ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-25][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「偽ニュースに対して何らかの対応策をとる」
・トランプ米大統領「我々は国境の壁を建設へ」「我々は公約を守っている」
・トランプ米大統領「われわれは壁を建設する。まもなく始める」「国境の壁は予定より大幅に前倒しする」
・トランプ米大統領「中東情勢は15年前に比べ悪化」「オバマケアを破棄、他の医療保険制度にかえる」
・トランプ米大統領「凶悪犯罪を米司法省(DOJ)と協力して削減へ」「我々は2国間の貿易協定を結ぶ」
・トランプ米大統領「われわれは2国間貿易協定を推進する」「エネルギーに関し規制解除に向けて広範な措置を準備」
・トランプ米大統領「中間層の税率を大幅に引き下げ」
・トランプ米大統領「エネルギー業界の規制緩和に向けた大胆な行動を準備」「中流階級向けに大幅な減税を実施する」
・トランプ米大統領「我々は軍隊をアップグレードさせる」「軍のために多くの予算を要求」
・トランプ米大統領「イスラム過激派排除へ」「安全保障が最優先課題に」「国民を守る政策を数日中に発表へ」
・トランプ米大統領「過剰な規制が雇用を削減している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-02-25][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「偽ニュースに対して何らかの対応策をとる」
・トランプ米大統領「我々は国境の壁を建設へ」「我々は公約を守っている」
・トランプ米大統領「われわれは壁を建設する。まもなく始める」「国境の壁は予定より大幅に前倒しする」
・トランプ米大統領「中東情勢は15年前に比べ悪化」「オバマケアを破棄、他の医療保険制度にかえる」
・トランプ米大統領「凶悪犯罪を米司法省(DOJ)と協力して削減へ」「我々は2国間の貿易協定を結ぶ」
・トランプ米大統領「われわれは2国間貿易協定を推進する」「エネルギーに関し規制解除に向けて広範な措置を準備」
・トランプ米大統領「中間層の税率を大幅に引き下げ」
・トランプ米大統領「エネルギー業界の規制緩和に向けた大胆な行動を準備」「中流階級向けに大幅な減税を実施する」
・トランプ米大統領「我々は軍隊をアップグレードさせる」「軍のために多くの予算を要求」
・トランプ米大統領「イスラム過激派排除へ」「安全保障が最優先課題に」「国民を守る政策を数日中に発表へ」
・トランプ米大統領「過剰な規制が雇用を削減している」

[2017-02-24][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「中国のWTO加盟以来、7万の米工場が閉鎖」
・トランプ米大統領「対中貿易赤字について何とかしなくてはならない」
・トランプ米大統領「我々はメキシコに公平に扱われる必要がある」「我々はメキシコと良好な関係を築くことを期待」
・トランプ米大統領「我々は対中赤字に対応すべき」
・トランプ米大統領「米国に雇用を取り戻すことを焦点に」「全ての貿易協定は信じられないほど粗悪」
・トランプ米大統領「中国は為替操作でグランドチャンピオン」
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで米製造業のトップと会談した。ゼネラル・エレクトリック(GE)やフォード・モーターなどの最高経営責任者(CEO)24人を前に、トランプ氏は米国で「数百万人の雇用を創出したい」と改めて訴えたという。また、米国に製造業を回帰させる目的で、税制や貿易協定、規制の改革について話し合った模様だ。
・トランプ米大統領「我々は北朝鮮による弾道ミサイル発射に憤りを覚えている」「日本や韓国のミサイル防衛システムの構築を加速させることも選択肢のひとつ」
・トランプ米大統領「北朝鮮がもたらしている中国の国家安全保障上の問題は、中国は望めば、簡単に解決できる」
・トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問は参加した会合で、米国のTPP離脱について「近代米国史におけるもっとも重要な転換点だった。貿易国家として平等な立場を獲得し、雇用が戻ってくる」など述べ、「米国第一」主義を実現するうえで正しい判断だったとの見方を示した。
・BNAによると、トランプ米大統領は規制改革担当責任者の職を新設する方向となった。
・米トランプ政権のペンス副大統領は4月18日の訪日で最終調整を行っている。

[2017-02-23][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は3月13日に予算教書を発表する見通し。
・トランプ米大統領「われわれの予算はプライオリティーを反映へ」
・トランプ米大統領「米財政は制御不能になっていると断言できる」「医療保険計画を3月初旬から中旬に発表へ」
・トランプ米大統領「軍事品の再交渉は多額のコストを節減する」「不要不急の職員、雇用凍結を継続へ」「米財政、制御不能になっていると断言できる」
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで行われた予算に関する会議の冒頭で「我々が引き継いだ予算、米国の財政はめちゃくちゃだ」「自身が取り組む大統領専用機や最新鋭戦闘機の値下げ交渉などで、歳出抑制に努める」との考えを示した。
・トランプ米大統領は23日、雇用創出や新たな税制・通商政策の立案について議論するため複数の企業の最高経営責任者(CEO)と会談する。新政権発足以来、米経済界首脳が代わる代わるホワイトハウスを訪れトランプ大統領と協議している。23日に行われる製造業者との会合では、大統領は米経済の活性化に寄与するアイデアを求める考えだと当局者は話している。

[2017-02-22][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・米国のウォールストリート・ジャーナル紙は21日、「トランプ騒動、陰に埋もれる税制改革の先行き」と報じた。ドナルド・トランプ米政権で最近起きたいくつかの騒動(重大なものもあれば、ばかげたものもある)の陰で埋もれている現実がある。それは、多くの共和党議員が最優先するだろう大型減税を巡る先行き不透明という現実だ。共和党の減税案は、ポール・ライアン下院議長と下院歳入委員会 のケビン・ブレイディ委員長が既に策定している。
・国家安全保障局の谷内局長は、トランプ米政権で新たに就任したマクマスター大統領補佐官と電話協議を行った。そのなかで、早期に訪米して会談することを確認したほか、マクマスター氏から「日本は重要な同盟国であり、今後とも緊密に意見交換や連携をしていきたい」との認識が示されたという。

[2017-02-21][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は、辞任したフリン大統領補佐官の後任に、陸軍能力統合センター長のマクマスター陸軍中将を起用すると発表した。マクマスター氏は1991年の湾岸戦争でイラク軍の戦車部隊に大勝したことで知られ、中東を管轄する中央軍の幹部などを歴任してた人物。
・国際協力銀行(JBIC)の近藤章総裁は21日の会見で、米トランプ政権が掲げるインフラ投資を対象とした融資は考えられるが、現時点では未定と述べた。米金融市場はトランプ政権の政策を好感しており、「ブームはまだ続いている」と指摘。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)と協力する可能性については排除しなかった。近藤総裁は昨年末に訪米し米金融市場についてヒアリング、その段階では「トランプ氏の掲げる規制緩和や減税、インフラ投資などウォール街は都合の良い点を取り上げてトランプブームに沸いていた」と指摘。就任後は「外交面など違った側面で不確定な要素があるものの、金利株価は上昇し、ブームは継続している」とした。このため「米国、日本ともにインフレ傾向になる」とみている。

[2017-02-20][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は、南部サウスカロライナ州の米航空機大手ボーイングの施設で演説し、米国外に工場を移転する企業は「重い罰を受けることになる」と改めて表明した。同氏は貿易赤字削減のため、輸入に巨額の「国境税」を課す案を検討しているが、この日も具体策には言及しなかった。
・トランプ米大統領は、自身のツィッターにおいて、メディアへの攻撃を強め、NYタイムズやCNNでなど幾つかのメディアを名指しして「わたしの敵ではない。米国民の敵だ」と非難した。
・発表された世論調査ギャラップ社の調査において、米国民の間におけるトランプ大統領の支持率が最低の40%になったことが明らかなった。ちなみに、これまでの歴代米大統領の2月時点の平均支持率は61%で、トランプ氏は21%も低いという。
・トランプ米大統領は17日の演説で「我々の国家としての目標は輸入への依存を減らし、米国でもっと製品を作ることだ」と述べ、輸入削減を最重要課題に掲げる方針を表明した。通商政策の転換はトランプ政権の金看板だが、関係閣僚の就任は遅れており、政権発足から1カ月近くになっても本格始動には至っていない。

[2017-02-18][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・APは17日、「トランプ米政権が国防軍兵士最大10万人を動員して国内に滞在する不法移民を摘発することを検討」と報じた。ただ、ホワイトハウスは同報道を否定している。
・トランプ米大統領「我々は米国の軍隊をたてなおす」「我々は貿易規制を非常に強く施行していく」

[2017-02-17][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「ニュースメディアは株価上昇の言及が足りない」「正午に新たな労働長官指名を発表する予定」
・トランプ大統領はアレクサンー・アコスタ氏を労働長官に任命すると発言したと報じた。
・トランプ米大統領「米労働長官にアコスタ氏を指名」
・トランプ米大統領「中東は泥沼、北朝鮮問題は何とかする」「前政権から泥沼を引き継いだ」
・トランプ米大統領「国内外の状況、前政権から泥沼を受け継ぎ、中東は泥沼、北朝鮮問題、なんとかする」
・トランプ米大統領「選挙後に雇用は急増した」「税制改革は今交渉の最中だ」「ロシア関連報道を断固否定」
・トランプ米大統領「機密情報流出、司法省に調査を依頼」「税制改革案を近日中に発表を」
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者会見し、連邦裁判所が差し止め命令を出したイスラム圏7ヵ国などからの入国禁止令について「来週に新たな大統領令を出す」と発表した。元の大統領令は取り消し、新たなものに置き換える方針とみられている。
・トランプ米大統領は16日の記者会見で「公平な貿易のために交渉する。自由ではなく公平だ」と述べ、貿易自由化に消極的な姿勢を示した。自由と公平さの両方に重きを置くとする従来の発言を修正し、通商交渉では米国にとっての利益を最優先に考えると表明した。安倍政権との協議にも強硬姿勢で臨む可能性がある。
・トランプ米大統領は環境保護局(EPA)長官指名承認後に、オバマ前政権が導入した二酸化炭素(CO2)排出や水質汚染を規制する政策廃止の大統領令に署名する方針だ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
・トランプ米大統領は17日、辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任として、現在この役職を代行するキース・ケロッグ元陸軍中将を「検討している。ほかの3人の候補も同様だ」とツイッターに投稿した。複数の米政府当局者によると、トランプ大統領から就任の打診を受けていたロバート・ハーウォード退役海軍中将はオファーを辞退した。

[2017-02-16][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「税制改革はそう遠くない将来に準備整う」
・トランプ米大統領「我々は国民や企業の税率を引き下げる」「我々は税法をさらに簡略化」
・トランプ米大統領「イランの核意欲はイスラエルの安全を脅かす」「米国大使館をエルサレムに移すのが望ましい」
・トランプ米大統領が次期労働長官に指名していたファストフード大手CKEレストランツ・ホールディングスのアンディー・パズダーCEOが辞退したとAP通信が伝えた。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。会談前の共同記者会見で、トランプ氏はパレスチナとの2国家共存による中東和平の実現について「2国家でも1国家でもイスラエルとパレスチナの双方が望む方でいい。どちらでも受け入れ可能だ」とこだわらない考えを示した。これまで2国家共存を「唯一の道」としてきた歴代米政権のイスラエル政策の転換を示唆したことになる。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで米小売大手8社の最高経営責任者(CEO)との会合を開き、米経済の強化に向け税制改革が重要な手段となるとの考えを示したと報じている。ただ国境調整税については言及しなかったという。
・トランプ米政権が13日に辞任したフリン前米大統領補佐官の後任として、中央軍副司令官を務めたハワード氏に就任を打診した、と報じている。ただ、ハワード氏が受諾したかは現時点では明らかになっていないという。
・トランプ大統領から労働長官に指名されていた実業家のパズダー氏が、議会上院で承認を得る見通しが立たなくなるな中、指名を辞退した。閣僚候補が指名を辞退したのはトランプ政権では初めてで、先にフリン大統領補佐官が辞任したのに続き、人事がつまづく形となった。労働長官への指名を辞退したのはファーストフード店などを展開する企業の最高経営責任者、パズダー氏。パズダー氏をめぐっては、不法移民を自宅で雇っていたことや、元妻を虐待していたことなどが報じられ、与党・共和党内からも反対の意見が出て、議会上院の承認を得る見通しが立たなくなっている。
・トランプ米大統領は15日、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の辞任について「素晴らしい男だが、フェイク(偽)メディアに不公平に扱われた。ひどい扱いを受けたのは悲しいことだ」と述べ、報道によって辞任を余儀なくされたとメディアを批判した。イスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で語った。スパイサー大統領報道官は14日に「フリン氏がうそを言ったことで信頼が損なわれたため、大統領が辞任を求めた」と説明しており、大統領の発言はトーンが食い違っている。
・トランプ米大統領が環境保護局(EPA)改革に向けた複数の大統領令を準備していると報じている。プルイット氏のEPA長官人事が議会で承認され次第署名する計画という。

[2017-02-15][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領を国賓として招待すべきではないと主張する英議会オンライン請願について、英政府が「多くの署名者が表明した確固たる見解を認めるが、支持しない」と請願を拒否した、と報じている。「招待反対」の請願には14日までに185万人以上の署名が集まっていた。
・トランプ米大統領が15日に米小売大手8社の幹部と会談し、税制や改革やインフラ整備などについて協議する、と報じている。会合に出席するのは、ターゲット、ベスト・バイ、JCペニー、ギャップ、オートゾーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス、ジョーアン・ストアーズ、トラクター・サプライのCEOになるという。
・トランプ米大統領の選挙対策メンバーらがロシアの情報当局者と接触していたとの米紙ニューヨーク・タイムズの報道について、ロシアのペスコフ大統領報道官は15日、事実に基づいていないと主張した。同報道官は電話会見で「匿名の情報を信じるのはやめよう。記事は事実に全く基づいていない」と述べた。

(最終更新日時 2017-02-26 00:51)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース