中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-08-10][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国の人民日報は、中国製品への制裁措置を強めるトランプ米政権について「中国に最大限の圧力をかけ、恫喝して服従を迫ろうとしている」と強く非難する社説を掲載した。米国が仕掛ける「貿易戦争」に「断固として応戦する」と強硬姿勢を誇示している。
・中国商務省は10日、米国、欧州連合(EU)、シンガポールから輸入しているハロゲン化ブチルゴムについて23.1─75.5%の反ダンピング(不当廉売)関税を課すと発表した。導入は8月20日から。 同省によると、米石油大手エクソンモービルなど米国企業が製造したゴムは、75.5%の関税の対象となる見通し。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2018-08-10][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国の人民日報は、中国製品への制裁措置を強めるトランプ米政権について「中国に最大限の圧力をかけ、恫喝して服従を迫ろうとしている」と強く非難する社説を掲載した。米国が仕掛ける「貿易戦争」に「断固として応戦する」と強硬姿勢を誇示している。
・中国商務省は10日、米国、欧州連合(EU)、シンガポールから輸入しているハロゲン化ブチルゴムについて23.1─75.5%の反ダンピング(不当廉売)関税を課すと発表した。導入は8月20日から。 同省によると、米石油大手エクソンモービルなど米国企業が製造したゴムは、75.5%の関税の対象となる見通し。

[2018-08-09][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・「共和党に警告灯、中間選挙に向けた課題浮き彫り」と報じた。

[2018-08-08][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・世界の大手金融機関で組織する国際金融協会(IIF)は、発表したリポートで、中国の人民元相場の大幅下落が大規模な資本流出を招き、金融市場に混乱をもたらす恐れがあると警戒を呼び掛けた。
・中国商務省「中国は8月23日から米製品160億ドルに報復関税を課す」
・中国政府「160億ドルに値する米国製品への関税は8月23日12時1分から発動される」「米国製品の関税対象は333製品になる」「石炭、車、自転車、医療機器、鉄鋼製品、金属くず、魚粉も関税対象」
・鍾山中国商務相「米国の160億ドル相当の中国製品に25%の関税は法外だ」「中国は対抗処置として米国製品に同様な課税をかける決断をした」
・中国商務省は8日夜、米国が160億ドル(約1兆8千億円)の中国製品を対象に25%の追加関税を23日に発動すると決めたことへの対抗措置を発表した。米国と同日に同規模の追加関税をかけるが、対象品目は6月に公表した内容から大幅に入れ替えた。原油を外す一方、自動車の対象品目を大幅に増やした。

[2018-08-07][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国外為当局「金融資産価格変動とドル以外の通貨変動、7月の外貨準備増加につながる」「人民元の変動、かなり高まった」「世界の金融市場の変動、今後高まる」
・中国国家外為管理局(SAFE)「外貨準備高は全体的には安定している」
・中国の人民日報は、世界最大の検索エンジンであるグーグルが中国の法律に従い、国内でインターネットを管理する当局の権限を認めるのであれば、同社の再参入を歓迎するとした論説を掲載している。

[2018-08-06][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国外務省は、王外相と北朝鮮の李外相が、シンガポールで会談し、非核化に向けた両国の結束を確認したことを明らかにした。王氏は「米朝を含む各国と意思疎通と協力を続け、朝鮮半島の非核化を一緒に推進したい」と述べ、李氏は「中国とともに半島や地域の安定と発展を持続させることを願う」と応じたという。
・中国の王外相は会見を行い「中国は貿易に関する大統領の決意を過小評価しない方がいい」と警告したクドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言に対し、「彼は中国側からより強い反撃を期待しているようだ」と応酬した。
・中国の王外相は、シンガポールで記者会見し「米国は大規模な軍事力を南シナ海に展開し、中国を含む地域の各国に安全保障上の脅威を与えている」と非難した。一方、中国が進めている南シナ海の軍事拠点化については「防御的な措置だ」と正当化している。それに対し、ポンペオ米国務長官は「衝突を引き起こし、航行の自由に反対しているのは中国だ」と反論した。
・中国共産党の機関紙である環球時報は、政府が3日夜に発表した600億ドル相当の米国製品に対する追加関税は合理的だと述べ、米国による関税措置は脅迫だと批判した。
・6日の中国上海総合指数は、中国政府が3日約600億米ドル分の米国輸入品に「報復関税」を発表し米中「貿易摩擦」激化を警戒した売りに押され、結局、前週末比0.77%安の2719.38と続落して午前の取引を終えた。

[2018-08-03][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国は3日、約600億ドル相当の米国輸入品に関税を賦課すると発表した。
・中国財政省は3日、600億ドル相当の米国製品に追加関税を課す報復措置を講じる方針を発表した。液化天然ガス(LNG)や航空機など5207品目に対し、5%から25%の税率をかける。
・中国商務省「米国の液化天然ガスに対して25%の関税を検討」

[2018-08-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国商務省「激しさを増す貿易戦争に関して、中国は米国の脅しへの準備が十分出来ている」

[2018-08-01][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国に対して「USTRは関税を現行の10%から25%への引き上げを提案している」などと伝わったこともあり、ドル円は111.71円まで一時弱含んだ。今月9日にワシントンで日米通商協議が開かれることもあり、米国は日本に対しても強気な姿勢で交渉に臨むと市場は予測している。貿易摩擦から通貨戦争への発展の懸念もあるため、ドル円の頭を抑える材料になりそうだ。ユーロ円は130.62円前後、ポンド円は146.60円近辺で推移している。

[2018-07-31][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国商務省は30日、国内の上場企業に外国企業が投資する場合、中国の安全保障に対する影響がないかを審査する方針を示した。

[2018-07-30][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国政府で朝鮮半島問題を担当する特別代表を務めている孔外務次官は3日間の日程で北朝鮮を訪問したのち、航空機で北京に戻った。北朝鮮の国営メディアは孔次官が滞在中、リ・ヨンホ外相や、リ・ギルソン外務次官と相次いで会談したことを伝えているものの、肝心の会談内容については一切触れていない。
・中国外相「中国は貿易問題に関して対話への扉を引き続き開けている」

(最終更新日時 2018-08-15 21:05)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

中国政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース