イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ政権がEU離脱交渉で提案した英領北アイルランドの国境管理問題の解決策を、EUが拒否したと報じている。事実ならメイ政権は代替案の模索を迫られるが、決着は困難を極めそうだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ政権がEU離脱交渉で提案した英領北アイルランドの国境管理問題の解決策を、EUが拒否したと報じている。事実ならメイ政権は代替案の模索を迫られるが、決着は困難を極めそうだ。

[2018-04-20][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相報道官は、メイ首相が、中国の習国家主席と電話会談したと発表した。化学兵器の使用はその使用者や場所、目的にかかわらず容認できないとの立場で一致したという。

[2018-04-19][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相報道官は、訪英しているインドのモディ首相が、メイ首相と会談したと発表した。そのなかでモディ氏は、EU離脱後もインドにとっての英国の重要度は変わらないと伝えたという。

[2018-04-13][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のデービスEU離脱担当相は、英国の金融サービス業の大部分が英国のEU離脱(ブレグジット)を無傷で切り抜けるとの見方を示し、雇用の喪失は当初懸念されていたよりもはるかに少ないと述べた。
・英首相官邸は、シリアでの化学兵器使用疑惑を受けて開いた緊急閣議で、「さらなる化学兵器使用を抑止し、人道的苦痛を緩和するため行動を起こす必要性がある」という見解で一致したと明らかにした。ただ、シリアに対する軍事行動に踏み切るかどうかには触れていない。

[2018-04-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は閣議でシリア攻撃の承認を求める意向だという。
・メイ英首相が、シリアのアサド政権による化学兵器の使用が疑われる事態への英国としての対応を協議するため、12日午後に臨時閣議を招集すると報じている。
・メイ首相が、12日夜にも開始される可能性のあるシリアに対する軍事行動に備え、英国の潜水艦をミサイルの射程圏内に移動させるよう命令した、と報じている。
・英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は12日、化学兵器使用の疑惑があるシリアへの対応についてまだ結論に達していないと述べた。また、いかなる対応であっても証拠に基づき、非常に慎重に検討していくとの見解を示した。

[2018-04-11][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ首相は、化学兵器使用疑惑のあるシリアのアサド政権に対して米国が検討中の軍事行動について、英国が加わるには同政権の関与を裏付けるさらなる証拠が必要だとし攻撃参加に慎重な立場を米側に伝えた、と報じた。

[2018-03-30][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英与党保守党で閣僚経験者2人を含む9人の議員が超党派による欧州連合(EU)離脱法案の「大幅な」改正を支持している。英紙ガーディアンが30日報じた。
・「英国のブレグジット、消えない2つの不安」というコラム記事を掲載した。

[2018-03-28][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国がアイルランドに対して、EU離脱後にアイルランドとのあいだに厳格な国境管理を復活させることを回避するため、具体策を近く提示すると報じている。
・英国のラッド内相は28日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に英国への移民流入を規制するための新移民法を可決する計画について、先送りすることになったと明らかにした。議会の委員会で述べた。

[2018-03-19][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国、ドイツ、フランスの欧州3ヵ国が、イランの弾道ミサイル開発などに対して新たな制裁を科すようEUに提案したと報じている。
・英国のジョンソン外相は、英南部で起こった元ロシア情報機関員らに対する神経剤襲撃事件について、神経剤の使用は「ロシアのプーチン大統領が決断した可能性が非常に高い」と記者団に述べた。
・英首相官邸は、メイ首相がEUのトゥスク大統領と電話会談し、英南部で元ロシア情報機関員らが神経剤で襲撃された事件について、22-23日に開かれるEU首脳会議で協議する方針を確認したことを明らかにした。
・英国のデービスEU離脱担当相「条件の良い離脱合意がかつてないほど近づいた」

[2018-03-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国で起きた神経剤による元ロシア情報員暗殺未遂事件で、英米独仏の4ヵ国は、共同声明を発表した。ロシアが関わった可能性が極めて高いとする英国の主張を共有するとしたうえで、「英国の主権に対する攻撃であり、化学兵器禁止条約締結国による神経剤使用は同条約や国際法に明白に違反する」と厳しく批判している。
・英国のデービスEU離脱担当相は、離脱にともなう移行期間についてEUと来週中に合意できるとの見方を示した。同相は19日にブリュッセルでEU側の首席交渉官であるミシェル・バルニエ氏と会談する予定だ。
・ジョンソン英外相「元スパイ襲撃はプーチン露大統領の命令の公算が大きい」

(最終更新日時 2018-04-24 00:03)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース