スティーブン・ポロズの発言・ニュース

スティーブン・ポロズ

 スティーブン・S・ポロズは、1956年生まれのカナダ銀行家で、第9代カナダ銀行(BOC)の総裁です。

 ポロズは、カナダ銀行での14年間の勤務や、カナダ輸出金融公社(EDC)の代表を務めるなどの経歴を持ち、東京で経済企画庁と国際通貨基金(IMF)の客員研究員をしていた実績もあります。

 また、カナダ銀行総裁前任者であるマーク・カーニーは、異例なことにイギリス銀行(BOE)の総裁に就任する事が決まっていたため、その後任としてポロズに白羽の矢が刺さった。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-28][NP+4.6 HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP +0.9 CRHDP +0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「中立金利まで利上げを緩やかに継続する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスティーブン・ポロズの発言・ニュース

[2018-12-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.1]
・ポロズ・BOC(カナダ銀行、中銀)総裁「1月の利上げを判断するためには、原油相場がマクロ経済にどの程度影響するかを見極めることが必要」

[2018-12-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「現在の金利水準 当面の間は適切」「中立金利は2.5-3.5%、その水準まで上げる必要があるか判断し続ける」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「新経済協定USMCAは地域への投資を促しそう」「10月利上げ以降の経済指標には失望、第4四半期の景気勢いは衰えている」
・ポロズ・BOC総裁「実際にその水準に到達するまでは、何が中立金利かは不確か」「イールドカーブのフラット化への警告は認めざるをえない」

[2018-11-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「我々は経済データに焦点を当てている」

[2018-10-31][NP+4.0 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.1]
・ポロズ・BOC(カナダ銀行)総裁「人々に3%の金利が正常だと理解して欲しい」「カナダの世界的な街は世界的基準と比較して高くない」
・ポロズ・BOC(カナダ銀行)総裁「利上げをもし急いだら潜在的な成長よりも経済を鈍化させてしまうかもしれない、そしてそれは行いたくない」「利上げをすることの早いリスクと遅いリスクのバランスをとる必要がある」
・ポロズ・BOC(カナダ銀行)総裁「金融政策は早すぎず、遅すぎず、バランスが必要」「金利の上昇は急速なプロセスとはならないだろう」
・カナダ中銀のポロズ総裁は、先週利上げに踏み切ったものの、金融政策は依然刺激的で、インフレ目標達成へ追加利上げが必要になるとの認識を示した。

[2018-10-25][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP +0.9 CRHDP +0.2]
・ポロズ・加中銀総裁「金融政策は依然として非常に緩和的」
・ポロズ・加中銀総裁「ペースは速くも遅くもなる可能性」「カナダ経済に刺激策は必要ない」

[2018-09-28][NP+4.6 HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP +0.9 CRHDP +0.2]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「中立金利まで利上げを緩やかに継続する」

[2018-08-27][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ポロズBOC(カナダ銀行)総裁(ジャクソンホール会議)「将来のインフレリスクに対応するには、段階的で経済指標に基づく金融政策が有効」「物価の上振れは一時的要因による」

[2018-08-25][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ポロズ・加中銀総裁「カナダ中銀は正常化のプロセスを実行」

[2018-07-12][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「BOCは仮定に基づいて政策を立てることはない」「BOCは保護主義からの長期的な損害を免れることはできない」「貿易摩擦は金融政策決定会合における最大の議題」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「保護主義打破のための金融政策は不適切」「貿易摩擦は金融政策決定会合最大の議題」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「金利のフラット化は警告として受け止めていない」「BOCの利上げ決定は、FRBとは関係ない」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「金融政策は単純な機械的なプロセスではない」

[2018-06-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「貿易の不透明がどれだけ投資を縮小させるのかは分からない」「明確なフォワードガイダンスの価値が低くなっている」「金融市場は5月の中銀によるメッセージを理解した」
・ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「関税の影響は7月の金利決定に著しく関係する」
・ポロズ加中銀総裁「金融市場は5月の我々のメッセージを理解した」「貿易の不透明感がどの程度投資を縮小させるかは不明」「BOCはモデルによって与えられたレートに機械的に従うことはできない」

(最終更新日時 2018-12-08 12:26)

スティーブン・ポロズの発言・ニュース バックナンバー

スティーブン・ポロズ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース