氏の選挙時には陣営の財務責任者も務めた。

 なお、彼はゴールドマン・サックス時代、過小評価された資産から巨額な利益を生みだすことに長けており、その手腕が米財務長官として期待されている。

HDP

中間派

 HDP   +1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-13][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官「新型肺炎で、中国との第1段階合意の履行は減速」
・ムニューチン米財務長官は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な悪影響は一時的であり、2020年以降も続くことはないと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスティーブン・ムニューチンの発言・ニュース

[2020-02-13][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官「新型肺炎で、中国との第1段階合意の履行は減速」
・ムニューチン米財務長官は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な悪影響は一時的であり、2020年以降も続くことはないと述べた。

[2020-02-10][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官が、2020年のGDP伸び率が3%を下回るとの見通しを示したと報じている。航空機大手ボーイングの737MAXの運航停止などが理由にあたるという。
・ムニューチン米財務長官は7日、2020年の国内総生産(GDP)伸び率が3%を下回るとの見通しを示した。航空機大手ボーイングの737MAXの運航停止などが理由。

[2020-02-07][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官が、新型コロナウイルスの感染拡大が中国経済に影響しているものの、中国が「第1段階」の通商合意で交わしたコミットメントを堅持すると想定していると述べたと報じている。

[2020-02-06][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官「コロナウイルスの感染拡大で、現時点では中国のサプライチェーンが大きな問題とはなっていない」「米国はボーイングのせいで今年の3%成長は見込めない」

[2020-01-27][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官は実施した講演で、「安定的なドルを支持する」と表明した。ただ、それ以上のコメントは控えるとも述べており、さらなる明言は見送られている。

[2020-01-24][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官とロス商務長官が、米国は年内にEUと英国とのあいだで通商合意をまとめる見通しを示したと報じている。同時に、インドとの通商交渉では年内合意は想定していないと述べたという。
・ムニューチン米財務長官が、中間所得層を対象とした減税を検討していると明らかにしたと報じている。減税とは別に「成長刺激策を考えている」とも述べたという。
・ムニューチン米財務長官「超長期債はもはや短期的な計画ではなく、検討を続けている」
・ムニューチン米財務長官は24日、米国は年内に英国との通商合意締結を望んでいると述べた。

[2020-01-23][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官は22日、スイスで開催中の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、中国との「第2段階」の通商合意を結ぶ厳密な期限はないと述べた。
・同席したムニューチン米財務長官は計画を取り下げないなら「自動車会社への課税を検討する」と報復措置を取ると警告し、英米の対立が鮮明になった。
・ムニューチン米財務長官は23日、訪問先のスイス東部ダボスで記者会見し、英国との貿易協定は「トランプ米大統領の極めて重要な優先課題だ」と述べた。英国が欧州連合(EU)から離脱後、「年内に合意できると期待している」と早期実現に強い意欲をのぞかせた。会見に同席したロス商務長官は「米英はサービス(貿易)の比重が大きく経済が類似している」と指摘。「EUよりも(貿易に関する)懸案がはるかに少ない」とも述べ、英国との早期交渉妥結は可能だとの見方を示した。

[2020-01-22][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官は、通商合意によるプラスの影響や米ボーイングの旅客機「737MAX」の運航再開などにより、2020年の米経済成長率は国際通貨基金(IMF)などの予測を上回る可能性があると述べた。
・ムニューチン米財務長官「中国との第2段階合意は(大統領)選挙前でも選挙後でも可能」「第2段階合意は締め切りは決まっていない」「米国は今後30日間、第1段階の合意の実施に焦点を当てる」
・ムニューチン米財務長官「中国との第2段階合意に期限はない」

[2020-01-21][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官「トランプ米大統領はインフラ拡大を望む」「今年の米成長率予想は低すぎる」
・ムニューチン米財務長官「最近の貿易取引は成長を促進」「米国の貿易問題は世界経済の成長に影響を与えなかった」「短期的にインフレ率は非常に低いと予想」

[2020-01-21][NP     HDP +1.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.0]
・ムニューチン米財務長官「トランプ米大統領はインフラ拡大を望む」「今年の米成長率予想は低すぎる」
・ムニューチン米財務長官「最近の貿易取引は成長を促進」「米国の貿易問題は世界経済の成長に影響を与えなかった」「短期的にインフレ率は非常に低いと予想」

(最終更新日時 2020-02-14 12:11)

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース バックナンバー

スティーブン・ムニューチン カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース