フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスで行われた大統領選挙の1回目の投票は開票が始まり、フランスの公共放送「フランス2」は、中道で無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人が、来月7日に行われる決選投票に進むことが確実になったと伝えた。マクロン氏がEU=ヨーロッパ連合の枠組みを堅持すると主張しているのに対して、ルペン氏はEUに否定的な立場で、決選投票に向けて激しい選挙戦が繰り広げられることになる。フランスの公共放送「フランス2」は、これまでの開票状況や独自の集計結果などから、中道で無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人が、来月7日に行われる決選投票に進むことが確実になったと伝えた。
・フランスの大統領選1回目投票に関し、仏内務省の暫定推計では、ルペン氏が得票率24.33%、マクロン氏22.24%となっている。
・フランス大統領選の第1回投票に関する仏内務省の集計では、開票率96.57%で、マクロン氏の得票率が23.86%、ルペン氏は21.47%となっている。
・フランス大統領選の第1回投票で、欧州連合(EU)の枠組み堅持を掲げる中道のエマニュエル・マクロン前経済産業デジタル相が決選投票に勝ち進んだことは、世界の市場にとって有益だとみられている。5月の決選投票で極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首と対決することになるが、マクロン氏がトップに立ったことは、フランス有権者の間でEUの枠組みが支持されていることの表れだとの声もある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-04-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・次期仏大統領選の有力候補である極右政党・国民戦線のルペン党首への書面インタビューとして、「EUは加盟国間に不均衡をもたらしている非民主的な組織」「大統領に当選すれば、EUとの関係に関する交渉を経て6ヵ月後にEU離脱を問う国民投票を実施する」「フランスが去ればEUは生き残れない」

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスで行われた大統領選挙の1回目の投票は開票が始まり、フランスの公共放送「フランス2」は、中道で無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人が、来月7日に行われる決選投票に進むことが確実になったと伝えた。マクロン氏がEU=ヨーロッパ連合の枠組みを堅持すると主張しているのに対して、ルペン氏はEUに否定的な立場で、決選投票に向けて激しい選挙戦が繰り広げられることになる。フランスの公共放送「フランス2」は、これまでの開票状況や独自の集計結果などから、中道で無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人が、来月7日に行われる決選投票に進むことが確実になったと伝えた。
・フランスの大統領選1回目投票に関し、仏内務省の暫定推計では、ルペン氏が得票率24.33%、マクロン氏22.24%となっている。
・フランス大統領選の第1回投票に関する仏内務省の集計では、開票率96.57%で、マクロン氏の得票率が23.86%、ルペン氏は21.47%となっている。
・フランス大統領選の第1回投票で、欧州連合(EU)の枠組み堅持を掲げる中道のエマニュエル・マクロン前経済産業デジタル相が決選投票に勝ち進んだことは、世界の市場にとって有益だとみられている。5月の決選投票で極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首と対決することになるが、マクロン氏がトップに立ったことは、フランス有権者の間でEUの枠組みが支持されていることの表れだとの声もある。

[2017-04-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏パリのシャンゼリゼ通りで20日、銃撃があり警官2人が負傷したようだ。
・フランスの警察当局は、大統領選挙を目前に控えた同国の首都パリ中心部のシャンゼリゼ通りで警察を狙った銃撃があり、警察官1人が死亡、2人が負傷したと明らかにした。
・フランスの首都パリ中心部で、警官3人が死傷する銃撃事件が起きたことを受け、23日に投票を控えた大統領選に立候補している極右政党「国民戦線」のルペン党首、中道系独立候補のマクロン前経済相、右派・共和党のフィヨン元首相が、21日に予定されていた選挙集会を中止した。同日の選挙集会は、23日の第1回投票に向けて国民に支持を訴える最後の機会となるはずだった。

[2017-04-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス政治研究センターがルモンド紙の委託で実施した世論調査によると、23日に行われる仏大統領選第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相と極右政党国民戦線(FN)のルペン党首が他候補に対するリードを僅かに保っている。ただ、両候補ともここ数日で第1回投票の支持率に失速の兆しが見られ、今回の調査でルペン氏の支持率は22.5%と4月上旬から2.5%ポイント低下、マクロン氏は同2%ポイント低下の23%となった。急進左派のメランション氏は19%、右派候補のフィヨン氏は19.5%。

[2017-04-17][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・調査会社オピニオンウェイが公表したフランス大統領選に関する最新の世論調査では、第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が22%(前回調査と変わらず)、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首が22%(1ポイント低下)、右派候補のフィヨン氏が21%(1ポイント上昇)、急進左派のメランション氏が18%(1ポイント上昇)となった。マクロン氏とルペン氏が決選投票に進んだ場合、マクロン氏が64%を獲得し、ルペン氏の36%を上回ると予想されている。フィヨン氏とルペン氏の決選投票となった場合は、フィヨン氏が60%の支持を得てルペン氏(40%)に勝利するとみられている。

[2017-04-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス極右政党・国民戦線(FN)党首で欧州議会議員のルペン氏が、党の秘書への給与支払いに欧州議会の資金を不正流用したとされる疑惑を調査中のフランスの判事らが、欧州議員としての同氏の不逮捕などの免責特権を停止するよう求めていることがわかった。法曹関係者が14日、明らかにした。

[2017-04-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・次期仏大統領選の有力候補である極右政党・国民戦線のルペン党首への書面インタビューとして、「EUは加盟国間に不均衡をもたらしている非民主的な組織」「大統領に当選すれば、EUとの関係に関する交渉を経て6ヵ月後にEU離脱を問う国民投票を実施する」「フランスが去ればEUは生き残れない」

[2017-04-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのデラトル国連大使は、ロシアに対し「歴史を前に恐ろしい責任を負う」と呼び掛け、シリアで化学兵器が使用されたとみられる攻撃への非難決議案採決に際し安保理で拒否権を行使しないよう訴えた。

[2017-03-29][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの極右政党、国民戦線のルペン党首は、同国がユーロを離脱しフランを復活させた場合、通貨切り下げにはつながらないとの見方を示した。同氏はフランスのユーロ離脱(フレグジット)を掲げており、離脱の是非を問う国民投票を望んでいる。
・バルス前仏首相「ルペン氏は大統領に選ばれる可能性がある」
・フランスのバルス前首相は29日、大統領選挙で自らの所属する社会党の候補ではなく、中道系独立候補のマクロン前経済相に投票すると表明した。BFMテレビで述べた。前首相は、選挙は広く開かれたものであり、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の当選を阻止するためあらゆる努力をすると主張。「いかなるリスクを犯すことも恐れない。私はエマニュエル・マクロン氏に投票する」と述べた。
・仏大統領選に関するオピニオンウェイの世論調査では、第1回投票についてルペン氏の支持は1ポイント低下の25%、マクロン氏は1ポイント上昇の25%、フィヨン氏は変わらずの20%となった。

[2017-03-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏極右政党、国民戦線のルペン党首は遊説し「EUは崩壊する。もう望まれない存在だからだ。傲慢(ごうまん)で覇権主義的な帝国は滅びる」と述べた。

[2017-03-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は23日、英国ロンドンの議会議事堂付近での襲撃事件を受け、国境防衛と安全対策強化の重要性について言及した。ルペン氏はBFMテレビとRMCラジオに対し、各国は情報共有において互いに協力すべきと指摘。加えて、過激主義とつながりのあるイスラム教寺院の閉鎖と襲撃を犯し有罪となった重国籍者のフランス国籍の取り消しを主張した。

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース