ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-12][NP+3.0 HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領「経済的に非常に良いことがあった」「多くの自動車会社が米国に戻ってくる」
・トランプ次期米大統領「最も多くの雇用を生み出す大統領になる」
・トランプ次期米大統領「医薬品、入札方式を始める」
・トランプ次期米大統領「納税申告書は公表しない」「会社の経営権は二人の息子に譲る」
・トランプ次期大統領「外国政府からのホテル売上金を財務省へ寄付。(弁護士が明らかに)」「オバマケアを廃止、置き換えへ」
・トランプ次期米大統領「メキシコとの壁に関する交渉は、就任後開始」「メキシコからは何らかの形で壁建設費用を徴収」
・トランプ次期米大統領「米国外に転出する企業に大規模な国境税を課す」「すべての国々は米国にこれまで以上に敬意を払うだろう」
・選挙後初めてとなった記者会見でトランプ次期米大統領が、日本に2回言及したと報じている。ともに貿易不均衡の相手先として攻撃している中国とメキシコと並べて呼んだもので、具体的な問題には言及しなかったものの、貿易赤字の解消策の矛先が今後、日本に向かう可能性も懸念されそうだ、という。
・トランプ次期米政権の国務長官に指名されたティラーソン前エクソンモービル会長は、上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島について、「合意に従って対応する」と述べ、日米安保条約に基づき日本を防衛する考えを表明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-01-12][NP+3.0 HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領「経済的に非常に良いことがあった」「多くの自動車会社が米国に戻ってくる」
・トランプ次期米大統領「最も多くの雇用を生み出す大統領になる」
・トランプ次期米大統領「医薬品、入札方式を始める」
・トランプ次期米大統領「納税申告書は公表しない」「会社の経営権は二人の息子に譲る」
・トランプ次期大統領「外国政府からのホテル売上金を財務省へ寄付。(弁護士が明らかに)」「オバマケアを廃止、置き換えへ」
・トランプ次期米大統領「メキシコとの壁に関する交渉は、就任後開始」「メキシコからは何らかの形で壁建設費用を徴収」
・トランプ次期米大統領「米国外に転出する企業に大規模な国境税を課す」「すべての国々は米国にこれまで以上に敬意を払うだろう」
・選挙後初めてとなった記者会見でトランプ次期米大統領が、日本に2回言及したと報じている。ともに貿易不均衡の相手先として攻撃している中国とメキシコと並べて呼んだもので、具体的な問題には言及しなかったものの、貿易赤字の解消策の矛先が今後、日本に向かう可能性も懸念されそうだ、という。
・トランプ次期米政権の国務長官に指名されたティラーソン前エクソンモービル会長は、上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島について、「合意に従って対応する」と述べ、日米安保条約に基づき日本を防衛する考えを表明した。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-01-23][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は23日、国内の雇用創出が就任1週目の最優先課題であることを示すため、実業界および労働界の首脳らとそれぞれ個別に会談する。トランプ政権高官が明らかにした。トランプ大統領はダウ・ケミカルのアンドルー・リベリス最高経営責任者(CEO)率いる製造業諮問委員会メンバーと朝食会を開く予定。商務省に助言する同諮問委のメンバーはトランプ氏が指名した。公表されている大統領のスケジュールによると、その後、同日午後には労働界リーダーらと会談する。
・アメリカのトランプ大統領がNAFTA=北米自由貿易協定の再交渉を打ち出したことについて、経団連の榊原会長は記者会見で、「仮に今の自由な貿易体制が変わってくるのであれば、日本からメキシコに進出している数多くの企業が非常に大きな影響を受けるわけで、戦略の見直しが当然起こってくると思う。どういう形になるか、注意深く見守っていかないといけない」と述べた。
・トランプ米大統領(ビジネスリーダーとの朝食会で)「極めて大規模な減税を実行する」「極めて大規模な規制緩和を実行する」
・トランプ米大統領(ビジネスリーダーとの朝食会で)「極めて大規模な国境税を課す意向だ」

[2017-01-21][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・ドナルド・トランプ氏は第45代米大統領に宣誓就任した。
・トランプ米大統領「国家再建と約束回復を国民に表明」「権力をワシントンから国民に移行させる」
・トランプ米大統領「これは国民の祝い」
・トランプ米大統領「全米で新たな道路、空港、トンネルなどを建設へ」「言葉だけで行動しない政治家を容認しない」
・トランプ米大統領「貿易・外交における全ての決定は米国の恩恵に」「話し合うだけの時代は終わり、これからは行動の時」「単純な2つのルール、米国製の購入と米国民の雇用」
・トランプ経済計画、今後10年で2500万人の新規雇用を目指すと報じた。

[2017-01-20][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領の就任式が行われるワシントンの中心部において、パレードルートの近くで不審物騒ぎが起こった、と報じている。防護服を着た爆発物処理班が出動し、道路も封鎖されるなど、就任式を前に厳戒態勢が敷かれるなか、周囲は一時騒然としたという。
・トランプ次期米大統領は、日本時間の20日未明に開かれる就任式を前に、ツイッターで「旅が始まる。国民のためにすばらしい旅になるよう懸命に働く」と書き込み、大統領就任に向けた決意を示した。
・トランプ次期米大統領は19日、任期が始まる20日正午(日本時間21日午前2時)に合わせた就任式のため首都ワシントンに入り、厳重な警護態勢の下で歓迎イベントに相次ぎ出席した。ツイッターで「私は必ず皆さんと一緒に米国を再び偉大にする」と決意を表明した。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙の人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」では19日、「ドル高に包囲されたトランプ次期大統領」、「次期政権が始動すれば、ドルは一段と上昇する可能性も」、「ドナルド・トランプ次期米大統領には申し訳ないが、今はどのような発言をしてもドル高が進行する状況にあるとお伝えしたい」といった見解が示された。
・米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)は20日正午(日本時間21日午前2時)ごろ、連邦議会議事堂前で就任宣誓し、第45代大統領に就任する。

[2017-01-19][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領は就任初日の20日、4-5分野で大統領令を発令する方針を決めた。共同通信が報じた。トランプ氏が「高い優先事項とする課題」が含まれるといい、重要政策が発表される見通し。
・非営利団体の米自動車研究センター(CAR)は、トランプ次期大統領の主張どおりに、北米自由貿易協定(NAFTA)が見直されれば、米国の新車市場は縮小し、3万人超の雇用が失われる可能性があるとの報告をまとめた。
・トランプ次期米政権の商務長官に指名されたロス氏は、議会の公聴会で「わたしは反貿易主義者ではない。しかし、米国の労働者や製造業に利益をもたらさない貿易は支持しない」「中国は高い関税や非関税の障壁があるもっとも保護主義的な国だ」と批判した。
・トランプ次期米政権の国連大使に指名されたヘイリ-氏は議会の公聴会で「米国の国益と国連の決定はたびたび対立する」と述べ、国益が優先されなければ分担金の一部の拠出停止も辞さない考えを強調した。
・トランプ次期米大統領へのインタビューとして、現在ホワイトハウス内の記者会見場を移動することはしないが、会場に入る報道関係者は選ぶ考えを示したと報じている。
・米著名エコノミストのアレン・サイナイ氏は18日、都内でインタビューに応じ、トランプ次期米大統領の政策に対する期待から株高が続いた「トランプ相場」は終わったとの見方を示した。ただ、新政権が掲げる大規模な減税やインフラ投資が実現すれば米経済成長は2019年に3~4%に加速し、円安ドル高が進むと予想した。

[2017-01-18][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・世界経済フォーラムにおいて、トランプ次期米政権で上級顧問となる予定のスカラムッチ氏は、北大西洋条約機構(NATO)を「時代遅れ」としたトランプ氏の発言について、「世界の変化を反映しているものの、NATOそのものを歴史のかなたに追いやるべきだという意味に捉えるべきではない」と述べた。
・最新世論調査を発表、それによるとトランプ次期米大統領の支持率は40%で、不支持率は52%だったことが明からになった。就任目前の支持率としては「近年の大統領で最低」だという。
・トランプ次期米大統領が、製造業の米国回帰を促すために導入を唱える「国境税(border tax)」が、迷走の兆しを見せている。法人税改革の一環とする与党共和党案について、トランプ氏が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで「複雑すぎる」と難色を示したためだ。背景には財政赤字を圧縮したい共和党と、減税幅を大きくしたいトランプ氏との考え方の違いもありそうだ。
・ワシントンで今週20日に行われるトランプ次期大統領の就任式に民主党議員の約50人がボイコットするもよう。
・トランプ次期米大統領「メキシコは壁の建設代金を米国に支払うだろう」「移民に関する計画を今後2-3カ月以内に公表」

[2017-01-17][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・北大西洋条約機構(NATO)の報道官は、トランプ次期米大統領が「NATOは時代遅れ」と発言したと報じられたことについて、「ストルテンベルグ事務総長は次期米大統領が関与を継続すると確信している」と述べた。
・マーチン・ルーサー・キング3世とトランプ米次期大統領が16日、ニューヨークで面会した。キング氏は報道陣に対して「米国を一つにすることを目標にしなければならない」と語った。
・米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じたところによると、トランプ次期米大統領が13日のインタビューのなかで「中国が人民元を押し下げているためドルが既に高過ぎる」との見解を示したという。
・トランプ次期米大統領のアドバイザーであるスカラムッチ氏が「ドル高に注意が必要」との見解を示したという。
・ヘッジファンドのスカイブリッジ・キャピタル創業者で、トランプ新政権で上級顧問となる予定のアンソニー・スカラムッチ氏は17日、ドル高進行のリスクについて警告した。

[2017-01-16][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・メキシコの地元テレビ局は、トランプ次期米大統領が記者会見で米国外に工場を建設する企業に「国境税」をかけるとしたことに対し、同国のグアハルド経済相が「そうした税金が課せられれば、すぐに何らかの対抗策をとる必要がある」と述べたと報じている。
・トランプ次期米大統領(独ビルト紙とのインタビューで)「英EU離脱素晴らしい、他のEU諸国も追随へ」「メキシコ拠点の独自動車会社は米国の35%関税に直面へ」「米国は徹底的な国境での検査を導入へ」
・トランプ次期米大統領「TPPは終焉を迎えた。これ以上強調しきれないほど明らか」「2国間交渉の進展に目をむくことになる」
・米ギャラップ社の世論調査で、トランプ氏を「支持しない」との回答が半数を超える51%に達した。対する「支持する」との回答は44%に留まっている。就任直前の大統領の支持率は「ご祝儀相場」もあって、高くなるのが常だが、歴代で初めて「不支持率」を下回る結果になった。
・トランプ次期米大統領が20日の就任後、数週間以内にアイスランドの首都レイキャビクで、核兵器削減を協議するためロシアのプーチン大統領との首脳会談を計画していると報じている。トランプ氏の政権移行チームが英当局者に明らかにしたという。しかし、ロイター通信は、複数のトランプ氏の側近がこの報道を否定したと伝えている。
・ロシアがトランプ米次期政権で国家安全保障担当大統領補佐官に就任するフリン氏に対し、ロシア主導で今月下旬に開催するシリアの和平協議への参加を招請していた、と報じている。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、トランプ次期米大統領へのインタビューとして、為替や貿易の問題で進展がなければ、中国本土と台湾は不可分とする「ひとつの中国」の原則に縛られないと強調した、と報じている。一方、ロシアについては、「オバマ政権が実施した制裁を当面のあいだ維持するものの、もしロシアが本当に我々にとって役に立てば、なぜ制裁を科すのか」とし、米国に協力できると分かれば、対露制裁を解除する可能性を示唆した。
・トランプ次期米大統領は15日、ツイッターに「自動車会社や他の企業も、われわれの国でビジネスをしたいのであれば、米国内で製造を始めなければならない」と投稿した。トランプ氏はこれまでツイッターで、雇用喪失につながるとして、海外工場で自動車を製造するフォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)、日本のトヨタ自動車などを批判してきた、と同ニュースは伝えている。
・トランプ次期米大統領がインタビューにて、北大西洋条約機構(NATO)について時代遅れだと指摘したうえで、依然として重要との認識を示したと報じている。
・アメリカのトランプ次期大統領はイギリスのメディアなどとのインタビューの中で、イギリスのEU離脱の決定について、「最終的にはイギリスにとってすばらしい結果になるだろう」と述べ、支持する考えを改めて示した。
・トランプ次期米大統領は16日付のドイツ大衆紙ビルトのインタビューで、ドイツ自動車大手BMWがメキシコで計画する工場新設について、同工場で生産された車を米国で販売しようとする場合、「35%の税金を課す」と警告した。共同通信が引用して伝えた。

[2017-01-13][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領が国防長官に指名したマティス元中央軍司令官の承認に関する上院軍事委員会の公聴会が開かれた。マティス氏は準備書面で、「アジア太平洋地域の軍事的な態勢を維持すべきだ」と述べ、オバマ政権が主導したアジア重視の姿勢を続ける方針を示している。
・アメリカのトランプ次期大統領から批判を受けた企業の間でメキシコの工場の建設計画を撤回する動きが相次ぎ、先行きが不透明になっていることから、IMF(国際通貨基金)は、ことしのメキシコ経済の成長率の見通しを去年10月時点の2.3%のプラスから大幅に下方修正し1%台後半とする方向で調整を進めている、とされる。

[2017-01-12][NP+3.0 HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ次期米大統領「経済的に非常に良いことがあった」「多くの自動車会社が米国に戻ってくる」
・トランプ次期米大統領「最も多くの雇用を生み出す大統領になる」
・トランプ次期米大統領「医薬品、入札方式を始める」
・トランプ次期米大統領「納税申告書は公表しない」「会社の経営権は二人の息子に譲る」
・トランプ次期大統領「外国政府からのホテル売上金を財務省へ寄付。(弁護士が明らかに)」「オバマケアを廃止、置き換えへ」
・トランプ次期米大統領「メキシコとの壁に関する交渉は、就任後開始」「メキシコからは何らかの形で壁建設費用を徴収」
・トランプ次期米大統領「米国外に転出する企業に大規模な国境税を課す」「すべての国々は米国にこれまで以上に敬意を払うだろう」
・選挙後初めてとなった記者会見でトランプ次期米大統領が、日本に2回言及したと報じている。ともに貿易不均衡の相手先として攻撃している中国とメキシコと並べて呼んだもので、具体的な問題には言及しなかったものの、貿易赤字の解消策の矛先が今後、日本に向かう可能性も懸念されそうだ、という。
・トランプ次期米政権の国務長官に指名されたティラーソン前エクソンモービル会長は、上院外交委員会の公聴会で、沖縄県・尖閣諸島について、「合意に従って対応する」と述べ、日米安保条約に基づき日本を防衛する考えを表明した。

[2017-01-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・トランプ次期大統領のシニアアドバイザーと会合したジョンソン英外相は、英議会に対し、「英国に対する友好的な姿勢を確認した」「次期米政権が英国との自由貿易協定締結に意欲的」などと報告した。
・トランプ次期米政権の大統領補佐官に就任するフリン元国防情報局長は、首都ワシントンで講演し「同盟は米国の持つ優れたツールだ。同盟の強さが米国の強さをさらに強固にする」と強調した。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は11日、 米ヘッジファンドのスカイブリッジ・キャピタル創業者、アンソニー・スカラムッチ氏(53)がドナルド・トランプ次期米大統領の顧問に就任する見通しと報じた。12日にも正式発表の可能性がある。
・11日の米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、米大統領選の選挙期間中にロシア政府の工作員がドナルド・トランプ次期大統領の陣営アドバイザーや同氏の企業の従業員と一緒に広く陰謀に関与したとされる問題で、米情報当局と連邦捜査局(FBI)が数カ月間、欧米のある元情報機関員が収集した情報に基づくその主張の裏付けを試みていることが複数の関係者の話で分かった。

(最終更新日時 2017-01-24 04:26)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース