米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・スパイサー・大統領報道官「トランプ米大統領は明日、オバマケア代替法案が可決すると信じている」
・ホワイトハウスは、トランプ米大統領がメイ英首相と電話で会談し、英国会議事堂付近で起きたテロの犠牲者らへの弔意を伝えた、と発表した。そのうえで、米政府として事件の真相究明や容疑者追及で全面的な支援を行う考えを表明したという。
・「米ホワイトハウスが保守派の支持を求めてヘルスケア法案の見直しを検討している」という。また、「ライアン米下院議長はヘルスケア法案に懐疑的な議員との会合を計画している」とも伝わった。
・米国防総省のデービス報道部長は記者団に対し、昨日北朝鮮が発射したミサイルについて、「種類はまだ分析中だが、大陸間弾道弾(ICBM)ではないようだ。射程がより短いミサイルだ」「発射から数秒後に壊滅的な爆発が起きた。発射は大きな失敗だった」と指摘した。
・米国のウォールストリート・ジャーナル紙は23日、「バングラ中銀資金盗難、米が起訴準備 北朝鮮関与の疑い」と報じた。
・ホワイトハウスは共和党ヘルスケア法案の下院通過を確実にするため、態度保留の議員の支持獲得を目的に、土壇場での法案見直しについて下院の保守派議員と協議している。米政府当局者は下院自由議員連盟で態度保留の議員を23日のホワイトハウスでの会合のメンバーに加えた。下院は同日の法案採決を予定している。
・米共和党の下院保守派議員で構成する「ハウス・フリーダム・コーカス」を率いるメドウズ議員は22日、米医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案について、下院共和党が同法案通過への支持獲得に向けた合意で落としどころを見出すことは可能だと述べた。トランプ大統領の説得を受け、記者団に語った。同議員は「まだそこまで到達していないが、今からあすの昼(1600GMT)まで休みなく働けば、うまく行けば一定の共通点を見出すことができるだろう」と述べた。メドウズ氏のグループはこれまで、下院共和党のオバマケア代替案に反対し、一時は23日の採決での通過を阻止する意向を示していた。
・ティラーソン米国務長官は、国務省で開かれた過激派組織IS掃討作戦に参加する有志連合の閣僚会合で、「IS打倒は中東における米国の第1目標だ」と強調し、ISへの圧力を強化するよう各国に求めた。
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が、4月5-6日に予定されるNATO外相理事会について、日程変更を検討することでティラーソン米国務長官と合意したと述べたと報じている。米国務省は当初の日程では長官が出席できないとして、別の日取りを提案したが、今回、事務総長は「全加盟国に都合の良い日取りを見つける」と述べたという。
・米共和党のニューネス下院情報特別委員長は記者団に対し、トランプ米大統領の通信が、昨秋の大統領選後にオバマ前政権下の米情報機関によって傍受されていた可能性があることが分かったと述べた。しかし、ニューネス氏は、その具体的な根拠については明らかにしていない。
・米下院共和党は23日、オバマケア代替法案関連の会合を延期すると発表した。
・「米下院共和党はオバマケア代替法案について95%合意となった」ようだ。
・「米下院共和党議員30-40人がオバマケア代替法案に反対票を投じる可能性がある」ようだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2017-03-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・スパイサー・大統領報道官「トランプ米大統領は明日、オバマケア代替法案が可決すると信じている」
・ホワイトハウスは、トランプ米大統領がメイ英首相と電話で会談し、英国会議事堂付近で起きたテロの犠牲者らへの弔意を伝えた、と発表した。そのうえで、米政府として事件の真相究明や容疑者追及で全面的な支援を行う考えを表明したという。
・「米ホワイトハウスが保守派の支持を求めてヘルスケア法案の見直しを検討している」という。また、「ライアン米下院議長はヘルスケア法案に懐疑的な議員との会合を計画している」とも伝わった。
・米国防総省のデービス報道部長は記者団に対し、昨日北朝鮮が発射したミサイルについて、「種類はまだ分析中だが、大陸間弾道弾(ICBM)ではないようだ。射程がより短いミサイルだ」「発射から数秒後に壊滅的な爆発が起きた。発射は大きな失敗だった」と指摘した。
・米国のウォールストリート・ジャーナル紙は23日、「バングラ中銀資金盗難、米が起訴準備 北朝鮮関与の疑い」と報じた。
・ホワイトハウスは共和党ヘルスケア法案の下院通過を確実にするため、態度保留の議員の支持獲得を目的に、土壇場での法案見直しについて下院の保守派議員と協議している。米政府当局者は下院自由議員連盟で態度保留の議員を23日のホワイトハウスでの会合のメンバーに加えた。下院は同日の法案採決を予定している。
・米共和党の下院保守派議員で構成する「ハウス・フリーダム・コーカス」を率いるメドウズ議員は22日、米医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案について、下院共和党が同法案通過への支持獲得に向けた合意で落としどころを見出すことは可能だと述べた。トランプ大統領の説得を受け、記者団に語った。同議員は「まだそこまで到達していないが、今からあすの昼(1600GMT)まで休みなく働けば、うまく行けば一定の共通点を見出すことができるだろう」と述べた。メドウズ氏のグループはこれまで、下院共和党のオバマケア代替案に反対し、一時は23日の採決での通過を阻止する意向を示していた。
・ティラーソン米国務長官は、国務省で開かれた過激派組織IS掃討作戦に参加する有志連合の閣僚会合で、「IS打倒は中東における米国の第1目標だ」と強調し、ISへの圧力を強化するよう各国に求めた。
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が、4月5-6日に予定されるNATO外相理事会について、日程変更を検討することでティラーソン米国務長官と合意したと述べたと報じている。米国務省は当初の日程では長官が出席できないとして、別の日取りを提案したが、今回、事務総長は「全加盟国に都合の良い日取りを見つける」と述べたという。
・米共和党のニューネス下院情報特別委員長は記者団に対し、トランプ米大統領の通信が、昨秋の大統領選後にオバマ前政権下の米情報機関によって傍受されていた可能性があることが分かったと述べた。しかし、ニューネス氏は、その具体的な根拠については明らかにしていない。
・米下院共和党は23日、オバマケア代替法案関連の会合を延期すると発表した。
・「米下院共和党はオバマケア代替法案について95%合意となった」ようだ。
・「米下院共和党議員30-40人がオバマケア代替法案に反対票を投じる可能性がある」ようだ。

[2017-03-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米当局は北朝鮮が今後数日以内にミサイルを発射すると予想しているという。
・マティス米国防長官は、国防総省で北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と会談し、対テロ戦や過激派組織IS掃討作戦でのNATOの役割強化などについて協議した。そのなかで、マティス長官は、米欧の同盟関係に関し「非常に強力で、さらに強まりつつある」と強調したという。
・米上院銀行委員会の民主党幹部であるブラウン上院議員は21日、ドッド・フランク法(金融規制改革法)の大幅な見直しは党として支持しないと表明した。米銀行家協会(ABA)の会合で述べた。ブラウン議員は、民主、共和両党が合意する点については見直しに前向きだとした一方、大幅な修正は適切でないと指摘した。「ドッド・フランク法の大規模な巻き戻しはしない」と言明し、「大幅修正は非建設的だ。ドッド・フランク法は機能している」と述べた。
・米太平洋空軍は22日、B1戦略爆撃機が航空自衛隊と韓国空軍の戦闘機と合同演習を実施したと発表した。

[2017-03-21][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・ムニューチン「より均衡した関係を発展させることを協議」
・米財務省に成長重視派が登場、指名された高官3人は手堅い人材」と報じた。
・米国防総省のデービス報道部長は記者会見で、北朝鮮が新型の高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験を行ったと主張したことについて、「北朝鮮が弾道ミサイル開発を続ける中で、我々が見てきたパターンと合致する」「北朝鮮を極めて注意深く観察しており、彼らが何をしているかは認識している」と指摘した。

[2017-03-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は、最新の人工衛星画像を公開したうえで、「上空から動きが見えないようにする覆いが試験設備へ移動している。保守または新たなロケットエンジン試験の準備のためだろう」との見方を示した。
・ホワイトハウスは、トランプ米大統領が、「北朝鮮の脅威」について、マクマスター大統領補佐官と協議した、と発表した。詳細は明らかでないが、北朝鮮の核・ミサイル問題に関する動きについてマクマスター氏が報告した可能性がある。
・中国を訪問したティラーソン米国務長官は、北京の人民大会堂で習国家主席と会談し、トランプ米大統領が中国との相互理解を深めることに期待感を示すとともに、習氏との将来の会談を楽しみにしていると伝えた、と報じている。
・大統領警護隊(シークレットサービス)の女性職員が、機密情報が入ったノートパソコンを盗まれていた、と報じている。パソコンのデータは暗号化されているが、トランプ大統領の家族が住むNYのトランプ・タワーの見取り図などが含まれているという。
・米司法省は、メリーランド州の連邦地裁が入国制限に関する新大統領令を差し止めたことに関し、リッチモンド連邦高裁に処分取り消しを求めて上訴の手続きをとった。トランプ政権は、大統領令についてテロを防ぐためのもので、イスラム教に対する差別ではないと主張している。
・ホワイトハウス前の検問所で、車で乗りつけた男が車内に爆弾があると主張し、身柄を拘束されたと報じている。トランプ大統領は、週末をフロリダ州で過ごしていて不在だったという。
・コミー米連邦捜査局(FBI)長官「大統領選挙中のトランプ陣営とロシアの関係を調査中」

[2017-03-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米政府は、トランプ政権として初となる2018会計年度(17年10月-18年9月)予算教書の骨格を議会に提示した。国防費の基本予算を前年度比10%増の5740億ドルとし、国境警備の予算も拡充させた一方で、海外向け援助や環境保護関連は大幅に削減し、トランプ大統領のスローガンに沿った「米国第一予算」を打ち出した内容となっている。
・米CNNテレビは、複数の米政府当局者の話として、北朝鮮が近く新たな弾道ミサイル発射や核実験に踏み切る可能性が高いと情報機関や国防総省が分析している、と報じている。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射のための設備を動かした可能性を示す情報があるほか、中距離弾道ミサイルの移動式発射台をめぐって動きがあるという。
・ティラーソン米国務長官は17日の記者会見で北朝鮮問題に関し「戦略的忍耐の政策は終わった」と述べ、全てのオプションを検討していると強調した。また、最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備について「(韓国への)経済的報復は残念だ」と述べ、中国に自制を求めた。

[2017-03-16][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米国の離脱通告後、初めてとなるTPPの閣僚会合がチリで開かれた。米国を除く参加11ヵ国は会合終了後、TPPの戦略的・経済的意義を確認したとする共同声明を発するとともに、世界各地での保護主義の動きに懸念を表明している。
・ホワイトハウスは、14日にトランプ米大統領とサウジアラビアのムハンマド副皇太子が会談した内容を明らかにした。それによると、両国の戦略的パートナーシップを確認したほか、中東の不安定化につながるイランの活動に立ち向かっていくことが重要だとの認識でも一致したという。
・ティラーソン米国務長官「日米外相会談は両国の友好関係が強いことを確認」「米国は地域での役割強化にコミット」「北朝鮮への対抗で協力を強化する」

[2017-03-15][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米通商代表部(USTR)代表候補のライトハイザー氏の指名承認公聴会が14日、上院で開かれた。同氏は、中国が過去に貿易面で優位に立つため、為替を大幅に操作していたとの考えを示した。ライトハイザー氏は、過去の中国の為替操作により「米国内で多くの雇用が失われたと思う」と指摘。中国が為替操作を現在も続けているかどうかは「別の問題だ」とし、それを判断するのはムニューシン財務長官だと述べた。
・ホワイトハウスは、トランプ米大統領が、サウジアラビアのサルマン副皇太子と会談したことを明らかにした。経済関係やシリア問題、過激派組織IS掃討に向けた協力などが話し合われた模様だ。

[2017-03-14][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・スパイサー米報道官は通常の記者会見で、トランプ米大統領が習近平平国家主席と4月初旬にフロリダ州、マーラーゴで会談を行うとした。北朝鮮問題などが議題になるという。
・スパイサー米報道官「米独首脳会談は3月17日に変更、悪天候のため」
・スパイサー大統領報道官は13日、大雪が予報されているため、トランプ米大統領とメルケル独首相のワシントンでの会談を17日に延期すると発表した。
・米財務省当局者「米国はG20各国に為替合意の順守促す」「米国はG20で同国企業や労働者への公平な条件求める」
・CBO(米連邦議会予算事務局)「下院の医療保険案は財政赤字を今後10年間で3370億ドルを削減」「2020年までに2100万人、2027年までに2400万人の国民が保険未加入となる」
・ライトハイザー次期米通商代表部代表「わが国は米国第一の貿易政策持つべきだ」「米国は公平な貿易確保でパートナーと協力必要」「米国は貿易協定でより良い交渉可能」
・米入国制限を巡る新たな大統領令について、ワシントン州は16日の発効差し止めを求める訴えを連邦裁判所に起こした。ワシントン州は、新たな大統領令は前回と本質的に同じ内容で、緊急的な差し止め措置を引き続き適用すべきと主張、14日の審理を求めている。一方、そうしたなかカリフォルニア州司法長官も、ワシントン州が起こした訴訟に加わる考えを表明したという。
・米議会予算局(CBO)は、共和党が提示した医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案に関する評価報告書を公表し、代替案の下では来年までに1400万人が保険を失うとの試算を明らかにした。しかし、一方で代替案では2014-26年のあいだに連邦政府の赤字が3370億ドル削減されるとしている。
・USGS(アメリカ地質調査所)によると、帯広の西南西47キロでマグニチュード5.0の地震が観測された。

[2017-03-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・ロス米商務長官「(貿易について問われ)日本の優先度は高い」

[2017-03-10][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが3.170%、応札倍率(カバー)が2.34倍となった。
・米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は、最新の人工衛星画像をもとに、「北側坑道や管理エリアで活動が続いており、核装置や監視機材が配置されれば、すぐにでも核実験が実行可能であることを示している」との分析を明らかにした。

(最終更新日時 2017-03-24 00:17)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース