イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相が政権維持に向け、閣外協力を求めている北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)筋が、「協議は想定通りに進んでいない」と明らかにしたと報じている。発言からすると、交渉は停滞しているもようだ。
・英女王は21日、演説でEU離脱に備えるための8法案を明示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2017-06-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相が政権維持に向け、閣外協力を求めている北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)筋が、「協議は想定通りに進んでいない」と明らかにしたと報じている。発言からすると、交渉は停滞しているもようだ。
・英女王は21日、演説でEU離脱に備えるための8法案を明示した。

[2017-06-20][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・デービス英EU離脱担当相「通商交渉、離脱時の条件と並行協議が必要」
・デービスEU(欧州連合)離脱担当相「BREXITの議論は非常に生産性があった」「離脱交渉、有望なスタートを切った」
・ミシェル・バルニエ氏「英EU離脱交渉で交渉の優先順位で合意した」「BREXIT交渉にについて交渉の優先順位で合意した」
・デービス英EU離脱担当相「関税同盟離脱、大きな利点になる」
・ハモンド英財務相は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)のエコノミストであるテンレイロ氏を、英中銀金融政策委員会(MPC)の外部委員に指名した。フォーブス委員の任期切れにともなう措置となる。
・ブリュッセルで行われた英国のEU離脱をめぐる初交渉は、在英EU市民、在EU英市民の権利保護や英国の未払い分担金の清算などを優先的に交渉し、進展すれば両者の将来の通商関係などをめぐる協議に入ることで合意した。英国は600億ユーロとも言われる清算に反発し、将来の関係も協議の最初から並行して話し合うべきだと主張していたが、EUの「2段階交渉」案に歩み寄った格好だ。また、今後、毎月1回、約1週間交渉することでも一致している。
・ハモンド英財務相は20日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に市場の分断を回避するためには、英国とEUの銀行の取引を可能にする新たなシステムが必要だとの考えを示した。

[2017-06-19][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ロンドン警視庁によると、バンの衝突でロンドンで被害者が見られている。
・英国のデービスEU離脱担当相は、ブリュッセルでEUとの離脱交渉を開始するにあたり、英国のEU離脱に「疑いはない」と強調した。
・英紙サンデー・テレグラフは、保守党上層部の関係筋の話として、メイ首相がEU離脱方針を軟化しようとすれば、党内のEU懐疑派から党首の座を追われる可能性があると報じている。
・メイ英首相「警察はバンの歩行者衝突でテロの可能性で捜査」
・英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉が19日、ブリュッセルで始まった。

[2017-06-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府とEUの欧州委員会は、英国のEU離脱をめぐる初の交渉を予定通り19日に行うとの共同声明を発表した。英国のデービス離脱担当相とEUのバルニエ首席交渉官が合意したとしている。
・英国のメイ首相が、ロンドンにある高層公営住宅で発生した大規模火災の被害者を慰問していないことで、批判を受けている。
・英警察は16日、英議会の近くでナイフ所持の男性を逮捕した。負傷者は報告されていないという。
・メイ英首相は16日、ロンドンの高層住宅火災の負傷者を慰問する予定。同火災を巡っては、首相はテレビで悲しみの気持ちを表明するなどしたが、これまでに被害者と面会しておらず、強い批判を浴びていた。

[2017-06-14][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国の与党・保守党のメイ首相は13日、北アイルランドの保守系地域政党、民主統一党(DUP)のフォスター党首とトップ会談した。英メディアは両党の間に大きな隔たりはなく、一両日中にも重要法案などで連携する閣外協力で合意する見通しだと報じた。フォスター党首は13日の会談後、「協議はうまくいった。まもなく成功裏に結論を導けるだろう」とツイッターに投稿した。BBCは両党の間に大きな溝はなく、最終的な事務作業に入ったと報道。英スカイニューズは「協議は大きく進展した」とし、14日か15日中にも合意すると伝えた。
・英紙タイムでは、複数匿名筋の話として、ハモンド英財務相がEU離脱交渉で英国がEU関税同盟にとどまることを主張する見通しだとと報じている。
・英ロンドンの高層マンション「グレンフェルタワー」の大規模火災を受け、メイ首相は与党保守党と北アイルランドの民主統一党(DUP)との協議を来週に延期する可能性がある。BBCが報じた。メディアによると、協議は14日にも発表される見込みだった。BBCの政治記者であるノーマン・スミス氏はツイッターで「関係筋によると、協議の遅れは両党の交渉が『難航』しているからではなく、95%合意しているもようだ」と述べた。来週とみられている欧州連合(EU)離脱交渉の開始も遅れる見込みだという。

[2017-06-13][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英当局者は、EU離脱をめぐり来週開始予定の正式交渉について、ブリュッセルで欧州委員会のバルニエ委員と協議を行った。バルニエ委員との会合にはEU離脱担当省の当局者のほか、英国のEU大使も出席したという。

[2017-06-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・デービス英離脱担当相はBBCラジオとのインタビューで「英国民は国境のコントロールと法のコントロール、資金のコントロールの3つを選択した」と指摘した。

[2017-06-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英新内閣ではハモンド財務相、ラッド内相、ジョンソン外相、ファロン国防相、デービスEU離脱担当相が再任するとBBCが伝えた。

[2017-06-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英総選挙の出口調査では「メイ首相が率いる与党保守党が定数650議席のうち314議席を獲得する方向だという。最大野党の労働党は264議席を獲得する模様。
・出口調査で「英総選挙で保守党が314議席獲得の方向、労働党が266議席獲得の方向。定数は650」との報道。
・英総選挙でホートンとサンダーランド・サウスは労働党が議席を維持したという。
・英北アイルランドのプロテスタント系民主統一党(DUP)の幹部は8日、この日行われた総選挙でメイ首相率いる与党・保守党が過半数に届かない見込みとなったことに関し、連立政権樹立に向けた協議に応じることに前向きな姿勢を示した。同党のジェフリー・ドナルドソン議員はBBCテレビに対し、「保守党が過半数割れとなれば、われわれは協議に非常に強い立場で臨めるため、喜んで協議に応じる」と表明した。
・ITVは、オズボーン前英財務相へのインタビューとして「保守党が過半数を取れればメイ首相は留任するだろう」「しかし、前倒し総選挙を行ったことやマニフェスト(選挙公約)、選挙キャンペーンの方法については詳細な事後分析がなされるだろう」と報じている。
・英BBCは英総選挙について、メイ首相が率いる与党保守党の獲得予想議席を当初予想の314議席から322議席に上積みした。なお、過半数は326議席になる。
・メイ英首相「英国は安定の期間が必要」「我々は安定の維持を求める」
・英議会総選挙について、ITV最新予想では、与党・保守党の議席数が320となっている。
・英議会総選挙について、英テレビ各社が過半数確保の政党がないハングパーラメントを予想した。与党の保守党は最大議席こそ維持する見込み。
・英国の総選挙は9日朝(英国時間8日夜)投票を終え開票作業が始まった。BBCによれば、各党の獲得議席数は、日本時間12:00現在、保守党210、労働党212、スコットランド民族党(SNP)27、自由民主党10、民主統一党(DUP)10となっている。
・英BBCは9日、開票が進む英総選挙でメイ首相率いる与党・保守党の獲得議席の過半数(326)割れが確実になったと報じた。
・英総選挙でメイ首相が率いる与党保守党は過半数を獲得できないことが確実な情勢となった。
・英BBCが報じたところによると、メイ英首相は辞任の意向がないという。
・英スコットランド民族党(SNP)は8日の総選挙で56の現有勢力のうち21議席を失う敗北を喫した。スコットランド独立の是非を問う2度目の国民投票を目指す動きに水を差される結果となった。
・英総選挙でメイ首相率いる与党保守党の過半数割れが確実となったことを受け、野党労働党のコービン党首は9日、英国の欧州連合(EU)離脱に向けた交渉は進める必要があるとの考えを示した。
・英スカイニュースが関係筋の話として伝えたところによると、北アイルランドのプロテスタント系民主統一党(DUP)は、英総選挙で過半数割れした保守党と議会で協力することを検討している、と報じた。DUPは、保守党と正式に連立を組むことはしないで、重要議決の際に保守党を支持する協力協定(confidence and supply)を結ぶことを検討しているという。DUPは今回10議席を獲得した。
・メイ英首相、保守党政権維持へ民主統一党(DUP)と交渉入りと報じた。
・英独立党(UKIP)のナットル党首は9日、総選挙で議席を獲得できなかったことを受けて辞任を表明した。UKIPは欧州連合(EU)離脱を訴えるナイジェル・ファラージ氏が党首を務めていた。
・スカイ・ニュースは、メイ英首相が9日中に閣僚を指名する見通しと伝えた。8日に行われた英総選挙では、メイ首相率いる与党・保守党が、第1党の座を維持するものの、過半数に達しないことが確実となった。首相報道官によると、メイ首相は1130GMT(日本時間午後8時30分)に、エリザベス女王に組閣の認可を要請する意向だという。
・メイ英首相「組閣すると表明。EU離脱交渉については10日以内に開始する」「DUP(民主統一党)の協力を得て組閣する計画」

[2017-06-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・タイムズ・ユーガブ調査は「英保守党の支持率42%、労働党は35%」などと報じた。
・英紙タイムズが7日発表した調査会社ユーガブの世論調査によると、8日に総選挙を控えた英国で、メイ首相率いる与党・保守党の野党・労働党に対するリードが7%ポイントに拡大した。保守党の支持率は42%と、3日時点から変わらなかった。一方、労働党の支持率は3ポイント低下し、35%となった。ユーガブは保守党が議席数を上積みして過半数を維持すると見込んでいる。

(最終更新日時 2017-06-22 01:23)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース