イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-06-29][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの国営テレビRAIは、世界保健機関(WHO)の戦略イニシチアブ担当であるグエーラ事務局長補佐が会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「第2波」が発生すれば、さらに数百万人規模が死亡する事態もあり得るとの見方を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2020-06-29][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの国営テレビRAIは、世界保健機関(WHO)の戦略イニシチアブ担当であるグエーラ事務局長補佐が会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「第2波」が発生すれば、さらに数百万人規模が死亡する事態もあり得るとの見方を示したと報じている。

[2020-06-23][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア政府が150-200億ユーロ規模の新たな新型コロナウイルス対策を検討していることが関係者の話で分かった、と報じている。これにより財政赤字のGDP比が11%を超えるという。

[2020-06-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのコンテ首相は、同国の財政赤字が2020年、現時点での予想のGDP比10.4%よりも、拡大する公算が大きいと語った。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済の押し上げ措置が背景となっている。

[2020-06-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのグアルティエリ経財相は、国内経済の今年のマイナス成長幅は政府予想の8%よりも若干悪化する恐れがあると述べた。今年の経済成長率については、同国中銀がマイナス9.2%、欧州委員会がマイナス9.5%と予想している。

[2020-06-08][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア中銀は、同国経済が2020年は約9.2%のマイナス成長に陥るとし、従来予想のマイナス9.0%から下方修正した。ただ、21年は4.8%のプラス成長を回復すると予想。5月15日に示した前回予想を維持している。

[2020-06-05][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア長期債は堅調。24時10分時点では、伊10年債利回りは前日比0.144%低い1.41%付近で推移している。

[2020-05-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア社会保険当局は22日までに、同国で新型コロナウイルスによる甚大な被害が出た3~4月、過去5年の同時期平均死者数をどれだけ上回ったかを示す「超過死者数」が約4万7千人だったと発表した。同時期の新型コロナによる死者は公式集計で約2万8千人だが、当局は残る約1万9千人の大半も感染死だった可能性が高いと分析した。

[2020-05-18][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア政府は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として3月から続けてきた外出の原則禁止措置を5月18日に解除すると発表した。ただ州外への移動は引き続き制限される。また営業が禁止されていた飲食店や美容院、映画館などの再開も同日以降可能となる。
・イタリア中銀は、新型コロナウイルス感染拡大の第2波に見舞われ、経済活動が再度停止されるという最悪のシナリオのもとでは、イタリア経済は今年は最大13%のマイナス成長に陥るとの見通しを示した。
・イタリア政府は、新型コロナウイルス流行にともなうロックダウン(都市封鎖)緩和の一環で、6月3日から国内外の移動を認める方針を承認した。以降はすべての移動制限が解除され、経済の回復に向けて大きな一歩を踏み出すことになる。

[2020-05-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアで確認された新型コロナウイルス感染症による死者は14日に262人増え、累計で3万1368人となった。増加数は前日の195人を上回り、7日以来の高水準に。イタリアの死者は米国、英国に続き世界で3番目に多い。
・イタリア債務管理庁長官「イタリアの公的債務は完全に持続可能」「来週の国債入札について投資家から良い反応を得ている」「20年は総額5000億ユーロの債券発行を予定」

[2020-05-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアで確認された新型コロナウイルス感染症による死者数は12日に172人増え、累計で3万911人となった。イタリアの死者数は米国、英国に続き世界で3番目に多い。また感染者数は1402人増え22万1216人となっている。

(最終更新日時 2020-06-30 12:36)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース