FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-23][NP+4.6 HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「緩やかな利上げを予想」「リスクはより均衡しており、緩やかな引き締めが適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「FOMCが後手に回っていると示唆するデータはない」「雇用は目標に近い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「年内3回の利上げという予想中央値は妥当」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「経済が軌道を維持すれば、間もなく利上げが正当化される可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「金利が十分上昇するまでバランスシートは維持する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-12-15][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は13-14日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の0.25-0.50%の範囲から0.50-0.75%に引き上げることを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・中国国営の新華社通信は15日配信した解説記事で、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが加速してドルが上昇すれば、世界的な混乱が生じるとの見解を明らかにした。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2017-02-23][NP+4.6 HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「緩やかな利上げを予想」「リスクはより均衡しており、緩やかな引き締めが適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「FOMCが後手に回っていると示唆するデータはない」「雇用は目標に近い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「年内3回の利上げという予想中央値は妥当」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「経済が軌道を維持すれば、間もなく利上げが正当化される可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「金利が十分上昇するまでバランスシートは維持する」

[2017-02-16][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.0]
・間もなく予定されているフィッシャーFRB副議長の発言を控え、ドルは軟調地合いを維持して揉み合い推移。イエレンFRB議長の証言をきっかけに、米地区連銀総裁から一斉に早期利上げの可能性を市場に織り込ませるべくタカ派発言が続いているため、フィッシャー副議長もタカ派寄りの見解を示すと予想する声が少なくない。

[2017-02-11][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は10日、タルーロFRB理事が4月5日前後に退任すると発表した。

[2017-01-31][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.0]
・米FRB、ストレステストで地方銀行への適用緩和と報じた。

[2017-01-19][NP+3.0 HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済は大半の地域で穏やかな拡大を続けている」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場はひっ迫する中、ほとんどの地区で賃金が緩やかに上昇」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「緩慢な成長が続いたと大半の地区が報告」「物価上昇圧力が幾分強まった」「熟練工の採用、広域で困難に」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全米12地区のうち8地区が緩やかな物価上昇を指摘」「投入物価の上昇、最終財価格の伸びよりも大幅に上回っている」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの製造業は売り上げ増を報告」「2017年も緩やかな一段の物価上昇を予想」

[2017-01-11][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・FRBが公表した12月公定歩合決定会合の議事録で、全米12地区連銀のうち11連銀が利上げを支持したことが明らかになった。

[2017-01-09][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「ドルは金利の動向に対する情報に敏感」「米国は今、完全雇用かそれ以下」

[2016-12-16][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・FRB「大手米銀、長期債務が救済不要基準に700億ドル不足」「大手米銀の不足分、15年10月時点の推計では1200億ドル不足」
・「FRBは14日に公定歩合の1.25%への引き上げを承認」と報じた。

[2016-12-15][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は13-14日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の0.25-0.50%の範囲から0.50-0.75%に引き上げることを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・中国国営の新華社通信は15日配信した解説記事で、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが加速してドルが上昇すれば、世界的な混乱が生じるとの見解を明らかにした。

[2016-12-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「ドットは短期的な金利変動の予想に有益ではない」「市場との対話は予測不確実性を低減すべき」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「金利変更の時期重視は混乱を悪化させかねない」「ドットチャートは短期の金利変動予想に有益ではない」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済は大半の地域で引き続き拡大している」「ほとんどの地区で経済は緩やか、又は緩慢な成長拡大が継続」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「強いドルが幾つかの地域で向かい風になっている」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「7地区が労働市場は引き締まったと指摘」「全般的な物価圧力がやや強まった」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「賃金の緩やかな上昇が報告された」「見通しは総じて明るい、6地区が緩やかな成長を予想」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「雇用も引き続き拡大」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「選挙の不透明感についていくらかの言及があった」「大半の地区が小売売上高の増加を報告」
・FRB「2017年の米地区連銀経済報告、一貫性を高める内容に変更へ」

(最終更新日時 2017-02-24 04:33)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース