フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領は欧州議会で演説し、EUの現状について、「いまヨーロッパは、分断と懐疑主義の中にある」「欧州は民主主義の価値を取り戻す必要がある」と述べ、みずからが掲げる、経済や移民のほか、防衛政策など様々な分野の改革によってEUの統合を推進し、分断を回避すべきだと訴えた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2018-04-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領は欧州議会で演説し、EUの現状について、「いまヨーロッパは、分断と懐疑主義の中にある」「欧州は民主主義の価値を取り戻す必要がある」と述べ、みずからが掲げる、経済や移民のほか、防衛政策など様々な分野の改革によってEUの統合を推進し、分断を回避すべきだと訴えた。

[2018-04-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのニュース専門テレビBFMは、出演したマクロン大統領が、米英仏で14日に実施したシリア攻撃をめぐり、シリアからの早期米軍撤収の意向を示していたトランプ米大統領に「シリアに長期的にとどまることが必要と説得した」と明らかにしたと報じている。攻撃目標を化学兵器関連施設に限定するよう納得させたとも述べていた。

[2018-04-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用した「証拠」があると述べ、「しかるべき時」に対応を発表すると表明した。

[2018-04-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃によって多数の死傷者が出たことを受けて、アメリカやイギリスなどと今後の対応を協議し、数日中にも決断するとしたうえで、シリアに軍事攻撃を行う場合は化学兵器の製造拠点が標的になると述べた。

[2018-03-31][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏政府は30日、ロシアが4人の仏外交官を国外追放したと発表した。

[2018-03-29][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスで、ユダヤ系の80代の女性が殺害される事件があり、ユダヤ系だという理由で殺害されたと見られることから、反ユダヤ感情の高まりに懸念が強まっている。パリでは28日、大規模な追悼集会が開かれ、数千人の市民が参加した。

[2018-03-26][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、3人が死亡した南部カルカソンヌ郊外トレーブでの立てこもり事件を受けて記者会見し、「テロの脅威は依然高い」と警戒を促した。また、「過激派組織ISなどの影響を受けてテロ攻撃を引き起こしかねない人物が現在も国内に存在する。数ヵ月前から脅威はあった」と指摘した一方で、「テロが続発した2-3年前の状況ほどではない」とも述べている。
・「フランスはロシア外交官4人を国外退去させる」と伝えた。

[2018-03-22][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスメディアは、同国の司法当局が、2007年の大統領選に勝利したサルコジ元大統領がリビアの独裁者だった故カダフィ氏側から巨額の選挙資金を不正に受け取った容疑などで、元大統領の予審開始を決定した、と報じている。予審判事が正式捜査を行い、公判請求の可否を決めるという。

[2018-03-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルメール新経済相「EU、米国の金属関税の完全な免除を期待」
・フランスのルメール財務相は、米国が発動する鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について「保護主義的な政策は、過剰生産という難しい問題に対処するための正しい答えではない」と批判した。また、ムニューシン米財務長官との19日の会談で、「EUは米国の関税を受け入れられない。EUを完全に適用除外とするよう強く求めた」と明かしている。

[2018-03-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相は、パリで会談した。両首脳は会談に先立ち行われた記者会見で、EUの抜本的な改革に向けた行程表を6月までに共同で提案すると発表している。

(最終更新日時 2018-04-22 23:45)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース