ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-22][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は21日、共和党下院議員団の会議に出席し、23日の下院本会議で採決される見通しの医療保険制度改革(オバマケア)見直し法案について演説した。大統領は「成立させなければ、あなた方の多くが2018年の中間選挙で議席を失うだろう」と述べ、歯に衣(きぬ)着せぬ「トランプ節」で賛成を迫った。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-03-22][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は21日、共和党下院議員団の会議に出席し、23日の下院本会議で採決される見通しの医療保険制度改革(オバマケア)見直し法案について演説した。大統領は「成立させなければ、あなた方の多くが2018年の中間選挙で議席を失うだろう」と述べ、歯に衣(きぬ)着せぬ「トランプ節」で賛成を迫った。

[2017-03-21][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「ヘルスケア(医療保険制度)問題を決着させ、次に税制に移る必要がある」

[2017-03-20][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「北朝鮮は悪事を働いている」「中国は北朝鮮問題解決へほとんど協力していない」
・トランプ米大統領が、ブラジルのテメル大統領と電話会談し、両国の経済発展を促進するため、連携していくことで一致したと発表した。

[2017-03-17][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領は、過激派組織「イスラム国」(IS)対策に今後半年間で20億ドル規模の「柔軟な」予算措置を議会に求めている。また、キューバのグアンタナモ基地にある収容所の改修予算も要請。同収容所はオバマ前大統領が閉鎖を目指していた。これらはトランプ政権が議会に求めた300億ドル規模の国防補正予算案の一環。国防総省によると、IS対策費には高性能爆弾や敵の無人機に対する防衛などが含まれるという。

[2017-03-16][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「雇用減らす規制の撤廃を自動車大手幹部に約束」
・米連邦地裁判事は、トランプ米大統領による新入国制限令に差し止めの判断を示した。
・トランプ政権が過激派組織「イスラム国」(IS)掃討のため、米軍がシリア北部に最大千人を追加派遣する可能性が高いと報じた。
・トランプ米大統領「予算で肥大化した政府の縮小を提案へ」「予算で国防費の最大の増加を求める」
・トランプ米大統領「15%の法人税率の実現に努力へ」
・トランプ米大統領が中西部ミシガン州で大手自動車メーカーの幹部と会談し、出席していたトヨタ自動車の幹部に「困難なことを言っているのは分かっているが、ここに建設しなければならない」と重ねて述べたと報じている。
・トランプ政権は国防費の捻出に向けて歴史的な財政カットを提案するようだ。また、国境の壁向け予算として26億ドルを提案するという。
・米トランプ米政権は16日、2018会計年度(17年10月~18年9月)の予算方針を発表した。国防費を大幅に増やすため、地球温暖化対策を担当する環境保護局の予算を前年度比31%削減し、外交を担う国務省と開発援助を手掛ける国際開発局の予算は合計で28%減らす。予算方針は政権の意向を反映しやすい裁量的経費の使い道を示した。年間支出額のおおむね3分の2を占める公的年金や医療関係などの義務的経費の配分や、税制改革案を含む歳入見通しは、5月に議会に提出する正式な予算教書に盛り込む。

[2017-03-15][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領が米通商代表部(USTR)代表に指名したライトハイザー氏は14日、米上院委員会の承認公聴会で「農業分野の市場拡大は、日本が第一の標的になる」と主張した。環太平洋経済連携協定(TPP)離脱後の政策方針を答えたもので、米国が今後の対日協議で自由貿易協定(FTA)を求めていく姿勢が鮮明になった。ライトハイザー氏は1980年代のレーガン政権下でUSTR次席代表に就き、その後は鉄鋼業界の顧問弁護士などを歴任してきた。80年代には対日鉄鋼協議で日本に輸出の自主規制をのませた実績があり、トランプ大統領が同氏の対外交渉力を高く評価している。
・トランプ米大統領が政府の政策決定において気候変動への配慮を大幅に減らす大統領令に今週署名する方針だと報じている。
・トランプ米大統領が15日に米中西部ミシガン州イプシランティを訪れ、自動車の燃費規制の見直しを表明する方針だと報じた。環境保護団体は、燃費規制が緩和されれば提訴も辞さないとしている。

[2017-03-14][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「失策オバマケアを置き換える決意」「オバマケア撤廃に1年待つのは間違っている」
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が、トランプ米政権内で北朝鮮による弾道ミサイル発射の抑止策として先制攻撃が選択肢に浮上していることを非難し「米国はわずかな誤った判断も自分たちの終局的破滅につながることを知るべきだ」と報じている。また、米韓両軍が定例の合同軍事演習を実施していることについても、「トランプ政権が歴代米政権の対北朝鮮政策の失敗から教訓を得ずに、勝算のない核恐喝政策を踏襲している」と批判した。
・トランプ米大統領が来月、中国の習国家主席を自身の別荘である南部フロリダ州の会員制リゾート施設「マララーゴ」へ招くことを検討している、と報じている。実現すれば、各国首脳で別荘に滞在するのは安倍首相に続き2人目となる見通しだ。
・トランプ米大統領は13日、政権発足後初の閣議を開き、「この内閣は米国民に奉仕し、米国民を守る」と述べ、雇用創出や治安対策に向けて精力的に働く姿勢をアピールした。「行政府再編に向けた包括計画」と題した大統領令にも署名し、行政の効率を高めると述べた。トランプ氏は連邦政府で重複や余分な業務が多く、巨額の公費が「浪費されている」と批判。各政府機関の無駄や業務改善の可能性を調査する考えを示した。米紙ワシントン・ポスト電子版によると、トランプ氏は連邦政府職員の「歴史的な大幅削減」や公務員給与の引き下げを検討している。

[2017-03-10][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・米国のウォールストリート・ジャーナル紙によると、ドナルド・トランプ米大統領は8日、1兆ドル(約114兆円)にも及ぶインフラ投資計画の始動に向け、ホワイトハウス関係者に指針を作成するよう指示した。

[2017-03-08][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領「医療保険改革を終了しない限り、税制改革に取り組めない」「しかし、我々は法人や中間層を対象とした大規模な減税を計画している、レーガン大統領以来の大規模減税となる」
・ドナルド・トランプ米大統領が司法副長官に指名しているロッド・ローゼンスタイン氏は7日、ロシアによる2016年米大統領選への関与疑惑を巡る捜査について特別検察官の起用を明言せず、まだ就任前であり決断に要する全ての事実を把握していないとの見解を示した。ジェフ・セッションズ長官は先週、この問題を巡る捜査に関与しないと表明した。このためローゼンスタイン氏は、司法副長官就任が承認されればロシア関連の捜査方針を決定する任務を負うことになる。
・トランプ米大統領は共和党幹部との会合で、下院共和党議員団が6日に提示した医療保険制度改革法(オバマケア)廃止法案について、「素晴らしい案だ。喜んで支持したい」と述べた。

[2017-03-07][NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
・トランプ米大統領はテロリストの流入を防ぐとして打ち出したイスラム圏7カ国からの入国禁止に代わる大統領令に近く署名する。一部通信社によると「イラクが除外され対象はイランなど6カ国になる」模様。
・トランプ米大統領は6日、スーダン、シリア、イラン、リビア、ソマリア、イエメンの6カ国を対象に90日間の米入国を禁止する新大統領令に署名した。
・トランプ米大統領は新たな入国制限の大統領令に署名した。
・トランプ政権がホワイトハウス内に新設した米国家通商会議(NTC)のナバロ委員長は、ワシントン市内で講演し、「650億ドルにのぼる米国の対ドイツ貿易赤字は極めて困難な通商問題のひとつ」「日本には非関税障壁があり、米国が大きな貿易赤字を抱えている」「中国が為替操作国かどうか、人民元が過小評価されているかどうかの判断は、米財務省が4月に発表する為替報告を待つ。ただ、中国の通貨が過小評価されているのは明白」「通商交渉は米国の経済力が生かせる2国間協議に移行する」などと述べた。
・トランプ米大統領は、一部のイスラム圏諸国から米国への入国を制限する新たな大統領令に署名した。1月27日に出した大統領令に修正を加えたもので、既存の査証(ビザ)保持者を対象から除外するほか、イラクを対象国から外すなど、大幅に妥協した内容となっている。
・トランプ米政権のティラーソン国務長官ら3人の閣僚は、イランやリビアなど6ヵ国から市民の入国を規制する新たな大統領令について声明を発表し、「国家の安全のため不可欠だ」とテロ対策としての正当性を強調した。
・トランプ米大統領(Twitterで)「ロシアは8年間オバマ前大統領を見下してきたなどと発言した」
・トランプ米大統領(Twitterで)「ロシアは力を増し、ミサイルを増やしクリミアを虐げた」

(最終更新日時 2017-03-23 02:24)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース