韓国政府関係の発言・ニュース

韓国国旗

 大韓民国政府の関係者による発言や、相場に影響を与える可能性が高いと考えられる韓国政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、複数の韓国政府関係者による発言またはニュースからHDP・RHDPの作成を行っているため、数値は目安範囲となります。

 また、韓国政府関係の発言は、北朝鮮民主主義人民共和国の状況に関する発言もみられるため、特に地政学的リスクの影響から日本の円相場に影響を及ぼす事もあります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -5.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-19][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国の朴大統領の親友、崔被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李副会長に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、同チームは在宅起訴を検討するとみられており、不透明な経営実態への批判は今後も続く可能性がある。
・韓国当局はICBMの一部とみられる物体の移動の兆候を確認しており、北朝鮮が近くICBMを発射する準備が整う可能性があるとの懸念が強まっている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の韓国政府関係の発言・ニュース

[2017-01-19][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国の朴大統領の親友、崔被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李副会長に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、同チームは在宅起訴を検討するとみられており、不透明な経営実態への批判は今後も続く可能性がある。
・韓国当局はICBMの一部とみられる物体の移動の兆候を確認しており、北朝鮮が近くICBMを発射する準備が整う可能性があるとの懸念が強まっている。

[2017-01-17][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国北西部の京畿道議会の超党派議員34人でつくる団体が、従軍慰安婦の被害を象徴する少女像を、島根県の竹島と道議会に設置するため募金運動を始めると表明し、道議会に募金箱を設置したと報じている。

[2017-01-16][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国外務省は、尹外相が、李駐日大使ら日米中露に駐在する大使と国連大使を集めた会議をソウルで開く、と発表した。「変化する北東アジアの外交環境を点検し、周辺国外交の方向を検討する」としている。

[2017-01-13][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・国連事務総長を退任した潘氏が韓国に帰国した。それにともない、仁川国際空港で記者会見を行い「分裂した国をひとつにまとめるのに身を燃やす覚悟だ」と述べ、次期大統領選への出馬意欲を改めて表明している。

[2017-01-12][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国外務省は、尹外相とケリー米国務長官が電話会談を行ったことを明らかにした。ケリー長官は会談で「日韓関係が未来志向で発展し、日米韓の協力も継続されることを期待する」と述べたという。

[2017-01-11][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された問題をめぐり、日米韓の枠組みで問題解決を模索する案が浮上した、と報じている。日米韓関係筋によれば、この案は米国が主導しており、ケリー米国務長官ら今月20日のトランプ政権発足で退任する米高官が、離任を理由に日韓の両外相らと個別か3者で電話会談する案が検討されている模様だという。
・韓国国防部は北朝鮮の軍事動向と韓国軍の対応態勢をまとめた2016年版国防白書を発刊した。それによると、北朝鮮は寧辺の核施設で使用済み核燃料を再処理したプルトニウムを約50キロ保有していると推定されるという。核兵器1個を作るには4-6キロのプルトニウムが必要とされていることから、北朝鮮は10個程度の核兵器を作ることができる可能性も否定出来ないようだ。

[2017-01-10][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国の黄大統領権限代行首相は閣議で、いわゆる慰安婦問題について、「状況の悪化を招きかねない言動は自制することが日韓関係における未来志向の発展のために望ましい」と述べた。

[2017-01-09][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国与党セヌリ党の報道担当者は、安倍首相が釜山の日本総領事館前の従軍慰安婦被害を象徴する少女像の撤去を求めたことについて、政権維持のため「韓日関係の懸案まで政治的に利用している」と批判した。
・昨夏に韓国に亡命した北朝鮮のテ元駐英大使のインタビューとして、「北朝鮮は米国本土を打撃できるミサイル攻撃能力と、ミサイルに装着可能な核兵器の小型化の完成を目標にしている」「2017年末か2018年初めを目標に核ミサイルの開発を急いでいる」と報じている。
・韓国軍事筋「北朝鮮指導者暗殺を目的とする特別部隊を創設へ」
・韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表は9日、安倍晋三首相が従軍慰安婦問題の日韓合意に基づき日本が10億円を韓国に拠出したことを挙げて韓国に対応を求めたことに対し「10億円を返そう。金のために全国民が恥ずかしい思いを抱え生きていかねばならないのか」と述べ、合意を破棄すべきだと主張した。

[2017-01-03][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国軍当局者は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が「新年の辞」の演説で、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射準備が最終段階に達した」と述べたことについて、「これまでのところ、北朝鮮に特異な動きはない。しかし、綿密に追跡・監視している」と述べた。

[2017-01-02][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
・韓国のシンクタンクである世宗研究所の鄭統一戦略研究室長は、「北朝鮮は早ければ、1月8日の金正恩氏の誕生日前や、20日のトランプ米政権発足前に長距離ミサイルを発射することが予想される」と指摘した。
・韓国統一省報道官は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が「新年の辞」演説で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射準備が「最終段階に達した」と述べたことを強く非難、「北朝鮮が核開発を継続すれば、さらに強力な国際社会の制裁と圧力に直面する」と警告した。
・韓国の朴大統領は、報道陣と新年あいさつを兼ねた懇談会を行い、そのなかで積極的措置を取らなかったと批判されている2014年4月の客船「セウォル号」沈没事故当日の対応について、「継続的に報告を受けながら、チェックしていた」と述べ、正常に職務を遂行していたという認識を強調した。また、美容整形の施術を受けていたのではないかという疑惑に関しては、「受けていない。常識的にあり得ない」と断言している。さらに、第三者供賄容疑の適用が取り沙汰されているサムスン物産と第一毛織の合併をめぐる疑惑について、「はめられた」と述べ自身の関与を完全に否定した。
・次期韓国大統領選の有力候補のひとつとされる城南市のイ市長が、「ミサイル迎撃システムTHAAD北朝鮮の脅威を抑制するための適切な手段ではない」とし、反対の姿勢を示した、と報じている。
・韓国学術研究院の季刊英文学術誌「コリアオブザーバー」の2016年12月号は、海外の専門家による、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)に1トンの核弾頭を搭載した場合、韓国全域を攻撃できるとした内容の論文を掲載している。
・韓国の黄大統領権限代行首相は、政府の仕事始め式で、「少しも揺らぐことのないよう安保力量を強化し、国際社会との緊密な協力で北の核脅威に強く対応していく」との方針を示した。

(最終更新日時 2017-01-20 02:56)

韓国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

韓国政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース