イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -4.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -4.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-04][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア国家統計局(ISTAT)は4日、イタリア経済には目先、明るい兆候がみられるとの認識を示した。雇用市場については、特に製造業と建設セクターにおいて、引き続き改善する見通しとした。同国経済は長らく低迷が続いていたが、第2四半期は成長率が上向き、エコノミストは通年の成長率予想を最大1.4%に引き上げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2017-08-04][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア国家統計局(ISTAT)は4日、イタリア経済には目先、明るい兆候がみられるとの認識を示した。雇用市場については、特に製造業と建設セクターにおいて、引き続き改善する見通しとした。同国経済は長らく低迷が続いていたが、第2四半期は成長率が上向き、エコノミストは通年の成長率予想を最大1.4%に引き上げた。

[2017-07-06][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリアの銀行救済基金「アトランテ」は、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ) の不良債権の利益率は8─12%になると予想している。イタリアの経済紙イル・ソーレ・24・オーレが6日伝えた。救済策の一環として、モンテ・パスキは不良債権261億ユーロ(296億ドル)を特別機関へ移管する。このオペレーションには「アトランテII基金」が一部資金を手当てしている。
・イタリアのパドアン経済・財務相は、ヴェネト州の地銀2行の清算を決定したが、銀行危機につながるような火種はもうないとの認識を示した。ラジオ番組での発言。

[2017-07-05][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア政府は、昨年末に公的支援の方針が決まった同国大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナに対し、総額54億ユーロの資本注入を行うと発表した。同行は株式の70%を政府が保有することになり、公的管理下で経営再建に取り組むことになる。
・イタリア政府は4日、昨年末に公的支援の方針が決まった同国大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナに対し、総額54億ユーロ(約6900億円)の資本注入を行うと発表した。同行は株式の70%を政府が保有することになり、公的管理下で経営再建に取り組む。欧州連合(EU)の欧州委員会も同日、増資計画を正式に承認した。同行は資本増強に合わせて、約260億ユーロの不良債権を売却処分し、財務の健全化を図る。

[2017-06-28][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア主要経営者団体のコンフィンドゥストリア(イタリア産業総連盟)は28日、2017年の国内経済成長率予想を12月に示した0.8%から1.3%に上方修正した。投資と輸出が経済成長をけん引するという。2018年の成長率は、総選挙を巡る先行き不透明感により、1.1%に鈍化するとの見通しを示した。イタリア国家統計局(ISTAT)が第1・四半期の国内総生産(GDP)を速報値の前期比0.2%増から0.4%増に大幅上方改定したことが、見通し引き上げの主な理由という。

[2017-06-26][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア政府は、多額の不良債権で経営が行き詰まった地方銀行2行、バンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァとベネト・バンカについて、最大170億ユーロ程度を投じて破綻処理すると発表した。金融システムの安定化を図り、取引先の中小企業の資金繰りを支えるのが狙いになる。

[2017-06-12][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリアで開幕したG7環境相会合が実施されたが、会合では「パリ協定」からの離脱を表明した米国以外の参加国閣僚らは米政府の離脱再考に期待を示したが、説得の難しさが浮き彫りになったと報じている。

[2017-06-08][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリアの銀行が、経営難に陥っているポポラーレ・ディ・ビチェンツァとベネト・バンカに総額12億ユーロ(14億ドル)を注入し、両行の救済に参加する案を検討していることが、複数の関係筋の話で明らかになった。イタリア政府が救済を主導する計画だが、欧州連合(EU)の競争当局は救済案承認の条件として民間資本の注入を求めている。2行は合わせて64億ユーロの資本を必要としている。

[2017-05-30][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリアが30日実施した国債入札で、5年債、10年債の利回りが5カ月ぶりの低水準を付けた。一方、同国における選挙前倒しのリスクが仏大統領選後の利回り低下の一部を相殺している。3種類の国債入札で落札額は総額75億ユーロ(84億ドル)となり、予定していた発行レンジの上限となった。

[2017-05-16][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア経済財務省の当局者は16日、国内銀行大手モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ) への政府支援について、欧州委員会が数週間以内に承認する見通しだと述べた。モンテ・パスキは昨年、50億ユーロの増資に失敗。88億ユーロの資本不足を補う必要があり、イタリア政府は資本注入を通じて同行株の大部分を取得する予定だが、政府の支援策と同行の再編計画は欧州委員会の承認が必要となる。

[2017-05-09][NP     HDP -4.3 CHDP +0.0 RHDP -4.3 CRHDP +0.0]
・イタリア財務省当局者が、今週のG7財務相・中銀総裁会議では通商問題は議題として取り上げられないことを明らかにした、と報じている。なお、閉幕にあたり採択される共同声明には為替相場に関する言及が盛り込まれ、バーデンバーデンで開かれたG20会議の声明の文言を踏襲することですでに合意が得られているという。

(最終更新日時 2017-08-05 07:39)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース