中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の陸報道局長は定例会見で、21日に日本の国会議員が靖国神社を参拝し、安倍首相が真榊(まさかき)を奉納したことについて、「我々は一貫して日本の誤ったやり方に反対している。中国側は日本に対し、自らの侵略の歴史を深く反省し、軍国主義と一線を画し、実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信用を得るように促す」と述べた。
・中国国防省は、北朝鮮の情勢緊張に備えて中国空軍の爆撃機が「高度警戒態勢」に入ったと米メディアが報じたことについて、「報道は事実ではない。中国軍は中朝国境で正常な軍備・訓練状態を保っている」と否定するコメントを出した。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国政府とつながりのあるとみられる2つのハッカー集団が最近の数週間、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関係する政府機関や企業へのサイバー攻撃を仕掛けている、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の陸報道局長は定例会見で、21日に日本の国会議員が靖国神社を参拝し、安倍首相が真榊(まさかき)を奉納したことについて、「我々は一貫して日本の誤ったやり方に反対している。中国側は日本に対し、自らの侵略の歴史を深く反省し、軍国主義と一線を画し、実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信用を得るように促す」と述べた。
・中国国防省は、北朝鮮の情勢緊張に備えて中国空軍の爆撃機が「高度警戒態勢」に入ったと米メディアが報じたことについて、「報道は事実ではない。中国軍は中朝国境で正常な軍備・訓練状態を保っている」と否定するコメントを出した。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国政府とつながりのあるとみられる2つのハッカー集団が最近の数週間、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関係する政府機関や企業へのサイバー攻撃を仕掛けている、と報じている。

[2017-04-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の王外相は記者会見で、中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議を5月14-15日に北京で開き、現時点でロシアのプーチン大統領やイタリアのジェンティローニ首相など28ヵ国の首脳級が出席予定だと明らかにした。
・中国国務院は、一部地域や産業セクターでの大量失業のリスクが高まったとし、失業率上昇の可能性に対する財政・金融政策面での支援の必要性を訴えた。ウエブサイトに掲載した指針で、雇用を最優先の政策課題とすべきと指摘。鉄鋼、石炭、石炭発電など稼働能力削減の影響を受けたセクターから労働者を適切に再配置するとした。

[2017-04-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・李克強中国首相「人民元を基本的に安定した、合理的で均衡の取れた水準に維持する」

[2017-04-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外交を統括する楊国務委員とティラーソン米国務長官が電話会談し、朝鮮半島情勢について意見交換した、と報じている。北朝鮮によるミサイル発射を受けたものとみられている。
・中国経済専門誌「第一財経」は、人民銀金融政策委員会の樊委員へのインタビューとして、「我々の外貨準備は減少しており、さらに減る可能性がある。そうなった場合は預金準備率を引き下げるべきだ。さもなければ現金が不足することになる」「人民元の国際通貨化が進んでいるため、大規模な外貨準備の必要性が低下している。外貨準備の減少を肯定的に捉えている」と報じている。
・中国外務省の報道局長は17日の記者会見で、北朝鮮が16日に弾道ミサイルを発射したことを受け、「現在の朝鮮半島情勢は既に敏感、複雑で危険だ」と指摘した上で、「相互に刺激し、火に油を注ぐことを避けるべきだ」と米朝などに緊張緩和と平和解決を呼び掛けた。

[2017-04-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の陸報道局長は定例記者会見で、トランプ米大統領が中国の「為替操作国」認定を見送る方針を示したことについて、「中国が元々、為替操作国でないことは客観的事実」「我々は合理的かつバランスのとれた人民元レートを維持する。元を切り下げて輸出を刺激するつもりはない」と述べた。
・中国の新華社通信によると、台湾海域でマグニチュード5.7の地震が観測された。
・中国の王毅外相は14日、朝鮮半島情勢が取り返しのつかない事態に陥るのを防ぐ必要があるとの見解を示した。中国を訪問中のフランスのエロー外相との共同会見で語った。北朝鮮を巡っては、国連の制裁にもかかわらず6回目の核実験やさらなるミサイル発射実験を間もなく行うのではないかとの懸念が高まっている。
・中国共産党機関紙、人民日報系の「環球時報」が13日、「核を放棄して開放の道に進んでも、中国が支援すれば危険でない」と北朝鮮に忠告した。韓国の東亜日報が引用して伝えた。

[2017-04-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・リア・ノーヴォスチ通信によると、中国国防省は、北朝鮮との国境地域に中国人民解放軍の兵士15万人が投入されたとの情報を否定し「でっちあげ」と指摘した。

[2017-04-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省「中国は化学兵器を使う者には誰であれ反対する」「中国はシリアに関する国連決議を支持」

[2017-04-06][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国外務省の華報道官は、米中首脳会談を前に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、「両社に必然的な関係は、見いだせない」「関係各国は自制を保ち、地域情勢の緊張を激化させることをすべきでない」「長いあいだ、中国は対北問題解決のために莫大な努力を払い、重要な役割を果たしてきた」と述べた。

[2017-04-04][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国の国有石油大手3社が2017年12月期に投資拡大に転じる。合計投資額は前期比24%増の約3700億元(約6兆円)で、増加は5期ぶり。原油価格の低迷下で黒字を維持するために投資を削減してきたが、市況の回復や収益体質の改善が進んだことから反転攻勢に出る。世界の資源権益の価格や長期的な原油市況に影響しそうだ。

[2017-04-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・中国共産党系の英字新聞グローバルタイムズは「安倍政権が、中国と争っている尖閣諸島の有人化を目的にした計画を進めている」と報じている。そのうえで、「これらの島々が有人化されれば、その土地の売買が行われるようになり、日本は外国の船舶がこの地域に接近することを阻止するだろう。これは違法行為だ」とし、不快感を示していた。
・中国外交担当トップの楊国務委員が、米国のティラーソン国務長官と電話会談し、6-7日に米南部フロリダ州で行う米中首脳会談に向け最終調整をしたと報じている。
・中国商務省の報道官は、トランプ米大統領が不公正貿易の是正に向けた大統領令に署名したことを受け、「米国は公に認められた国際ルールに従うべきだ」との談話を公表した。米中首脳会談を6-7日に控え米側をけん制する狙いもありそうだ。

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

中国政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース