フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-10-19][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス大統領府は18日、マクロン大統領が近くサウジアラビアのサルマン国王と会談し、サウジ人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑に関して話し合うと明らかにした。仏BFMテレビなどが報じた。マクロン氏は18日、欧州連合(EU)首脳会議が開催されたブリュッセルで記者会見し、「(疑惑は)極めて深刻であり、解明を望んでいる。既にいくつかの政治的訪問の延期を決定した」と語った。
・フランスのマクロン大統領は、英国の合意なきEU離脱(ブレグジット)が現実となった場合に備えて政府が英国からの渡航者用ビザ導入を模索している、との報道を否定した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2018-10-19][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス大統領府は18日、マクロン大統領が近くサウジアラビアのサルマン国王と会談し、サウジ人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑に関して話し合うと明らかにした。仏BFMテレビなどが報じた。マクロン氏は18日、欧州連合(EU)首脳会議が開催されたブリュッセルで記者会見し、「(疑惑は)極めて深刻であり、解明を望んでいる。既にいくつかの政治的訪問の延期を決定した」と語った。
・フランスのマクロン大統領は、英国の合意なきEU離脱(ブレグジット)が現実となった場合に備えて政府が英国からの渡航者用ビザ導入を模索している、との報道を否定した。

[2018-10-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏大統領関係者「ブレグジット移行期間の延長については何も決まっていない」「ブレグジットの移行期間延長は実現可能だが、短期間であるべき」
・フランスのエリゼ宮(大統領府)当局者は18日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉に関連し、フランスはブレグジット後の移行期間延長の可能性を排除しないが、いかなる延長にも条件が付与されるとの考えを示した。

[2018-10-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏経済・財務相「ブレグジット締結までそれほど遠くは無い」「両サイドがブレグジット締結に努力しなければならない」

[2018-10-16][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスを訪問している韓国の文大統領は、マクロン大統領との首脳会談後に行った共同記者会見で、「朝鮮半島の完全な非核化や恒久的な平和定着プロセスで国連安全保障理事会の常任理事国でEUの中心国であるフランスの先駆者的な役割と寄与を期待する」と述べた。
・マクロン仏大統領は、韓国大統領との会談後の会見で、フランスに北朝鮮の非核化を支援する用意はあるものの、北朝鮮はまず詳細なコミットメントおよび核兵器や弾道ミサイルなどを廃棄する真の意向を示すべきだとの見解を明らかにした。

[2018-10-15][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・テレビ・フランス24は、マクロン仏大統領がインタビューで、米国の核合意離脱を批判し、「2015年に成立した核合意からの離脱は有益な行動ではなく、地域での緊張を激化させる危険性がある」と述べたと報じている。

[2018-10-10][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス野党「人民共和連合」のアスリノ党首へのインタビューを報じている。そのなかでアスリノ氏は、「EUはいま、臨界点のようなものに達していると思う。英国のEU離脱をはじめ、イタリアやポーランドは非常に批判的な姿勢だ」「ユーロは構造的な問題があり、『長続きするはずがない』という段階に来ている」「フランスにとって今のユーロの為替水準は高すぎる。1ユーロ=1ドルぐらいであるべき」と指摘していた。

[2018-10-04][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのコロン内相は、リヨン市長選に立候補することを理由に辞任した。政権発足以降、閣僚の辞任は7人目。政権ナンバー2の内相の辞任は、支持率が低迷する大統領にとって大きな打撃となりそうだ。

[2018-10-03][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのコロン内相がインタビューで、仏南東部リヨン市長選に立候補することを理由に内相を辞任すると表明した、と報じている。マクロン政権では閣僚辞任が相次ぎ、8月以降だけで3人目となる。
・来年辞任する意向を示していたフランスのコロン内相(71)は、時期を前倒しし即時に辞任する考えをマクロン大統領に伝達し、マクロン氏はいったん拒否したが受諾した。フランスのメディアが3日伝えた。大統領選からマクロン氏を支持した有力閣僚の辞任劇は、支持率の低下した政権の混迷ぶりを改めて浮き彫りにした。

[2018-10-02][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏紙フィガロは、コロン仏内相による辞任の申し出が、マクロン大統領により拒否されていたことが明らかになった、と報じている。

[2018-10-01][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのドリアン外相が講演で、「米国は国際協調よりも一方的なやり方を好んでいる」と指摘したうえで、「米国のような一部の国々は、一方的なやり方で国際外交を危険にさらしている」と述べている。

(最終更新日時 2018-10-20 22:20)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース