フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-20][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏週刊紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、同国エロー外相へのインタビューとして、「仏大統領選の活動がロシアによるものとみられるサイバー攻撃を受けていることは容認できない」「ロシアが仏最大野党・共和党など右派陣営の統一候補フィヨン元首相と、極右政党・国民戦線から立候補しているルペン党首に好意を示しているのが十分見て取れる」と報じている。
・ラジオ局フランス・ブリュは、大統領選に立候補している極右政党、国民戦線のルペン党首が、自身のボディーガードに勤務実態のない欧州議会議員秘書としての仕事を与えたことを認めたとの報道について、「真っ赤なウソだ。そんなことを少しでも認めたことは決してない」と述べ激しく否定した、と報じている。フランスの2つの報道機関は16日、ルペン氏がボディーガードのレジェ氏にEUの資金から不正に給料を支払っていたことを認めたとする欧州不正対策局の報告書の抜粋を公開していた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2017-02-20][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏週刊紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、同国エロー外相へのインタビューとして、「仏大統領選の活動がロシアによるものとみられるサイバー攻撃を受けていることは容認できない」「ロシアが仏最大野党・共和党など右派陣営の統一候補フィヨン元首相と、極右政党・国民戦線から立候補しているルペン党首に好意を示しているのが十分見て取れる」と報じている。
・ラジオ局フランス・ブリュは、大統領選に立候補している極右政党、国民戦線のルペン党首が、自身のボディーガードに勤務実態のない欧州議会議員秘書としての仕事を与えたことを認めたとの報道について、「真っ赤なウソだ。そんなことを少しでも認めたことは決してない」と述べ激しく否定した、と報じている。フランスの2つの報道機関は16日、ルペン氏がボディーガードのレジェ氏にEUの資金から不正に給料を支払っていたことを認めたとする欧州不正対策局の報告書の抜粋を公開していた。

[2017-02-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのサパン経済・財務相は13日、競合する政策目標などを達成するために、欧州中央銀行(ECB)がユーロを操作することは絶対にないと述べた。独経済紙ハンデルスブラットに掲載されたインタビューで明らかとなったもの。
・フランスの調査会社オピニオンウェイが13日公表した仏大統領選に関する世論調査では、中道無党派のエマニュエル・マクロン前経済相が5月の決選投票で極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌルペン党首を破り勝利することが見込まれている。調査によると、4月23日の第1回投票ではルペン氏が他の候補を抑え勝利するものの、5月7日の決選投票ではマクロン氏、右派統一候補のフィヨン元首相いずれかの候補に敗れるとの見方が引き続き大勢となっている、とされる。

[2017-02-10][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス北西部にあるフラマンビル原子力発電所の敷地内で爆発があった、と報じている。爆発は原子炉などの設備の外で起こり、地元当局は「放射能漏れの恐れはない」としているという。

[2017-02-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・8日公表された2社の世論調査結果によると、フランス大統領選の決選投票で、中道・無党派のエマニュエル・マクロン前経済相が、極右政党の国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首を破る見通しだ。第1回投票でルペン氏が首位に立つ確率は、エラベが25.5-26%、仏世論研究所(Ifop)・フィデュシアル(Fiducial)は26%。マクロン氏は、エラベが22-23.5%、Ifopフィデュシアルは21%となった。決選投票は、エラベの調べでマクロン氏の支持率は63%、ルペン氏は37%。Ifopフィデュシアル調査でも、マクロン氏が64%、ルペン氏は36%だった。

[2017-02-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス会計院は8日、年次報告書を発表し、同国政府の2017年の財政赤字削減目標について、公的支出の拡大を過小評価し、過度に楽観的な税収見通しに基づいているため、達成は「非常に難しい」との見解を示した。

[2017-02-06][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選に出馬している中道・右派統一候補のフィヨン元首相(共和党)は、6日1500GMT(日本時間7日午前0時)に記者会見を開く。同氏に近い関係筋が語った。同氏を巡っては、妻への不正給与支給疑惑を受け、党内から候補者差し替えを求める動きも出ている、と同ニュースは伝えている。

[2017-02-03][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏紙ルモンドは、4月のフランス大統領選に出馬する極右政党・国民戦線のルペン党首に対するインタビューで、大統領選で当選すれば「半年後にEU離脱の是非を問う国民投票を実施する」と報じている。
・フランス警察筋によると、パリのルーブル美術館に刃物を持った男が侵入を試み、兵士が発砲し男は負傷した、と報じた。また、別の警察筋によると、男はスーツケースを持って美術館地下のショップに侵入しようとし、現場では、避難措置がとられており、内務省がツイッターで「深刻」な事態と表明した、同ニュースは伝えている。

[2017-01-25][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのエロー外相が訪問先のサウジアラビアで、米国のトランプ新政権について「他国と協力しない限り、米国人の利益を守ることはできない」と述べ、同政権の「米国第一主義」を暗に批判した、と報じている。

[2017-01-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスで、ことし春に行われる大統領選挙に向けて、与党・社会党などの左派勢力が統一候補を決めるための予備選挙を行い、オランド政権の前の教育相のアモン氏が、バルス前首相を上回って最も多くの票を獲得したものの過半数には届かない見通しで、来週の決選投票に持ち越されることになった。ことし4月から5月にかけて行われるフランス大統領選挙を前に、与党・社会党などの左派勢力は22日、統一候補を決めるための予備選挙を行った。

[2017-01-17][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのサパン財務相は17日、記者会見において「2016年の財政赤字は689億7千万ユーロ」と発言した。

(最終更新日時 2017-02-21 23:34)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース