イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-08][NP+3.6 HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は8日、2017年の成長率見通しを1.4%から2.0%に上方修正した。なお、2018年は1.7%から1.6%、2019年は2.1%から1.7%、2020年は2.1%から1.9%へそれぞれ下方修正した。
・英政府は今後5年間の借り入れ計画を235億ポンド縮小する事を明らかにした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-03-08][NP+3.6 HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は8日、2017年の成長率見通しを1.4%から2.0%に上方修正した。なお、2018年は1.7%から1.6%、2019年は2.1%から1.7%、2020年は2.1%から1.9%へそれぞれ下方修正した。
・英政府は今後5年間の借り入れ計画を235億ポンド縮小する事を明らかにした。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2017-03-24][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英ロンドンの国会議事堂近くで起こったテロ事件を受け、スコットランド)議会は、英国からの独立の是非を問う住民投票の再実施に関する審議、採決を28日まで延期すると発表した。

[2017-03-23][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ロンドン警視庁「市内と地域に重大事件が発生した」と宣言した。
・英ロンドンの国会議事堂そばで、男が車で歩行者を次々とはねたすえ、車外に出て刃物で警官を襲う事件が発生したと報じている。地元警察によると3人が死亡、20人が負傷したという。なお、容疑者の男は警察に射殺されており、警察は「テロ事件」として捜査を進めると発表した。

[2017-03-22][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は中東諸国からの航空便の旅客に対して、ノート型パソコンなどの電子機器の持ち込みを制限することを検討しているようだ。英紙デイリー・テレグラフなどが21日報じた。米国が21日に同様の措置を発表したことを受けて、英政府も同日中に対応策を発表する見通しだという。
・英首相報道官は、メイ首相が、来週29日にEU離脱手続きの正式開始を発動する書簡について、将来の英国と世界の関係の方向性を打ち出す重要なものになるとの認識を主要閣僚チームに示したことを明らかにした。
・メイ英首相はスコットランド独立住民投票実施の要求を拒否する方向で検討している。

[2017-03-21][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ハルデーン英中銀理事「金融危機以来導入している中銀の超低金利政策により生産性がやや阻害された可能性があるが、失業率の上昇を回避するためには必要な犠牲だった」
・英国が29日にEUに離脱通告する方針を表明したことを受け、EUは英国を除く加盟27ヵ国の首脳会議を、4月下旬か5月上旬に開催する方向だと報じている。この場でEUの交渉方針を定める「指針」を採択する見通しだという。

[2017-03-20][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相報道官は20日、英国は29日にEU離脱手続きを発動すると述べた。

[2017-03-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のデービスEU離脱担当相は、議会委員会の公聴会で、離脱交渉期限までに新たな通商協定が締結できなかった場合の英経済への影響について、メイ政権は詳細な分析をまだ行っていないと明らかにした。
・メイ英首相「スコットランド独立の是非を問う2度目の住民投票を実施する時ではない」
・英政府は15日、「マニフェスト(政権公約)違反」との批判が起きていた国民保険料の引き上げ措置について、方針を撤回して実施しないことを決めた。ハモンド財務相は与党保守党の議員に宛てた書簡で「マニフェストを重視した措置でないという議論を踏まえた」と説明し、事実上公約違反を認めた。保守党は2015年の総選挙マニフェストで「国民保険料は引き上げない」と明記。ところが8日に発表した17年度予算案には、一部の自営業者の保険料率を引き上げる方針を盛り込んだ。自営業者の保険料負担が会社員などより少ないため、ハモンド氏は議会で「公平な国民保険制度にする措置だ」と説明していた。

[2017-03-15][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のマンデル・スコットランド相は15日、独立を問うスコットランドの住民投票について、行政府のスタージョン首相が主張する日程で合法かつ最終的に実施することは不可能との見解を示した。

[2017-03-14][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英下院は13日、上院のEU離脱修正案を否決した。
・英国のメイ首相報道官は、EU離脱に向けた正式な手続き着手時期について、今月末までと強調した。

[2017-03-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「EU離脱(Brexit)交渉を進める時」「英国はBREITのために2年のタイムテーブルで行動」
・ジョンソン英外務相「英離脱で欧州連合(EU)が巨額の支払いを期待することは合理的ではない」
・スコットランド自治政府のスタージョン首相へのインタビューとして、スコットランド独立の是非を問う2度目の住民投票を2018年秋に実施するのは「常識的だ」との見方を明らかにした、と報じている。

[2017-03-08][NP+3.6 HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は8日、2017年の成長率見通しを1.4%から2.0%に上方修正した。なお、2018年は1.7%から1.6%、2019年は2.1%から1.7%、2020年は2.1%から1.9%へそれぞれ下方修正した。
・英政府は今後5年間の借り入れ計画を235億ポンド縮小する事を明らかにした。

(最終更新日時 2017-03-25 02:48)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース