スティーブン・ポロズの発言・ニュース

スティーブン・ポロズ

 スティーブン・S・ポロズは、1956年生まれのカナダ銀行家で、第9代カナダ銀行(BOC)の総裁です。

 ポロズは、カナダ銀行での14年間の勤務や、カナダ輸出金融公社(EDC)の代表を務めるなどの経歴を持ち、東京で経済企画庁と国際通貨基金(IMF)の客員研究員をしていた実績もあります。

 また、カナダ銀行総裁前任者であるマーク・カーニーは、異例なことにイギリス銀行(BOE)の総裁に就任する事が決まっていたため、その後任としてポロズに白羽の矢が刺さった。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-01][NP+3.8 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレは2018年半ばごろに目標に達するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-02-01][NP+3.8 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレは2018年半ばごろに目標に達するだろう」

[2017-01-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.0]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「米国の政策は予測困難」「米国の貿易政策を特に懸念」「米国債利回りの上昇はカナダに損害を与えるだろう」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「トランプ氏の政策は2018年までにGDPを0.1%押し上げると予想」「特に米国の貿易政策に懸念」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「利下げは依然として検討中」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「リスクが高まれば追加利下げはあり得る」

最近のスティーブン・ポロズの発言・ニュース

[2017-06-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「政策金利は異常なほど低い」「異例の低金利が続いている」

[2017-06-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「金融システムは引き続き堅調」「カナダ経済は最近強まっていることをより示している」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレ目標は財務の安定性を促進」「インフレ目標と財務の安定との間には衝突が少ない」

[2017-05-05][NP-1.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「経済や労働市場には依然としてたるみがある」「米政策の不確実性がメキシコやカナダにとっての課題」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「カナダ・メキシコはグローバルに開かれた貿易を維持すべき」「米国の政策の不透明さは、カナダ、カナダの課題」

[2017-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「現段階において利下げは議論のテーブルに乗っていない」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「必要であれば追加緩和の可能性はある」「現時点では利下げは選択肢にない」

[2017-03-29][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ポロズ・加中銀総裁「ダウンサイドリスクを警戒」

[2017-03-28][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁はこの日の講演原稿で、金融政策について言及しなかった。

[2017-02-01][NP+3.8 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレは2018年半ばごろに目標に達するだろう」

[2017-01-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.0]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「米国の政策は予測困難」「米国の貿易政策を特に懸念」「米国債利回りの上昇はカナダに損害を与えるだろう」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「トランプ氏の政策は2018年までにGDPを0.1%押し上げると予想」「特に米国の貿易政策に懸念」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「利下げは依然として検討中」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「リスクが高まれば追加利下げはあり得る」

[2016-11-29][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・ポロズ・加中銀総裁「2018年の中ごろに目標のインフレ水準に達することを期待」「アメリカの選挙後、不確実性が高まる」「トランプ氏の方針に関して待つ必要がある」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「完全な経済の回復への方向性を示している」「経済の調整はBOCの予想よりも緩やか」
・ポロズ・カナダ中銀総裁「カナダは石油ショックに対処する」「石油ショックが米国経済との乖離の原因となる」「不確実性は依然として存在し注視する必要がある」

[2016-11-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「金融、財政、マクロプルーデンシャル(金融政策などを含まない規制などの全体的な対策)は賞賛に値する」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「2%のインフレターゲットに達する時間は柔軟に考えるべき」「金融政策は安定性に焦点を当てるべきではない」
・ポロズ・カナダ中央銀行総裁「中銀は将来的に金利を引き下げる柔軟性を確保するためインフレ目標の引き上げを真剣に検討したが、非標準的な金融政策は従来の想定以上に運営上の余地を提供するとの結論に至り、インフレ目標の据え置きを決めた」

(最終更新日時 2017-06-14 02:03)

スティーブン・ポロズの発言・ニュース バックナンバー

スティーブン・ポロズ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース