ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「北朝鮮情勢の解決にはまだ長い道のりがある。うまくいくかもしれないが、いかないかもしれない。時がたてば分かるだろう」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、北朝鮮が核実験中止や核実験場の廃棄などを発表したことについて「北朝鮮と世界にとって非常に良いニュースだ」と書き込み、歓迎の意向を示した。そのうえで「大きな前進だ。米朝首脳会談が楽しみだ」とし、期待感を表明している。
・トランプ米大統領は、北朝鮮の非核化をめぐる問題について、ツイッターに「結末は遠い。うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない。時間がたてば答えはおのずと分かる」と投稿した。初期反応では、中止発表を「大きな前進」と述べていたのに比べ、慎重なトーンに変わったことになる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「北朝鮮情勢の解決にはまだ長い道のりがある。うまくいくかもしれないが、いかないかもしれない。時がたてば分かるだろう」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、北朝鮮が核実験中止や核実験場の廃棄などを発表したことについて「北朝鮮と世界にとって非常に良いニュースだ」と書き込み、歓迎の意向を示した。そのうえで「大きな前進だ。米朝首脳会談が楽しみだ」とし、期待感を表明している。
・トランプ米大統領は、北朝鮮の非核化をめぐる問題について、ツイッターに「結末は遠い。うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない。時間がたてば答えはおのずと分かる」と投稿した。初期反応では、中止発表を「大きな前進」と述べていたのに比べ、慎重なトーンに変わったことになる。

[2018-04-20][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領は、2日間にわたる日米首脳会談を終えたあと、自身のツイッターに「安倍首相と素晴らしい会談を行った」「北朝鮮や貿易について徹底的に話し合った。よいことが起きるだろう」と書き込み、今後の進展に期待を示した。
・トランプ米政権は、攻撃型無人機の輸出規制緩和や武器輸出手続きの迅速化などに関する新方針を発表した。武器輸出を拡大して国内産業を潤し、雇用拡大につなげたい考えがあるという。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、ドナルド・トランプ米大統領の長年の支持者であるルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が、ロシア疑惑捜査でトランプ氏個人の代理人を務める弁護団に加わる見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。
・トランプ米大統領「不自然に高い原油価格は受け入れられない」
・トランプ米大統領は20日、原油価格上昇を巡り、石油輸出国機構(OPEC)が人為的に引き上げており容認できないと批判した。ツイッターで大統領は「またOPECのようだ。満タンの海上の船など至るところに石油は記録的にあるのに、石油価格は人為的に非常に高くなっている。良くないことで受け入れられない」と述べた。

[2018-04-19][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「安倍首相と軍事、北朝鮮、通商問題を話した」「米国は貿易で不利な状況だ」
・トランプ米大統領「日本は何百億ドルもの米航空機を発注」「対日貿易赤字縮小を期待している」
・トランプ米大統領は自身のツイッターで「コミー前連邦捜査(FBI)長官は信用できない」としたうえで「偽ったロシア捜査のために解任したわけではなかった」と投稿した。
・トランプ米大統領「米軍と同盟国のスキルがシリアで証明された」「数週間以内に北朝鮮の金委員長と会うだろう」
・トランプ米大統領「貿易不均衡の削減と米輸出拡大に努力」
・トランプ米大統領「米国が抱える巨額の赤字を削減し、さほど遠くない将来に収支を均衡させることを期待している」
・トランプ米大統領「日本への軍事装備品の売却促進を探る」「2国間の貿易関係の追及にコミット」
・トランプ米大統領「日本との間に巨額の貿易赤字がある」
・トランプ米大統領「将来的には改善を撤廃したい」「日本との間に巨額の貿易赤字」「TPPへの復帰は望んでおらず、2国間の協定を希望」
・トランプ米大統領「TPPに復帰を望まなお」「2国間協定が望ましい」
・トランプ米大統領「米国と日本が新たな合意できるか関税について協議」

[2018-04-18][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「安倍首相と貿易や軍事、安全保障を議論する予定」
・トランプ米大統領「安倍首相と北朝鮮、貿易、軍事を話し合った」「安倍首相との会談で大きな進展得た」
・トランプ米大統領「北朝鮮の金委員長との会談で拉致被害者を取り上げると約束」「北朝鮮の金委員長と会うのを楽しみにしている」「安倍首相と北朝鮮、貿易、軍事を話し合った」「米国は北朝鮮との直接対話を開始」「北朝鮮とハイレベルでの直接対話が続いている」
・トランプ米大統領「米国はハイレベルで北朝鮮と直接対話している」
・トランプ米大統領は、記者団に対し、北朝鮮の金委員長との首脳会談の場所について「まだ決めていない」としながらも、5ヵ所を候補に検討していると明らかにした。また、会談の開催時期は「おそらく6月初旬」と述べている。
・トランプ米大統領は、記者団に対し、米国と北朝鮮が非常に高いレベルで、すでに直接対話を始めたと述べた。
・トランプ米大統領は、日米首脳会談の冒頭、日本との貿易について意見を交わすとしたうえで、「さらにできることがある」と述べ、米貿易赤字の削減に向けて、日本側にさらなる努力を促したいという考えを強調した。
・トランプ米大統領「北朝鮮の金委員長と直接話している」
・トランプ米大統領が次期国務長官に指名したポンペオCIA長官が、今月北朝鮮を極秘訪問し金正恩氏と会談したと報じている。
・トランプ米大統領「2国間の貿易協定がより効果的で利益がある」「日本と韓国は米国のTPP復帰を望むだろう」
・トランプ米大統領「日本や韓国は米国のTPP復帰を望んでいるが、私はTPP協定は好きじゃない」「2国間の貿易協定がより効果的で利益がある」

[2018-04-17][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領は16日にクラリダ氏をFRB副議長に指名するという。
・トランプ米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)副議長に米債券運用大手パシフィックインベストメントマネジメントカンパニー(PIMCO)のマネジングディレクター、リチャードクラリダ氏を指名する見通しだと、ウォールストリートジャーナル紙が報じた。
・「トランプ米大統領、クラリダ氏をFRB副議長に指名へ」などと報じた。
・トランプ米大統領はバウマン氏をFRB理事に指名するという。
・トランプ米大統領は、ロシア追加制裁計画を取りやめたと、ワシントンポストが報じた。
・トランプ米大統領は参加したイベントで、中国や日本、EUなどとの貿易の問題に言及した。具体的には、「貿易の面では、友好国とのほうが敵国とのあいだよりも状況が悪化している。米国は長年、利用されてきた」「日本や韓国など多くの国に対し、多額の貿易赤字を抱えている」などと指摘している。
・トランプ米大統領は自身のツイッターに、コミー前連邦捜査局(FBI)長官を糾弾する内容に書き込んだ。「コミー氏が議会で虚偽の証言を行った」「2016年大統領選の世論調査でクリントン氏が高い支持を得ていたことで、同氏の刑事責任を追及しなかった」「コミー氏は多くの犯罪に及んだ」などと主張している。
・アメリカのトランプ大統領は、中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会の副議長にコロンビア大学教授のクラリダ氏を指名する人事を発表した。
・トランプ米政権は、フロリダ州で17-18日に行う安倍首相との首脳会談に臨む代表団を発表した。今月就任したボルトン大統領補佐官らのほか、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が名を連ね、通商問題をめぐる協議も重視した布陣となっている。

[2018-04-16][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.1]
・トランプ米大統領は、シリア攻撃を実施したのち、マクロン仏大統領やメイ英首相と改めてシリア情勢に関してそれぞれ電話協議を行った。そのなかで、シリアからの化学兵器の排除に向けた支援に謝意を伝えると同時に、「共同作戦が成功し、アサド政権によるさらなる化学兵器攻撃を防ぐには必要だった」との認識で一致したという。
・有力欧米紙であるウォールストリートジャーナル(WSJ)は、トランプ政権の経済政策トップであるクドロー国家経済会議(NEC)委員長がインタビューで、米国は中国との貿易紛争の拡大を回避できると自信を示した、と報じている。また、ホワイトハウスはカナダ及びメキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で合意に近づいていると語ったという。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、来週発売予定の暴露本で自身を辛らつに批判したコミー前連邦捜査局(FBI)長官に激しく反発、「コミー氏は訴追されるべき」などと主張した。
・トランプ米大統領「中国とロシアは通貨切り下げゲームに興じている」

[2018-04-13][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.1]
・トランプ米大統領「NAFTA合意のタイムラインはない」「中国はある時点で貿易に関して米国を公平に扱う必要」
・トランプ米大統領「EUは農業に関して障壁を取り除く必要」
・トランプ米大統領「シリアに関して今日会合を行う」「シリアに関する決定はまもなく」
・トランプ米大統領「シリアの状況、非常に深刻、綿密に監視している」「シリアに関し、速やかに決定されるだろう」
・トランプ大統領「ライトハイザー米国通商代表、クドローNEC委員長にTPPの再考を命じる」
・トランプ米大統領とメイ英首相は12日、シリアによる化学兵器使用の阻止で合意した。
・トランプ米大統領が通商担当の政権幹部らに対し、TPPへの復帰を検討するよう指示した、と報じている。共和党議員らが明らかにしたという。
・トランプ米大統領は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との首脳会談について、「わたしと金正恩氏の会談はいますぐにでも設定される」と述べ、日程や開催場所の決定が近いことを示唆した。そのうえで、「会談は素晴らしいものになる」として、成果に自信を示している。
・トランプ米大統領が次期国務長官に選んだポンペオ中央情報局(CIA)長官に対する上院外交委員会の指名承認公聴会が開かれた。そのなかで、ポンペオ氏は、北朝鮮の金体制の転換を求めない考えを示したほか、6月上旬までの開催が見込まれる米朝首脳会談を受けた非核化交渉に自信があると表明している。
・アメリカ、トランプ政権の外交を担う国務長官に指名されたポンペイオ氏が議会の公聴会に臨み、史上初となる北朝鮮との首脳会談の目標は、アメリカに脅威を与える核兵器の完全で検証可能な放棄を北朝鮮に約束させることにあると強調した。
・トランプ米大統領がTPPへの復帰検討を指示したことを踏まえ、安倍首相が茂木経済財政相を17日からの日米首脳会談に合わせて訪米させる方針を固めた、と報じている。近く茂木氏に指示する見通し。17-18日に開く首脳会談にも同席させ、TPPの経緯や現状を説明させるという。
・アメリカのトランプ大統領は、シリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃があったことをめぐり、イギリスのメイ首相やフランスのマクロン大統領と協議を重ねるとともに情報の詳しい分析を行い、引き続き対応の検討を進めている。
・トランプ米大統領「オバマ前大統領への提示より良い内容に限りTPPに復帰」

[2018-04-12][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.1]
・アメリカのトランプ大統領はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃があったことを受けて、「ミサイルが飛んでいくぞ」とツイッターに書き込み、ミサイル攻撃を強く示唆して警告した。一方、マティス国防長官は同盟国と情報を精査中だとしていて、引き続き、軍事的な選択肢について検討を進めていると見られている。
・米トランプ政権のポンペオ次期国務長官(現中央情報局=CIA=長官)が「戦争は常に最後の手段」と上院で証言する。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米露関係について「冷戦時代よりも悪い」と述べたうえで、ロシアとの不和をあおっているのはロシアによる2016年の米大統領選干渉疑惑に対するモラー特別検察官による「いんちきで腐敗した捜査」だと痛烈に非難した。
・米連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の顧問弁護士コーエン氏の自宅などを捜索した際、米テレビ番組「アクセス・ハリウッド」の収録テープに関して2人がやり取りした記録を押収しようとしていたことが分かった、と報じている。
・トランプ米大統領は11日にローゼンスタイン司法副長官の解任についてホワイトハウスの側近と協議した。事情に詳しい関係者1人が語った。米大統領のアドバイザーなどからは、2016年大統領選に対するロシア干渉疑惑の捜査を阻止するよう促す声が挙がっている。
・トランプ米大統領「シリア攻撃の時期は絶対に言わない」「ごく近いかもしれないし全くそうでないかも」
・トランプ米大統領「間もなくかもしれないし、全くそうではないかもしれない」

[2018-04-11][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.1]
・トランプ米大統領「習主席の優しい言葉に感謝、関税と自動車障壁で」
・トランプ米大統領「(関税や自動車障壁について)習近平・中国国家主席の優しい言葉に感謝」
・トランプ米大統領「ミューズニッチ氏を財務副長官に指名」
・トランプ米大統領は、英国のメイ首相ならびにフランスのマクロン大統領と、それぞれ個別に電話会談を行った。そのなかで、「シリアのアサド大統領は人命を軽視している」と非難するとともに、化学兵器が使われ続ける事態を許さない方針を確認したという。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「関税や自動車障壁のほか知的財産権や技術移転の認識をめぐる習中国国家主席の丁重な発言に感謝する」「ともに大きく進展させよう」と書き込んだ。
・「トランプ米大統領はローゼンスタイン司法副長官の解任を検討している」という。
・トランプ米大統領「ミサイルがシリアに来るのでロシアは準備せよ」

[2018-04-10][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.1]
・トランプ米大統領「北朝鮮との会合は5月か6月上旬になる見込み」「貿易問題で進展」
・トランプ米大統領「プーチン露大統領はシリアの攻撃に対する責任を負う可能性」「シリアに関して状況を調査し、24-48時間で主要な決定を下すだろう」
・トランプ米大統領は、閣議の冒頭、米朝首脳会談の開催が5月か6月初旬になると述べた。そのうえで「北朝鮮の非核化で合意できることを期待する」と指摘している。
・トランプ米大統領は、閣議の冒頭、シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け「48時間以内に大きな決断を下す」と述べた。そのうえでも武力行使を含め「すべての選択肢がテーブルの上にある」と強調している。
・トランプ米大統領は9日、閣議の冒頭で、シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑に関し、「48時間以内に大きな決断を下す」と明言した。さらに「いかなる選択肢も排除しない」と述べ、シリアに対する武力行使も視野に入れていることを示唆した。
・「トランプ政権、歳出予算の一部撤回を検討」と報じた。

(最終更新日時 2018-04-24 00:03)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース