中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国商務省は21日、声明を発表し、米通商代表部(USTR)が知的財産権に関する対中調査を開始したことに「強い不満」を表明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国商務省は21日、声明を発表し、米通商代表部(USTR)が知的財産権に関する対中調査を開始したことに「強い不満」を表明した。

[2017-08-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国防省は、訪中している米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が、中国軍制服組トップである范中央軍事委員会副主席や習国家主席(中央軍事委主席)と会談したと発表した。そのなかで、范氏は北朝鮮の核ミサイル問題で「軍事行動は選択肢とすべきではない」と米側をけん制したという。
・中国7月の新築住宅価格は70都市中56都市で前月比上昇、70都市で前年同月比上昇となった。

[2017-08-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国とインドの国境地帯をめぐる両国の対立がこう着状態に陥るなか、両国の軍隊がヒマラヤ山脈の係争地で小競り合いを起こしていたことが分かった、と報じている。匿名を条件に取材に応じた当局者は、「ささいな出来事があった。中国側から投石があったが、事態はすぐに鎮静化した」と語ったという。
・北京の米大使館は、米軍のダンフォード統合参謀本部議長の中国の訪問に関して声明を発表した。それによると、15日、北京で中国軍の房峰輝統合参謀部参謀長と会談したダンフォード議長は、グアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を検討していると発表した北朝鮮への対応をめぐり「米国は中国が北朝鮮に対し圧力を強化する必要性が緊急に高まっていると考えている」と伝えたという。
・同国のチョン大統領府国家安保室長が最近、極秘で中国北京に行ってきたことが確認された、と報じている。チョン室長の正確な訪中時期や議題などについては、具体的に知られていないが、最近、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)ミサイルを発射するなど、朝鮮半島で緊張が高まっていることを受け、これに対する両国間の協力案などを議論するためと見られるという。

[2017-08-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・フィリピンのロレンザーナ国防相は議会公聴会で、中国がフィリピンに対し、南シナ海において新たな領有権を主張しないことを保証したと述べた。ただ、同時に「中国が島を占領する場合は非常に深刻な事態になる」とも指摘している。
・中国外務省は、王外相が、ロシアのラブロフ外相と電話会談を行ったと発表した。そのなかで王氏は、米国と北朝鮮は互いに不快となる言動に「ブレーキをかける」ことが急務との考えを示したという。

[2017-08-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の華副報道局長は記者会見で、米トランプ政権が通商法301条に基づく調査を検討している問題で「米中は話し合い、意見の食い違いを解決する基本的な方法と決めている」と述べ、米国がとる可能性がある一方的な制裁を牽制した。
・中国政府は、巨大化して効率が悪いと指摘される国有企業改革の一環として、今年中にすべての国有企業を株式会社などに移行させる方針を示した。
・中国外務省は、トランプ米大統領が通商法301条に基づき中国による知的財産権侵害の実態を調査するよう通商代表部(USTR)に指示したことに対し、「調査の結果、米国が対中制裁を発動した場合、中国は決して座視することなく、あらゆる適切な措置を取り、中国の合法的な利益を断固として守る」と報復措置を示唆する談話を発表した。
・中国外務省の報道官は15日の定例記者会見で、北朝鮮情勢を巡り、全ての関係国が火に油を注ぐのではなく、消火に努めるよう望むと述べ、各国に自制を求めるとともに、平和的な解決を呼び掛けた。

[2017-08-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国商務省は14日、新たな国連安全保障理事会決議履行のため、北朝鮮からの鉄鉱石や海産物などの輸入を15日から停止すると発表した。
・中国商務省は14日、北朝鮮からの石炭、鉄・鉄鉱石、鉛・鉛鉱石、海産物の輸入を、15日から全面的に禁止すると発表した。

[2017-08-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は、北朝鮮が先に米国に向けてミサイルを発射すれば、中国は中立を保つべきとの見解を明らかにした。その一方で北朝鮮の体制転換を狙って米国が先制攻撃を仕掛けた場合は、中国は介入すべきと主張した。北朝鮮のミサイル問題をめぐって同国と米トランプ政権が激しい応酬を繰り広げている。環球時報は11日の論説記事で、中国当局は両国を押しとどめることはできないと指摘した。
・中国外務省の副報道局長は11日、米国と北朝鮮の緊張が高まっている状況を受け、「言行を慎むことを望む」と双方に冷静な対応を促す談話を発表した。談話は、最近の朝鮮半島情勢が「複雑で敏感」だと指摘。「緊張の緩和に役立ち、相互信頼を増進させることを行い、情勢をエスカレートさせてはならない」と訴えた。

[2017-08-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国防省報道官「断固反対し、日本側に厳正に抗議する」

[2017-08-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の王外相とベトナムのミン副首相兼外相が7日に予定していた会談が、中国の要請で急きょ中止となった、と報じている。6日発表の東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の共同声明には、ベトナムの主張を反映して、中国をけん制する「南シナ海の非軍事化の重要性」との文言が入っており、中国側が強く反発したとみられるという。

[2017-08-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の王外相は、国連安全保障理事会の新たな対北朝鮮決議について、「決議の目的はさらに有効に北朝鮮の核・ミサイル開発のプロセスを阻止することだ」と述べた。ただ、一方で対話による解決を目指すべきだとの考えも同時に示している。
・中国は、石炭禁輸を盛り込んだ新たな国連安全保障理事会決議に賛成した。しかし、問題解決に向けた決定打と期待される石油の供給制限には応じなかった。
・中国の王外相は、北朝鮮の李外相とマニラで会談した。国連安全保障理事会による新たな北朝鮮制裁決議の採択後の会談で、王氏は朝鮮半島情勢が「危機に限りなく近い臨界点に達している」と警告。北朝鮮側に核ミサイル実験の自制を促したという。
・王毅・中国外相「中国と米国の貿易問題を解決する最善策は話し合い」

(最終更新日時 2017-08-22 04:03)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

中国政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース