黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-21][NP-3.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日銀の金融政策は2%目標の早期実現のため」「為替が目的ではない」
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和を進める」「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和進める」
・黒田東彦日銀総裁「海外の金利上昇で長短金利操作目標上げるのは時期尚早」「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和を進める」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2017-02-22][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「為替レートは経済や物価に影響与える」
・黒田東彦日銀総裁「物価は着実に上昇率を高めていく」
・黒田東彦日銀総裁「マイナス金利をさらに深掘りする可能性は低い」
・黒田東彦日銀総裁「先行きも国債買い入れに支障きたすと思っていない」「イールドカーブコントロール難しくなるということはない」
・黒田東彦日銀総裁「海外の金利上昇を受けて日本が金利を上げる必要性はない」「物価目標の達成まで強力な金融緩和を進める」

[2017-02-21][NP-3.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日銀の金融政策は2%目標の早期実現のため」「為替が目的ではない」
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和を進める」「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和進める」
・黒田東彦日銀総裁「海外の金利上昇で長短金利操作目標上げるのは時期尚早」「物価安定目標の実現のため強力な金融緩和を進める」

[2017-02-16][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「形を変えて再び金融危機が生じる可能性は否定できない」「当局は環境変化に応じた不断の努力を求められ続ける」
・黒田東彦日銀総裁「先般の国際危機のような形で危機が起こる可能性はかなり低下」「形を変えて再び金融危機が生じる可能性は否定できない」

[2017-02-15][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和は為替相場を目的としたものでない」「国際金利上がったからと金利操作目標上げること考えず」
・黒田東彦日銀総裁「現在の金融市場調節方針の下で強力な緩和を推進」「まだ2%の物価目標まで距離が相当ある」「米国経済は世界最大、適切な金融政策運営が大切」
・黒田東彦日銀総裁「追加金融緩和が必要になれば、さらに金利を下げることは十分に考えられる」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和は為替水準、変化、相場を目的としたものでない」「金融政策だけで為替を説明するのは理論的に正しくない」
・黒田東彦日銀総裁「金利格差が為替に関係する時もしない時もある」「日米金利差は経済物価対応したそれぞれの政策の結果」

[2017-02-14][NP     HDP -1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「国際的に金利が上がったからといって、長短金利操作は変えない」「長短金利操作は、あくまで物価2%を早期に実現するために実施している」
・黒田東彦日銀総裁「物価水準の財政理論はある意味非常に興味深い」「金融政策は物価目標達成への引き続き重要なファクター」
・黒田東彦日銀総裁「近年、世界の工場というアジアの経済成長モデルは、転換点を迎えている可能性がある」「次の時代の成長モデルを考える際のひとつの鍵としてサービス業の生産性や競争力の向上が必要」
・黒田東彦日銀総裁「世界的な貿易量の伸び鈍化は外需主導のアジア経済に逆風」「アジアの経済成長モデルは転換点を迎えている可能性がある」
・黒田東彦日銀総裁「貿易の自由化が停滞し、保護主義的な動きがみられる」

[2017-02-01][NP     HDP -1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「G20各国は全て国内物価安定目的の緩和了解している」
・黒田東彦日銀総裁「物価が持続的に下落するという意味でのデフレではなくなった」「今後も物価2%目標実現のために強力な金融緩和をしっかり推進」

[2017-01-31][NP+3.0 HDP -1.3 CHDP +0.1 RHDP -1.2 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「景気は穏やかな回復基調を続けている」「景気は先行き緩やかな拡大に転じていく」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「2018年度まで潜在成長率を上回る成長を続ける」「木内、佐藤委員から2%達しない案が提出されたが否決」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「米新政権の政権の方向性、影響は注意して見ていきたい」「米新政権の政策の具体的な内容はまだ明らかになってない」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「長短金利操作は強力な緩和効果を発揮している」「(長期金利)ゼロ%程度で安定的に推移している」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「長期金利がグローバルに上昇しても日本はゼロ程度で安定している」「米国経済動向は下振れリスクのひとつ」「米新政権の具体的政策はまだはっきりしない」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「米国は内需中心にしっかりした成長が続くというのが主要な見方」「米国は家計支出中心にしっかりした回復が続いている」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「保護主義的な政策は世界経済を減速させる懸念がある」「世界的に保護主義が広がる可能性は少ないとみている」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「為替動向は金利差だけで決まるものではない」「為替は経済実体を反映し安定的に推移するのが望ましい」「為替レートの安定は目的にしていない」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「(保護主義)世界的に強い形で広がる可能性は少ない」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「出口を議論するのは時期尚早」「時期尚早な議論で市場に余計な混乱させるのは適切ではない」「出口に際してはバランスシートと金利をどうするかが重要な要素」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「為替円安が経済、物価に影響与えるというのはその通り」「為替相場は経済ファンダメンタルズに即して動くことが望ましい」
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「日々の金融調節が先行きの政策運営姿勢を示すことはない」「国債買い入れオペの金額・タイミング・回数は需給や市場動向を踏まえて決定」

[2017-01-20][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「トランプ次期米大統領が実施する政策を注視」「世界経済や貿易を大きく損なうほど保護主義が広がるとは思わない」
・黒田東彦日銀総裁「できる限り早期の2%の物価目標達成に向けて金融緩和を継続する」
・黒田東彦日銀総裁は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で記者団に対し、「トランプ次期米大統領がどのような政策を実施するか注視している」「保護主義的な傾向が強まるとの懸念が強いが、世界経済や貿易を大きく損なうほど保護主義が広がることはないだろう」などと述べた。
・黒田東彦日銀総裁「保護主義拡大を懸念していない」
・黒田東彦日銀総裁「QQE開始以来、日本経済は大きく改善した」「日本の最優先政策課題はデフレ克服」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済、今年度・来年度は潜在成長率を上回る1.5%前後で成長する見込み」「日本経済、輸出と鉱工業生産に明らかな回復の兆し」
・黒田東彦日銀総裁「ドルの今後の動向について特定のコメントはできない」「為替相場の動きは様々な要因に影響されるため予想は困難」
・黒田東彦日銀総裁「米成長は今年と来年加速しインフレも幾分上昇する公算。これらが米金利上昇とドル高につながる可能性はある」

[2017-01-18][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(CNBCとのインタビューで)「米中間の本格的な貿易戦争はないと見ている」「貿易戦争はアジア、欧州に影響を及ぼす」
・黒田東彦日銀総裁(CNBCとのインタビューで)「現在の円の水準は貿易相手国に懸念されていない」「為替水準は経済のファンダメンタルズを反映すべき」
・黒田東彦日銀総裁(CNBCとのインタビューで)「日本経済は米経済の成長加速から恩恵を受けるだろう」
・黒田東彦日銀総裁(CNBCとのインタビューで)「緩和姿勢の変更を検討するのは尚早」
・黒田東彦日銀総裁(CNBCとのインタビューで)「物価動向、依然かなり遅い」「日銀の緩和姿勢変更を検討するのは時期尚早」

[2017-01-17][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.2]
・日本銀行は17日、黒田総裁が1月18日から21日の日程でスイスに出張すると発表した。ダボスの世界経済フォーラム年次会合に出席する。

(最終更新日時 2017-02-23 01:21)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース