黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-10][NP-3.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価2%程度に到達するのは18年度ごろになる可能性が高い」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇率2%までなお距離がある」「現在の金融緩和の枠組みの下で強力な緩和推進が適切」
・黒田東彦日銀総裁「現在の金融緩和の枠組みの下で強力な緩和推進が適切」
・黒田東彦日銀総裁「為替変動がもたらす影響をきめ細かく注視していく」
・黒田東彦日銀総裁「これまでの円安は輸出企業の利益拡大を通じて日本経済にメリットをもたらしてきた」「為替変動がもたらす影響をきめ細かく注視」
・黒田東彦日銀総裁「長期国債買い入れの購入増加ペースは足もとで年率60兆円程度」「物価上昇率は弱めに推移、相当注意要する要素ある」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和からの出口政策、現時点で具体的なイメージを話すのは難しい」
・黒田東彦日銀総裁「3月末の日銀保有長期国債は発行残高全体の41%」「先行きも長期国債買い入れに支障を来すことはない」
・黒田東彦日銀総裁「日銀の国債保有自体に問題あるとは思わない」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和出口時に円の信認を失うようなことはない」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇のモメンタムは力強さを欠いている」
・黒田東彦日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く推進することが何より重要」「毎回の国債購入額の変化は先行きの政策スタンス示さず」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2017-05-17][NP-2.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「安倍首相と定例の情報交換を行った」「金融政策について総理から特に要請はない」「引き続きしっかり金融緩和を進める」
・黒田東彦日銀総裁「安倍首相と世界経済について話した」「人事についても特に言及はない」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済の潜在成長率上回る成長は当分続く」

[2017-05-16][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.5 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「保護主義が広がる公算が大きいとは考えない」「自由貿易は世界成長の鍵と国際社会は十分理解・認識している」
・黒田東彦日銀総裁「米金融当局の正常化をあまり懸念していない」「世界経済は2016年半ばに回復し始めた」
・黒田東彦日銀総裁「インフレ目標未達ならさらなる刺激策にオープン」
・黒田東彦日銀総裁「現時点で異例の緩和策からの離脱はない」「現段階ではイールドカーブコントロールは適切」

[2017-05-12][NP-1.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「物価はややゆっくりとしか上がっていない」

[2017-05-10][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇のモメンタムは力強さを欠いている」

[2017-05-10][NP-3.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価2%程度に到達するのは18年度ごろになる可能性が高い」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇率2%までなお距離がある」「現在の金融緩和の枠組みの下で強力な緩和推進が適切」
・黒田東彦日銀総裁「現在の金融緩和の枠組みの下で強力な緩和推進が適切」
・黒田東彦日銀総裁「為替変動がもたらす影響をきめ細かく注視していく」
・黒田東彦日銀総裁「これまでの円安は輸出企業の利益拡大を通じて日本経済にメリットをもたらしてきた」「為替変動がもたらす影響をきめ細かく注視」
・黒田東彦日銀総裁「長期国債買い入れの購入増加ペースは足もとで年率60兆円程度」「物価上昇率は弱めに推移、相当注意要する要素ある」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和からの出口政策、現時点で具体的なイメージを話すのは難しい」
・黒田東彦日銀総裁「3月末の日銀保有長期国債は発行残高全体の41%」「先行きも長期国債買い入れに支障を来すことはない」
・黒田東彦日銀総裁「日銀の国債保有自体に問題あるとは思わない」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和出口時に円の信認を失うようなことはない」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇のモメンタムは力強さを欠いている」
・黒田東彦日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く推進することが何より重要」「毎回の国債購入額の変化は先行きの政策スタンス示さず」

[2017-05-09][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「現状では物価2%目標に距離があり、強力な金融緩和を推進」「必要があればさらなる金融政策の調整もありえる」
・黒田東彦日銀総裁「日銀は適切と考えられるイールドカーブの形成を促す」「現在の金融緩和を続ければ、2018年度ごろに物価2%に達する」

[2017-05-08][NP+3.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁、アジア開発銀行(ADB)年次総会の関連行事に参加し「(経済学の)教科書を文字通り適用できない」と金融政策の難しさを強調したほか、「日本は円安でも輸出が大幅に増えなくなった」と企業が海外生産を増やした影響にも言及した。

[2017-05-05][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「物価目標は目標であり、世界の中銀も導入している」「2018年度に物価目標達成の見方は変わっていない」

[2017-05-04][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「この50年間でアジアの経済状況は劇的に変化した」「世界経済は全体として成長加速する状況になっている」
・黒田東彦日銀総裁「地政学リスクには政治が適切に対応することを期待」
・黒田東彦日銀総裁は4日、アジア開発銀行(ADB)の年次総会が開かれている横浜市で、中国が主導してアジアインフラ投資銀行(AIIB)が設立されたことは、膨大なアジアのインフラ需要に対応するために「結構なこと」と述べるとともに、ADBと競合するものではない、との認識を示した。記者団に語った。日本がAIIBに加盟する可能性に関しては「(AIIBへの評価と)その話は別だ。日本政府に聞いてほしい」と語った。

[2017-05-02][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「経済成長が貧困削減の原動力」
・黒田東彦日銀総裁「アジアの銀行融資の対GDP比率は15%から引き上げる必要」「経済成長が貧困削減の原動力、教育や雇用の機会一つの方法」
・黒田東彦日銀総裁「中銀による大規模な市場操作を技術が可能にする」

(最終更新日時 2017-05-18 04:37)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース