ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は、北朝鮮政策に関して記者団に「交渉して何かが起き得るのなら、我々は常に開かれている」と述べ、核・ミサイル問題をめぐる北朝鮮の態度次第では話し合いに応じる用意があると表明した。しかし、その一方で、「交渉以外の何かが起きるなら、我々はかつてないほど準備ができている」とも語り、軍事的選択肢を排除しない考えも同時に強調している。
・トランプ米大統領が11月上旬に韓国を訪れる際、北朝鮮とのあいだにある非武装地帯への視察を見送る方向になっていることがわかった、と報じている。トランプ氏が北朝鮮の金朝鮮労働党委員長と非難合戦を繰り広げているため、トランプ氏の安全を考慮したという。
・トランプ米大統領が、11月初旬のアジア歴訪中に訪れる韓国で、対北朝鮮政策に関する主要演説を行う方向で最終調整に入ったと報じている。北朝鮮の核・ミサイル問題を政権の最重要課題に位置づけ、北朝鮮への「圧力強化」方針を最前線で示す狙いがあるという。
・トランプ米政権は、ワシントン郊外で実施している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第4回会合で、域内で販売される乗用車とトラックの価値の50%を米国産の部材とするよう求めた。これに対し、メキシコ当局者は容認できないと反発。また、カナダ当局者は、同国政府高官がすでに米国の要請を却下したと指摘している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-10-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は、北朝鮮政策に関して記者団に「交渉して何かが起き得るのなら、我々は常に開かれている」と述べ、核・ミサイル問題をめぐる北朝鮮の態度次第では話し合いに応じる用意があると表明した。しかし、その一方で、「交渉以外の何かが起きるなら、我々はかつてないほど準備ができている」とも語り、軍事的選択肢を排除しない考えも同時に強調している。
・トランプ米大統領が11月上旬に韓国を訪れる際、北朝鮮とのあいだにある非武装地帯への視察を見送る方向になっていることがわかった、と報じている。トランプ氏が北朝鮮の金朝鮮労働党委員長と非難合戦を繰り広げているため、トランプ氏の安全を考慮したという。
・トランプ米大統領が、11月初旬のアジア歴訪中に訪れる韓国で、対北朝鮮政策に関する主要演説を行う方向で最終調整に入ったと報じている。北朝鮮の核・ミサイル問題を政権の最重要課題に位置づけ、北朝鮮への「圧力強化」方針を最前線で示す狙いがあるという。
・トランプ米政権は、ワシントン郊外で実施している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第4回会合で、域内で販売される乗用車とトラックの価値の50%を米国産の部材とするよう求めた。これに対し、メキシコ当局者は容認できないと反発。また、カナダ当局者は、同国政府高官がすでに米国の要請を却下したと指摘している。

[2017-10-14][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「イラン核合意認定せず、当面の離脱は否定」「制裁発動の基準設定を議会に促す」
・トランプ米大統領「イランは複数回合意を破っている」

[2017-10-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は選択肢を増やす医療保険案で、大統領令に署名した。オバマケア(医療保険改革法案)撤廃の第1歩だとした。
・トランプ米大統領「大規模な減税実施する」
・トランプ米大統領が、スタンフォード大学のテイラー教授と面談し、FRB議長に指名する可能性について協議したと報じている。協議にはムニューシン財務長官とペンス副大統領も同席したという。

[2017-10-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「NAFTAの再交渉は難航」
・「トランプ米大統領は今週、米スタンフォード大学のジョン・テーラー教授を面談をする予定」だという。なお、テーラー氏はタカ派として知られる。
・トランプ米大統領が7月に開かれた安全保障補佐官らとの会議で米国が保有する核兵器を大幅に増やしたいとの意向を示していたと報じている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「NBCの報道はフェイクニュース」「面目をつぶすための完全なフィクション」と書き込み、報道を完全否定した。また、そのうえで、NBCの放送免許取り消しについても提起している。
・トランプ米大統領「イラン核合意に関する決断を近く発表する」
・北朝鮮の李外相が、トランプ米大統領が北朝鮮との「戦争の導火線に火をつけた」とし、米国は「砲火」を浴びせられるとけん制したと報じている。
・トランプ米大統領が今週、FRBの次期議長候補の1人であるスタンフォード大学のテーラー教授と面談すると報じている。ただ、同関係者は面談がいつ行われるか不確かだとしているという。
・トランプ米大統領は11日、北米自由貿易協定(NAFTA)交渉が物別れに終わった場合、メキシコを除いてカナダと2国間の貿易協定を結ぶ可能性に言及した。
・トランプ米大統領はがナダのトルドー首相との共同記者会見で、核ミサイル開発を進める北朝鮮への対応について「わたしには他の人とは少し違う考え方ややり方がある」「米国にとって最終的に正しいことをする」と述べたと報じている。
・トランプ大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱の可能性を示唆している一方で、長官や他の政権メンバーは離脱の必要がないことを望んでいると表明した。
・トランプ米大統領「リパトリ税率は10%前後を見込む」
・トランプ米大統領「税制改革で民主党の一部の支持を得るだろう」
・トランプ米大統領「北朝鮮情勢を継続させるわけにはいかない」「中国は北朝鮮を巡って非常に協力的だった」
・トランプ米大統領訪日で横田夫妻と面会で調整へ。
・トランプ米大統領「中国は北朝鮮を巡って非常に協力的」

[2017-10-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「税制改革案をもっと強力にするために調整する」「ティラーソン国務長官を信頼している」
・トランプ米大統領「コーカー上院議員との対立が税制改革に影響することはない」
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスでキッシンジャー元国務長官と会談した。キッシンジャー氏は記者団に、トランプ氏が11月に日中韓3ヵ国を含むアジア諸国を歴訪することについて「発展と平和、繁栄に大きく貢献するだろう」との見解を示した。
・トランプ米大統領は10日、国家安全保障チームと北朝鮮に関して会合を開き、北朝鮮による攻撃への対応で選択肢を協議したようだ。米ホワイトハウスが伝えた。
・トランプ米大統領がインタビューで、政府高官人事の遅れが指摘されていることについて、「わたしは通常の大統領のように多くの指名人事を行うつもりはない。それらは必要ないからだ」と述べ、一部のポストは意図的に空席のままにしていると説明したと報じている。
・トランプ米大統領は、7月末に就任したジョンケリー大統領首席補佐官が解任されるとの報道は全くのでっち上げと発言した。
・トランプ米大統領「核弾頭10倍増を求めたという報道は完全にねつ造」

[2017-10-10][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領とグラハム米共和党上院議員は本日、税制改革や政府資金、ヘルスケアについて議論したと大統領側近が伝えた。
・トランプ米大統領は来月に朝鮮半島の軍事境界線を訪れる可能性があるという。

[2017-10-09][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「過去の政権による北朝鮮との交渉は結果が出なかった」「北朝鮮への対応で機能する手段はひとつしかない」
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、トランプ米政権が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、ゼロ関税の対象となる域内の調達比率を定めた「原産地規則」の大幅な見直しを提案する計画だと報じている。新たに「米国製部品50%以上」の条件を設けることが柱とされ、メキシコ、カナダが反発し、協議が難航するのは必至の情勢となっている。
・トランプ大統領とギリシャのチプラス首相が今月17日にワシントンで会談すると発表した。両国や地域の防衛協力、投資、エネルギー安全保障などについて幅広く協議する予定だという。
・トランプ米大統領はホワイトハウスで記者団に、関係悪化が伝えられているティラーソン国務長官について「幾つかの点で意見が合わないことはある」と認めたが、「非常に良い関係だ」と強調した。
・トランプ米大統領が選挙戦中に不法移民対策などで公約したメキシコ国境沿いの壁の建設で、試作品の提示に6企業が選ばれ、組み立て作業などを米カリフォルニア州サンディエゴで進めていることがわかった、と報じている。

[2017-10-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「イランは核合意の精神に沿っていない」
・トランプ米大統領は、軍幹部とのディナーは「嵐の前の静けさ」の可能性と発言した。米大統領は嵐が何を意味するかとの質問に、「今に分かる」と回答した。
・トランプ大統領がイラン核合意を「認めない」とする判断を議会に通知する方針を決め、来週発表する予定だと報じている。

[2017-10-05][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・「トランプ米大統領と安倍首相がラスベガス事件や北朝鮮で協議」「トランプ大統領と安倍首相は11月訪日まで緊密な協力」などと報じた。
・トランプ米大統領は、ティラーソン国務長官が緊急会見で辞任を否定したのち、「NBCは偽ニュースだ」と批判したうえ、ティラーソン氏について「完全に信頼している」と指摘した。

[2017-10-04][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は記者団に対し、ラスベガスで起きた銃の乱射事件について「悲劇だったが、奇跡も起きた。警察はすばらしい仕事をした」「容疑者は病的で頭のおかしい男だ。問題だらけで、我々は徹底的に調べている」「銃規制への取り組みについてはそのうち話す」と述べた。
・トランプ米政権は、在米キューバ大使館の外交官15人の国外退去を要請した。国務省当局者によると、要請はキューバのカバナス駐米大使に伝えられたという。該当する外交官は7日以内に退去する必要がある。
・トランプ米大統領側近が次期FRB議長の最終候補者リストを取りまとめている。
・トランプ米大統領は3日、米自治領プエルトリコを訪問し、地元首長や被災者らと面会した。トランプ氏は米国でのハリケーン「カトリーナ」による被害を引き合いに「1000人以上が亡くなったハリケーンと比べれば、それほど深刻でもない」と話した。
・NBCニュースは4日、夏の間にトランプ米大統領とティラーソン国務長官との間の緊張が高まり、ペンス副大統領を含む政権高官がティラーソン氏に対し辞任しないよう説得したと報じた。

(最終更新日時 2017-10-17 00:17)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース