イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・伊北部同盟・ボルギ主席経済顧問「中銀は金準備を1グラムも売却するつもりはない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・伊北部同盟・ボルギ主席経済顧問「中銀は金準備を1グラムも売却するつもりはない」

[2019-02-12][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのサルビーニ副首相は、財政赤字の穴埋めに金準備を活用するのは「興味深い案」になり得ると述べた。

[2019-02-08][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのトリア経財相は、国内経済は一時的な要因などによって停滞しているものの、リセッション(景気後退)に陥っているとするのは誤りだとの認識を示した。
・ディマイオ伊副首相「仏は仲間だと思っており、政府との協力を望む」

[2019-02-07][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・トリア伊財務相「経済は一時的に失速しているが、リセッションではない」「経済成長を促進する手段は数多くある」「米中貿易摩擦が経済を阻害した」
・サルビーニ伊副首相「仏と言い争うつもりはなく、マクロン仏大統領と話し合いたい」

[2019-02-06][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのディマイオ副首相が、フランスの「黄色いベスト運動」指導者らと会ったことを明らかにした、と報じている。すでに緊張状態にある両国関係がさらに試される公算が大きいという。

[2019-02-04][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのディマイオ副首相は2日、イタリアのトリノとフランスのリヨンを結ぶ高速鉄道の建設計画に「未来はない」と語った。一方、ディマイオ氏率いる「五つ星運動」と連立を組む右派政党「同盟」のサルビーニ副首相は同日、建設計画の完了を確信していると表明。政府内での意見対立が鮮明になっている。

[2019-01-31][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのコンテ首相は参加した会議で、2018年第4四半期のGDP成長率が2四半期連続でマイナスになるとの見方を示した。なお、マイナス成長の背景として、イタリアの輸出減少につながった中国やドイツの成長鈍化など海外要因を挙げている。
・イタリアの10-12月期GDP(季調済・速報)が前期比-0.2%と予想を下回り、リセッション入りが確定し、伊株も軟調に推移する中、ユーロドルは一時1.1478ドル前後と前日比小幅マイナス圏に転じた後、1.1480ドル近辺で売り買いが交錯している。

[2019-01-28][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア紙コリエレ・デラ・セラのは、コンテ首相がインタビューで、フランスとドイツが自国の国益を追求している一方で、口先だけは欧州寄りの表現をしていると非難したと報じている。

[2019-01-24][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのコンテ首相がインタビューで、イタリア経済は2019年に予想を上回って堅調に推移するとの見方を示した、と報じている。生産活動が下期に拡大する可能性があるという。
・イタリアのコンテ首相はダボス会議で演説し、国内の銀行システムは安定しており十分な資本があるとの認識を示した。また経営難に陥っているカリジェ銀については必要に応じて国が介入し救済する用意があるとしている。

[2019-01-23][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・コンテ伊首相「今年の経済成長は1.5%に達する可能性もある」「経済成長は予算で予測していたよりも高くなるだろう」

(最終更新日時 2019-02-15 21:18)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース