中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の一部銀行が季節的な圧力緩和で預金準備率を引き下げた。
・中国国家統計局長「全国レベルの統計は正確で信用できる」と述べ、このところ国内で急速に高まっている統計捏造(ねつぞう)疑惑に反論した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2017-01-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の一部銀行が季節的な圧力緩和で預金準備率を引き下げた。
・中国国家統計局長「全国レベルの統計は正確で信用できる」と述べ、このところ国内で急速に高まっている統計捏造(ねつぞう)疑惑に反論した。

[2017-01-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国国家外為管理局(SAFE)「中国の外貨準備の変動は正常であり、今後も妥当な範囲で推移すると予想」「人民元が中期的に下落する根拠はない」

[2017-01-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省「安倍首相は明らかに訪問国の関係者との会談で南シナ海の問題に介入すべきではなかった」との考えを示すなど、日本に関係のない問題に干渉しないよう求めている。
・中国12月の新築住宅価格は70都市中46都市で前月比上昇、65都市で前年同月比上昇となった。
・中国政府は18日、米国に対し、20日に行われるドナルドトランプ次期米大統領の就任式において、台湾の議員の参加を拒否するよう要請した。中国外務省の報道官が定例会見でコメントしたもの。

[2017-01-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国商務省が発表した2016年12月の対外直接投資額は、前年同月比39.4%減の84億1000万ドルとなった。人民元安への対策で資本流出を抑制したことが響いた可能性がある。
・中国政府が2017年の経済成長率目標を6.5%前後と、16年の6.5-7.0%から事実上引き下げると報じている。目標は全国人民代表大会(全人代=国会)初日の3月5日に正式に発表されるという。

[2017-01-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の陸報道局長は、トランプ次期米大統領が米紙とのインタビューで「ひとつの中国」を含むすべてが交渉対象になる」と述べたことについて、「ひとつの中国原則は中米関係の政治的土台であり、交渉不可能なものだ」と反発した。
・李克強中国首相「2016年の中国GDP成長率は6-7%と予想」

[2017-01-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.2]
・中国国家外為管理局(SAFE)は13日、資本流出を抑制するために当局が資本フローを管理しているとの最近の報道は事実ではないとし、こうした報道は市場の正常な機能を損ねると指摘した。

[2017-01-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.2]
・中国の劉外務次官は記者団の取材に応じ、「日中韓3ヵ国の協力は非常に重要で、今年は開催できると考えている」と述べた。しかし、その一方で「日本の政府や指導者は、言葉ではよいことを言いながら、実際には、対中政策や対韓政策において、依然として困難に直面している」と指摘、日本政府の中国や韓国に対する政策に課題が残されているなどとして、現状での開催には慎重な姿勢を示している。
・世界最大の自動車市場である中国で「2018年問題」が浮上してきた。政府が電気自動車(EV)などエコカーを生産できるメーカーを18年から絞り込む政策を近く発表し、同年に先進国並みの環境規制を導入することも決まったためだ。小型車減税は今年で終了し、エコカー補助金も今後大きく削減される。拡大の続いた市場は18年から激変する可能性が高まってきた、と同紙は伝えている。
・アメリカのトランプ次期大統領が選挙後初めての記者会見で、南シナ海の問題などで中国を批判したことに対し、中国外務省の報道官は「非難されるいわれはない」などと反論した。

[2017-01-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.2]
・中国海軍報道官は、海軍航空部隊が9日に日本海で訓練を実施したと発表した。中国海軍艦隊との合同演習で、年度計画に基づいた通例の訓練だと主張している。

[2017-01-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.2]
・中国政府は過剰生産能力の削減計画を春節前に公表の可能性がある。
・中国外務省は10日、習近平国家主席が15~18日にスイスを公式訪問すると発表した。17日には同国のダボスで開幕する世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にも中国主席として初めて出席、18日にはジュネーブの国連欧州本部などを訪れる。トランプ次期米政権の発足を20日に控え、世界の指導者や経済人が集まるダボス会議に出席することで、国際経済における中国の存在感をアピールする狙いがありそうだ、と同ニュースは伝えている。

[2017-01-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.2]
・欧米紙のワシントン・タイムズは、中国軍が北京市内の2つのホテルをサイバー活動の拠点にしている可能性があるとの米陸軍情報機関による報告書の内容を報じている。それに対し、中国国防省は「まったく根拠がない」と否定する談話を発表した。
・訪米中の蔡台湾総統は、クルーズ上院議員やアボット・テキサス州知事と会談し、経済協力や軍事関係を協議した。クルーズ氏は会談後、中国がテキサス州の議員らに蔡氏と面会しないよう求める書簡を事前に送ってきたと明らかにし、中国の妨害工作を批判している。
・中国外務省の報道局長は9日の定例会見で、台湾の蔡英文総統がクルーズ米上院議員と面会したことについて、「台湾地区の指導者が米当局者と接触し、中米関係を妨害・破壊する活動を行うことに断固反対する」と批判した。
・中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は9日、トランプ米次期大統領が「一つの中国」政策を守らない場合、中国は「報復する」と警告した。台湾の蔡英文総統が中米4カ国訪問のため経由地のヒューストンに立ち寄り、8日に共和党有力議員らと会談した直後に明らかにした。中国は米国に対し、「一つの中国」の原則に従い蔡総統の入国や政府との公式協議を認めないよう要請していた。
・中国政府は、2年前の株価下落を悪化させた要因と考えられている株価指数先物取引の規制緩和を検討している。事情を知る複数の関係者が9日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に対して明らかにした。匿名の関係者らによると、差し入れを義務付ける証拠金額を半分にすることや、1日に取引できる1契約当たりの売買代金の制限を2倍にすることが検討されている。こうした変更は段階的な実施が予定され、象徴的な意味合いが強いという。

(最終更新日時 2017-01-21 03:28)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

中国政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース