ドイツ政府関係の発言・ニュース

ドイツ国旗

 ドイツ政府関係者による発言、またはドイツ政府に関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内にもHDP・RHDPが表示されていますが、数値は複数の発言者によるデータとなっているため目安となっています。

 また、ドイツの政策金利についてはEUの政策金利となりますが、世界の政策金利のカテゴリ内にて他国の政策金利と合わせて掲載しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-22][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・独シュピーゲル誌が関係者の話として報じたところによると、ドイツ第2党のドイツ社会民主党(SPD)が総選挙を準備しているという。
・ドイツ政府の報道官は22日、24日に開催予定の一部欧州連合(EU)加盟国の首脳による難民問題に関する会議について、具体的な結果は見込んでおらず、意見交換の機会となるとの見解を示した。 会議にはドイツ、フランス、イタリアを含む加盟国の首脳が出席する予定。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドイツ政府関係の発言・ニュース

[2018-06-22][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・独シュピーゲル誌が関係者の話として報じたところによると、ドイツ第2党のドイツ社会民主党(SPD)が総選挙を準備しているという。
・ドイツ政府の報道官は22日、24日に開催予定の一部欧州連合(EU)加盟国の首脳による難民問題に関する会議について、具体的な結果は見込んでおらず、意見交換の機会となるとの見解を示した。 会議にはドイツ、フランス、イタリアを含む加盟国の首脳が出席する予定。

[2018-06-21][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツとフランスがユーロ圏共通予算を創設する方針で合意した19日の首脳会談を受け、ドイツではメルケル首相に対して与野党から批判が上がった、と報じている。メルケル氏が苦境に陥っている難民政策でフランスの協力を得るため、過度に譲歩したとの見方が広がっているという。
・独仏は、EU域内の銀行が不良債権比率を5%まで引き下げる必要があるとする共同文書を発表した。この水準が採用されれば、イタリアなどの銀行が一段の不良債権処理を迫られる可能性がある。
・ドイツ銀行が米NY州金融サービス局が長期にわたって調査していた不正な為替取引をめぐる問題で、2億500万ドルを支払って和解することで合意したと報じている。

[2018-06-19][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツのIFO経済研究所は19日、今年と来年のドイツの経済成長率予測を大幅に下方修正した。年初の経済成長が低迷したことや世界経済のリスクの高まりが背景。 今年と来年の予測はともに1.8%。従来予想はそれぞれ2.6%、2.1%だった。

[2018-06-15][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ連銀は15日、ドイツの2018年の国内総生産(GDP)見通しを2.5%から2.0%へ下方修正した。また、2018年のインフレ見通しも1.8%から1.6%へ引き下げた。

[2018-06-13][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ経済省は13日に発表した月次報告で、同国の景気回復は一部勢いを失っているとし、米国との貿易を巡る対立やイタリア新政権に関連したリスクが、ドイツ経済の成長見通しを不透明にしているとの見解を示した。 民間消費と輸出は引き続き堅調だと指摘した。

[2018-06-12][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ商工会議所(DIHK)は、米国との貿易摩擦によって、ドイツの輸出企業が直面する不透明性が一段と高まっているとの認識を示した。

[2018-06-05][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・独政府当局者「G7は声明を公表することで合意しない可能性」
・独政府当局者「欧州各国、G7で通商巡り団結へ」「G7でコミュニケ発表を目指すが、可能かどうか分からない」「トランプ米大統領のG7首脳会議出席巡る質問に、全員の出席見込んでいる」

[2018-06-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ショルツ独財務相「米国の関税発動は間違っており違法」
・ザイベルト独政府報道官は1日「メルケル独首相が4日にドラギECB総裁と会談する」「ドイツはイタリア政府との密接な協力関係を目指す」「ドイツはスペインの安定的な政権を期待する」などの見解を示したと伝えられた。

[2018-05-31][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツのショルツ財務相がインタビューで、ユーロ圏は安定し、困難な状況に対処できる体制がこれまで以上に整っているとの認識を示したと報じている。さらに、イタリア国民の大多数が「親欧州派」であることを確信していると語ったという。

[2018-05-22][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツのマース外相は、アルゼンチンで記者会見し、ポンペオ米国務長官が発表した対イラン新戦略について「多くはトランプ大統領が言ってきたことで、驚いていない。核合意に代わる選択肢はいまのところなく、欧州が核合意を維持していく立場に変わりはない」と述べた。

(最終更新日時 2018-06-23 11:15)

ドイツ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ドイツ政府 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース