ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-08-08][NP+4.8 HDP +0.4 CHDP +0.3 RHDP +0.4 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「米国のGDPは次の四半期に5%台の可能性」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、イラン核合意離脱にともない再発動した第1弾の対イラン制裁について「これまで科した制裁のなかで最強だ」としたうえで「11月にはさらに別のレベルに引き上げる」と警告した。
・トランプ米大統領「中国と素晴らしい貿易関係を持つことになろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-08-08][NP+4.8 HDP +0.4 CHDP +0.3 RHDP +0.4 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「米国のGDPは次の四半期に5%台の可能性」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、イラン核合意離脱にともない再発動した第1弾の対イラン制裁について「これまで科した制裁のなかで最強だ」としたうえで「11月にはさらに別のレベルに引き上げる」と警告した。
・トランプ米大統領「中国と素晴らしい貿易関係を持つことになろう」

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-08-08][NP+4.8 HDP +0.4 CHDP +0.3 RHDP +0.4 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「米国のGDPは次の四半期に5%台の可能性」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、イラン核合意離脱にともない再発動した第1弾の対イラン制裁について「これまで科した制裁のなかで最強だ」としたうえで「11月にはさらに別のレベルに引き上げる」と警告した。
・トランプ米大統領「中国と素晴らしい貿易関係を持つことになろう」

[2018-08-07][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米政権が一部諸国を対象に、イラン産原油禁輸の除外措置を検討すると報じている。原油以外の対イラン制裁は7日に第1弾が再開されるという。
・トランプ米大統領は7日、イランに対する新たな米国の制裁について、「これまでで最も痛みを伴う制裁」だとツイッターに投稿した。 その上で「11月には制裁をもう一段階引き上げる。イランと取引する者は、米国と取引『しない』ようになる。私が求めているのは他ならぬ世界の平和だ!」と強調した。

[2018-08-06][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、2016年の米大統領選前に開いた側近とロシア人弁護士の面会に関して「相手の情報を入手する会合で完全に合法だ」と正当化した。トランプ陣営はライバルのクリントン元国務長官が選挙戦で不利になる情報を入手しようとしたが「政治の世界では頻繁にあることだ」として違法性を否定している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、鉄鋼や中国に対する追加関税が「想定以上に機能している」と自賛した。米中が互いの幅広い製品に関税をかけ合うことで状況悪化の懸念は強まっているが、「中国は米国と対話しようとしている」と説明、中国の市場が下落しているとし、譲歩を促している。
・トランプ米大統領は、支持者を前に演説し、「我々は真に中国をつくり替えてきた。いまこそ我々自身の国をつくり替えるときだ」と指摘。通商摩擦が激化するなかで中国株が下落し、中国の交渉力が弱まっているとの考えを示している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、貿易分野で対立している中国について、「米国にまずい対応をしている初めての国だ」と指摘し批判した。
・トランプ米大統領は、イラン核合意離脱にともなう第1弾の制裁再発動を7日に控え、「イランとその経済は非常に悪くなる。わたしが会うかどうかは彼ら次第だ」などとツイッターに投稿し、ロウハニ大統領に首脳会談に応じるよう促した。
・トランプ米政権は検討中の自動車の輸入制限を取引材料にして、貿易相手から譲歩を勝ち取る交渉戦術を進める構えだ。
・トランプ米大統領「ひどい貿易協定を修正することが最優先課題」

[2018-08-03][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・コーツ国家情報長官やボルトン大統領補佐官など、トランプ米政権の国家安全保障担当高官5人が、ホワイトハウスで異例の共同記者会見を開き、ロシアが米社会の分断を助長するため11月の中間選挙や2020年の大統領選への介入を続けていると非難した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「素敵な書簡をありがとう。近いうちに会えるのを楽しみにしている」と金北朝鮮委員長に呼び掛ける投稿を行った。受け取った書簡に再会談への意欲が言及されていた可能性がある。
・アメリカのトランプ政権は、地球温暖化対策のためにオバマ前政権が自動車メーカーに義務づけた車の燃費を大幅に改善する規制は、コストが高すぎるとして撤回する方針を発表し、自動車産業を保護する姿勢を鮮明にした。

[2018-08-02][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領「中間選挙前後での政府閉鎖にオープン」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、セッションズ司法長官に対し、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関するモラー特別検察官の捜査をすぐに終結させるよう要求した。大統領による司法妨害に当たるとの見方が出るなか、サンダース大統領報道官は記者会見で「命令ではなく、単なる意見だ」と釈明している。
・トランプ米政権は中国からの輸入品2000億ドル相当に関税を課す計画について、税率を従来予定の10%から25%に引き上げることを検討中であることを明らかにした。米政府高官2人は電話会見で、トランプ大統領が米通商代表部(USTR)に対し、関税率の引き上げで一般からの意見を求めるよう指示したと語った。関税引き上げは来月にも実施されるという。
・トランプ米大統領「近いうちに北朝鮮の金委員長に会うのを楽しみにしている」
・トランプ米政権が1日、2000億ドル相当の中国製品に課す関税について、税率を当初発表の10%から25%に引き上げることを提案していると明らかにしたことを巡って、中国外務省の報道官は2日、理にかなった行動をとるよう米国に要請した。定例記者会見で述べた。

[2018-08-01][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領「政府閉鎖という脅しは国境問題に関して民主党員を動かすために必要だった」「民主党員は政府閉鎖なしに国境問題の修正を許容しないだろう」「国境問題に関する政治的な分裂を懸念していない」
・トランプ米大統領がケリー大統領首席補佐官に対し、2020年米大統領選まで同職にとどまるよう要請し、ケリー氏はそれを受け入れたと、事情に詳しい関係者の話として報じている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「偽メディアは気が狂うだろう。彼らは頭がおかしくなった」などと書き込んだうえ、「わたしがもうオフィスからいなくなる7年後、彼らの格付けは崩れ落ち、彼らは存在しなくなるだろう」と主張した。トランプ氏は、以前にも常に同氏を批判しているワシントン・ポスト紙とNYタイムズ紙の消滅を予測している。
・トランプ米大統領「次の四半期の経済はさらに良くなるだろう」

[2018-07-31][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領「コンテ伊首相と不公平な貿易などについて議論した」「イタリアは投資には非常に優れた場所」「他国が移民に関するイタリアの姿勢に追随することを望む」
・トランプ米大統領「ロウハニ・イラン大統領と前提条件なしに会談する気はある」
・トランプ米大統領「前提条件無しで、イラン指導者と会談の意向もある」
・トランプ米大統領は、コンテ伊首相との会談の冒頭で「不法移民や合法移民へのイタリアの対応に大いに賛成だ。コンテ氏は国境問題で他の国々にはほとんど見られない、非常に毅然とした態度を取っており、率直に言って正しいと思う」と述べ、持ち上げた。
・トランプ米大統領「何年もの協議を経ても国境警備が実現しないなら、政府機関の閉鎖も辞さない」
・トランプ米大統領は30日、イランとの関係改善に向け、同国の指導部と前提条件を付けずに会談する意思があると述べた。
・トランプ米大統領「イランのロウハニ大統領に前提条件なしで会う用意がある」
・トランプ米大統領は中間選挙終了までは政府機関の閉鎖を回避する意向とされる。
・イランのファルス通信は、トランプ米大統領が無条件でロウハニ大統領と会談する姿勢を示したことについて、イランのファズリ内相が、米国を交渉相手として信頼していないと述べたと報じている。
・トランプ米政権が発動を検討する輸入車への高関税措置をめぐり、日本やEU、カナダ、メキシコ、韓国の5ヵ国・地域が、スイスで次官級協議を開いた。発動された場合の影響回避のため、車の貿易に関与する各国・地域が協調行動に向けて結束を確認したという。

[2018-07-30][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領は、EUのユンケル欧州委員長と電話会談を行い、25日に行った首脳会談での合意に基づき、新たに貿易対話の枠組みを創設したうえで、自動車分野を除く工業製品の関税など貿易障壁の撤廃に向けて交渉を加速させることで一致した。対話を進める間はさらなる追加関税措置を互いに控える方針も確認したという。
・トランプ米大統領の自宅が入るNY中心部の高層ビル、トランプタワーで、不審物が見つかり、警察が周辺を立ち入り禁止にして調べるなど辺りが一時騒然とした。警察の捜査で2時半ほどのち、「安全が確認された」が、当局は不審物が何だったのかを明らかにしていない。
・トランプ大統領がモスクワを訪問することに前向きだと明らかにした。発表は、ロシアのプーチン大統領による、「トランプ大統領を招待した」ことを受けてのものになる。
・トランプ米大統領は、米CNNが報じた2016年6月にトランプタワーで側近らがロシア人弁護士と接触することを事前に知っていた、との報道を否定した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、野党民主党が議会の予算審議でメキシコ国境の壁建設に向けた費用の確保に反対すれば、9月末の現行予算の期限切れにともない連邦政府機関を閉鎖すると書き込み警告した。
・「トランプ氏の通商戦略、部分的な和解にシフト」、「EUユンケル委員長との合意、対立解消というより戦術の修正」と報じた。
・トランプ米大統領は、ツイッターへの投稿で、自分はモラー特別検察官と不快で険悪なビジネス上の関係を持っていたと述べるとともに、このような「利益相反」があったことを開示するよう同氏に呼び掛けた。2016年米大統領選へのロシア介入疑惑の捜査に対する最も直接的な攻撃のひとつとなる。
・トランプ米大統領が、2016年大統領選での対立候補クリントン元国務長官に不利な情報提供を約束したとされるロシア人と長男らトランプ陣営関係者との会談について事前に知っていたことが証明されれば、法的・政治的リスクに直面する可能性がある、と報じている。
・一部の米メディアを敵視するトランプ米大統領が29日、米紙ニューヨーク・タイムズと批判合戦を繰り広げた。大統領が同紙の発行人とのオフレコ会談の内容を暴露し「素晴らしい成果でも悪い記事ばかり書く」と非難。これに対し、同紙は「ジャーナリストを『市民の敵』と扇動するのは暴力を招き、民主主義を損なう」と懸念を表明した。

[2018-07-28][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ大統領「FEDの独立性をリスペクトしている」

[2018-07-27][NP     HDP +0.1 CHDP -0.4 RHDP +0.1 CRHDP -0.4]
・トランプ米大統領「牧師が解放されなければトルコに大型制裁を発動するだろう」「もし、牧師を開放しなければ、トルコに巨大な制裁を加える」
・トランプ大統領「牧師が解放されなければトルコに大型制裁を科すだろう」
・トランプ米大統領「雇用統計がどのようになるかわからない」「27日のGDPで何が起こるかわかっている」
・トランプ米大統領「米4-6月期GDPは素晴らしい結果に」
・トランプ米大統領は、ツイッターが有力共和党員らの投稿の表示を制限していると批判し、調査する意向を示した。ただ、発言の根拠については明らかにしていない。
・アメリカのトランプ大統領は、トルコがアメリカ人の牧師を長期間拘束したとして制裁を科す考えを示し、両国間の関係がさらに冷え込むことが予想される。
・米紙NYタイムズは、ロシア疑惑を捜査しているモラー特別検察官が司法妨害の疑いで、トランプ大統領のツイッター投稿内容に関心を示して調べている、と報じている。
・トランプ米大統領「素晴らしいGDPの数字が公表された」「GDPは素晴らしい結果」
・トランプ氏の通商戦略、部分的「和解」にシフト、EUユンケル委員長との合意、対立解消というより戦術の修正、と報じた。
・トランプ米大統領「米経済は驚くほどの速度で成長した」「経済は13年ぶりの最大の成長軌道。本年の成長は3%台へ」
・トランプ米大統領「第2四半期の数字は本当に持続可能」「次の四半期の数字は飛び抜けたものとなるだろう」
・トランプ米大統領「貿易協定が経済成長をさらに強くするだろう」「米国は貿易でかつてないほど虐待された」
・トランプ米大統領「我々は虐待的な貿易の慣行を厳重に取り締まりへ」
・アメリカのトランプ政権は、中国政府が、テロ対策を名目に新疆ウイグル自治区で、イスラム教徒のウイグル族を不当に収容し、その数は少なくとも数十万人に上ると明らかにして強い懸念を表明した。

(最終更新日時 2018-08-14 20:20)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース