ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領はコミー氏との会話録音を持っていないようだと一部通信社が関係者の話として伝えた。
・トランプ米大統領「コミー氏との会話録音があるかどうかは分からない」
・トランプ大統領は、自身のツイッターへの投稿で「電子監視や傍受、違法な情報リークなどについて最近報じられているが、わたしはコミー氏と交わした会話の『テープ』または記録が存在するのかまったく分からない。だがわたしは録音していないし、持ってもいない」と指摘した。
・トランプ米大統領は、中西部アイオワ州で開いた支持者集会で、不法移民対策のためメキシコ国境に建設する方針の壁について「ソーラーウオールにすることを考えている」と明かし、太陽光パネルを利用した壁とするアイデアを提案した。
・トランプ米大統領「上院のオバマケア代替法案を強く支持する」
・トランプ米大統領「一帯一路の取り組みで中国と協力の意思がある」
・トランプ米大統領「コミー前FBI長官が話を変えたと示唆」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領はコミー氏との会話録音を持っていないようだと一部通信社が関係者の話として伝えた。
・トランプ米大統領「コミー氏との会話録音があるかどうかは分からない」
・トランプ大統領は、自身のツイッターへの投稿で「電子監視や傍受、違法な情報リークなどについて最近報じられているが、わたしはコミー氏と交わした会話の『テープ』または記録が存在するのかまったく分からない。だがわたしは録音していないし、持ってもいない」と指摘した。
・トランプ米大統領は、中西部アイオワ州で開いた支持者集会で、不法移民対策のためメキシコ国境に建設する方針の壁について「ソーラーウオールにすることを考えている」と明かし、太陽光パネルを利用した壁とするアイデアを提案した。
・トランプ米大統領「上院のオバマケア代替法案を強く支持する」
・トランプ米大統領「一帯一路の取り組みで中国と協力の意思がある」
・トランプ米大統領「コミー前FBI長官が話を変えたと示唆」

[2017-06-21][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領「北朝鮮問題での中国の取り組みは上手くいっていない」
・トランプ米大統領は、中国は北朝鮮に核開発を放棄させるため、働きかけを行っているものの、これまでのところ失敗に終わっているとの見方を示した。
・アメリカのトランプ陣営とロシアの関係をめぐる疑惑への追及が強まる中、南部ジョージア州で連邦議会下院の補欠選挙の投票が行われていて、トランプ政権にとって打撃となるのか選挙結果に関心が集まっている。ジョージア州アトランタ近郊では連邦議会下院の、与党・共和党の議員がトランプ政権の厚生長官に就任したことにともなって、現地時間の20日朝(日本時間20日夜)から補欠選挙の投票が行われている。この選挙区は40年近くにわたって共和党が議席を占めてきたが、トランプ陣営とロシアの関係をめぐる疑惑への追及が強まる中、野党・民主党のオソフ候補が事前の世論調査では数ポイントリードしていた。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は21日、「トランプ氏の規制緩和、信託銀にはお宝」というコラム記事を掲載した。

[2017-06-19][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領は、自身のツィッターで、イージス艦衝突事故について触れ、「思いと祈りはフィッツジェラルドの乗組員とその家族とともにある。同盟国である日本の支援に感謝する」との内容を投稿した。
・トランプ米大統領は、フロリダ州マイアミでキューバ政策について演説し、同国が「何万人もの自国民を殺してきたのと同じ人々に、今日まで支配されている」とカストロ政権を厳しく批判した。そのうえで、制裁措置の一部復活も正式表明している。
・トランプ米大統領の弁護士の1人が、ロシアの米大統領選挙介入疑惑で、大統領は捜査の対象になっていないと言明したと報じている。
・トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー氏が今週に中東を訪問すると報じた。

[2017-06-16][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領「GDPは非常に良い数字。近く発表」「米国内で複数の大型工場、もうすぐ発表される」
・トランプ米大統領はワシントン、ホワイトハウスでの労働力イニシアチブに関する大統領への署名式で「国内総生産(GDP)で近く、かなり良い結果が発表される」と述べた。
・トランプ米大統領は、特別検察官が大統領による司法妨害の可能性について捜査に着手したと報じられたのに対し、自身のツイッターで「ロシアと共謀していたという話がでっち上げられ、証拠がまったく見つからなかったため、今度は司法妨害の話がでっち上げられている」「米国の政治史上、最大の魔女狩りだ」と批判した。

[2017-06-15][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領「銃撃犯は死亡した」
・トランプ米大統領が就任後もホテル経営などの事業を通じて外国政府や企業から利益を得ているのは憲法違反だとして、野党民主党の上下両院議員約200人が集団提訴した。現職米大統領に対する議員団による訴訟としては最大規模のものとなる。
・モラー特別検察官がトランプ米大統領を司法妨害の可能性で捜査すると一部通信社が伝えた。

[2017-06-14][NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
・トランプ米大統領「ヘルスケア法案について増額するかもしれない」
・トランプ米大統領「上院は素晴らしいヘルスケア案に取り組んでいる」「オバマケアを撤廃」
・トランプ米大統領「失業率が16年ぶりの低水準に達するなど、経済は良好」「経済はより良くなる」
・トランプ米大統領「悲劇が起きたことを深く悲しんでいる」

[2017-06-13][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米国のメリーランド州とワシントンD.Cがトランプ米大統領を提訴したと一部通信社が伝えた。なお、訴訟の根拠として米大統領の事業が憲法に反する疑いがあるからとのこと。
・トランプ米大統領の新入国規制についてサンフランシスコ連邦高裁は違法と判断した。
・米首都ワシントンとメリーランド州の司法長官は、トランプ大統領が就任後も不動産などの事業を通じ外国政府などから利益を得ているのは憲法違反だとして、トランプ氏を提訴した。大統領は公務と自身のビジネスを分離する「適切な措置」を怠ったとしている。
・ドナルド・トランプ米政権は、中国の約10の企業個人が北朝鮮との交易関係を縮小すべきだとして、中国政府に措置を講じるよう要請した。複数の米政府高官が明らかにした。北朝鮮の核兵器開発プログラムを支援する主要ネットワークを断ち切る戦略の一環だ。米政府高官によると、期限は確定していないものの、中国政府が措置を講じない場合には今秋までに財務省がこれら企業・個人の一部に対し一方的に制裁を発動する可能性があると米政権は示唆している。

[2017-06-12][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が、英総選挙を受けてメイ英首相と電話会談したと発表した。大統領は、歴史的な絆に基づく米英の「特別な関係」を強調するとともに、「両国共通の目標と利益のため、今後の協力を楽しみにしている」と述べたという。
・北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会報道官が、トランプ米政権の制裁圧力を「危険千万な挑発的妄動だ」と強く非難する声明を発表したうえで、「超強硬対応措置」で応じると警告したと報じている。
・トランプ米大統領は、記者会見を行い、先月にFBI長官を解任したコミー氏が自身との会話内容について、「8日の上院公聴会で虚偽の証言をした」と非難したうえで、この会話について「自ら宣誓して証言する用意が100パーセントある」と表明した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、ロシア疑惑に関して議会証言したコミー前FBI長官を「非常に卑劣だ!」と非難した。
・トランプ米政権とロシア政府の関係をめぐる疑惑の渦中にいるセッションズ司法長官が、上院情報特別委員会の要請に応じ、13日の公聴会で証言する意向を明らかにしたと報じている。
・トランプ米大統領は記者会見で、北大西洋条約機構(NATO)加盟国による集団防衛を定めたNATO条約第5条を「順守する」と明言した。また、国防支出がNATOの目標に満たない加盟国に言及し、過去の貢献不足分も何らかの形で負担すべきだと主張している。
・トランプ米大統領は記者会見で、サウジアラビアなどが断交したカタールに対し、「テロ活動に資金を提供してきた」と名指しし、提供中止を求めた。
・トランプ米大統領が16日にも、オバマ前政権が推進したキューバ政策の見直しを発表する、と報じている。前政権下で緩和した渡航、貿易に関する制裁を強化するのが柱で、関係正常化に向けた動きが逆行する恐れがありそうだ。

[2017-06-10][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「コミー氏の証言でロシア政府との共謀や司法妨害は示されなかった」
・トランプ米大統領は次回の欧州訪問の際にプーチン露大統領と会談するという。

[2017-06-09][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「真実は明らかになると分かっている」
・トランプ大統領の個人弁護士カソウィッツ氏は記者会見し、2016年米大統領選をめぐるトランプ陣営とロシア政府の共謀疑惑に関し「いかなる捜査も妨害しようとしたことはなかった」と主張したうえで、コミー前FBI長官が上院公聴会で、一部捜査を断念するよう大統領から「指示」があったと受け止めたという証言を全面否定した。

(最終更新日時 2017-06-26 02:15)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース