中国人民銀行関係の発言・ニュース

中国人民銀行

 中国人民銀行は、日本の日本銀行(日銀)のような役割を果たす、中華人民共和国の中央銀行です(中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外国為替専門銀行))。

 中国では、1998年に米国の連邦準備制度をモデルとする大規模な機構改革を実施し、全ての省・地方支店を廃止し、全国9地域支店に統合されている。

 このカテゴリ内では複数の関係者による発言やニュースに対してのHDP・RHDPとなるため、数値は目安範囲となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は23日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6205元にすると発表した。前営業日の銀行間取引の終値(6.6195元前後)よりも、0.0010元程度の元安ドル高水準となる。前営業日の基準値(6.6092元前後)からは0.0113元程度の元安ドル高水準となった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国人民銀行関係の発言・ニュース

[2017-10-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は23日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6205元にすると発表した。前営業日の銀行間取引の終値(6.6195元前後)よりも、0.0010元程度の元安ドル高水準となる。前営業日の基準値(6.6092元前後)からは0.0113元程度の元安ドル高水準となった。

[2017-10-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は20日、リバースレポで総額800億元の資金供給を実施する。内訳は7日物が500億元、14日物が300億元となっている。推計では差し引き600億元の供給。
・中国人民銀行(中央銀行)は20日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6092元にすると発表した。前日の銀行間取引の終値(6.6170元前後)よりも、0.0078元程度の元高ドル安水準となる。前日の基準値(6.6093元前後)からは0.0001元程度の元高ドル安水準となった。

[2017-10-19][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀は、ウェブサイトに掲載した2017年人民元国際化報告書で、世界の金融システムにおける人民元の安定した地位を維持するとの考えを示した。また、人民元の国際化を推し進め、世界的な利用を拡大させるとの方針も明らかにしている。
・中国人民銀行は19日、リバースレポで総額1400億元の資金供給を実施する。内訳は7日物が800億元、14日物が600億元となっている。推計で差し引き1000億元の供給。

[2017-10-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の発表によると、人民元の対ドル中心レートは1ドル=6.5883元となった。

[2017-10-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は、ウェブサイトに周総裁の声明を掲載した。そのなかで、今年の中国経済は安定化と成長加速の兆しを示しているとし、成長の勢いは下半期も続く可能性があるとの見解を示している。
・中国人民銀行の周総裁が、中国経済のシステミックリスクを回避し、健全で安定したファンダメンタルズを維持できると引き続き確信していると表明したと報じている。

[2017-10-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁(69)の後任として、中国銀行業監督管理委員会(銀監会、CBRC)の郭樹清主席(61)と湖北省トップの蒋超良書記(60)が最有力候補と目されていると報じた。

[2017-10-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行はオペで差し引き400億元を吸収と推計されている。
・中国人民銀行(中央銀行)は12日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.5808元にすると発表した。前日の銀行間取引の終値(6.5882元前後)よりも、0.0074元程度の元高ドル安水準となる。前日の基準値(6.5841元前後)からは0.0033元程度の元高ドル安水準となった。

[2017-10-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は9月30日、2018年から預金準備率を最高で1.5ポイント引き下げると発表した。
・中国人民銀行は、一定の条件を満たした銀行に限り、市中銀行から強制的に預かる預金の比率である預金準備率を最大1.5%下げると発表した。中小零細企業、農業、貧困対策向けの融資を拡大した銀行が対象となる。2018年から実施するという。

[2017-09-29][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は29日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6369元にすると発表した。前日の銀行間取引の終値(6.6570元前後)よりも、0.0201元程度の元高ドル安水準となる。もっとも、前日の基準値(6.6285元前後)からは0.0084元程度の元安ドル高水準となった。

[2017-09-28][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は28日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6285元にすると発表した。前日の銀行間取引の終値(6.6425元前後)よりも、0.0140元程度の元高ドル安水準となる。もっとも、前日の基準値(6.6192元前後)からは0.0093元程度の元安ドル高水準となった。

(最終更新日時 2017-10-24 02:09)

中国人民銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

中国人民銀行 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース