FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-03-08][NP+3.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全12地区は緩慢から緩やかなペースで拡大」「緩やかなインフレを想定、賃金は上昇へ」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価は全地区で上昇。大半がゆるやかな上昇」「雇用は緩やかなペースで拡大」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場のひっ迫が賃金を押し上げ、緩やかなインフレを予想」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全ての地区で物価が上昇」「鉄鋼価格は4地区で著しく上昇、外国との競合減少で」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2018-04-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・「FRB、2%の物価目標達成に自信深める、FOMC議事録」と報じた。

[2018-04-11][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・米ニューヨーク(NY)連銀は10日、連邦準備理事会(FRB)がバランスシート上に保有する4兆4000億ドルの債券について、規模は当初予想されたほど縮小せず、2021年初頭までに3兆ドル近辺に落ち着く可能性があるとの見方を示した。

[2018-03-27][NP+3.6 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・クオールズ米FRB理事「米国経済は極めて好調」「米経済は好調だが多くの家計は財政難に直面」

[2018-03-22][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・米連邦準備理事会(FRB)は20-21日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.25-1.50%の範囲から1.50-1.75%の範囲に引き上げることを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。

[2018-03-08][NP+3.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全12地区は緩慢から緩やかなペースで拡大」「緩やかなインフレを想定、賃金は上昇へ」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価は全地区で上昇。大半がゆるやかな上昇」「雇用は緩やかなペースで拡大」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場のひっ迫が賃金を押し上げ、緩やかなインフレを予想」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全ての地区で物価が上昇」「鉄鋼価格は4地区で著しく上昇、外国との競合減少で」

[2018-03-06][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「ボルカー・ルールは複雑、うまく機能せず」「ボルカールール、修正される確率が高い」

[2018-03-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・FRB副議長の最有力候補に、債券運用会社PIMCOのエコノミスト、リチャード・クラリダ氏が浮上していると、関係筋2人が明らかにしたと報じている。

[2018-02-27][NP+3.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「一時的な逆風が収まるにつれてインフレは2%に上昇へ」「米経済成長を楽観」
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「さらなる段階的な利上げが適切」「経済がより高い成長に移行する可能性に現実味」
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済見通しを楽観、いくらかの上振れリスク」「財政政策が成長にかなりの勢いを与える」
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「赤字支出は長期的にネガティブな影響及ぼし得る」「最近の投資関連データには勇気づけられる」「米金融当局は2つの責務の達成に非常に集中する」
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレ目標には対称性、2%は上限ではない」「生産性高める方法の大半はFRBの力の範囲外」
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「株式市場は米国経済の継続的な強さを示している」「バランスシート縮小は市場の混乱招いていない」
・米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長は26日、ワシントンでの講演で「米景気の現状にかなり楽観的だ。先行きはいくらか上振れリスクがある」と経済情勢に強い自信をみせた。金融政策は「さらに段階的な利上げが適切だろう」と述べ、3月の次回会合で追加引き締めに踏み切る可能性を示唆した。

[2018-02-24][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・FRB報告「米労働市場は完全雇用に近い、もしくは若干上回る」

[2018-02-14][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・WSJ「次期FRB副議長で明確な最有力候補なし」「クリーブランド連銀のメスター総裁も候補者の1人」

(最終更新日時 2018-04-13 23:15)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース