黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-19][NP-3.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「景気は緩やかに拡大している」「生産は増加基調にある」
・黒田東彦日銀総裁「(リスク要因は)保護主義的な動きの帰趨とその影響」
・黒田東彦日銀総裁「当分の間、現在の極めて低い長短金利水準を維持する」「物価の前年比は2%に向け徐々に上昇率を高めていく」「金融政策運営の観点から重視すべきリスクの点検行う」
・黒田東彦日銀総裁「物価、前年比2%に向けて徐々に上昇」
・黒田東彦日銀総裁「ひところより取引の活発化により長期金利の変動幅は拡大」「このタイミングでの効果総括はやや性急」
・黒田東彦日銀総裁「今回のタイミングで政策修正の効果を測るにはやや性急」「8月にETFの買い入れ額が減少したことについて、購入額の予断は持っていない」
・黒田東彦日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが不可欠」「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが不可欠」
・黒田東彦日銀総裁「(ETF買い入れ額について)リスクプレミアムの状況に応じて変動する」
・黒田東彦日銀総裁「(国債市場について)政策措置の効果を評価するのは性急」
・黒田東彦日銀総裁「通商問題などのリスク要因がメインシナリオを変える状況ではない」「自然災害の影響は政策会合でも議論したが、経済的な影響は一時的と見ている」
・黒田東彦日銀総裁「粘り強く緩和続け目標を達成する必要がある」
・黒田東彦日銀総裁「(安倍首相による出口戦略の発言について)具体的なコメントは控えたい」「物価2%を達成しても異次元緩和を続けることはない」
・黒田東彦日銀総裁「2019年度の2%達成見通しは先送り」
・黒田東彦日銀総裁「不確実性残る間は長短金利水準を維持する姿勢を示した」
・黒田東彦日銀総裁「緩和も引締めもいつまでも続けたいということはない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2018-10-12][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「市場の動向や経済への影響を注視する」「日米欧の経済ファンダメンタルズは変わっていない」「米債券利回りの上昇は調整を引き起こす」
・黒田東彦日銀総裁「米長期金利の上昇が市場の調整を招いたという見方もある」「しかし日米欧のファンダメンタルズはしっかりしている」

[2018-09-27][NP+2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「景気は緩やかに拡大している」「最近の保護主義的な動きには注意が必要」
・黒田東彦日銀総裁「最近の保護主義的な動きには注意が必要」「物価の上昇抑制要因は景気拡大で次第に解消へ」
・黒田東彦日銀総裁「金融循環の面で目立った過熱感はうかがわれない」

[2018-09-25][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「米国は最適な金融政策を行っている」「米国がだんだんと金融政策の正常化進めることは当然」「日米の金利格差は拡大していく方向にある」「金利格差の拡大で、他の条件が一定ならドル高・円安になる」

[2018-09-19][NP-3.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「景気は緩やかに拡大している」「生産は増加基調にある」
・黒田東彦日銀総裁「(リスク要因は)保護主義的な動きの帰趨とその影響」
・黒田東彦日銀総裁「当分の間、現在の極めて低い長短金利水準を維持する」「物価の前年比は2%に向け徐々に上昇率を高めていく」「金融政策運営の観点から重視すべきリスクの点検行う」
・黒田東彦日銀総裁「物価、前年比2%に向けて徐々に上昇」
・黒田東彦日銀総裁「ひところより取引の活発化により長期金利の変動幅は拡大」「このタイミングでの効果総括はやや性急」
・黒田東彦日銀総裁「今回のタイミングで政策修正の効果を測るにはやや性急」「8月にETFの買い入れ額が減少したことについて、購入額の予断は持っていない」
・黒田東彦日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが不可欠」「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが不可欠」
・黒田東彦日銀総裁「(ETF買い入れ額について)リスクプレミアムの状況に応じて変動する」
・黒田東彦日銀総裁「(国債市場について)政策措置の効果を評価するのは性急」
・黒田東彦日銀総裁「通商問題などのリスク要因がメインシナリオを変える状況ではない」「自然災害の影響は政策会合でも議論したが、経済的な影響は一時的と見ている」
・黒田東彦日銀総裁「粘り強く緩和続け目標を達成する必要がある」
・黒田東彦日銀総裁「(安倍首相による出口戦略の発言について)具体的なコメントは控えたい」「物価2%を達成しても異次元緩和を続けることはない」
・黒田東彦日銀総裁「2019年度の2%達成見通しは先送り」
・黒田東彦日銀総裁「不確実性残る間は長短金利水準を維持する姿勢を示した」
・黒田東彦日銀総裁「緩和も引締めもいつまでも続けたいということはない」

[2018-09-10][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・静岡新聞によると、日銀の黒田総裁は低金利を当分維持するとはっきりコミットなどと発言した。

[2018-09-03][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田日銀総裁のインタビューを掲載している。そのなかで、黒田氏は「任期である2023年までに物価上昇率2%を実現するのは当然」「長期金利の引き上げは経済にとっても、金融機関にとってもプラスにならない」「米中貿易摩擦が激化すると日本の経済にも影響が出る。米が自動車関税を引き上げると日本やドイツ、韓国に影響が出る。自動車自体よりも、部品に追加関税をかけられると困る」と述べていた。
・黒田東彦日銀総裁「金融市場は金融危機前の活況を取り戻すに至っている」
・黒田東彦日銀総裁「国際金融資本市場は金融危機前の活況を取り戻している」

[2018-09-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田日銀総裁「利上げ長期間しない」

[2018-07-31][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「長期金利の水準が切り上がることは想定していない」「長期金利、現在のプラスマイナス0.1%の倍程度の変動を想定」
・黒田東彦日銀総裁「長短金利操作に基本的に変更ない」「金利水準を引き上げる意図は全くない」
・黒田東彦日銀総裁「これまで考えていたより長く緩和を続ける必要がある」「長期金利の変動幅拡大で市場の機能改善や持続性が増す」
・黒田東彦日銀総裁「フォワードガイダンス導入で早期に出口に向かうとの観測は完全に否定できる」「プラスマイナス0.1%の変動幅は非常に狭い」
・黒田東彦日銀総裁「変動幅拡大は金利引き上げを意図しているわけでは全くない」「消費増税の影響、前回や前々回のようなことはないと思う」
・黒田東彦日銀総裁「金融機関の動向には今後も十分注視していきたい」「金融仲介機能に大きな悪影響が生じないよう留意が必要」

[2018-07-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「安定的に物価2%超までマネタリーベース拡大方針を継続させる」、「物価目標に向けたモメンタム維持に必要な政策調整を行う」などと発言した。
・黒田東彦日銀総裁「景気は緩やかに拡大、先行きも緩やかな拡大続ける」「物価2%目標の実現を目指し、安定持続に必要な時点まで緩和を継続する」

[2018-06-20][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は著しく改善した」
・黒田東彦日銀総裁「賃金と物価は比較的弱い伸びが続いている」
・黒田東彦日銀総裁「米中関税の日本経済への間接的な影響は非常に大きい可能性」
・黒田東彦日銀総裁「米中貿易対立、日本の最大の懸念に」
・黒田東彦日銀総裁「インフレ期待が突如上昇する可能性は非常に低い」「インフレ期待が突如上昇する可能性は少ない」

(最終更新日時 2018-10-13 19:18)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース