米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.197%、応札倍率(カバー)が2.49倍となった。
・スパイサー報道官「米大統領は28日の演説で防衛、税、雇用に焦点」
・米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は、中国が実効支配を続けている南シナ海の人工島に、地対空ミサイルを格納できる施設を建造していると発表した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2017-02-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.197%、応札倍率(カバー)が2.49倍となった。
・スパイサー報道官「米大統領は28日の演説で防衛、税、雇用に焦点」
・米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は、中国が実効支配を続けている南シナ海の人工島に、地対空ミサイルを格納できる施設を建造していると発表した。

[2017-02-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は2年物変動利付債入札を実施。最高落札利回りは0.133%、応札倍率は3.08倍。
・米財務省によると、5年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが1.937%、応札倍率(カバー)が2.29倍となった。
・ムニューチン米財務長官「強いドルは米経済に対する信頼の証」
・ムニューチン米財務長官「強いドルは米国民の他国経済に比べた米国経済への自信を反映する」
・ホワイトハウス当局者の話として、トランプ米大統領が、イスラム圏7ヵ国の国民の一時入国禁止を柱とした大統領令について、週内に予定していた修正版への署名を来週に延期する意向を固めた、と報じている。

[2017-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、2年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが1.230%、応札倍率(カバー)が2.82倍となった。
・米財務省報道官は、ムニューシン財務長官がラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事と電話会談し、IMFが為替政策に関し「率直な」分析を提供すると想定していると伝えたことを明らかにした。
・米国務省は、ティラーソン国務長官が22日から2日間の日程でメキシコを訪問し、国境警備や通商などを含む懸案について討議することを明らかにした。ケリー米国土安全保障長官も同行するという。
・米国務長官が中国の楊国務委員と電話で協議した。北朝鮮、貿易、犯罪問題がテーマとなっている。
・米財務省は、ムニューシン財務長官がメキシコのミード財務相と電話会談し、両国の包括的な対話に向けた緊密な連携に期待を表明したと明らかにした。
・米シューマー上院議員は21日、ABCの「The View」に出演し、「トランプ大統領が考え方を改めて共和党と行動を共にしなければ、いずれ見捨てられる」との見方を示した。

[2017-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領「米国は軍事支出を増やす予定」「米国はEUとの相互関係にコミット」
・ペンス米副大統領は、ブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と会談した。ペンス副大統領は会談後の記者会見で、「トランプ大統領はNATOを強く支持している」と述べ、米国のNATOへの強い関与を改めて確認した。

[2017-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は、ムニューシン米財務長官が、中国の汪副首相や習国家主席のブレーンを務める劉氏らと相次いで電話会談したことを明らかにした。そのなかで、長官は「より均衡した経済関係」を実現する重要性を強調、米中の連携強化とともに中国側に経済分野での不均衡是正を求めていく方針を示したという。
・ペンス米副大統領は、ドイツのミュンヘン安全保障会議で演説し、「米国は北大西洋条約機構(NATO)を強く支持し、この同盟に対するわれわれの責務は揺るがない」と述べ、トランプ政権の欧州の同盟国に対する責務を再確認した。
・米国防総省は、原子力空母「カール・ビンソン」やイージス駆逐艦を中心とする艦隊が南シナ海で哨戒活動を始めたと発表した。米海軍は「通常の作戦行動」と説明しているが、南シナ海の人工島の軍事基地化を進める中国をけん制する狙いがあると見られている。

[2017-02-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は16日、来週の米国債の入札予定を発表。21日に2年債260億ドル、22日に5年債340億ドル、23日に7年債280億ドル規模の入札を実施するとした。
・ホワイトハウス「トランプ米大統領が日本時間2時30分に記者会見を行う」
・米財務省は30年物TIPS入札を実施最高落札利回り0.923%、応札倍率2.25倍。
・ティラーソン米国務長官は、G20外相会合の開催地ドイツで、ロシアのラブロフ外相と会談した。トランプ政権発足後、米露の外相が顔を合わせたのは初めてのこと。ティラーソン長官は会談後、ロシアとの協調に意欲を示す一方で、「ロシアがウクライナ紛争の停戦を定めたミンスク合意を守ることを期待する」とも指摘している。
・アメリカで、中東など7か国の人の入国を一時的に禁止する大統領令が裁判所の仮処分で執行されない中、トランプ大統領は、国の安全を確保するための新たな大統領令に来週、署名する考えを明らかにし、内容によっては再び混乱が起きることも予想されている。
・米国務省は在外大使館に対し、今後の難民受け入れペースを減速させ、3月3日をもって一時的に凍結するよう通達した。ドナルドトランプ米大統領による先月の大統領令で設定された年間5万人の受け入れ上限に近づいていることを受けた措置。米政府関係者が明らかにした。

[2017-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・マティス米国防長官は15日、ベルギーの首都ブリュッセルで始まった北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会で、欧州の加盟国が防衛費支出拡大の取り組みを加速させる必要性を訴え、年末までに支出増に着手し「結果を示す」よう求めた。マティス氏は理事会で「米国がNATOへの関与を弱めるのを見たくなければ、各国は同盟支持の姿勢を示す必要がある」と強調。「米国の納税者は不均衡な負担を続けられない」とし「あなた方の子供の将来の安全を、あなた方以上に気配りすることはできない」と米側の事情も訴えた。
・米国のウォールストリートジャーナル紙によると、米ドナルドトランプ政権は15日、医療保険制度改革法(通称オバマケア)の見直しについて共和党が統一した計画を策定するまでの一時的な包括案を公表した。同法に基づいて個人に医療保険を提供している「エクスチェンジ」市場の崩壊を防ぐためだ。提案された規則は保険会社に一層多くの誘因と確実性をもたらす狙い。保険会社は雇用主を通じて医療保険に加入していない個人を対象とする保険プランをエクスチェンジで提供するかどうかを春までに決定する必要がある。
・米国防総省は、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘に当たる通常部隊の派遣を提案する可能性がある。トランプ米大統領はIS掃討作戦を加速させるための案を月内にまとめるよう国防当局者に指示しており、複数上がっている案の1つとして、シリアへの通常部隊派遣が検討されているという。
・第11管区海上保安本部は、尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船4隻が航行しているのを確認したと発表した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは3日連続のこと。

[2017-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米カリフォルニア州北部のオロビルダムで緊急放水路が損壊し、決壊の恐れが出ている問題で、避難命令の対象となった周辺住民らが高台の避難所などへの避難を続けている。
・米政府倫理局は、コンウェー大統領顧問の懲戒処分を検討するようホワイトハウスに勧告した。同顧問がテレビ出演で、トランプ大統領の長女イバンカさんが手掛けるファッションブランド「イバンカ・トランプ」の商品購入を呼び掛けたことが、倫理規定違反に当たる疑いが濃厚だと判断したという。
・米国の原子力事業で巨額損失を計上する東芝は15日、取引先金融機関に向けた説明会を東京都内の本社で開き、3月末までの融資の継続を要請した。三井住友銀行など主力3行はこれに応じる姿勢を示した。東芝はこの1カ月余を使って社内の管理体制を立て直し、経営再建に道筋をつけることが求められる。

[2017-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・朝日新聞「ペンス米副大統領、4月に来日する方向で調整」
・米国の財務省は、ベネズエラのエルアイサミ副大統領に制裁措置を課した。
・米政治専門サイト「ポリティコ」は、フリン米大統領補佐官が政権発足前にロシア側と対ロ制裁を協議したとされる疑惑で、トランプ大統領がフリン氏への不満を周辺に漏らしている、と報じている。フリン氏が政権内で孤立しているとの見方もあるという。
・米議会上院では、ムニューチン財務長官の承認に十分な賛成票が得られた。
・米上院は13日、トランプ米大統領から財務長官に指名されていたムニューチン氏を承認した。
・ムニューチン米財務長官は議会上院での承認を受けて、「経済を成長させるためトランプ大統領との協力にコミットする」などと発言した。
・マイケル・フリン氏はトランプ政権の国家安全保障顧問を辞任するもよう。

[2017-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米ABCテレビは、ミラー米大統領補佐官へのインタビューとして、トランプ大統領が北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた安倍首相との記者発表で、「日米の強く、揺るぎない同盟関係を明確に示した」と強調したと報じている。
・マティス米国防長官が訪米したフォンデアライエン独国防相と会談したと報じている。そのなかで、トランプ米大統領がドイツなど北大西洋条約機構(NATO)諸国に米軍が果たす防衛義務に見合う財政負担を求めたことについて、フォンデアライエン氏は会談後、記者団に「妥当な要求だ」と述べたという。
・米国防総省は、マティス国防長官が北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会などに出席するため、ベルギーとドイツを訪問すると発表した。マティス長官の外遊は、今月上旬の日韓訪問に続いて2回目のことになる。
・米ABCテレビは、ミラー米大統領補佐官へのインタビューとして、「国家の安全に関わる場合、外国人の入国を停止する権限は大統領が持っている」とし、裁判所の判断を批判した、と報じている。そのうえで、入国管理を厳しくするための新たな大統領令の署名や大統領令の執行を可能にするために、控訴裁判所での法廷闘争や最高裁判所への上訴などあらゆる対応策を検討していると説明したという。
・有力欧米紙であるワシントン・ポスト(WP)は、フリン米大統領補佐官がロシア当局と密約を交わした疑いがあり、連邦捜査局(FBI)が違法性の有無を調べていると報じている。
・トヨタ自動車の豊田章男社長は11日、日米首脳会談で、自由で公平な貿易関係の構築で一致したことに関し、「産業界としては心強い」と述べ、日米経済関係の発展に期待感を示した。新設されるハイレベル経済対話については「国と産業界が力と心を合わせる場を設定していただいた」と評価。トヨタとしても、雇用などでの米国への貢献を通じ「理解を得られるよう頑張りたい」と話した。
・テレビ番組「フォックス・ニュース・サンダー」は、ミラー米大統領補佐官が「近年見られる北朝鮮の敵対行為拡大を抑止し、阻止するための戦略の一環として、太平洋地域における極めて重要な同盟関係を促進し、強化する意向だ」と述べたと報じている。

(最終更新日時 2017-02-25 01:47)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース