ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -0.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-11-19][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は記者団に「中国は貿易摩擦の緩和を望んでいる」と述べたうえで、中国側が「実行する意思のある事項のリストを送ってきた」と説明した。中国側の申し入れはまだ受け入れ可能なものではないが、「互恵的な」貿易に向けた合意の実現を楽観しているとし、「取引は成立すると思う。いまに分かる」との見通しを示している。
・トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領が電話会談を行った、と報じている。トルコ大統領府によると、サウジアラビア人記者カショギ氏の殺害事件を解明するとともに、隠蔽を防ぐことで両氏は合意したという。
・トランプ米大統領は、米国在住のサウジアラビア人記者の殺害事件をめぐり、中央情報局(CIA)は最終的な結論を出していないと強調し、サルマン皇太子が殺害を命じたとCIAが結論付けたという米主要メディア報道を否定した。
・米首都ワシントンの連邦地裁が、トランプ政権が停止したCNNテレビ記者のホワイトハウス入庁許可証を一時的に回復するよう命じたと報じている。
・トランプ米大統領は記者団に対し、ロシア疑惑に関するモラー特別検察官の質問への回答を書き終えたことを明らかにした。近く提出する意向とされ、疑惑捜査が大詰めを迎える可能性がある。
・トランプ大統領が周囲にたびたび「ペンス副大統領にはわたしへの忠誠心があるのか」と聞いて回っている、と報じている。2020年大統領選ではペンス氏を副大統領候補に選ばないとの観測も浮上しているという。
・トランプ米大統領は記者団に対し「大統領がペンス副大統領の忠義心を疑問視している」ことを示唆する米紙NYタイムズの報道を否定、ペンス氏は100%忠誠であり、記事は偽りであると主張した。
・トランプ大統領がインタビューで、中間選挙を受けて検討している閣僚などの人事について「ある程度替えるが、それほど多くはない。3人から5人のポストの交代を検討している」と述べたと報じている。
・トランプ米大統領が、2016年の大統領選にロシアが介入した疑惑について、捜査担当者の聴取を受けることに同意しない可能性が高いとの姿勢を示したと報じている。トランプ氏は、捜査を率いるモラー特別検察官からの質問に書面で回答したことが、おそらく「最後」になると述べていた。
・トランプ米政権が11月末にも開く米中首脳会談をにらみ、貿易摩擦の緩和へ硬軟織り交ぜた戦術を展開している。大統領は米国の求めた「不公正な貿易慣行」への対応に関する中国の回答を前向きに評価したが、ペンス副大統領はアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、中国批判を展開。首脳会談での追加関税の扱いが焦点となる中、中国に揺さぶりをかけた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-11-19][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は記者団に「中国は貿易摩擦の緩和を望んでいる」と述べたうえで、中国側が「実行する意思のある事項のリストを送ってきた」と説明した。中国側の申し入れはまだ受け入れ可能なものではないが、「互恵的な」貿易に向けた合意の実現を楽観しているとし、「取引は成立すると思う。いまに分かる」との見通しを示している。
・トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領が電話会談を行った、と報じている。トルコ大統領府によると、サウジアラビア人記者カショギ氏の殺害事件を解明するとともに、隠蔽を防ぐことで両氏は合意したという。
・トランプ米大統領は、米国在住のサウジアラビア人記者の殺害事件をめぐり、中央情報局(CIA)は最終的な結論を出していないと強調し、サルマン皇太子が殺害を命じたとCIAが結論付けたという米主要メディア報道を否定した。
・米首都ワシントンの連邦地裁が、トランプ政権が停止したCNNテレビ記者のホワイトハウス入庁許可証を一時的に回復するよう命じたと報じている。
・トランプ米大統領は記者団に対し、ロシア疑惑に関するモラー特別検察官の質問への回答を書き終えたことを明らかにした。近く提出する意向とされ、疑惑捜査が大詰めを迎える可能性がある。
・トランプ大統領が周囲にたびたび「ペンス副大統領にはわたしへの忠誠心があるのか」と聞いて回っている、と報じている。2020年大統領選ではペンス氏を副大統領候補に選ばないとの観測も浮上しているという。
・トランプ米大統領は記者団に対し「大統領がペンス副大統領の忠義心を疑問視している」ことを示唆する米紙NYタイムズの報道を否定、ペンス氏は100%忠誠であり、記事は偽りであると主張した。
・トランプ大統領がインタビューで、中間選挙を受けて検討している閣僚などの人事について「ある程度替えるが、それほど多くはない。3人から5人のポストの交代を検討している」と述べたと報じている。
・トランプ米大統領が、2016年の大統領選にロシアが介入した疑惑について、捜査担当者の聴取を受けることに同意しない可能性が高いとの姿勢を示したと報じている。トランプ氏は、捜査を率いるモラー特別検察官からの質問に書面で回答したことが、おそらく「最後」になると述べていた。
・トランプ米政権が11月末にも開く米中首脳会談をにらみ、貿易摩擦の緩和へ硬軟織り交ぜた戦術を展開している。大統領は米国の求めた「不公正な貿易慣行」への対応に関する中国の回答を前向きに評価したが、ペンス副大統領はアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、中国批判を展開。首脳会談での追加関税の扱いが焦点となる中、中国に揺さぶりをかけた。

[2018-11-17][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国と貿易合意できるだろう」「中国を悪い状況にしたくない」「中国と良い関係を築けると思う」
・トランプ米大統領「中国製品に対しさらなる関税は不要かもしれない」

[2018-11-16][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、モラー特別検察官のロシア疑惑捜査は完全に混乱状況に陥っており、「国家の恥」だと批判した。また、中間選挙後に閣僚更迭や交代が相次いだが、ホワイトハウスの政策運営は円滑に行われている、との見方を示している。

[2018-11-14][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、マクロン仏大統領について「困ったことに26%の非常に低い支持率とほぼ10%の高い失業率に苦しんでいる」と揶揄した。マクロン氏が提唱した米国抜きの「欧州軍」構想に反発するトランプ氏は、構想は国民の目をそらせるのが狙いだったと指摘している。
・記者がホワイトハウスへの入庁許可を停止されたのは言論の自由の侵害にあたるとして、トランプ大統領らを相手取り、停止措置の即時撤回を求めて提訴したと明らかにした。
・トランプ米大統領がニールセン国土安全保障長官の解任とケリー大統領首席補佐官の交代を検討している、と報じている。
・トランプ米大統領が早ければ今週中にも、ロシアが2016年米大統領選に介入した疑惑についてモラー特別検察官の質問に書面で回答する見通し、だと報じている。
・トランプ大統領のメラニア夫人が、報道官を通じ、リカーデル大統領副補佐官の解任や辞任を訴えたと報じている。大統領夫人が政権人事に公然と意見するのは異例のこと。

[2018-11-13][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「サウジアラビアやOPECは石油の生産量を減らすべきではない」
・トランプ米大統領「サウジやOPEC諸国は原油の減産をすべきではない」「原油価格は更に下がってもよい」
・トランプ米大統領は12日、中間選挙で下院の過半数議席を奪還した民主党がトランプ政権に対し、厳しい議会調査を行う見通しであることが株安の一因だと、新たな自説を展開した。トランプ大統領はツイッターへの投稿で、「民主党による大統領ハラスメントの見通しが株式市場を大いに悩ませている」と記した。
・トランプ米大統領はニールセン国土安保長官の解任を準備している。

[2018-11-12][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、訪仏した際に会談したマクロン大統領が提案した「欧州軍」創設構想について、自身のツイッターで「侮辱的な話だ」と強く批判した。
・トランプ米大統領は、訪問先のフランスでマクロン大統領と会談し、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国による防衛費について、公平な負担を要求した。これに対して、マクロン氏は「トランプ大統領の意見を理解する」などと述べ、主張に理解を示したという。
・パリを訪れたトランプ米大統領が、第1次大戦で亡くなった米兵の墓地を訪れ慰霊する予定だったが、急きょ中止したと報じている。ヘリコプターでの移動が視界不良で困難になったためとみられるが、オバマ前政権の高官らは「わたしたちはいつでも雨天時のオプションを用意していた」と一斉に非難しているという。
・トランプ米大統領が、訪問先のフランス・パリで、サウジアラビア人記者のカショギ氏殺害事件への対応についてトルコのエルドアン大統領と協議したと報じている。
・トランプ米大統領は、ウィテカー司法長官首席補佐官を長官代理に任命する前に、ロシア疑惑をめぐる捜査について同氏と協議していないと述べた。
・トランプ米大統領が年内にロス商務長官の更迭を検討している、と報じている。後任候補には、米国の人気プロレス団体WWEの元最高経営責任者(CEO)で、トランプ政権で中小企業庁長官を務めるマクマホン氏が挙がっているという。
・トランプ米大統領は、ヘイリー国連大使の後任人事について、年内に決める考えを明らかにした。ナウアート国務省報道官などを候補として検討しているという。
・トランプ米大統領は、メキシコ国境からの不法入国者に関し、難民申請を事実上できなくするよう命じる文書に署名した。米国滞在を続ける手段として用いられることの多い難民申請の道を閉ざし、中米などからの不法移民を阻止するのが狙いになる。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、トランプ米大統領の不倫もみ消し疑惑について、トランプ氏が自身の仲介者と女性側の口止め料をめぐる交渉で中心的な役割を果たし、選挙資金に関する法律に違反した疑いがあると報じている。
・トランプ米政権のヘイリー国連大使は、国連安全保障理事会が多国間主義の重要性について討議するなかで、多国間主義では米国は常に巨額の拠出金を払うことを余儀なくされ、割に合わないこともあると主張した。
・アメリカのトランプ大統領は、外遊先のパリで、ロシアのプーチン大統領と4か月ぶりに顔を合わせ、言葉を交わした。本格的な首脳会談は今月下旬に南米のアルゼンチンで開かれる主要20か国の首脳会議、G20サミットにあわせて行われる見通しとなっている。

[2018-11-10][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は9日、メキシコ国境からの不法入国者に対して、難民資格の付与を事実上制限する大統領令に署名した。発効は10日。

[2018-11-08][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「貿易協議は、うまくまとまりつつある」
・トランプ米大統領「北朝鮮との対話急がず、米朝会談は来年初めにも、制裁は維持している」「中国との協定締結を目指し取り組む」
・トランプ米大統領「(中間選挙について)素晴らしい一日だった」「政策実現のため民主と一緒に取り組んで行きたい」
・トランプ米大統領「一部閣僚の交代を検討」「来年初頭の米朝首脳会談を開催を期待」「北朝鮮を巡る動きに満足」
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との再会談時期について「来年早々になるだろう」との見通しを示した。米国が目指す完全非核化を「まったく急いでいない」と重ねて言及している。
・トランプ米大統領は、ツイッター投稿を連発し、そのなかで中間選挙において共和党が上院で過半数を維持したことを念頭に、同党や政権の成果を認めないメディアなどの勢力は「フェイクニュースだ」と主張している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、「外国の友人たちは、わたしが通商交渉に出てくるのを待ち望んでいる。仕事に戻って、やり遂げよう」とコメントし、問題視する貿易赤字の削減に向けて、外国との通商交渉に力を入れていく考えを強調した。
・トランプ米大統領は、中間選挙を受け記者会見し、野党の民主党との協力を目指す方針を明らかにした。
・トランプ米大統領は、セッションズ司法長官の辞任を発表した。トランプ氏はかねて、ロシアによる米大統領選介入疑惑の捜査をめぐりセッションズ氏への不満を表明しており、事実上の更迭となる。
・トランプ米大統領は7日の記者会見で、日本との貿易関係について「日本とは1千億ドル(約11兆3千億円)近い貿易赤字を抱えている。
・トランプ米大統領が11日にフランスで開かれる第1次大戦終結100年の記念行事出席に合わせ、10日にマクロン大統領と会談すると報じている。イランやシリア情勢を話し合うという。
・トランプ米大統領は、公費の無駄遣いなどで批判が出ているジンキ内務長官について、実績を評価しながらも一連の疑惑を調査すると表明し、交代の可能性に含みを持たせた。

[2018-11-07][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領(自身のツイッターで)「今夜は大成功だ。ありがとう」
・トランプ大統領は今回の中間選挙の結果について、FOXテレビに出演したコメンテーターの発言とする内容を引用する形で、みずからのツイッターに投稿した。
・トランプ大統領の誕生を後押しした「ラストベルト」=さびついた工業地帯と呼ばれる地域では、多くの州で上院の民主党の現職が議席を維持したほか、下院では都市部の郊外で民主党が議席を伸ばした。この地域の有権者の一部に、トランプ大統領の政策への不満があることがうかがえる。

[2018-11-06][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国が合意を望んでいるが、私はなくても構わない」
・トランプ米大統領「プーチン露大統領とパリで会談しないだろう」
・トランプ米大統領は、中国が米国を経済的に阻害しているとの認識を示しながらも、米国には通商をめぐる合意の用意があり、公正な合意は排除しないとの立場を示した。
・トランプ米大統領は、イランに対する原油関連の制裁について、エネルギー市場が衝撃を受け原油価格が上昇するとの懸念があることから、導入は段階的に行いたいとの考えを示した。
・トランプ米大統領は、今月末にアルゼンチンで開かれるG20首脳会合出席に合わせて、ロシアのプーチン大統領と会談する見通しだと述べた。そのうえで、11日にも実施する見込みとされていたロシアのプーチン大統領との会談について、「パリでは会わないかもしれない」と述べ、否定的な見解を示している。
・トランプ米大統領は記者団に対し、退任するヘイリー国連大使の後任を週内に指名すると明言するとともに、中間選挙後に政権閣僚の一部を交代する可能性を示唆した。

(最終更新日時 2018-11-20 00:34)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース