ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-15][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国製品2000億ドルに追加関税課したい」ようだ。
・トランプ大統領が中国に対して追加関税を諦めておらずとの一部報道を受けて、クロス円も軟調に転じ、ユーロ円は130.31円まで下値を広げた。中国と経済的に結びつきが強いオセアニアの通貨も売られ、豪ドル円が80円半ばから80.08円まで、NZドル円は73.60円付近から73.35円まで水準を下げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-09-15][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国製品2000億ドルに追加関税課したい」ようだ。
・トランプ大統領が中国に対して追加関税を諦めておらずとの一部報道を受けて、クロス円も軟調に転じ、ユーロ円は130.31円まで下値を広げた。中国と経済的に結びつきが強いオセアニアの通貨も売られ、豪ドル円が80円半ばから80.08円まで、NZドル円は73.60円付近から73.35円まで水準を下げた。

[2018-09-14][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、昨年自治領プエルトリコに甚大な被害をもたらしたハリケーンに関してツイッターで「3000人も死んでいない」と投稿し、プエルトリコ当局が公式発表した死者数を否定した。高齢などの理由で亡くなった人も含まれている可能性があると指摘し、自分の顔をつぶそうとする民主党の仕業だと主張している。トランプ氏はこのハリケーンへの対応が不十分だったとして批判されている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)について、大統領を目指すには知性に欠けるとの認識を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「米国は中国と合意する圧力にさらされておらず、中国側が圧力を受けている。米国市場は急伸し、中国市場は低迷している。間もなく巨額の関税収入が入ってくるほか、国内生産活発化の動きもみられるだろう。会うなら会おうか」と投稿していた。
・トランプ米大統領は13日、中国との貿易交渉について「われわれには中国とディールを結ぶプレッシャーはない。彼らの側に、われわれとディールするプレッシャーがかかっている」と自身のツイッターに書き込み、『ウォール・ストリート・ジャーナル』の記事を否定した。トランプ氏は、米国の株式相場が上昇する半面、中国株式相場は「崩壊」していると強調。「まもなく数十億米ドル規模の関税をかけ、わが母国で製品を生産させる」と述べた。

[2018-09-13][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・米トランプ政権が、米中通商協議の再開に向けて中国側と接触した、と報じている。ただ、新たな協議の時期や場所は不明だという。
・トランプ米大統領は、米国の選挙を外国による介入から守るための大統領令に署名した。介入をもくろむ国や個人に対し制裁措置を導入するという。
・トランプ米大統領「ウォールストリートジャーナルは間違っている」「我々は中国から数十億ドルの関税を間もなく得るだろう」
・トランプ米大統領の中国に対するツイートを受けて、豪ドル/ドルは0.7229ドルを頭に0.72ドル近辺まで、豪ドル円が80.80円から80円半ばまで一時売り戻された。トランプ大統領は「我々は中国から数十億ドルの関税を間もなく得るだろう」と述べている。
・トランプ大統領「ウォールストリートジャーナルの報道は間違っている」「中国の市場は崩壊したが、我々の市場は急伸した」「我々は間もなく中国から巨額の関税を取得するだろう」などとツイートしたことを受け、米株式相場が上昇幅を縮小、クロス円も伸び悩む展開に。

[2018-09-12][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「貿易協議は順調。カナダは合意成立を望んでいる」
・トランプ米大統領「カナダとの通商協議は順調」「カナダは合意したいと考えているはず」
・トランプ米大統領は11日、中国との貿易問題について、米国は強硬な姿勢を崩さないと表明した。また、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡るカナダとの2国間協議は順調に進んでいると語った。
・トランプ米大統領が、米国の選挙に介入しようとする外国人への制裁措置を許可する大統領令に、12日にも署名するとみられると報じている。
・トランプ米大統領は、大型ハリケーン「フローレンス」への対策に出費を惜しまない考えを示した。フローレンスは14日、サウスカロライナ州境に近いノースカロライナ州に上陸する見通しとなっている。

[2018-09-11][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、北朝鮮の金委員長から2回目の首脳会談に関する書簡を受け取った。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、11日発売予定のボブ・ウッドワード氏のホワイトハウスに関する新著を引き続き非難したうえで、「引用されている言葉は本と同様にフィクションだと、すでに多くの人が言明している。わたしが真実の本を書く」とツイートした。
・トランプ米政権が国際司法の分野でも国際協調から逆行する動きを強めている。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は10日、国際刑事裁判所(ICC)が加盟国でない米国の兵士を捜査することについて「国家主権の侵害だ」と痛烈に批判した。米国がICCの正当性を公に批判すれば米国と同じように非加盟の中国やロシアが捜査協力する機運がしぼみ、国際司法での協調は後退する恐れがある。

[2018-09-10][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、記者団に対し、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長からの書簡が近く届くと明らかにした。「前向きな書簡だと思う」と述べ、停滞している非核化交渉の前進に期待感を示している。書簡は韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店で7日に開かれた米朝協議で手渡されたという。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、北朝鮮が軍事パレードで核を誇示しなかったことについて、「とても前向きな意思表示だ。金委員長よ、ありがとう」と評価した。
・トランプ米大統領は、日本と貿易交渉を始めたとしたうえで、仮に物別れに終われば、日本側が「一大事になることを認識している」と述べた。
・トランプ政権当局者が昨年秋から今年にかけて、ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権を転覆するクーデターを計画していた軍不満分子の将校らと、数回の秘密会合を持っていた、と報じている。将校らは暗号機能の付いた通信機器の提供を求めたが、米政府は支援しなかったという。
・トランプ米大統領は、ロシアの2016年米大統領選干渉疑惑をめぐる捜査について、「特定の状況下」で直接聴取に応じることにオープンとの考えを示した。ただ、「偽証罪のワナ」に陥ることは望んでいない、との認識も再表明している。
・トランプ米大統領は、実施した演説で、カナダは米国を搾取しているとの考えを示し、合意が成立しなければ、カナダ製自動車に20%の関税を適用すると改めて述べた。「カナダなど一部の国では、自動車関税は国の破滅を意味する。これはそれほどに大きい。一国の破滅だ」と指摘したほか、北米自由貿易協定(NAFTA)に関し、「過去最悪の貿易協定だ」との見方を示している。
・トランプ米大統領は、匿名の政府高官がNYタイムズ紙への寄稿でトランプ氏を激しく批判したことについて「国家の安全保障」に関わる問題だと訴え、セッションズ司法長官に寄稿者を特定するよう異例の調査を要求した。また、同紙への対抗措置も検討していると強調している。
・トランプ米大統領は記者団に対し、自身の執務室の机から書類を持ち去ったことが事実なら、コーン前米国家経済会議(NEC)委員長とは2度と口を聞かないと述べた。今月発売される著名ジャーナリスト、ボブウッドワード氏の新著は、トランプ大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)と米韓自由貿易協定(FTA)からの米脱退を命じるのを、コーン氏がいかに阻止したかの詳細を明らかにしている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米アップルに対して、米中貿易戦争による悪影響を受けないように同社の製品を中国ではなく米国内で生産するよう呼び掛けた。具体的には、「アップル製品の価格は、米政府が中国に課す膨大な関税によって上昇するかもしれない。しかし関税ゼロ、それどころか税制優遇措置が受けられる簡単な解決法がある。中国ではなく米国で製品を作るんだ。新しい工場の建設を今すぐ始めてくれ」--などと書き込んでいる。
・CBSニュースは、米紙ワシントン・ポストの著名記者、ボブ・ウッドワード氏がインタビューで、トランプ米大統領が、投稿すれば北朝鮮に米国の攻撃が差し迫っていると解釈されかねないツイッターのメッセージを下書きし、国防総省の幹部らを慌てさせていたことを明かした、と報じている。問題のツイートは実際には投稿されず、事なきを得たという。
・トランプ米大統領「GDP(4.2%)が失業率(3.9%)を上回ったのは過去100年で初めて」「民主党が選挙で勝っていたら、GDPは+1%程度でその後-4%になっていただろう」「私が規則と減税で美しい経済エンジンをかけた」

[2018-09-08][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国2000億ドル規模の商品に加えて、2670億ドル規模の商品に追加関税する用意も」
・トランプ米大統領「日本と、貿易協議を開始する」

[2018-09-07][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・CNBCが報じたところによると「トランプ米大統領は次に日本との貿易戦争になることを示唆した」ようだ。
・トランプ米大統領は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が韓国の特使団に対し、「トランプ大統領への信頼に変わりはない」などと発言したことをめぐり、自身のツイッターに、「ありがとう、金委員長。我々は一緒にやっていけるだろう」と投稿しだ。
・トランプ米大統領「カナダが新しいNAFTAに加わると予想」「米農家のため中国から素晴らしい取引を勝ち取るだろう」
・トランプ米大統領「米国はカナダと公平な貿易協定を結ぶだろう」「カナダは最終的に新たなNAFTAに加わると予想」
・トランプ米大統領は6日、米モンタナ州での集会で演説し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が5日に韓国特使団に対し、2021年1月のトランプ氏の任期内に非核化を実現する意欲を示したことについて、「素晴らしい」と評価した。北朝鮮の非核化措置については、「ゆっくりやればいい」と述べ、長期化を容認する姿勢を示した。

[2018-09-05][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ大統領は、アルゼンチンのマクリ大統領と電話で会談したことを明らかにしたうえで、「マクリ大統領のリーダーシップに信頼を置いており、経済問題対処に向け金融財政政策の強化を目指す、国際通貨基金(IMF)との協議を強く支えていく」と述べた。
・米ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)は、5日に下院エネルギー商業委員会で行う証言についての原稿を事前に公表した。トランプ米大統領は、根拠を明らかにせず、ツイッターが有力共和党員らの投稿の表示を制限していると批判しているが、原稿では、同社が「いかなる決定にも政治的な考えを用いることはない」と完全否定している。
・トランプ米大統領が昨年1月の就任直後、核問題を抱える北朝鮮への先制攻撃計画を策定するよう軍に指示し、軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長を慌てさせたと、ジャーナリストのウッドワード氏が最新の著書で暴露していることが分かったと報じている。
・米国のトランプ大統領が26日に開かれる国連総会中の安全保障理事会で自ら議長を務め、イラン問題を話し合うための会合を主宰することになった。核問題や弾道ミサイルの開発でイランが国際社会の安定を脅かしていることを強調して、制裁の包囲網を強める狙いとみられる。トランプ氏の強硬姿勢にイランの反発は必至で、国内の保守強硬派が暴走する懸念が深まる。

[2018-09-04][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、国内最大労組トップの政策批判に反論した。米労働総同盟産別会議のトラムカ議長は2日、FOXニュースでトランプ氏の政策について、「残念ながら労働者支援効果以上に、悪影響を及ぼしている」と指摘していたが、これについて、経済成長を賞賛したうえで、「米国の労働者はこれまでにないほど良好な環境下にある」との考えを示している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、セッションズ司法長官が先月、11月の中間選挙で当選が有力視されている共和党下院議員2人を起訴したことを強く批判した。
・トランプ米大統領は、韓国の文大統領と電話で会談した。韓国側によると、文氏は5日の特使団の北朝鮮訪問計画について詳細に説明、トランプ氏は成果に期待を表明したという。

(最終更新日時 2018-09-17 16:49)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース