イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のデービスEU離脱担当相は、声明で「時間が限られるなかで、交渉を2回するのは双方の利益にならない」との考えを占めている。離脱交渉の進捗の遅れに英国は危機感を募らせており、10月までに離脱の条件に関する交渉にめどをつけ、今後のEUとの関係について協議に移りたい考えが背景にあるという。
・メイ英首相は10月までにBREXIT交渉が進展する自信があると首相報道官が述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-08-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・調査会社ORBが英国で実施した世論調査で、与党保守党が過半数議席を失った6月の総選挙以降、欧州連合(EU)離脱に向けた英政府の姿勢に否定的な見方が増加していることが示された。調査は有権者2000人を対象に8月2-3日に実施。それによると、EU離脱を巡る英政府の交渉を支持しないとの回答が61%と、全体の3分の2近くに上った。不支持の割合は7月の56%、6月の46%から上昇した。メイ首相が適切な合意を形成できると確信しているかとの質問に対しては、44%がそうでないと回答。確信しているとの回答は35%に上り、21%は分からないと答えた。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のデービスEU離脱担当相は、声明で「時間が限られるなかで、交渉を2回するのは双方の利益にならない」との考えを占めている。離脱交渉の進捗の遅れに英国は危機感を募らせており、10月までに離脱の条件に関する交渉にめどをつけ、今後のEUとの関係について協議に移りたい考えが背景にあるという。
・メイ英首相は10月までにBREXIT交渉が進展する自信があると首相報道官が述べた。

[2017-08-17][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は17日、欧州連合(EU)との離脱交渉について、10月までに「十分な進展」があると確信していると表明、将来の関係を協議する次の交渉段階に進めるとの見通しを示した。英政府は、EU側が要求している「手切れ金」などを巡る交渉を早期に終え、今後の関係を協議する次の交渉段階に移行したい考え。ただEU側は、在英EU市民の権利、英国とアイルランドの国境問題、手切れ金に関する交渉で「十分な進展」がない限り、将来の関係については協議できないとの立場を示している。

[2017-08-15][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・日経新聞「メイ英首相、30日に初来日、安倍首相と会談、地方訪問も検討」
・英政府は15日、2019年3月の欧州連合(EU)離脱後に暫定的な関税同盟を結ぶことを提案した。

[2017-08-14][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相が今月下旬に日本を訪問し、安倍首相と会談する方向で調整に入ったことが分かった、と報じている。メイ氏の来日は昨年7月の就任後初めてのこと。会談では、核・ミサイル開発を進める北朝鮮について、国際社会で圧力強化を進める方針を確認するほか、EUから離脱交渉を進める英国と日本の経済関係の強化に向けた協力について話し合う見通しだという。
・英政府は、EU離脱交渉の重要議題について、英国の立場を詳述した文書を週明け以降、順次公表すると発表した。EU離脱省によると、第3回会合までに公表する文書では、国境管理問題や、EUと英国間の物品供給の問題などについて英国の立場を示すという。

[2017-08-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・BBCは、英最高裁のニューバーガー長官がインタビューにおいて、英国のEU離脱(ブレグジット)後に英国が欧州司法裁判所(ECJ)の判決をどのように扱うかを、政権は明確にしなければならないと主張した、と報じている。

[2017-08-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相の報道官は、英国はEU離脱にともなう清算金として、最大400億ユーロを支払う用意があると、英紙サンデー・テレグラフが複数の関係筋の話として伝えた内容を確認していないと述べた。

[2017-08-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・調査会社ORBが英国で実施した世論調査で、与党保守党が過半数議席を失った6月の総選挙以降、欧州連合(EU)離脱に向けた英政府の姿勢に否定的な見方が増加していることが示された。

[2017-08-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・調査会社ORBが英国で実施した世論調査で、与党保守党が過半数議席を失った6月の総選挙以降、欧州連合(EU)離脱に向けた英政府の姿勢に否定的な見方が増加していることが示された。調査は有権者2000人を対象に8月2-3日に実施。それによると、EU離脱を巡る英政府の交渉を支持しないとの回答が61%と、全体の3分の2近くに上った。不支持の割合は7月の56%、6月の46%から上昇した。メイ首相が適切な合意を形成できると確信しているかとの質問に対しては、44%がそうでないと回答。確信しているとの回答は35%に上り、21%は分からないと答えた。

[2017-07-28][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国の金融規制当局である金融行動監視機構(FCA)のアンドリュー・ベイリー長官は27日、金融取引の基準として用いられている「ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)」を、2021年までに廃止する方針を明らかにした。英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)などが伝えた。LIBORは、短期金利の代表的な指標。過去に多くの金融機関が共謀して不正操作を行い、罰金を科せられる事件が起きた経緯がある。廃止後は、より信頼性の高い基準金利に移行する見通し。
・ハモンド英財務相「EU離脱で移行期間が必要との考えが広がっている」「移行期間は最長3年の可能性も」
・ハモンド英財務相「EU離脱の移行期間は最長3年程度の可能性も」

[2017-07-24][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ジョンソン英外相へのインタビューとして、「EU離脱の流れは覆らない」「離脱で英国が内向きになると考えるのは間違い」「2019年のEU離脱時点でも摩擦のない貿易、一貫した規制環境を保つのが目的」「自由貿易を推進し、より開かれた国になる」と報じている。

(最終更新日時 2017-08-22 04:03)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース