フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、パリでウクライナのポロシェンコ大統領と会談し、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合は認めない考えで一致した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2017-06-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、パリでウクライナのポロシェンコ大統領と会談し、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合は認めない考えで一致した。

[2017-06-26][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領「フランスは決してロシアのクリミア併合を認めることはない」

[2017-06-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領が21日に発足させた改造内閣の閣僚による初めての閣議が開かれ、重要政策のひとつであるテロ対策などを議論し、捜査当局に強力な権限を与えている非常事態宣言を11月1日まで、延長することを正式決定した。それと同時に、非常事態宣言にある捜査権限の強化などを盛り込んだテロ対策法案も閣議決定されている。

[2017-06-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスではバイル仏法相が辞任の方向となった。
・国土相と国防相が相次ぎ辞任したフランスで、フランソワ・バイル法相とマリエル・ド・サルネーズ欧州問題担当相が新たに辞任を表明する見込みだ。大統領府の関係筋が明らかにした。マクロン大統領の組閣に混乱が生じる可能性がある。

[2017-06-20][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのニュース専門局BFMテレビは、パリの繁華街シャンゼリゼ通りで、憲兵隊の車列に乗用車が突っ込んだと報じている。車は武器や爆発物を積んでいたとされ、検察当局の対テロ部隊が捜査に乗り出したという。

[2017-06-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・BFMテレビは、フランス国民議会(下院、定数577)選の決選投票直後の開票推計において、マクロン大統領の中道新党「共和国前進」が系列政党と合わせ、全体の7割近い373から403の議席を獲得する見通しとなった、と報じている。
・仏国民議会選は18日、決選投票が行われ、即日開票された。出口調査では、マクロン大統領が創設した政党「共和国前進」を中心とする中道陣営が355議席を獲得し、過半数(289議席)を上回ることが確実になったようだ。
・18日投開票したフランス国民議会(下院、定数577)選の決選(第2回)投票は、マクロン大統領率いる新党「共和国前進」が過半数を確保した。ただ、投票率は低く、政府報道官は19日、「真の勝利は5年後になる」と述べ、国内政治の刷新を進める意向を示した。「共和国前進」と同党と連携する中道派政党「民主運動(MoDem)」は合わせて350議席を確保した。ただ、投票率は第5共和制発足以降で最低に落ち込んだ。

[2017-06-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、メイ英首相とパリで会談し、英国のEU離脱交渉が終了するまでは、仮に英国が方針を転換してEUに存続する道を選んでも拒否しない考えを伝えた。

[2017-06-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・11日に実施された仏下院選の第1回投票では、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」グループが、過半数(289議席)を大幅に上回る400超の議席を獲得する見通しだという。なお、仏下院選は2回投票制で実施される。第1回投票での当選には過半数の得票が必要で、当選者がいない場合は、有権者数の12.5%以上の票を獲得した候補者が1週間後の決選投票に進む。多くの選挙区では決着が持ち越される見込みで、最終的な議席は18日の決選投票後に確定する。
・フランス2は出口調査などを基にした獲得議席の予測として、11日に行われたフランス国民議会(下院、577議席)総選挙の第1回投票について、マクロン大統領派の新党「共和国前進」系が390-430議席で圧勝する勢いと報じている。

[2017-06-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「ECBは依然予測可能、緊急に変更必要ない」

[2017-06-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・パリ検察当局は6日、ノートルダム寺院の事件をテロとして捜査を開始した。
・フランスの現地メディアは、パリ中心部のノートルダム大聖堂付近で、ハンマーを持った男が警官に襲いかかり、警官が負傷したと報じている。検察当局はテロの可能性も視野に捜査を開始したという。

(最終更新日時 2017-06-28 00:03)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース