イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの日刊紙コリエレ・デラ・セラは、同国のサルビーニ副首相がインタビューで、総選挙が実施され自らが首相に就任する目的を達成できる場合には、側近のジョルジェッティ氏を財務相に指名する考えを明らかにした、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2019-08-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの日刊紙コリエレ・デラ・セラは、同国のサルビーニ副首相がインタビューで、総選挙が実施され自らが首相に就任する目的を達成できる場合には、側近のジョルジェッティ氏を財務相に指名する考えを明らかにした、と報じている。

[2019-08-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・ディマイオ伊副首相(五つ星運動党首)「五つ星運動はコンテ首相を支持する」「大統領が決定する時期次第だが、五つ星運動は総選挙を望む」「サルビーニ副首相(同盟党首)はイタリアを裏切った」
・イタリア現地紙ラ・スタンパは、連立政権の一翼を担う右派「同盟」の幹部で、経済政策に詳しいボルギ氏がインタビューで、2020年の財政赤字の対GDP比目標は3%を下回る水準に設定すると述べたと報じている。
・イタリア極右「同盟」が提出した内閣不信任案をめぐって、議会の各党責任者らが協議したが、討論開催日の決定に至らず物別れに終わった。同盟のサルビーニ党首は早期選挙実施に向け働き掛けているが、障害に出くわした格好だ。

[2019-08-12][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・「イタリアもEU懐疑派台頭、欧州経済は波乱含み」と報じた。

[2019-08-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア連立政権を構成する「五つ星運動」と「同盟」とのあいだの対立が深まり、政権崩壊のうわさが出るなか、コンテ首相がマッタレッラ大統領と会談し、政治情勢について協議したと報じている。政府関係筋によると、コンテ首相は会談で自身の辞任については言及しなかったという。
・イタリア連立政権を構成する「五つ星運動」と「同盟」との間の対立が深まる中、サルビーニ副首相(「同盟」党首)は8日、連立政権は崩壊しており、総選挙をやり直すしかないと表明した。
・サルビーニ伊副首相(同盟党首)「今ある選択肢は選挙のみ」

[2019-08-07][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのサルビーニ副首相は、公約している投資や減税を実現するのであれば、政府が2020年の財政赤字をGDP比2%未満に抑え込むことは不可能だと述べた。

[2019-07-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのポピュリスト連立政権のパートナー「同盟」の書記長を務めるサルビーニ副首相は、一連の衝突に伴う政権崩壊を回避することを目指し、反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」の党首であるディマイオ副首相と23日に会談する可能性がある。地元紙コリエレ・デラ・セラが報じた。ブルームバーグが引用して伝えたもの。

[2019-07-19][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのディマイオ副首相(「五つ星運動」党首)は19日、連立相手の「同盟」の党首であるサルビーニ副首相に和解に向けた協議を呼び掛けた。「五つ星運動」と「同盟」は非難の応酬を繰り広げ、連立政権の存続が危ぶまれている。ディマイオ氏は国営放送RAI3とのインタビューで、緊張緩和に向けてサルビーニ氏との協議を望むと語った。また連立政権危機説を否定した。ディマイオ氏は「今日会って話をすることが望ましい」と発言。「政権に問題はない」と述べた。

[2019-07-18][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・ディマイオ伊副首相(五つ星運動党首)「連立政権は維持される」
・サルビーニ伊副首相(同盟党首)「連立は維持するも、夏以後に解散総選挙を実施する可能性は残る」

[2019-07-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア中銀は公表した四半期経済報告で、2019年の経済成長率は0.1%にとどまるとの見通しを示した。政府の公式見通しの0.2%を下回る。ただ20年は0.8%、21年は1.0%に上向くとの見方を示した。

[2019-07-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア政府は9日、50年債の募集を開始した。財政赤字を巡る欧州連合(EU)の是正手続きを回避し、ユーロ圏の緩和的金融政策が続くとの観測が広がる市場の好環境を利用し2016年に発行した50年債の追加発行に踏み切る。

(最終更新日時 2019-08-17 14:42)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース