米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・豪州を訪問中のペンス米副大統領は記者会見を行い、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて朝鮮半島近海に向かっている米原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群が、数日中に日本海に到着すると明らかにした。また、続けて「あらゆる選択肢がテーブル上にあり、必要な措置を講じる用意がある」と指摘、軍事力行使も排除しない姿勢を改めて示し、北朝鮮に圧力をかけている。
・ティラーソン米国務長官は、ロシアのラブロフ外相と電話協議し、先の自身の訪露を踏まえて意見交換したことを明らかにした。ティラーソン氏は化学兵器の使用が疑われるシリアでの空爆を調査している化学兵器禁止機関(OPCW)の活動を支持する考えを伝えたという。
・ペンス米副大統領がアジア太平洋歴訪を早めに切り上げる方向となった。
・北朝鮮はアメリカ軍の空母カール・ビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島周辺に向かっていることについて、24日も国営メディアを通じて「敵が挑発してくれば、せん滅的な攻撃を加える」と威嚇するなど、25日の朝鮮人民軍創設85年の節目を控えて、アメリカの圧力に屈しないという姿勢を強調している。北朝鮮はキム・イルソン(金日成)主席が1932年に中国東北部で抗日遊撃隊を組織したとする4月25日を朝鮮人民軍の創設記念日と定めていて、25日、85年の節目を迎える。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・豪州を訪問中のペンス米副大統領は記者会見を行い、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて朝鮮半島近海に向かっている米原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群が、数日中に日本海に到着すると明らかにした。また、続けて「あらゆる選択肢がテーブル上にあり、必要な措置を講じる用意がある」と指摘、軍事力行使も排除しない姿勢を改めて示し、北朝鮮に圧力をかけている。
・ティラーソン米国務長官は、ロシアのラブロフ外相と電話協議し、先の自身の訪露を踏まえて意見交換したことを明らかにした。ティラーソン氏は化学兵器の使用が疑われるシリアでの空爆を調査している化学兵器禁止機関(OPCW)の活動を支持する考えを伝えたという。
・ペンス米副大統領がアジア太平洋歴訪を早めに切り上げる方向となった。
・北朝鮮はアメリカ軍の空母カール・ビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島周辺に向かっていることについて、24日も国営メディアを通じて「敵が挑発してくれば、せん滅的な攻撃を加える」と威嚇するなど、25日の朝鮮人民軍創設85年の節目を控えて、アメリカの圧力に屈しないという姿勢を強調している。北朝鮮はキム・イルソン(金日成)主席が1932年に中国東北部で抗日遊撃隊を組織したとする4月25日を朝鮮人民軍の創設記念日と定めていて、25日、85年の節目を迎える。

[2017-04-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・ケリー国土安全保障長官「国境の壁建設、夏の終わりまでに開始したい」
・米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長「財政赤字は税制改革の協議の原動力にならない」「トランプ米大統領は最優先課題としているメキシコ国境の壁建設をあきらめるとは思わない」「政府機関閉鎖よりも短期的な資金調達法案を成立させる可能性が強い」

[2017-04-21][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米財務省は20日、来週の米国債の入札予定を発表。25日に2年債260億ドル、26日に5年債340億ドル、27日に7年債280億ドル規模の入札を実施するとした。
・ロス米商務長官「中国・日本・EUの報が米国に比べはるかに保護主義」
・米財務省は5年物TIPS入札を実施最高落札利回り-0.049%、応札倍率2.52倍
・米CNNテレビは、国防当局者の話として、巡航ミサイルを搭載できる中国空軍の爆撃機が19日に「高度警戒態勢」に入ったと報じている。また、通常より多い中国軍機が出撃準備態勢を整えているという。

[2017-04-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・ライアン米下院議長「英国との二国間通商協定をまとめる決意」
・ティラーソン米国務長官は記者会見で、北朝鮮の核問題をめぐり、同国に圧力をかけるため、「テロ支援国家」への再指定などあらゆる選択肢を検討していることを明らかにした。
・米国のライアン下院議長は、訪問先の英国で、米国としては北朝鮮問題の解決に向け軍事的な選択肢を残しておくべきだが、やむを得ない場合を除いて行使を望んでいるわけではないとの見解を示した。
・米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は、最新の人工衛星画像に基づき、北朝鮮の新たな核実験の実施が保留されたか、実施のタイミングを見極めている可能性があるとした分析結果を発表した。しかし、いずれにせよ「命令が下れば、いつでも実験可能とみられる」という。
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻が、午前8時前までに接続水域を出たと発表した。ただ、引き続き海上保安本部が警戒にあたっているという。
・ティラーソン米国務長官が北朝鮮の核問題を巡り、同国に圧力をかけるための方法を検討していると述べたことを受け、北朝鮮の機関紙、労働新聞は「超強力な先制攻撃」をちらつかせ、米国をけん制した。労働新聞は「北朝鮮が超強力な先制攻撃を行った場合、韓国とその周辺地域にある米国の帝国主義的な侵略勢力だけでなく、米本土も即座に全部消滅して灰と化す」と伝えた。

[2017-04-19][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・シューマー米上院民主党院内総務は「包括的歳出法案、協議は進展」
・米国のマティス国防長官は記者団に対し、北朝鮮が先週末に行ったミサイル発射実験について、「何かを挑発する企てだった」「打ち上げられたのは大陸間弾道ミサイルでない」「問題を制御して、朝鮮半島の非核化を目指そうと、なぜ我々がまさにいま、中国と非常に緊密な連携を取っているのか。北朝鮮の動きが理由を示す」と述べた。
・米国防総省は、北朝鮮のミサイル発射を想定した2度の迎撃実験を5月に実施すると発表した。実験は米軍の弾道ミサイル防衛計画の一環として、太平洋で実施するという。
・ペンス米副大統領「日本との同盟は揺るぎない」「日本は今後数年でより大きな同盟の役割を果たす」
・ペンス米副大統領は、米海軍横須賀基地で原子力空母ロナルド・レーガンを視察した際、米兵や自衛隊員を前に演説し、日本など同盟国を守る決意を強調したうえで、沖縄県の尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用範囲だと明言した。
・ペンス米副大統領は19日、東京都内で講演し「米国の輸出企業が高い水準の市場アクセスを得られるようにしたい」と述べ、日本は一段の市場開放が必要との認識を表明した。「米国は強固でより均衡の取れた日本との貿易関係を求める」と話し、対日貿易赤字の削減にも意欲を示した。ペンス氏は18日に初会合を開いた日米経済対話について、2国間の通商協定を視野に協議を進めたいとの意向を改めて強調。日本は自動車や農産物など個別分野で一層の市場開放につながりかねないと懸念しており、今後の対応が焦点となる。

[2017-04-18][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・スパイサー米大統領報道官「中国はトランプ大統領になってから為替操作を行っていない」「中国を通貨操作国と認定することは有益でない」
・ロス米商務長官「対話の枠組みつくりで良い進展」「相互理解の達成に向け良い進展」「日本とのFTA協議は時期尚早」「6月に世耕経産相と再会談することで合意」
・ロス米商務長官「世耕経産相との会談は非常に良かった」「対話の枠組み作りで良い進展」「日本とのFTA協議は時期尚早」
・ロス米商務長官「6月に世耕経産相と再会談することで合意」
・ペンス米副大統領「トランプ米大統領は安倍首相との会談や電話会談で築いた良好な個人的関係を高く評価」「日米同盟は地域の平和と安全保障の要」「北朝鮮についてはあらゆる選択肢があるが、トランプ米大統領は日韓中と平和的な解決を模索する決意」
・ペンス米副大統領「挑発に直面する日本の課題を理解」「日米経済対話の枠組み発表を楽しみにしている」
・ペンス米副大統領「米国は日本との同盟強化にコミット」「米国と同盟国は北朝鮮という最も不穏な脅威に直面」
・政府関係者の話として「日米経済対話で為替の議論はなかった」と複数の通信社が報じた。

[2017-04-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米韓両軍は16日「北朝鮮は弾道ミサイル1発を発射したが失敗した可能性が強い」との見解を示した。
・米ホワイトハウス当局者は、北朝鮮が16日発射したミサイルについて「ICBM(大陸間弾道弾)ではない。おそらくは中距離ミサイルだ。発射後4-5秒で失敗した」と説明した。今後の対応については「大統領は軍事、外交など幅広い選択肢を持つが、今回の失敗したミサイルに特に対処する必要はない」と述べ、当面は静観する姿勢を示している。
・2016年米大統領選挙で民主党候補の座をクリントン議員と最後まで争ったサンダース議員は「米国が永続的な中東戦争に引き込まれるのを見たくない」との見方を示した。
・ロウハニ大統領が、5月19日投票の大統領選挙への立候補を届け出たと報じている。大統領はそのあと記者団に対し、2015年に実現した欧米など6ヵ国との核合意について「合意を維持することがイランの政治、経済にとっての最重要事項の一つだ」と訴えたという。
・米ホワイトハウス当局者は、ペンス副大統領の同行記者団に対し、在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備について、「韓国が5月初めに大統領を選ぶまで流動的だ。次期大統領が判断すべきだ」と述べ、配備完了の先送りを示唆した。しかし、副大統領報道官はそのあと、米当局者の話と関連し、「これまでTHAAD配備における政策変更はない」と説明している。
・米空母カールビンソンは今月25日前後に韓国東岸に到着し、米国は同空母を使って韓国との合同演習を検討している。匿名の韓国政府当局者を引用したもの。
・米財務省は14日、主要貿易相手国・地域を対象にした外国為替報告書を発表し、日本、中国、ドイツ、韓国、スイス、台湾の6カ国・地域を通貨政策の「監視対象」に指定した。円相場はドルに対し、「過去20年の平均に比べて20%弱い水準」と指摘した。また、トランプ大統領が選挙戦で公約した中国の「為替操作国」認定は見送った。報告書は日本が5年以上も為替市場に介入していないことを認めながらも、「円は過去20年の平均に比べて20%弱い水準にある」ととし「市場介入は極めて例外的な状況でのみ、適切な事前協議のもとで認められる」として、将来的な介入を牽制(けんせい)した。
・ABCテレビは、マクマスター米大統領補佐官の発言として「ロシアがシリアのアサド政権の後ろ盾となっていることで内戦が長引き、イラクなどの近隣諸国や欧州に危機が及んでいる」「ロシアはこのようなひどい政権を支援し紛争に関与し、欧州で破壊工作を行っている」「ロシアに対して厳しい姿勢で臨む時期に来ている」と報じている。
・ペンス米副大統領「北朝鮮に対して全ての選択肢の用意がある」「選択肢は軍事や経済だけでなく個人も」
・ペンス米副大統領「中国が北朝鮮に対応しなければ米国と同盟国が対応する」

[2017-04-15][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米財務省は14日、半期に一度の外国為替報告書を公表。為替操作国の指定はなかったが、引き続き中国、日本、韓国、台湾、ドイツ、スイスを為替「監視リスト」に指定した。

[2017-04-14][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米国政府は、ISIS戦でアフガニスタン洞窟に向けmother of all bombs (超強力爆弾)で攻撃実施。
・スパイサー米大統領報道官「アフガンでの攻撃はISISの戦闘領域排除が目的」
・米財務省当局者「外為問題は公正な世界経済にとって重要」「来週の会合でG20コミュニケは予想していない」
・米財務省当局者「日本経済はやや回復も、改善の余地がある」「中国経済は再構築が課題」
・米財務省当局者「為替問題に関して、IMFの厳格な分析を見据える」「G20共同声明は予想していない」「為替問題は公平な世界経済にとり重要」
・米財務省当局者「日本の経済は若干改善も、まだやるべきことがある」「ムニューチン米財務長官は約12か国と、2国間協議を予定している」
・日経新聞「ロス米商務長官が世耕経産相と会談へ、近く来日し貿易議論」
・米NBCテレビは、複数の米情報機関当局者の話として、6回目の核実験が懸念される北朝鮮に対して、米軍が通常兵器による先制攻撃の準備をしている、と報じている。北朝鮮が核実験を敢行するとの確証を得た段階で攻撃を行うとしているという。

[2017-04-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.938%、応札倍率(カバー)が2.23倍となった。
・ティラーソン米国務長官「北朝鮮を非核化することで合意」
・ティラーソン米国務長官「プーチン大統領と、シリアの将来の政治的プロセスを協議した」「政治的な移行は段階的に実施されるべき」
・ティラーソン米国務長官「プーチン大統領との会談は2時間にわたり、生産的だった」「サイバーセキュリティに関して協議」
・ティラーソン米国務長官「米ロの信頼感は低い」「米ロの関係改善が必要」
・米財務省報道官の話として伝えたところによると、米国は為替政策報告書で中国を為替操作国として認定しない見込みだという。
・米中会談では貿易と北朝鮮が主要議題だったと報じた。
・米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」によると、北朝鮮の核実験場は準備しているようだ。
・米政府筋「トランプ政権は追加的な北朝鮮制裁で原油禁輸・国営航空の運航制限・船舶貨物検査などを視野に入れている」
・米国営ラジオ放送ボイスオブアメリカは、米政府筋などの話として、「北朝鮮が坑道に核爆発装置を設置したようだ。現地時間15日午前にも実験を行う可能性がある」と報じている。
・アメリカによるシリアのアサド政権への軍事行動をめぐって、アメリカとロシアの主張が対立する中、中国の王毅外相は「米ロは協議を強化し、衝突や対立を避けるべきだ」と述べて、事態の打開には、政治的解決こそが唯一の方法だという立場を強調した。

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース