FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-11-30][NP+2.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価圧力、前回報告より強まった」「経済は緩やかないし緩慢なペースで成長」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区で賃金成長は緩やかで緩慢」「物価圧力は前回から強まっている」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区で製造業の成長は緩やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「税制変更を懸念もしくは不透明に感じる報告もあった」「経済見通し、若干改善」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「税制改革について懸念や不透明感を指摘する声も聞かれる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-01-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が実施したエコノミスト調査によると、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ時期について次回が3月、その次が6月だとする予想が大半を占めた。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2018-01-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が実施したエコノミスト調査によると、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ時期について次回が3月、その次が6月だとする予想が大半を占めた。

[2017-12-22][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・FRB副議長候補にリンゼー元FRB理事の名前が挙がっていることが明らかになった、と報じている。

[2017-12-14][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・米連邦準備理事会(FRB)は12-13日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の1.00-1.25%の範囲から1.25-1.50%に引き上げることを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「今は職探しには素晴らしい時だ」

[2017-12-13][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は13日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決めた後、景気拡大と失業率の低下を背景に2018年は3回、19年は2回、追加利上げを実施する見通しだ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)が民間エコノミストを対象に実施した調査で明らかになった。

[2017-12-07][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・グリーンスパン元FRB議長がインタビューで、トランプ政権が目指す大型減税が経済成長に「ほとんど寄与しない」との認識を示したと報じている。むしろ、減税によって財政赤字が膨らむことで、急激なインフレになる恐れがあると警告したという。

[2017-12-05][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・リッチモンド連銀は次期総裁にマッキンゼーのバーキン氏を指名した。

[2017-12-01][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・FRBのクオールズ理事兼副議長は講演で、ビットコインのようなデジタル通貨が広範に採用されれば「一段と深刻な金融安定問題」となる可能性を指摘した。また、各国中銀はそれぞれのデジタル通貨発行に慎重な姿勢で臨むべきで、この件で踏み込んだ見直しが必要との認識も同時に示している。
・ウィリアム・ダドリー総裁、ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューで、12月にフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を引き上げる「合理的な根拠」があるとの考えを示した。
・来年の追加利上げ見通しについては、連邦議会で新たに採択され得る財政出動も影響する可能性があると述べた。

[2017-11-30][NP+2.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価圧力、前回報告より強まった」「経済は緩やかないし緩慢なペースで成長」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区で賃金成長は緩やかで緩慢」「物価圧力は前回から強まっている」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区で製造業の成長は緩やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「税制変更を懸念もしくは不透明に感じる報告もあった」「経済見通し、若干改善」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「税制改革について懸念や不透明感を指摘する声も聞かれる」

[2017-11-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領が空席となっているFRB理事にカンザス州銀行監督当局のボウマン氏を指名することを検討していることが、関係筋の話で明らかになったと報じている。

[2017-11-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・次期FRB議長にパウエル理事が指名されたが、関係者によると、パウエル氏は最初から次期議長候補の本命だったわけではなく、トランプ大統領はイエレン現議長を再指名すべきかどうか最後まで考えていたことが関係者の話で分かったと報じている。大統領就任以降、株価の連日の最高値更新を目にし、米経済の力強さを自身の手柄としてきたトランプ氏は、イエレン氏がその最大の貢献者であるとみていたからだという。

(最終更新日時 2018-01-13 18:29)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース