イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相は、議会で、不法移民の親子を引き離して収容するトランプ米政権の政策に関し、「子どもがおりのような場所に入れられている画像に深く心をかき乱される。これは間違っており、同意しない。英国の移民に対するアプローチではない」と批判した。
・英下院は、EU離脱法案の採決を行い、交渉の行方について議会により大きな権限を与える修正案を反対多数で否決した。採決結果は反対が319票、賛成が303票だった。
・英上下両院は20日、メイ政権が提出した欧州連合(EU)離脱法案を難航の末に可決した。EU加盟の基礎となる「欧州共同体法」の廃止や、英国が受け入れているEU法の国内法化を定めており、エリザベス女王の裁可を経て成立する。離脱は来年3月末の予定。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2018-06-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相は、議会で、不法移民の親子を引き離して収容するトランプ米政権の政策に関し、「子どもがおりのような場所に入れられている画像に深く心をかき乱される。これは間違っており、同意しない。英国の移民に対するアプローチではない」と批判した。
・英下院は、EU離脱法案の採決を行い、交渉の行方について議会により大きな権限を与える修正案を反対多数で否決した。採決結果は反対が319票、賛成が303票だった。
・英上下両院は20日、メイ政権が提出した欧州連合(EU)離脱法案を難航の末に可決した。EU加盟の基礎となる「欧州共同体法」の廃止や、英国が受け入れているEU法の国内法化を定めており、エリザベス女王の裁可を経て成立する。離脱は来年3月末の予定。

[2018-06-20][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相の報道官は、EU離脱をめぐり、英上院が議会により大きな権限を与える議案を可決したことについて、受け入れられないとの認識を示した。
・ジョンソン英外相「米国の国連人権理事会からの離脱に関する決定は非常に悲しい」「 国連人権理事会に対する英国の支持は変わらない」
・グリーブ英議員「議会採決で政府を支持する」

[2018-06-18][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国経済はEU離脱や欧州減速などが重石となっており、前週のECB理事会に続く利上げ慎重姿勢が意識されやすい。為替相場では21日に向けて、ポンドの戻り売り圧力が警戒される。

[2018-06-11][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相の報道官は11日、週末に採択した主要7カ国首脳会議(G7サミット)首脳宣言を完全に守り、米国にも履行を望むとの認識を示した。同報道官は記者団に「共同宣言はすべての参加国が合意したもの」と指摘した。

[2018-06-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府高官が、メイ英首相はカナダG7首脳会議にあわせたトランプ米大統領と正式な個別会談は行わない予定だと明らかにした、と報じている。
・ジョンソン英外相は、英国は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)でメルトダウンに直面する恐れがあるが「最終的にはうまくいく」と述べた。ニュースサイトのバズフィードが報じた。 6日の夕食の際の発言をひそかに録音したもので、7日に公表された。
・ハモンド英財務相「後日、イギリスがEUに再加盟するという考えは非現実的」
・ジョンソン英外相は、英国は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)でメルトダウンに直面する恐れがあるが「最終的にはうまくいく」と述べた。ニュースサイトのバズフィードが報じた。6日の夕食の際の発言をひそかに録音したもので、7日に公表された。ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2018-06-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英独仏各国とEUの財務相、外相らが米国に対し、新たなイラン制裁の適用対象から欧州企業を除外するよう書簡で求めたことが分かった、と報じている。書簡は4日付、米国のポンペオ国務長官とムニューシン財務長官に宛てられているという。
・「メイ英首相とデイビス英EU離脱相がブレグジット交渉で衝突している」と伝えた。

[2018-06-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相官邸は、メイ首相がトランプ米大統領と電話会談したと発表した。米国が鉄鋼やアルミニウムの輸入制限をEUに適用したことに関して「不当であり深く失望している」と伝えた、という。
・英中銀のテンレイロ金融政策委員は講演で、金利が緩やかなペースで上昇することを想定しているものの、利上げ時期は不明との認識を示した。
・英政府は4日、英中西部アングルシー島での原発新設計画に関し、日立製作所と本格的な交渉に入ることで合意したと発表した。総額3兆円規模の事業費の分担などで一致。計画への直接投資を検討する考えを表明した。今後、詳細を詰める。
・ジョン・グレン英財務省経済担当政務官は5日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後も金融サービスは英経済の主導的役割を維持する、と強調する一方、金融センターとしての競争力を維持するために規制を緩和する意向はないと語った。デリバティブ団体の年次会合で述べた。

[2018-06-04][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府が、EU離脱後の英領北アイルランドについて、英国とEUの双方との自由貿易が可能になる共通地域とする案をEUに提示する可能性がある、と報じている。
・スラック英首相報道官は4日、「数日中にメイ英首相とトランプ米大統領が鉄鋼関税について議論する」「6月のEUサミットがブレグジット交渉の中間地点」などの見解を示した。

[2018-06-02][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「米国の関税賦課決定に深く失望」

[2018-05-24][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府関係者はメイ英首相が2023年までの英EU離脱の新たな移行期間を模索しているとの報道を否定したという。移行期間は2020年末で終了するとのこと。

(最終更新日時 2018-06-22 16:26)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース