FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-19][NP+3.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済活動は9月から10月初旬にかけて緩やかなペースで拡大した」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場の引き締まりにもかかわらず賃金圧力は小幅もしくは緩やか」「物価圧力は引き続き穏やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「成長ペースは緩慢ないし緩やか」「経済は進展、労働市場は広範囲でタイト」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「消費支出は緩やかに拡大」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価圧力は依然穏やか、コスト転嫁は限定的」「小売り支出は緩やかに拡大、自動車と観光は増加」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「アトランタなど3連銀が暴風雨の悪影響を指摘」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ハリケーンは一部地域に障害をもたらしたほか、物価圧力をもたらした」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2017-10-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・「次期FRB議長、株価高騰にどう対処するか」というコラム記事を掲載した。

[2017-10-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・FRB正副議長人事で、テイラー教授、パウエルFRB理事、両氏の起用も選択肢だという。

[2017-10-19][NP+3.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済活動は9月から10月初旬にかけて緩やかなペースで拡大した」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場の引き締まりにもかかわらず賃金圧力は小幅もしくは緩やか」「物価圧力は引き続き穏やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「成長ペースは緩慢ないし緩やか」「経済は進展、労働市場は広範囲でタイト」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「消費支出は緩やかに拡大」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価圧力は依然穏やか、コスト転嫁は限定的」「小売り支出は緩やかに拡大、自動車と観光は増加」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「アトランタなど3連銀が暴風雨の悪影響を指摘」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ハリケーンは一部地域に障害をもたらしたほか、物価圧力をもたらした」

[2017-10-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・フィッシャーFRB副議長が、トランプ政権の目指している金融規制緩和は「大きな過ちだ」と強い懸念を示したと報じている。再び金融危機に見舞われれば景気回復に長期間を要すると指摘し、リーマンショック後に導入された規制見直しの動きをけん制したという。

[2017-10-13][NP+3.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・FRBのブレイナード理事は、インフレ率が目標を超えるまで利上げは行わないとFRBが確約することで、利上げのタイミングをよりうまく計ることができるとの考えを示した。

[2017-10-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・米連邦準備制度理事会(FRB)当局者の大半は9月19・20日に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内に追加利上げに踏み切る可能性が高いと認識していた。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「段階的な金利の正常化が続く」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「中国の社債リスクに警戒が必要」「新興国市場の社債リスクは著しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「FRB、緩やかな正常化を継続へ」「先進諸国経済の成長はより広まった」

[2017-10-05][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB理事は5日の講演原稿において金融政策に関する事柄に言及しなかった。

[2017-10-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事「将来の議長職についてはコメントしない」

[2017-09-29][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・「FRB、主要米銀8行の生前遺言提出期限を19年7月まで延長」などと報じた。

[2017-09-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・米連邦準備理事会(FRB)は19-20日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、量的金融緩和で膨らんだ保有資産の縮小開始を決める見込みだ。2008年のリーマンショック以降に踏み切った金融危機対応は、完全終結に向かう。市場には利上げと二重の引き締め圧力がかかるが、米国債などを段階的に圧縮することで、動揺を最小限にとどめる。

(最終更新日時 2017-10-24 02:09)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース