日本政府関係

日本政府関係のイメージ画像

 2019年5月の期間中の日本政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・新天皇陛下が1日、皇位に就かれ、平成に続く令和の時代が始まった。新陛下は同日午前、皇居で国民の代表と会う儀式「即位後朝見の儀」に臨み、即位してから最初のお言葉を述べる。新天皇陛下は1960年2月23日生まれの59歳で、お名前は徳仁(なるひと)。戦後生まれの初めての天皇となる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

日本政府関係による2019年5月 発言・ニュース

[2019-05-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・新天皇陛下が1日、皇位に就かれ、平成に続く令和の時代が始まった。新陛下は同日午前、皇居で国民の代表と会う儀式「即位後朝見の儀」に臨み、即位してから最初のお言葉を述べる。新天皇陛下は1960年2月23日生まれの59歳で、お名前は徳仁(なるひと)。戦後生まれの初めての天皇となる。

[2019-05-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官は記者会見で、令和への改元にともない情報システムに支障が出たとの報告は入っていないと明らかにした。

[2019-05-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・訪米中の自民党の加藤総務会長は、10月の消費税率の引き上げについて、「足元の経済は、リーマンショック級のようなことが起きうる状況にはない」として、予定どおり引き上げるべきだという考えを示した。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)は、自由貿易の推進や域内金融協力の強化などを盛り込んだ共同声明をまとめた。また、通貨危機に陥った国に対し、アジア域内で資金を融通し合う協定「チェンマイ・イニシアチブ」について、現在はドルに限定されている融通通貨を円や人民元などにも拡大する方向性を示している。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・岩屋防衛相は、ベトナムのリック国防相とハノイの国防省で会談し、中国が南シナ海への進出を加速させている問題について、平和的解決を目指して日越両国が連携して対応することを確認した。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本と中国、韓国は2日、フィジーの観光都市ナンディで、財務相・中央銀行総裁会議を開いた。東南アジア諸国連合(ASEAN)に民間のインフラ投資を呼び込むため、新たな資金調達の枠組み整備を後押しすることや、貿易摩擦を踏まえ「あらゆる保護主義に対抗する」ことで一致。金融危機時に融通し合う通貨の対象に日本円や中国人民元を加える方向も確認した。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・韓国の中央日報は、日本政府が来週NYでの日朝高官級接触を北朝鮮側に提案したと報じている。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・「令和時代の日本経済はきっと良くなる」、そう考える企業が4割以上に上ることが、フジサンケイビジネスアイが主要企業116社を対象にしたアンケートで分かった、と報じている。

[2019-05-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の小泉衆院議員は、米ワシントンで講演し「わたしたちが互いに学び、伝統を受け継げば将来にわたって日米同盟は強固だ」と強調した。同時に「日本が直面する課題から決して目を背けない」と日本での改革推進も約束している。

[2019-05-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・訪米した自民党の加藤総務会長は、米国での投資を増やすトヨタ自動車の工場を視察。そのうえで、ケンタッキー、イリノイ両州の知事と会談し、日本企業の米国内での投資や雇用への貢献を訴えた。

[2019-05-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で5日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは24日連続。第11管区海上保安本部が。領海に近づかないよう巡視船が警告したという。

[2019-05-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「法令に定められた通りに、消費税は引き上げる予定」「鉱工業生産は、中国経済減速などの影響で一部業種で弱い動き」

[2019-05-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・経団連の中西宏明会長は7日午後に都内で記者会見し、トランプ米大統領が中国製品に対して10日から現在10%の制裁関税を25%に引き上げると表明したことについて「今時点で本当にやるかどうかというのはあるが、そうなったときの影響は相当大きいと思っている」との見解を示した。また10月に予定されている消費増税については「どんな事情があっても上げた方がいい」と従来の考えを強調した。

[2019-05-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・岩屋毅防衛相は7日の記者会見で、日米韓3カ国の防衛当局による実務者協議を9日にソウルで開くと発表した。北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体に関して情報交換する。岩屋氏は「議題は北朝鮮問題を含む一連の地域情勢だ。日米韓の連携がどうあるべきかも話し合う」と述べた。

[2019-05-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官が9~12日に予定する訪米日程が7日、固まった。ワシントンで10日午前にペンス副大統領と会談し、拉致問題を含む北朝鮮対応などで連携を確認。沖縄の基地負担軽減をめぐっても意見を交わしたい考えだ。

[2019-05-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府が北朝鮮に対し、安倍首相と金朝鮮労働党委員長による首脳会談を早期に実現するよう北朝鮮側に打診する方針を固めた、と報じている。北京の大使館ルートに加え、あらゆるレベルで接触を図り、「条件を付けずに金氏と直接向き合う」との首相のメッセージを伝達する意向だという。

[2019-05-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉(すがよしひで)官房長官は9日から12日の日程で米国を訪問する。ペンス副大統領ら要人と会談し、日本人拉致問題など対北朝鮮政策を中心に意見交換する。

[2019-05-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部は領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は8日の記者会見で、イラン政府が核合意の一部履行停止を発表したことについて「イラン政府の決定は、核合意からの離脱ではないと言及されていることに留意している。情勢を注視していきたい」と述べた。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日韓両政府が、今月31日から6月2日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に合わせ、2国間の防衛相会談を調整していることが分かった、と報じている。実現すれば昨年10月以来で、同年12月20日の韓国艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題後は初めてのこと。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府が25-28日のトランプ米大統領来日の際、安倍首相とともに海上自衛隊の横須賀基地に停泊するいずも型護衛艦「かが」に乗艦する方向で調整に入った、と報じている。両首脳がそろって乗艦し、同盟関係の強さをアピールする狙いがあるという。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・アフリカ最大の工業国で日本企業も多く進出する南アフリカの総選挙は8日、投票が行われ、開票作業が始まった。かつてアパルトヘイト=人種隔離政策の撤廃運動を率いた与党は、経済格差や汚職への不満からかつてない逆風にさらされていて、過半数を維持できるかが焦点となっている。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と米国のビーガン北朝鮮政策特別代表が8日、日本外務省内で会談した。非核化の実現へ向け、日米、日米韓で連携することを改めて確認。ビーガン氏は、北朝鮮が4日に「飛翔(ひしょう)体」を発射したことについて「北朝鮮の焦りの表れ」との認識を示した。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の甘利明選挙対策委員長は8日、麻生副総理兼財務相が4月30日に安倍首相の私邸を訪ねた際の会談内容について、「(麻生氏が衆参両院の)ダブル(選挙)を勧めた。しかし首相は慎重に言葉を選んで言質を与えなかったとマスコミから伝わってきている」と述べた。TBSのCS番組収録で明かした。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は9日夕、北朝鮮による飛翔(ひしょう)体の発射に関し、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)内への飛来は確認されていないと発表した。現時点では「日本の安全保障に直ちに影響を与える事態は確認されていない」としている。

[2019-05-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・財務省と経済産業省は2019年中にもIT(情報技術)分野での外資規制を拡大する。外為法で携帯電話やパソコン、半導体メモリーなどの製造業やソフトウエア開発でも日本の安全を脅かすと判断した場合は投資計画を中止させる。中国を念頭にした技術流出防止やサイバーセキュリティー対策であり、強硬姿勢を強める米国と歩調をあわせる。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米韓3ヵ国は、ソウルで防衛実務者協議を開催し、北朝鮮による飛翔体発射などをめぐり情報共有を進め、北朝鮮の動きを注視していくことで一致した。また、国連安保理決議を履行し、北朝鮮船舶が洋上で物資を積み替える「瀬取り」の根絶で連携していくことを確認したという。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中両政府が、中国の外交担当トップ、楊共産党政治局員が来週後半に日本を訪れる方向で最終調整に入った、と報じている。6月の大阪でのG20首脳会合に出席する習国家主席の訪日スケジュールや、安倍首相との首脳会談の内容を日本側と詰める見込みだ。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・訪米している菅官房長官は、10日朝早くからポンペイオ国務長官との会談に臨んでいる。相次いで飛翔体を発射した北朝鮮に対し、緊密に連携して対応していくことを確認するとともに、拉致問題の早期解決に向けた協力を求めているものとみられている。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「米中関税協議の動向を注視」「マーケットや世界経済を見極めて、経済運営に万全を期す」

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木再生相は記者会見で、米国が日本時間の同日午後1時過ぎに対中関税を引き上げると表明していることについて「まだ米中の閣僚級協議が継続中だが、その動向を注視するとともに、その結果を受けたマーケットの動向や世界経済への影響をしっかりと見極めて、経済運営に万全を期していきたい」と述べた。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・訪米している菅官房長官は、ワシントンでポンペオ国務長官、シャナハン国防長官代行とそれぞれ約30分会談した。北朝鮮が4日に続き、9日にも飛翔体2発を発射したことをめぐり、日米で分析や対応などあらゆるレベルで緊密に連携することで一致したという。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・在日米軍再編に伴う米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転先候補地となっている鹿児島県・馬毛島(西之表市)の買収交渉に関し、岩屋毅防衛相は10日の記者会見で、同島の大半を所有する開発会社「タストン・エアポート」(東京都世田谷区)から交渉打ち切りの通告を受けたことを明らかにした。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・新潟市で開催されていたG20農相会合は、人工知能(AI)などの新技術を活用して農業の生産性向上を目指すことなどを盛り込んだ閣僚宣言を採択して閉幕した。G20が世界の農業振興へ協力して取り組むことを明記し、結束を確認している。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中両政府が、安倍首相が年内に訪中する調整に入ったと報じている。大阪で6月に開かれるG20首脳会議に出席する習国家主席の訪日後の8月か12月で調整しているという。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の甘利選対委員長は、10月に予定される消費税率10%への引き上げについて「99%延期はない」との認識を示した。延期を全否定しない理由に関しては「リーマン・ショックや大震災級のことが起きたら、それへの対処が第一だ」と述べている。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の萩生田幹事長代行はインターネット番組で、今年10月の消費税率10%への引き上げについて「最後の最後まで耳をそばだて、聞き漏らした声はないか、見落としている現象はないか、きちんと考えながらやらなければいけない」と述べ、増税直前まで経済指標などを注視すべきだとの考えを示した。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日韓の国会議員による交流「日韓議会未来対話」の年内開催に黄信号がともっている、と報じている。天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決するとした文韓国国会議長の発言に日本政府は抗議。国会でも文氏の言動に反発する議員は多く、開催時期の調整を打診してきた韓国側に対し、衆院は回答を保留しているという。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。焦点の北方領土問題を含む平和条約締結交渉に関し、会談後の共同記者発表でラブロフ氏は「日本が第一に第2次大戦の結果を完全に認めること」が必要と強調。河野氏は「戦後70年以上残された課題を解決することは容易ではない」と述べ、立場の隔たりが埋まらなかったことを認めた。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日露両政府は、森外務審議官とモルグロフ外務次官による次官級協議をモスクワで開催した。今月末のラブロフ外相訪日や来月のプーチン大統領訪日を見据え、医療やエネルギー、極東開発など8項目の協力プランの具体化について議論。安全保障分野の協力や北朝鮮情勢でも意見を交わしたという。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米の貿易交渉を担当する茂木経財再生相とライトハイザー米通商代表部代表が、非公式に電話で協議したと報じている。今月下旬に開く安倍首相とトランプ米大統領の首脳会談に先立ち、梅本首席交渉官らが訪米し、事務レベル協議を開くことで合意したという。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、内閣府が3月の景気動向指数の基調判断を「悪化」に引き下げたことを受け、今後の状況次第で追加経済対策を検討する考えを示唆した。菅長官は、まずは2019年度予算の中で対応すると強調した上で、「状況を見て、さまざまな判断をしていくことは当然だ」と含みを持たせた。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は、今年の「骨太の方針」に地方銀行の株式保有制限の緩和や、いわゆる「就職氷河期世代」に対する支援プログラム(人材投資)、次世代通信規格の5G投資などを目玉政策として盛り込む方向となった。この「政策グループ」は、前倒しの実施も念頭に、今年夏の参院選を前に国民にアピールする狙いもあるとみられる。

[2019-05-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、内閣府が3月の景気動向指数の基調判断を「悪化」に引き下げたことを受け、今後の状況次第で追加経済対策を検討する考えを示唆した。菅長官は、まずは2019年度予算の中で対応すると強調した上で、「状況を見て、さまざまな判断をしていくことは当然だ」と含みを持たせた。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・西村官房副長官は、6月に大阪で開くG20首脳会議(サミット)の際の安倍首相と韓国の文大統領による首脳会談は、現状では実現困難との認識を示した。また、いわゆる徴用工問題について「しっかりと韓国が対応してくれないと駄目だと思う」と述べている。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本、韓国両政府が、フランスパリで22-23日に開かれる経済協力開発機構(OECD)の閣僚理事会に合わせ、河野、康両外相の会談を実施する方向で調整に入ったと報じている。日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決や北朝鮮への対応が議題となる見通しだという。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中両政府が調整している習中国国家主席の国賓としての来日が、来年以降となる公算が大きくなったと報じている。日中双方の国内日程や外交日程が立て込んでいることが理由だという。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・西村官房副長官は、衆院解散について「安倍首相自身が頭の片隅にもないと言っている。首相といろんな打ち合わせをするが話題に上ったことはないし、まったくそんな雰囲気は感じられない」と述べた。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は13日、中国と台湾の企業連合による出資決定が予定していた6月中旬から再延期されると発表した。JDIの将来性などを精査するのが理由。スポンサーの出資決定と資金調達の遅れで、同社の再建に暗雲が立ち込めてきた。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「輸出や生産は弱さが続いているが、内需や設備投資や消費はしっかりしている」

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木敏充経済再生担当相は14日夕、経済財政諮問会議後の会見で、「米中追加関税、世界経済に望ましいことでない」「消費増税、社会保障の充実や教育無償化に不可欠」「海外経済、確かにリスク要因拡大している」「米中協議の動向と結果受けた市場の動き見極め経済運営に万全期す」などと発言した。

[2019-05-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・中国経済の減速などで日本の景気の先行きに不透明感が増す中、経済財政諮問会議の民間議員は、内需の下支えに向けて最低賃金を引き上げる必要があるとして、政府が目標とする全国平均で時給1000円の早期の達成に向けた対応を求めた。これに対し安倍総理大臣は「内需の下支えを確保することで成長と分配の好循環をしっかりと確立していくことが重要だ」と述べ、根本厚生労働大臣に対し今後の対応を検討し、諮問会議に報告するよう指示した。

[2019-05-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は14日、経済財政諮問会議を開いた。民間議員は企業が最低限支払わなければならない「最低賃金」に関し、全国加重平均が時給1000円になることを「より早期に目指すべきだ」と提言。引き上げペースの加速を促した。米中貿易摩擦など海外経済リスクに備えた内需下支え策の一環。10月の消費税増税に伴う家計負担の緩和も見据えた。

[2019-05-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官は、自民党による北朝鮮による拉致問題対策本部などの合同会議に出席し、先の訪米結果を報告した。ペンス米副大統領らとの会談について「拉致問題解決のために協力を求めてきた。政府としては引き続き、米国をはじめ国際社会と緊密に連携し、拉致問題の解決に全力で取り組んでいく」と述べている。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府が、今月下旬に来日するトランプ米大統領と安倍首相の首脳会談を27日に開く方向で最終調整に入った、と報じている。北朝鮮の非核化や拉致問題、日米貿易交渉をめぐって協議するという。両首脳は26日に一緒にゴルフをしたのち、大相撲夏場所千秋楽を観戦。28日には海上自衛隊艦船を視察するなどの日程も、ほぼ固まったという。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府がシャナハン米国防長官代行が6月上旬に日本を訪問する方向で調整に入った、と報じている。またシャナハン氏は来日に際し、韓国訪問も検討するという。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・財政再建に向けた検討を進めている自民党の財政再建推進本部は、リーマンショック級の出来事がないかぎり、予定どおり10月に消費税率を引き上げると明記した基本方針をまとめ、政府に確実な実施を求めていくことにしている。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は15日、「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保を企業に求める具体的な方針を示した。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、イランのザリフ外相と会談し「イランによる核合意の維持が核不拡散と中東の平和と安定にとって不可欠だ」と指摘した。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府が、5月月例経済報告で、景気の総括判断を引き下げる方向で検討を始めた、と報じている。米中対立の激化で輸出生産の回復時期が後ずれする可能性が出てきたほか、20日に公表予定の2019年1-3月期のGDP1次速報が、前期比マイナスとなる公算が大きく、これまで堅調だった設備投資や消費も下振れつつあるためだという。

[2019-05-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は16日夕の記者会見で、米トランプ政権が日欧に対して自動車の輸出制限を要求するとの一部報道に関して「いかなる貿易上の措置も世界貿易機関(WTO)協定と整合的であるべきだ」との見解を示した。その上で「自動車や同部品に広範な輸入制限措置が発動された場合、米国経済や世界経済に悪影響を及ぼす」と指摘した。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本生命保険が出資先のインドの資産運用会社、リライアンスニッポンライフアセットマネジメントを子会社化する方向で調整に入った、と報じている。合弁相手のリライアンスキャピタルが持つ43%の株式の大半を700億円程度で取得し、出資比率を7割超に高めるという。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の甘利選対委員長は、憲法改正を争点とした衆参同日選について「そういう考えを持っている人が党内にいることは承知している。ただ、安倍首相が現時点で同調しているとは思えない」と否定的な見方を示した。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・谷内国家安全保障局長は、中国の外交を統括する楊共産党政治局員と長野県内で会談した。6月に大阪市で開かれるG20首脳会議に習近平国家主席が出席する予定で、安倍首相との首脳会談に向けた詰めの協議を行ったもようだ。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米貿易交渉で、日本車の対米輸出制限が浮上する可能性が出てきた。トランプ米政権が日本と欧州連合(EU)に対し、輸入車への高関税措置を先送りする代わりに、半年以内に輸出制限への同意を求める方針だと米通信社が報じた。輸出台数の規制は受け入れられないとクギを刺してきた日本政府に困惑が広がる。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「米国は日本に自動車の輸出数量規制を求めない方針であることを、日米貿易交渉の米側責任者であるライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を通じて確認した」

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木敏充経済再生担当相は17日の閣議後の記者会見で、米国が日本に対し自動車の輸出数量規制を求めない方針であることを日米貿易交渉の責任者を務めるライトハイザー通商代表を通じて確認したと明らかにした。米政権は交渉の早期合意を目指しており、日本に数量規制を求め、調整が難航することを懸念したとみられる。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官「日本経済のファンダメンタルズはしっかりしている」

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米通商交渉の一環として日本側が要請していた事務レベル会合が、米ワシントンで現地時間21日午後に開かれる。日本側からは梅本和義・環太平洋連携協定(TPP)等政府対策本部首席交渉官と渋谷和久政策調整統括官が出席し、米通商代表部(USTR)の関係者と協議する。同対策本部が発表した。日本側は25日のトランプ米大統領訪日に先立ち、交渉内容の論点整理と事実確認などを進めたい意向だ。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・厚生労働省は17日、BSE(牛海綿状脳症)対策で生後30カ月以下に制限していた米国、カナダ、アイルランド産牛肉の輸入規制を同日付で撤廃したと発表した。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は17日午後の記者会見で、内閣不信任決議案が衆院解散の大義になるかを問われ「当然なるのではないか」との認識を示した。野党は内閣不信任案を国会会期末に提出するのが事実上の慣例となっている。6月26日の国会会期末を前に野党側を揺さぶる狙いがあるとみられる。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・立憲民主党の枝野幸男代表は「衆参ダブル選挙になる可能性もかなり出てきたと思っている。局面が大きく変わったと言ってもいい。我々は野党第1党の責任として、今の政権の暴走を食い止め、これに代わり得る政権の選択肢とならなければならない。そのことに向けて今の与党とその補完勢力を最小化する」などと発言した。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・度目の議会採決で「大胆な提案」を行うと表明していた。具体策は不明だが、政府の離脱案は3度否決されており、過半数の支持を得るには修正が不可欠と判断したもようだ。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日露両政府が北方四島で実現を目指す共同経済活動5項目のうち、観光ツアー開発とごみ減らし対策の2項目を優先し、早期開始を図る方向であることが分かった、と報じている。日露は20-21日に共同活動に関する作業部会を開き、来月の首脳会談での具体的な合意に向けて協議を加速させるという。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の甘利選対委員長は、出席した新潟の党新潟県連大会で、内閣不信任決議案の衆院提出が衆院解散の理由になるとの菅官房長官発言を踏まえた衆参同日選の観測を否定した。「理屈の上では大義になり得ても、事実として解散の可能性は極めて低いというのが菅氏の真意だ」と述べている。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・週末のテレビ番組で、茂木経済再生担当相は、米国と中国間の貿易摩擦が激化するなかで、日本経済の現状について「内需全体が腰折れする状況にはない」との認識を示し、消費税は法律で定められた通り、10月に8%から10%に引き上げる予定だと言明した。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済再生担当相は、米国政府が自動車の追加関税に関する判断を最長6ヵ月先送りしたことについて、日本車の対米輸出数量規制が明記されなかったとして「米国の発表を見ると懸念はない」と述べた。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・丸山穂高衆院議員が戦争による北方領土返還を元島民に質問した問題をめぐり北海道議会の自民党会派が発言に抗議する決議案を開会中の臨時議会に提出する方針を固めたことが分かった、と報じている。各会派が発言を問題視しており、22日に全会一致で可決される見通しだという。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の谷川弥一衆院議員が、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。谷川氏は「不適切だった」として撤回したが、佐賀県の反発は必至で、新幹線の財源負担をめぐる両県の対立がさらに激化する可能性がある。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・岩屋防衛相は、韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで冷え込んでいる韓国との関係改善に意欲を示した。「色々と問題は起きたが、もとの関係に戻したい。良好な関係をつくることが日本の安全保障のためになり、国と地域の安定につながる」と述べている。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の二階幹事長は、東京都内のホテルで中国の外交を統括する楊共産党政治局員と会談した。二階氏は、習国家主席が6月の大阪市でのG20首脳会議出席のため来日することについて「大歓迎したい。いま準備に取り掛かっている」と強調している。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府が、安倍首相が今月下旬に来日するトランプ米大統領と会談する際、共同声明の発表を見送る方向で検討に入った、と報じている。貿易交渉と北朝鮮対応で日米の立場に隔たりがあるため、文書による対外発信にこだわる必要はないとの判断に傾いたという。

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「消費税引き上げは不可欠、10月に引き上げる予定」「内需の増加傾向は崩れていない」

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「ファンダメンタルズはしっかりしている」「中国経済の減速で輸出の伸びが鈍化」

[2019-05-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を巡り、中国がインドなどを除外した枠組みでの議論を交渉参加国に打診していることが20日、分かった。日印の政府関係者が明らかにした。

[2019-05-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府は、韓国政府に対し、いわゆる徴用工問題について、日韓請求権協定に基づいて、第三国を交えた仲裁委員会の開催を要請した。河野外相は、パリで開かれる国際会議にあわせて、23日にも韓国の康外相と会談する予定だが、開催に向けた手続きに速やかに入るよう求める考えだという。

[2019-05-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・外務省は、河野外相がおよそ20分間、ポンペイオ米国務長官と電話会談を行ったと発表した。今週末にトランプ大統領の国賓としての日本訪問を控え、訪日の成功に向けて引き続き協力していくことを確認したという。

[2019-05-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経財再生相は閣議後会見で、ライトハイザー米通商代表部代表が来日し、24日に会談するとの一部報道について「ライトハイザー代表とはこれまで会談のほか電話でコミュニケーションしているが、トランプ大統領の来日前にわたしとライトハイザー代表のあいだでどのような協議を行うか、現時点では決まっていない」と話した。

[2019-05-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府が今月9日の短距離弾道ミサイルの発射に抗議したことについて、北朝鮮の国営ウェブサイトは21日、論評を発表し、「われわれの領土と領海の中で行われた自衛のための訓練だ」と発射の正当性を主張したうえで、「日本は通常の訓練にまで言いがかりをつけている」と反論した。そして、日本が今のようにふるまっていては、永遠に孤立するほかないと指摘したうえで、「われわれに対する時代錯誤的な敵視政策を捨て、過去の犯罪について誠実に反省すべきだ」として、日本に対して、改めて過去の清算を求めた。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の石破元幹事長は、夏の参院選に合わせた衆参同日選に否定的な考えを示した。衆院の解散権は乱用すべきではないとした二階幹事長の発言を踏まえ「正論だ。解散しなくても国民の意思は参院選で問える」と指摘している。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日中両政府は、北京で8年ぶりに軍縮・不拡散協議を行った。中国側によると、中距離核戦力(INF)全廃条約や地域情勢などについて意見交換したという。同協議は2011年1月を最後に途絶えていたが、最近の日中関係改善の流れを受けて8年ぶりに開催された。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府は21日午後(日本時間22日午前)、ワシントンで日米貿易交渉の事務レベル協議を開き、自動車や農産品など両国の関税の現状や削減の要望について論点整理した。参加した米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表は協議終了時に「互いにまだかなり開きがある」と語った。両国は今後の閣僚級協議で交渉を本格化させる。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府は21日午後(日本時間22日午前)、米ワシントンで貿易交渉の事務レベル協議を開いた。米側は環太平洋連携協定(TPP)で農産物の対日輸出が不利になったことを問題視し、早期に改善するよう要求した。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本サイドはTPP等政府対策本部の梅本首席交渉官ら、米国側は通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表らが出席した日米貿易交渉の事務レベル協議がワシントンで開催された。農産物や自動車などの関税削減・撤廃をめぐり、双方の主張を確認したという。なお、日本側の交渉担当者は「かなり主張に開きがあるが、お互いの立ち位置が分かったことは有意義だった」と述べている。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本や欧米などが加盟するOECD=経済協力開発機構の閣僚理事会がフランスのパリで始まった。自由貿易が重要だという協調したメッセージを打ち出せるかが焦点だ。日本や欧米など36か国が加盟するOECDの閣僚理事会は、22日から2日間の日程でパリで始まり、日本からは河野外務大臣と世耕経済産業大臣が出席している。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府が、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針の公表を、夏の参院選以降に先送りする方針を固めたと報じている。カジノ開業には国民の不安も根強く、選挙への影響を考慮したとみられる。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、訪問先のフランス・パリで世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長と会談し、韓国による福島など8県産水産物の輸入禁止措置を容認したWTOの紛争処理手続きが機能を果たしていないと指摘した。遺憾の意も伝えたという。

[2019-05-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・世耕経産相は、訪問先のパリでフランスのルメール経財相と会談した。会談後、日産自動車と仏自動車大手ルノーの企業連合について「協力関係を維持・強化していくという彼らの共通の意思を強力にサポートする」と再確認したことを明らかにしている。

[2019-05-23][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の二階幹事長は、小泉元首相や小池東京都知事らと東京都内の日本料理店で会食した。夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行うダブル選が取り沙汰されていることに関し、「解散は首相の専権事項だが、憲法改正や消費税増税の是非を争点にすべきではない」との認識で一致したもよう。

[2019-05-23][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米は貿易交渉を続けており、トランプ氏の訪日中に協定に調印する可能性があるとの一部憶測が出ていた。

[2019-05-23][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・金融庁は23日、野村証券に金融商品取引法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。東京証券取引所の市場区分見直しに関する情報を投資家らに漏洩した問題が発覚し、社内の情報管理体制などに大きな不備があったと判断した。野村証券に対する処分は2012年、上場企業の公募増資を巡るインサイダー取引問題で業務改善命令を出して以来となる。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、韓国の康外相と訪問先のフランス・パリで会談した。日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決への対応をめぐり、日韓に第三国の委員を加えた仲裁委員会の開催に同意するよう求めた。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は日韓外相会談で、韓国人元徴用工訴訟をめぐり、日本企業に損害賠償の支払いを求めた韓国外務省報道官の発言について「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と述べ、批判した。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・世耕経産相は、ライトハイザー米通商部代表とパリで会談し、トランプ米政権が自動車輸入を自国の安全保障への脅威と位置付けたことに関し、懸念を伝えたことを明らかにした。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本と米国、EUは、パリで貿易相会合を開き、自国産業を優遇する補助金を規制する国際ルール強化に向け、世界貿易機関(WTO)加盟の有志国を巻き込んで議論を進めることで合意した。中国の補助金政策を念頭に置いている。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・世耕弘成経済産業相は23日、訪問先のパリでライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談し、米政府が国家安全保障を理由に検討している自動車・同部品の輸入制限措置について改めて懸念を伝えた。記者団に対し「日本からの輸入が米国の安全保障を損なう脅威となったことはないし、これからなる可能性もないと伝えた」と語った。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・谷内国家安全保障局長は、首相官邸で来日中のボルトン米大統領補佐官と会談した。トランプ米大統領の来日を25日に控え、日米首脳会談の議題について協議したもようだ。

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしている」「米中摩擦がいつ終息するのか不透明感が高まっている」

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経済財政相「米中貿易協議の見通しや世界経済への影響は一層注意が必要」「現時点で景気回復が途切れたとはみていない」「10月の消費増税の方針に変わりはない」

[2019-05-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木敏充経済財政再生相は24日の記者会見で、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と日米の閣僚級による貿易協議を25日午後に都内で開くと発表した。両閣僚による物品貿易協定(TAG)を巡る会談は4月下旬にワシントンで開いて以来だ。早期の合意に向けて交渉を加速する。

日本政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース