会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・欧州航空機大手エアバスは、カナダボンバルディアの旅客機事業の一部を買収すると発表した。100-150席の航空機「Cシリーズ」を手掛ける企業の50.01%の株式を取得し、経営権を握るという。エアバスは買収額を明らかにしていない。
・米医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループは7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.66ドルとなった。事前予想は1株当たり2.57ドルの利益。
・米ゴールドマンサックスは17日に公表したリポートで、イラクとの対立によりクルディスタン(クルド人自治区)からの産油量がリスクにさらされる可能性がある一方、米国とイランの地政学的緊張は世界の原油供給において一段と大規模かつ長期にわたる脅威になるとの見方を示した。
・米医療関連用品大手ジョンソンエンドジョンソンは17日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.90ドルとなった。事前予想は1株当たり1.80ドルの利益。
・モルガン・スタンレーは17日、第3四半期決算を発表した。1株利益は0.93ドルとなった。
・米金融大手ゴールドマンサックスは17日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は5.02ドルとなった。事前予想は1株当たり4.25ドルの利益。
・米金融大手ゴールドマン・サックスは17日、7-9月期の決算を発表したがDVA除くFICC営業トレーディング収入は14億5千万ドルとなった。予想は13億7千万ドル。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・欧州航空機大手エアバスは、カナダボンバルディアの旅客機事業の一部を買収すると発表した。100-150席の航空機「Cシリーズ」を手掛ける企業の50.01%の株式を取得し、経営権を握るという。エアバスは買収額を明らかにしていない。
・米医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループは7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.66ドルとなった。事前予想は1株当たり2.57ドルの利益。
・米ゴールドマンサックスは17日に公表したリポートで、イラクとの対立によりクルディスタン(クルド人自治区)からの産油量がリスクにさらされる可能性がある一方、米国とイランの地政学的緊張は世界の原油供給において一段と大規模かつ長期にわたる脅威になるとの見方を示した。
・米医療関連用品大手ジョンソンエンドジョンソンは17日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.90ドルとなった。事前予想は1株当たり1.80ドルの利益。
・モルガン・スタンレーは17日、第3四半期決算を発表した。1株利益は0.93ドルとなった。
・米金融大手ゴールドマンサックスは17日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は5.02ドルとなった。事前予想は1株当たり4.25ドルの利益。
・米金融大手ゴールドマン・サックスは17日、7-9月期の決算を発表したがDVA除くFICC営業トレーディング収入は14億5千万ドルとなった。予想は13億7千万ドル。

[2017-10-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・ソフトバンクグループが傘下で米携帯電話4位のスプリントと、同3位のTモバイルUSを経営統合する方向でTモバイル親会社の独ドイツテレコムと大筋合意したと報じている。
・トヨタ自動車とマツダが16億ドルをかけた米国工場の共同建設で、誘致に努める州政府から少なくとも10億ドルの優遇策を求めていると報じている。
・ロイターは、事情に詳しい関係者の話として、米携帯電話会社TモバイルUSとスプリントが、即時の資産売却を盛り込まない合併計画を発表すると報じている。合併承認を申請する規制当局に対して事前の譲歩はしない姿勢だという。
・米ディスカウント証券大手チャールズ・シュワブは16日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.42ドルとなった。事前予想は1株当たり0.41ドルの利益。
・三井住友海上火災保険の2017度下期運用計画では、外国株や外国社債を中心にリスク性資産を300億円程度積み増す。期初計画分は上期中に前倒しでほぼ取り終えており、下期も安定的な相場環境の中、リスクテイクを拡大していく。ロイターのインタビューで16日、財務企画部の投資業務チーム課長、真野智典氏が語った。
・米百貨店大手ノードストロムは、株式非公開化の検討を一時見合わせる方向となった。

[2017-10-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・英広告代理店大手WPPは、米投資ファンドのベイン・キャピタルが発表したアサツーディ・ケイの株式公開買い付け(TOB)について、買い付け価格が低すぎるとして、買収に反対する姿勢を示した。
・神戸製鋼所がアルミニウムなどの強度データを改ざんしていた問題で、自衛隊の武器にも問題の製品が使われていたことがわかった。武器を調達している防衛装備庁によると、航空機やミサイル、魚雷などでデータ改ざんされた製品の使用を確認した。調査は継続中で、ほかの武器にも影響が広がる可能性がある。装備庁幹部は「ただちに運用を停止するような事態ではない」としている。
・米金融大手バンク・オブ・アメリカは13日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.48ドルとなった。事前予想は1株当たり0.46ドルの利益。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは13日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.84ドルとなった。事前予想は1株当たり1.03ドルの利益。
・USバンコープは13日、第3四半期決算を発表した。1株利益は0.84ドルとなった。

[2017-10-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタが、来週にも中国系米企業と事業譲渡で最終契約を結ぶことが分かった、と報じている。来年3月までに実質的に全事業を約1750億円で譲渡するという。
・米銀大手JPモルガン・チェースは12日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.76ドルとなった。事前予想は1株当たり1.65ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは12日、7-9月期の決算を発表したがFICC営業・トレーディング収入は31億6千万ドルとなった。予想は31億8千万ドル。
・シティ・グループは12日、第3四半期決算を発表した。1株利益は1.42ドルとなった。

[2017-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・ソフトバンクグループが米IT(情報技術)ベンチャー企業2社に出資したことが分かった。出資を受けた地図作製ソフトのマップボックス(サンフランシスコ)と、人工知能(AI)技術開発のペトゥーム(ピッツバーグ)がそれぞれ10日に発表した。マップボックスは、ソフトバンクがサウジアラビア政府などと立ち上げた「ビジョン・ファンド」を筆頭に、複数のベンチャーキャピタル(VC)などから総額1億6400万ドル(約180億円)の出資を受けた。「自動運転技術の開発」「ゲーム向け拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術の拡充」「中国や東南アジア、欧州市場への進出」の3分野で投資を強化する計画だという。
・米航空大手デルタ航空は11日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.57ドルとなった。事前予想は1株当たり1.52ドルの利益。

[2017-10-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・大手鉄鋼メーカーの神戸製鋼所がアルミ製品や銅製品の一部で強度などのデータを改ざんしていた問題で、経済産業省は防衛装備品に問題の製品が使われている可能性があることを明らかにした。

[2017-10-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・ソフトバンクグループ子会社の米携帯電話4位スプリントと同3位TモバイルUSの合併協議が大詰めを迎えている、と報じている。10月末とみられる両社の四半期決算報告と同時に合併が発表される可能性があるという。
・東芝が半導体子会社の東芝メモリを売却するため「日米韓連合」と結んだ株式譲渡契約の内容が明らかになったと報じている。各国独禁法、米ウエスタンデジタル(WD)との係争、外為法(安全保障)の3つをクリアすることが売却の前提条件と明記しており、WDとの係争をめぐり日米韓側に損失が発生した場合、東芝が最大500億円を補償する規定も盛り込んだという。
・国際貿易委員会(ITC)は、日本製の金属製品に対する制裁関税の発動を見送ることを決めた。商務省は日本から不当に安い価格で輸入されている可能性があるとみていたが、独立機関のITCは「ダンピング(不当廉売)の合理的な証拠はない」と判断したという。

[2017-10-06][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・MS&ADインシュアランスグループホールディングスが、スイス再保険傘下の英生命保険リアシュア・ジャージャー・ワンに1200億円出資し、同社株式の15%を取得すると報じている。生保の海外売り上げを伸ばす狙いで、欧州では初の大型買収となるという。
・日本生命保険が米中堅のマスミューチュアル生命保険の買収で最終交渉に入ったことが明らかになった、と報じている。買収額は1000-2000億円の見込みだという。

[2017-10-04][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・ゴールドマンサックスのロイドブランクファインCEOは3日、「仮想通貨ビットコインに対してオープンな姿勢を維持している」との見解を示した。
・米検索大手ヤフーの全利用者が作成した30億人分のアカウントに関連する個人情報が流出していたことが分かった、と報じている。個人情報流出では過去最大規模で、2013年8月にヤフーのネットワークに不正侵入した第三者によって盗まれたとみているという。
・ジャパンディスプレイ(JDI)グループのJOLED(ジェイオーレッド)が、有機ELを低コストで生産できる独自方式の開発にメドを付けた。
・都民ファーストの会の荒木代表への取材として「所属する都議が希望の党から衆院選に出馬することはない」と報じている。
・世界最大のオンライン小売企業、米アマゾン・ドット・コムは、数百万ユーロの追徴課税をルクセンブルクに支払うようEUから命じられる可能性がある、と報じている。

[2017-10-03][NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
・米金融大手のゴールドマン・サックスはビットコインなど仮想通貨の関連業務への参入を検討しているようだ。
・東京海上ホールディングスが、米保険大手AIGの医療・傷害保険事業を買収すると報じている。買収額は300憶円強になる見込みだという。
・英格安航空のモナーク航空が破産を申請した。欧州主要航空会社の破綻はここ5ヵ月で3社目。英航空業界では過去最大の規模となる。
・米投資ファンドのベインキャピタルは、大手広告会社のアサツーディ・ケイ(ADK)を買収すると発表した。ベインは10月3日から11月15日までに、ADK株を1株あたり3660円で買い付ける。買収総額は最大で約1500億円になるという。

(最終更新日時 2017-10-18 00:19)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース