中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の王外相が、文韓国大統領の特使として北京を訪問した李元首相と会談し、在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備について、「中国の憂慮を尊重し、措置を講じることを期待する」と述べ、撤回を求めたと報じている。
・中国軍の戦闘機2機が東シナ海の国際空域で米軍機に異常接近したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・AFP通信は、29日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の議長国フィリピンのドゥテルテ大統領は結局、領有権争いが続く南シナ海での中国の拡張政策を非難せず、中国政府に政治的勝利を手渡した形となったと報じている。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2017-05-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の王外相が、文韓国大統領の特使として北京を訪問した李元首相と会談し、在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備について、「中国の憂慮を尊重し、措置を講じることを期待する」と述べ、撤回を求めたと報じている。
・中国軍の戦闘機2機が東シナ海の国際空域で米軍機に異常接近したと報じている。

[2017-05-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の楊国務委員(副首相級)が来月にも訪日し、谷内国家安全保障局長と会談する方向で調整していることがわかった、と報じている。
・中国の鉄鋼先物と鉄鉱石先物が上昇。鉄鋼の在庫減少が支援材料となっている。大連商品取引所の鉄鉱石先物は4.6%高の1トン=477.50元(69ドル)で終了。週初に4カ月ぶり安値をつけた後、回復基調となっている。上海先物取引所の鉄筋先物は4.3%高と1月10日以来の大幅な上昇率を記録した。

[2017-05-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国主導のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議は、30ヵ国首脳による共同声明を採択し、2日間の日程を終えて閉幕した。一帯一路をテーマにした初めての首脳会合で、構想実現に向けて経済協力を強化することで合意しており、会議の定例化を決め中国を中心とする新たな国際秩序の構築が始まったことになる。

[2017-05-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の華副報道局長は、北朝鮮によるミサイル発射について「国連安全保障理事会の決議違反である発射に反対する」と批判する談話を発表した。ただ、その一方で軍事的手段をちらつかせる米国を念頭に「朝鮮半島情勢は複雑かつ敏感であり、関係国は自制を保ち、状況をさらにエスカレートさせるようなことをすべきではない」とも指摘している。
・北京で14日に開幕した中国主導のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議の場で、韓国と北朝鮮の代表団団長が接触し、短時間会話したと報じている。接触したのは、韓国の与党「共に民主党」の有力議員で団長を務める朴氏と、北朝鮮の団長で対外経済相の金氏になるという。
・中国主導のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議を北京で開催した。29ヵ国の首脳級を含め、130ヵ国以上から約1500人が集まり、習国家主席の主導で巨大経済圏の構築を話し合うという。
・中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、チリ、ギリシャ、ボリビア、ルーマニア、バーレーン、キプロス、サモアの7ヵ国が新たに加盟すると発表した。AIIBのメンバーは77ヵ国・地域となる。金立群総裁は記者会見で「新規加盟国の高い期待に応えるよう全力を尽くしたい」と述べている。
・中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加論が安倍政権内で再び浮上していることが分かった、と報じている。自民党の二階幹事長が前向きな姿勢を示しているほか、関係省庁からも早期参加が望ましいとする声が出ているという。
・中国の李首相は、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事との会談において、中国は自国の金融市場の安定を維持することが可能だと述べ、金融の安定性と緩やかなレバレッジの解消、着実な経済成長のバランスを取っていく方針を示した。

[2017-05-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・SCMP紙「中国と米国は7月までにワシントンで通商協議の公算」

[2017-05-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国務院台湾事務弁公室の安報道官が、ジュネーブで22日に開幕する世界保健機関(WHO)総会への台湾参加について、「今年参加できない責任はすべて民進党当局にある」と述べたと報じている。中国大陸と台湾を不可分とする「ひとつの中国」原則を受け入れない民進党・蔡英文政権に対し、参加を認めない姿勢を鮮明にしたことになる。
・中国が主導して設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金総裁へのインタビューとして、「AIIBとアジア開発銀行(ADB)の任務は同じではない。インフラ投融資などで、両行は協力できる」「現在、AIIBの加盟国・地域は70だが、年末には85まで増えるだろう」と報じている。
・中国当局は、ノンバンクの金融機関が金融の安定に与える影響について注視する方針。中国人民銀行が9日、報告書をウェブサイトに掲載した。また、市場介入政策の国際的な波及効果についても十分に留意すべきだとした。

[2017-05-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国家外為管理局(SAFE)の潘功勝局長は、同国には通貨安競争を行う意図も必要もないとの見解を示した。
・中国政府の幹部は、中国が提唱し進めている巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐり、今後の構想の推進には外国企業の参入を歓迎しながらも国有企業が関与していく姿勢を示唆した。

[2017-05-05][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国財政省の広報担当者は、肖捷財政相が5日午後日本に向けて出発したと述べた。ロイターの取材に答えた。財政相は横浜で開催された日中韓財務相会合を欠席した。同担当者は、欠席の理由は述べなかった。

[2017-05-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国家外為管理局(SAFE)の局長は2日、国境を越える資本移動に伴うショックを防止し、金融市場の安定性を維持するとの姿勢を示した。SAFEがウェブサイト上に掲載した声明により明らかになった。
・中国で少なくとも6行の大手銀行の北京支店が1日から、初回もしくは2回目の住宅購入者に対する住宅ローン金利を引き上げたもようだ。関係筋6人が2日、ロイターに対し明らかにした。北京市は住宅市場の過熱化を抑制するため、3月に前例のない厳しい規制を打ち出していた。関係筋によると6行は、初回購入者への利率引き下げ措置を廃止。2回目の購入者向けの変動金利に関しては、中国人民銀行(中央銀行)の長期指標金利に対するスプレッドを10%ポイント引き上げ、20%としたという。年限5年以上の指標金利は現在4.9%となっている。

[2017-05-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・AFP通信は、29日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の議長国フィリピンのドゥテルテ大統領は結局、領有権争いが続く南シナ海での中国の拡張政策を非難せず、中国政府に政治的勝利を手渡した形となったと報じている。

(最終更新日時 2017-05-20 05:35)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

中国政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース