イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアメディアは、欧州議会のサッソリ議長が、フォンデアライエン次期欧州委員長率いる新たな欧州委員会の発足時期について「恐らく11月1日という日付を守るのはもう無理だ。我々は12月1日を目指すことになる」と述べ、1ヵ月遅れるという見通しを示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアメディアは、欧州議会のサッソリ議長が、フォンデアライエン次期欧州委員長率いる新たな欧州委員会の発足時期について「恐らく11月1日という日付を守るのはもう無理だ。我々は12月1日を目指すことになる」と述べ、1ヵ月遅れるという見通しを示したと報じている。

[2019-10-01][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア政府は、来年の財政赤字目標をGDP比で2.2%にするとし、前政権が4月に示した従来見通しの2.1%から小幅に引き上げた。
・イタリア政府は30日、来年の財政赤字目標を国内総生産(GDP)比で2.2%にするとし、前政権が4月に示した従来見通しの2.1%から小幅引き上げた。

[2019-09-26][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア財務省がECB理事会メンバーにイタリア中銀のパネッタ副総裁を起用するよう提案したと、イタリアの高官が明らかにしたと報じている。

[2019-09-17][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア紙レプブリカは、レンツィ元首相のインタビューとして、与党民主党から離れ中道の新勢力を結成する考えを示したと報じている。ただ、コンテ首相率いる新政権に対抗する意図はないという。

[2019-09-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのグアルティエリ新経済財務相は、ユーロ圏には積極的な財政政策が必要だと発言、環境投資は財政赤字に算入すべきではないと主張した。13日付の国内紙レプブリカとのインタビューで述べた。

[2019-09-12][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのコンテ首相は、訪問先のブリュッセルでフォンデアライエン次期欧州委員長と会談し、イタリアがより長い時間をかけて債務削減に取り組めるよう要請した。
・イタリアのコンテ首相は11日、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部を訪問し、トゥスク大統領、ユンケル欧州委員長、フォンデアライエン次期委員長らと個別会談した。反EUの右派に代わり親EUの中道左派政党が加わった新政権を発足させたコンテ氏は、EU首脳らと「心のこもった」意見交換をしたと述べ、関係改善をアピールした。
・イタリア財務省は12日、3年・7年・30年国債(BTP)入札を実施。予定額の上限77億5000万ユーロ(90億ドル)を調達した。7年債の利回りは過去最低を記録した。イタリアで欧州連合(EU)寄りの連立政権が誕生したことが安心感を誘う材料となった。欧州中央銀行(ECB)が12日の理事会で大胆な緩和策を発表するとの観測も支援要因。イタリア国債は、他のユーロ圏諸国の国債に比べて依然として利回りが高く、投資家の需要が旺盛だった。応募倍率は約1.44倍。

[2019-09-11][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・コンテ伊首相「イタリアはEU財政協定の改革を望む」
・イタリアの議会上院は、コンテ首相率いる新政権を賛成169票、反対133票で承認した。
・イタリアのコンテ首相は、景気回復の後押しに向け、EUの財政協定である「安定・成長協定」の改革を押し進める方針を示した。
・イタリア新政権が来年の財政赤字目標の対GDP比率を2.3%前後に引き上げる意向であることが関係筋の話で明らかになった、と報じている。
・イタリアの議会上院(定数315、終身議員を除く)は10日、コンテ首相が率いる新政権に対する信任投票を行い、可決した。前日の下院での投票に続いて信任されたことで左派「五つ星運動」と中道左派「民主党」による連立政権が正式に始動した。早速、2020年の予算案の策定などの課題が待ち受ける。
・コンテ伊首相「南伊の成長に拍車をかけるような特別な計画がをたてたい」「伊は成長と投資で債務を減少させたい」

[2019-09-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・再任されたイタリアのコンテ首相は9日、議会で所信表明演説を行い、欧州連合(EU)との衝突を繰り返した前政権の方針を見直し、より融和的な立場を取っていくと述べた。演説を受け、新興組織「五つ星運動」と中道左派「民主党」の連立合意に基づく第2次コンテ内閣が9、10両日に上下両院で信任される見通し。

[2019-09-06][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアで、コンテ氏率いる新たな親欧内閣の閣僚らが就任宣誓した。極右勢力が政権を離れ、ユーロ圏第3の経済規模を持つイタリアにとっての新たなスタートとなった。新たな連立政権は、6日に下院、7日に上院での投票を経て発足する。

[2019-09-05][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア首相に再指名されたコンテ氏は、マッタレッラ大統領に組閣名簿を提出、承認された。新興組織「五つ星運動」と中道左派「民主党」が連立政権樹立で合意した。大統領府によると、コンテ氏は5日に首相就任宣誓式に臨み、第2次コンテ内閣が発足することになる。

(最終更新日時 2019-10-15 11:39)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース