ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-22][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「北朝鮮の金委員長とは強い関係」
・トランプ大統領「北朝鮮は既に主要実験場の一つを爆破した。完全な非核化は既に始まった」
・トランプ米大統領「メキシコは全体的に米国を当てにしている」
・トランプ米大統領「欧州連合(EU)からの全ての自動車に対して20%の関税を課す」
・トランプ米大統領「EUの自動車すべてに20%の関税を賦課する」「EUからの自動車輸入に20%の関税賦課を示唆」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-06-22][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「北朝鮮の金委員長とは強い関係」
・トランプ大統領「北朝鮮は既に主要実験場の一つを爆破した。完全な非核化は既に始まった」
・トランプ米大統領「メキシコは全体的に米国を当てにしている」
・トランプ米大統領「欧州連合(EU)からの全ての自動車に対して20%の関税を課す」
・トランプ米大統領「EUの自動車すべてに20%の関税を賦課する」「EUからの自動車輸入に20%の関税賦課を示唆」

[2018-06-21][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・「トランプ米大統領とプーチン露大統領は欧州で会談する計画をしている」という。
・トランプ米政権のクシュナー大統領上級顧問率いる代表団が、ヨルダンの首都アンマンでアブドラ国王と会談し、イスラエルとパレスチナによる中東和平問題を協議した。クシュナー氏らはイスラエルやサウジアラビアなど中東各国を歴訪し、米独自の和平仲介案を巡り詰めの調整を行う。
・トランプ米大統領「GDP伸び率は4%超えると思う」
・トランプ米大統領は、ミネソタ州での集会で北朝鮮の非核化を約束した。
・トランプ米大統領が来月の欧州訪問に際して、ロシアのプーチン大統領との会談を計画していると報じている。同関係者の1人は会談について、7月11日のブリュッセルでの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の前か、トランプ大統領の13日の英国訪問後の2つの可能性があると述べたという。
・トランプ米大統領「北朝鮮は朝鮮戦争で戦死した米兵遺体200柱を返還」

[2018-06-20][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「カナダと貿易面で上手く解決できると希望」「我々はカナダ、メキシコと2国間の合意が可能」
・トランプ米大統領「NAFTAで、理に適う協定で合意へ、さもなければ離脱も」
・トランプ米大統領は、カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で進展がみられると指摘、合意できなければ2国間協定締結の可能性を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「ドイツでは移民を受け入れて以降、犯罪が10%も増加した」と投稿した。これに対して、メルケル独首相は記者会見で、「わたしの返答は、先に発表された統計を見ればおのずと明らかだ」と反論している。

[2018-06-19][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領「米経済はこれまでよりも良好」「米国は移民の収容所もしくは難民施設ではない」「移民問題は民主主義の失敗」
・トランプ米大統領「米国は移民収容所にはならない」としたうえで、民主党は移民問題で交渉のテーブルについていないと批判した。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで開いた国家宇宙会議で演説し、宇宙軍創設を国防総省に指示したと明らかにした。宇宙開発を加速する中国やロシアをけん制し、主導権を確保する狙いがありそうだ。
・トランプ米大統領「中国に関して一段の措置を取る必要がある」
・トランプ米大統領「USTRに関税で2000億ドルの中国製品を確認するよう指示した」
・トランプ米大統領「中国の関税引き上げは受け入れられない」「中国に不公正な貿易政策を変更する意図なし」
・トランプ米大統領「中国に対して一段の措置を取る必要がある」
・トランプ大統領が、中国で組み立てられたスマートフォン「アイフォーン」について、米政府の対中関税の対象にならないと米アップルのクック最高経営責任者(CEO)に伝えた、と報じている。
・イランのザンギャネ石油相は19日、トランプ米大統領は原油高を巡り石油輸出国機構(OPEC)に批判の矛先を向けているものの、実際には米シェールオイル生産支援に向け、原油高を求めているとの認識を示した。

[2018-06-18][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領は、記者団に対し、この夏のうちにプーチン露大統領と会談することは「可能だ」と述べた。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、カナダでのG7首脳会議(サミット)でドイツのメルケル首相ら各国首脳と笑顔で協議する写真を掲載したうえで、各国首脳に囲まれ激論を交わしているかのような写真とともに広まった不仲説は「偽ニュースメディアの間違いだ」と反論した。
・トランプ米大統領がカナダで行われたG7サミットで、安倍首相に対し、移民問題に関して暴言を吐いていたと報じている。具体的には、「日本に大量移民を送れば、シンゾー、君はすぐに退陣するぞ」などと述べたという。トランプ氏はG7で通商問題をめぐり他国と亀裂を深めていたが、不満や放言は他の問題でも炸裂していたようだ。
・トランプ米大統領は、ビデオメッセージを公表し、「平和のチャンス、恐ろしい核戦争の脅威を終わらせるチャンスがあるなら、すべてを犠牲にしてでも追求しなければならない」と訴えた。12日の米朝首脳会談で米国が譲歩したと批判が広がるなか、北朝鮮の非核化交渉を前進させる必要性を改めて強調している。さらに、「ポンペオ国務長官が非核化合意の履行に向け、北朝鮮と直接作業する」と説明。そのあいだは制裁を維持すると改めて表明した。
・トランプ大統領が、フランスのマクロン大統領と電話で会談し、12日の米朝首脳会談の結果を伝えたことを明らかにした。トランプ氏は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を目指す方針を改めて強調したという。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「軍事演習の中止はわたしの要請だ」と書き込み、12日の米朝首脳会談後に表明した米韓合同軍事演習の中止検討は北朝鮮の要求に応じたわけではなく、自らの提案だと強調した。
・「側近離れのトランプ氏、ポンペオ氏に絶大の信頼」と報じた。
・トランプ米大統領の顧問弁護士を務めるジュリアーニ元NY市長がインタビューで、トランプ氏周辺とロシアの不透明な関係をめぐって有罪が確定した人物が恩赦される可能性があるとの見解を示した、と報じている。モラー特別検察官のロシア疑惑の捜査終了後に恩赦の可能性があると示唆したという。
・トランプ米大統領は18日、ドイツをはじめとする欧州が直面する移民問題を槍玉に挙げ、米国も同様の脅威にさらされる恐れがあるとの見方を示した。

[2018-06-15][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・CNBC「トランプ米大統領、中国製品800~900品目への関税を計画」
・佐々江前駐米大使は、トランプ米大統領が米朝首脳会談後に「北朝鮮の核の脅威はもはやなくなった」とツイートしたことに苦言を呈した。「あれには驚いた。常識的に見て言い過ぎだ」と述べている。
・アメリカのトランプ大統領が運営していた慈善団体の資金が、トランプ陣営の選挙運動やトランプ氏自身のビジネスのために違法に使われていたとして、ニューヨーク州は日本円でおよそ3億円の返還などを求める訴えを裁判所に起こした。
・米ウォルストリート・ジャーナル紙は「トランプ米大統領が中国製品500億ドル相当への関税を承認」と報じた。
・トランプ米大統領は14日、中国製品500億ドル相当への関税を承認した。
・トランプ米大統領「中国が報復すれば、米国は一段の関税を追求する」
・トランプ米大統領「習近平・中国国家主席は友人だが、関税は必要」
・トランプ米大統領「北朝鮮の制裁は非核化完了を確認したのち解除」
・トランプ米大統領「モラー特別検察官を停職扱いにすることはしない」
・トランプ米大統領は15日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と17日に電話会談すると明かした。ロイター通信が伝えた。シンガポールで12日に行った米朝首脳会談後、両首脳が初めて言葉を交わす機会になるとみられる。

[2018-06-14][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「原油価格が高過ぎる。また石油輸出国機構(OPEC)が関与している。良くない」と投稿した。月に続いてOPEC批判を展開したことになる。
・トランプ政権筋が、米大統領は先に発表した中国製品に対する追加関税を発動するかどうか決断するため、14日に通商顧問トップらと協議することを明らかにした。

[2018-06-13][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領は米朝首脳会談後の記者会見で「米国はすべてのG7各国から利用されていると言っても過言ではない」と述べたうえで「これ以上、貿易で米国を利用することはできない」と指摘した。貿易問題をめぐり、米国と同盟国との確執が続く可能性が改めて浮き彫りとなった。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「本当に素晴らしい滞在を終え、シンガポールから戻っている。北朝鮮の非核化で大きな進展があった」「国のために素晴らしいことをしたい金朝鮮労働党委員長とうまくやった。少し前に言ったように、戦争は誰でも始められるが、平和を作るのは最も勇気のある人たちだけだ」といった投稿をしている。
・トランプ米大統領「非核化なら北朝鮮が達成できることに限界はない」
・トランプ米大統領「北朝鮮の金委員長は適切な時期にホワイトハウスに来ると確信している」
・トランプ米大統領「北朝鮮の核の脅威はもはやない」
・トランプ米大統領「米朝首脳会談で核への恐怖はもやはなくなった」「北朝鮮の将来には偉大な可能性がある」
・トランプ米大統領「原油価格は高すぎる」

[2018-06-12][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領(ツイッターで)「選挙以来、株式市場はほぼ40%上昇し、7兆ドルの経済価値が経済全体に築かれた」「何十年にもわたり最も低い失業率であり、黒人やヒスパニックの失業率は歴史的に最も低く、女性の失業率は21年で最も低い。これまでで最高の信頼感だ」
・トランプ大統領が12日の米朝首脳会談の終了後、同日中に帰国の途に就くことについて、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長の方から会談は一日限りとの申し出があったため、との見方を伝えている。それに対し、トランプ氏は交渉が進展すれば以降のシンガポール滞在もいとわなかったという。
・アメリカのトランプ大統領は、12日朝、ツイッターに「実務者協議はうまくいっているが結局のところは関係ない。これまでとは違う本物のディールが成立するかどうかはまもなくわかるだろう」と投稿し、北朝鮮のキムジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との初めての首脳会談に意欲を示した。
・米国のトランプ大統領は、日本時間の午前9時ごろ、宿泊先のシンガポールのホテルを車で出発した。日本時間の午前10時から史上初の米朝首脳会談が行われるホテルに向かったものとみられている。北朝鮮のキムジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が乗った専用車を含む車列も、日本時間の午前9時10分すぎ、宿泊先のシンガポールのホテルを出発した。
・トランプ米大統領は、トランプ政権の経済政策の司令塔である国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が、心臓発作で入院したことを明らかにした。
・トランプ米大統領「クドロー国家経済会議(NEC)委員長が心臓発作」
・トランプ米大統領「われわれは素晴らしい関係築けるだろう」
・米朝首脳会談のためにシンガポールを訪問しているトランプ米大統領は、トランプ政権の経済政策の司令塔である国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が、心臓発作で入院したことを明らかにした。その後、ワシントン・ポスト紙は、「クドロー氏の病状は良好と夫人が語った」と伝えている。
・トランプ大統領「クドロー米NEC委員長が心臓発作で入院した」
・トランプ米大統領がツイッターで指摘したクドロー国家経済会議(NEC)委員長の容体について、夫人が「病状は良好」と指摘したと報じている。
・トランプ米大統領は12日午前9時50分(日本時間同10時50分)ごろ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談の拡大会合で、金正恩氏との通訳を交えた2人きりの会談は「とても良かった」と語った。2人の関係は「素晴らしい関係だ」と手応えをみせた。
・トランプ米大統領「署名することになる」「間もなく公表することになるだろう」
・トランプ米大統領「金委員長と非常に特別のつながり築いた」
・トランプ米大統領「金委員長は非常に才能ある人物」「金委員長と多く会うことになるだろう」
・トランプ米大統領「北朝鮮の非核化プロセスが迅速に始まる」
・トランプ米大統領「米朝は新しい歴史の開始の用意」「朝鮮戦争は間もなく終わる」
・トランプ米大統領「対北朝鮮制裁は維持される」「北朝鮮はミサイルエンジンの試験場を破棄」
・トランプ米大統領「可能な限り早期に合意内容の実行に向けて精力的な協議を行うことで合意した」
・トランプ米大統領「韓国での軍事演習を当面停止」
・史上初の米朝首脳会談について、トランプ大統領は成果を強調する一方で、アメリカのメディアからは北朝鮮の完全な非核化に向けた具体策に欠けるなど疑問視する指摘が出ている。
・トランプ米大統領「日本人拉致問題を提起した」「完全な非核化は時間が長くかかる」
・トランプ米大統領「実質的に全てのG7諸国が米国につけ込んでいる」「トランプ大統領の努力に心から敬意」
・トランプ大統領「北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が非核化に向けて迅速に取り組むとの認識を示した」
・トランプ米大統領との歴史的な首脳会談を終えた北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が日本時間12日午後10時にシンガポールを出発し帰国の途に就くもようだ、と報じている。

[2018-06-11][NP     HDP +2.5 CHDP +0.3 RHDP +2.5 CRHDP +0.3]
・トランプ米大統領がG7首脳宣言を承認しなかったことについて、「個人的な感情と、米国の政策の境界がまたも曖昧になった」と報じている。トランプ氏はツイッターで議長国カナダのトルドー首相を「不誠実で弱い」と呼んだが「敵対する国家の首脳より、同盟国の首脳に対し厳しい言葉を使っている」と皮肉った。
・トランプ大統領が突然、G7首脳宣言を承認しないと表明したことについて、「すべての期待を裏切るもの」とし、米国第一主義を基にした結論だと断じている。そのうえで、トランプ氏は今回、面会や会議に遅刻したり、閉幕を前に米朝首脳会談を開くシンガポールに向かったりしたが、「自分のリズムで動いている」と批判的に指摘していた。
・トランプ米大統領「G7よりもG8の方がよい。意味のある枠組みだ」「ロシアの復帰を歓迎するコメントを発している」
・トランプ米大統領は10日夜、大統領専用機でシンガポールのパヤレバ空軍基地に到着した。トランプ氏は到着後、中心部にある宿泊先の高級ホテル「シャングリラホテル」に移動したという。なお、そうした過程のなか、自身のツイッターを更新、米朝首脳会談について、「北朝鮮、そして世界にとって本当に素晴らしい成果を実現するチャンスがある」「開催日の12日は間違いなくエキサイティングな日となるだろう」と投稿している。
・トランプ米大統領は、G7サミット出席のため訪問していたカナダで記者会見し、会談の成功に意欲を示したうえで、「米朝首脳会談は一度きりのチャンスだ」と述べ、金朝鮮労働党委員長に対して、北朝鮮の平和と繁栄のためには今回の機会を逃すべきではないと促した。
・アメリカのトランプ大統領が、G7サミット=主要7か国首脳会議の首脳宣言を認めないとツイッターに書き込んだことについて、アメリカの国家経済会議のクドロー委員長は、史上初の米朝首脳会談を前に、外交上、弱腰だと受け止められるのを避けるためだったという認識を示した。
・トランプ米大統領が貿易問題でカナダ首相を再度批判した。11日午前のツイートで。
・トランプ米大統領「相互関係が構築されていなければ公平な貿易は愚かな貿易」

(最終更新日時 2018-06-23 11:15)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース