ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「雇用を抑制している規制を撤廃へ」「ルビオ議員は税制改革を最終的に支持するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2017-12-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「雇用を抑制している規制を撤廃へ」「ルビオ議員は税制改革を最終的に支持するだろう」

[2017-12-14][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「税制改革法案成立に非常に非常に近い」
・トランプ米大統領「共和党上下院、税制改革案一本化に非常に近づいた」「法人税率21%案に署名へ」
・トランプ米大統領「ハリケーンなければ4%成長だった可能性」
・トランプ米大統領は、共和党候補が敗れた前日のアラバマ州での上院補選結果について、自身のツイッターに「昨夜の選挙で証明されたのは、上下両院で民主党との議席差を広げるには立派な共和党候補を擁立する必要があるということだ」と書き込んだ。トランプ氏の投稿には、敗因は候補者個人の問題で、共和党の政策が支持を得られなかったわけではないと強調する狙いがありそうだ。
・トランプ米大統領は、法人税率を21%に設定することに異論はないとし、この水準での税率を明記した法案に署名するとの方針を示した。ただ現時点ではまだ最終的に決定されていないとしている。
・米紙USAトゥデーは「トランプ、底知れぬゲスさ」と見出しがつけられた社説を掲載したうえで、トランプ氏がツイートで民主党の女性上院議員ジリブランド議員を「少し前までわたしのオフィスに選挙資金をせびりにきていたものだ(そのためならなんだってするだろう)」とツイートしたことを非難した。

[2017-12-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・アメリカのトランプ大統領は、今年度の国防予算の大枠を定める国防権限法案に署名し、軍の再建に向けた戦闘機や艦艇の増強、そして北朝鮮の核ミサイルに備えたミサイル防衛の強化に取り組む姿勢を強調した。

[2017-12-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は13日に税制改革について演説する。ホワイトハウスが11日明らかにした。ウォルターズ副報道官は「歴史的な減税について議会とともに取り組みを進めるなか、トランプ大統領は税制改革がいかに米国民の明るい将来につながるか、13日に演説を行う」と述べた。
・トランプ米大統領からセクハラされたと訴える女性3人が11日、ニューヨークで記者会見し、連邦議会に調査を求めた。女性らは昨年の大統領選中にもメディアに同様の告発をしたが、トランプ氏は女性らの主張をいずれも否定している。
・トランプ米大統領は、NYのマンハッタン中心部でバングラデシュ出身の男が手製の爆弾を爆発させた事件について、議会による移民制度改革法案の成立が「急務」であることを強く示すものだとの考えを示した。
・トランプ米大統領が12日にハガティ駐日大使と面談を行う。
・トランプ米大統領は11日、有人月面探査の再開を命じ、火星探査のための基地を作るよう指示する文書に署名した。
・アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに対し、パレスチナ側が反発を強める中、ガザ地区から武装勢力がイスラエル領内に向けてロケット弾を相次いで発射し、これに対し、イスラエル軍は戦車による砲撃などで反撃しており、武力衝突が拡大することも懸念されている。

[2017-12-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領は13日に税制改革について演説する。ホワイトハウスが11日明らかにした。ウォルターズ副報道官は「歴史的な減税について議会とともに取り組みを進めるなか、トランプ大統領は税制改革がいかに米国民の明るい将来につながるか、13日に演説を行う」と述べた。
・トランプ米大統領からセクハラされたと訴える女性3人が11日、ニューヨークで記者会見し、連邦議会に調査を求めた。女性らは昨年の大統領選中にもメディアに同様の告発をしたが、トランプ氏は女性らの主張をいずれも否定している。
・トランプ米大統領は、NYのマンハッタン中心部でバングラデシュ出身の男が手製の爆弾を爆発させた事件について、議会による移民制度改革法案の成立が「急務」であることを強く示すものだとの考えを示した。
・トランプ米大統領が12日にハガティ駐日大使と面談を行う。
・トランプ米大統領は11日、有人月面探査の再開を命じ、火星探査のための基地を作るよう指示する文書に署名した。
・アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに対し、パレスチナ側が反発を強める中、ガザ地区から武装勢力がイスラエル領内に向けてロケット弾を相次いで発射し、これに対し、イスラエル軍は戦車による砲撃などで反撃しており、武力衝突が拡大することも懸念されている。

[2017-12-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と表明したことをめぐり、国連安全保障理事会は緊急会合を招集した。その冒頭で、会合を要請したスウェーデンの代表が「国際法やこれまでの安保理決議に反する決定だ」と懸念を表明するなど、米国の決定を批判する声が相次いでいる。
・トランプ米大統領は、自身のツィッターに、「わたしは選挙公約を果たしたが、他の大統領たちは果たさなかった」と投稿、クリントン元大統領やジョージ・W・ブッシュ元大統領、オバマ前大統領がエルサレムに関する公約を掲げて選挙に当選しておきながら、のちにそれを撤回したことを映像で証明しつつ、自身は公約を果たしたとアピールした。
・米金融大手ウェルズファーゴの不正問題をめぐり、トランプ米大統領は自身のツィッターで、監督当局による「罰金処分の棚上げ」報道にかみついた。「顧客らへの悪い行いに対し、罰金やペナルティーをやめることはない。誤った報道がされていた」と投稿し、処分する方針を明らかにした。
・トランプ大統領、NY市中心部での爆発に関する説明受けたと、報道官が伝えた。

[2017-12-09][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・「トランプ米大統領、暫定予算法案に署名」などと報じた。

[2017-12-08][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米政権高官が、長らく大統領が約束してきたインフラ計画を来年1月に発表し、政策課題を推進し続ける方針だと報じている。トランプ大統領は1月30日の一般教書演説に先立って、道路や橋、空港などを改修する公共事業計画の公表を目指しているという。
・トランプ米大統領が、ボルトン元国連大使と7日に非公開に会談していたことが分かったと報じている。ボルトン氏は先日、トランプ大統領の指示により英ロンドンを訪れ、英国議員らに「北朝鮮の核・ミサイル完成まで3ヵ月しか残っていない」という米中央情報局(CIA)の分析内容を伝えたという。
・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と宣言した演説で発音が乱れたことから、一部の米メディアが7日、健康に問題がある可能性を報じた。サンダース大統領報道官は同日の記者会見で健康不安説を「くだらない」と一蹴した上で、トランプ氏が年明けに健康診断を受け、結果を公表すると明らかにした。

[2017-12-07][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・トランプ米大統領「北朝鮮については適切に対応する」
・トランプ米大統領「エルサレムをイスラエルの首都と認定する時だ」
・アメリカのトランプ政権で一時、「陰の大統領」とも言われたバノン前首席戦略官は、自民党の河井総裁外交特別補佐と会談し、核ミサイル開発を進める北朝鮮に対して軍事行動に踏み切れば「犠牲者が多すぎる」として、慎重な姿勢を示した。そのうえでトランプ政権が圧力の強化などを通じて対処することは可能だという認識を示した。また、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の推進に強い警戒感を示したとされている。
・エルサレムをイスラエルの首都と承認したトランプ米大統領の発表を対し、欧州連合(EU)内では6日、「深刻な懸念」(モゲリーニ外交安全保障上級代表)を示す声が相次いだ。EUと米国の関係はトランプ政権発足時からぎくしゃくしており、今回のトランプ氏の決定を受けて溝が一段と広がった格好だ。
・トランプ米大統領は、8日に期限を迎えるつなぎ予算の延長をめぐる議会の協議がまとまらず、政府機関の一部が閉鎖される「可能性がある」と警告した。

[2017-12-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.4 RHDP +2.1 CRHDP +0.4]
・米トランプ政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定する方針を表明すると伝わったことを受け、ドイツおよびフランス政府は中東地域で抗議行動が広がる可能性があるとして、群衆が集まる場所を避けるなど安全に注意するよう国民に呼びかけている。

(最終更新日時 2017-12-16 00:58)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース