イタリア政府関係の発言・ニュース

イタリア政府関係

 イタリア共和国の政府関係による発言や、為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイタリア政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、HDP・RHDPは複数のイタリア政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため数値は目安範囲となります。

 また、欧州問題に揺れる中、イタリアの債務問題が相場に与える影響も大きく、イタリア政府関連のニュースに投資家は一喜一憂する場面も散見される。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの財政健全化が遅れている。同国政府は2018年12月に欧州連合(EU)の欧州委員会と合意した財政赤字削減策を事実上後退させる方針を表明した。国有資産の売却が予定通り進まず、経済成長の鈍化も重荷になった。財政運営を巡ってコンテ政権と欧州委が再び対立するのは確実で、金融市場の火種になる可能性がある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイタリア政府関係の発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアの財政健全化が遅れている。同国政府は2018年12月に欧州連合(EU)の欧州委員会と合意した財政赤字削減策を事実上後退させる方針を表明した。国有資産の売却が予定通り進まず、経済成長の鈍化も重荷になった。財政運営を巡ってコンテ政権と欧州委が再び対立するのは確実で、金融市場の火種になる可能性がある。

[2019-04-19][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア中銀は、第1四半期の同国GDP伸び率が前期比で約0.1%増と、前年下期に突入した景気後退から脱却すると見通した。
・ディマイオ伊副首相「同盟の汚職事件が政権の分裂に繋がるおそれ」
・サルビーニ伊副首相・同盟党首「同盟は政権の分裂を望まず」

[2019-04-17][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのトリア経済・財務相は17日、財政目標の達成を危うくすることなく付加価値税(VAT)引き上げを回避する代替措置を政府が検討する方針であることを明らかにした。イタリア政府は2020年予算案で、同年に実施する予定の230億ユーロ(260億ドル)規模のVAT引き上げを回避する策を見い出さなければならない。 トリア経財相は、前週、経済財政文書「DEF」で示した財政見通しについて、経済成長が鈍化しても公的債務は完全に維持可能であることを示唆していると説明した。

[2019-04-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリア紙のラ・レプブリカは、同国のトリア経財相が、政府が9日に承認する見通しの経済財政文書(DEF)は財政改革の継続を示す内容で、いかなる法律も変えることはないと述べた、と報じている。

[2019-04-07][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・伊国家統計局「3月景気先行指数が2月に続き低下も低下幅は縮小、景気縮小局面からのトレンド変化を示している」
・イタリア国家統計局(ISTAT)は5日、景気先行指数に幾分明るい兆しがでているとして、景気縮小に歯止めが掛かった可能性があるとの見方を示した。イタリアは、2018年後半に2四半期連続で小幅なマイナス成長を記録し、軽微なリセッションに陥ったが、最近は良好な経済指標もでている。
・イタリアのディマイオ副首相は5日、全ての欧州諸国は英国に対し、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に必要な時間を与えるべきと述べた。

[2019-04-05][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・伊国家統計局「3月景気先行指数が2月に続き低下も低下幅は縮小、景気縮小局面からのトレンド変化を示している」
・イタリア国家統計局(ISTAT)は5日、景気先行指数に幾分明るい兆しがでているとして、景気縮小に歯止めが掛かった可能性があるとの見方を示した。イタリアは、2018年後半に2四半期連続で小幅なマイナス成長を記録し、軽微なリセッションに陥ったが、最近は良好な経済指標もでている。
・イタリアのディマイオ副首相は5日、全ての欧州諸国は英国に対し、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に必要な時間を与えるべきと述べた。

[2019-04-04][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのコンテ首相は、一部国内紙が報じた「トリア経財相が辞任する」とのニュースについて、そうした事実はないと明言した。
・イタリアのディマイオ副首相は4日、自身がトリア経済・財務相を交代させようとしているとの新聞報道を否定した。ディマイオ副首相は放送局カナーレ5とのインタビューで、政府は景気鈍化が財政に与える影響を考慮し、追加の赤字削減措置や富裕層向けの課税は行わない、と改めて表明した。ディマイオ副首相は、右派政党「同盟」と連立を組むポピュリズム政党「五つ星運動」の党首。トリア氏はいずれの政党にも所属していない。

[2019-04-02][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・イタリアのトリア経財相は、新たに設定する今年の財政赤字の対GDP比率目標について、経済協力開発機構(OECD)が予想した2.5%を下回るとの見方を示した。

[2019-03-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・ディマイオ伊副首相「中国との覚書への合意で、イタリアの企業に収益機会をもたらす」

[2019-03-20][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・コンテ伊首相「中国の巨大経済圏構想『一帯一路』で中国との覚書に署名することは、イタリアの地政学的立場に影響は生じない」
・イタリアは主要7カ国(G7)で初めてとなる中国債券市場での資金調達を目指している。中国の習近平国家主席による今週のイタリア訪問では中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を巡る覚書の調印が見込まれているほか、関係筋によると、30件以上の合意案件も進行中だという。両国の交渉に詳しい関係筋2人がロイターに明らかにしたところによると、この中にはイタリアの預託貸付公庫(CDP)によるパンダ債(海外発行体による中国本土投資家向け人民元建て債券)の発行を認める協定が含まれている。

(最終更新日時 2019-04-23 20:57)

イタリア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イタリア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース