米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・ローゼンスタイン米司法副長官「トランプ米大統領のコミー氏解任決定は適切だった」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2017-05-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・ローゼンスタイン米司法副長官「トランプ米大統領のコミー氏解任決定は適切だった」

[2017-05-19][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・米通商代表部「NAFTA再交渉の意向を議会に書簡で通知」
・ライトハイザーUSTR代表「NAFTA交渉、年内にまとめたい」
・米財務省は18日、来週の米国債の入札予定を発表。23日に2年債260億ドル、24日に5年債340億ドル、25日に7年債280億ドル規模の入札を実施するとした。
・米共和党のライアン下院議長「目標は2017年中の税制改革」「国境調整税に代わるものに目を向ける必要も」
・米共和党のライアン下院議長「税制改革が年内に成立すると自信」「国境税の代替策を模索している」
・「米国はシリア南部でアサド政権軍を攻撃した」ようだ。
・米財務省によると、10年物インフレ指数連動債(TIPS)入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが0.420%、応札倍率(カバー)が2.56倍となった。
・米財務省は10年物TIPS入札を実施。最高落札利回り0.420%、応札倍率は2.56倍。
・米NY市当局は、マンハッタン中心部の観光名所タイムズスクエアで、車が歩道に突入し、通行人の女性1人が死亡、22人が負傷し病院に搬送されたと発表した。なお、この件について、記者会見したデブラシオNY市長は、「テロとの関連はみられない」と述べている。

[2017-05-18][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・米下院監督・改革委員長は17日、24日にコミー前FBI長官を招き公聴会を開催することを正式に通知した。
・米共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長は、訪米中の河井首相補佐官と会談し「地域の平和と安定のため日韓関係が重要だ」と述べ、韓国の文政権とのあいだで日韓関係改善に努力するよう求めた。
・米上院司法委員会はコミー前FBI長官を証言のため招請する。
・ホワイトハウス高官は、トランプ米大統領の20日からのサウジアラビア訪問に合わせ、サウジ政府が総額5000億ドルにのぼる巨額契約を米国と結ぶことを明らかにした。米国の雇用創出のため2000億ドルを投資するほか、米国製武器購入に3000億ドルを投じるという。

[2017-05-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・「米上院情報委員会はホワイトハウスにロシアとの会談の情報を要求した」ようだ。
・米国のヘイリー国連大使は記者団に対し、北朝鮮が核と弾道ミサイルの実験を完全に停止すれば、米国は北朝鮮との対話を検討する用意があると表明した。
・米民主党下院院内総務「報道が正しければ、トランプ米大統領は行政権限乱用」「最悪の場合、トランプ大統領は司法妨害」
・ロス米商務長官は、日本とトルコから輸出された鉄筋について、ダンピング(不当廉売)があったとする最終判断を下したと声明で明らかにした。これにより、日本の鉄筋メーカーには206.43-209.46%の反ダンピング関税が適用される可能性がある。
・ライアン米共和党下院議長「コミー氏報道、注意深く精査する必要」「報道真実ならなぜ行動しなかったかコミー氏に聞きたい」
・ライアン米共和党下院議長「議会は騒動に関係なく政策課題への取り組みを継続へ」
・ライアン米共和党下院議長「大統領をなおも信頼している」

[2017-05-16][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・米国を除いたTPP加盟11ヵ国が、21日に開く閣僚会合の声明案がわかった、と報じている。将来、米国がTPPに復帰する場合に、再加入の手続きを簡略にする方針を盛り込むという。
・米国務長官がトランプ大統領のロシアに関する報道で声明を発表した。トランプ大統領は情報源や手法、軍の活動を議論しなかったという。
・マクマスター米大統領補佐官「米大統領の機密情報に関する報道は誤り」
・アメリカのトランプ政権の新たなイスラエル大使、デビッド・フリードマン氏は16日、エルサレムの大統領公邸でイスラエルのリブリン大統領に信任状を手渡し、正式に着任した。フリードマン大使は正統派ユダヤ教徒で、トランプ大統領の選挙期間中、対イスラエル政策の顧問を務めた。しかし、国際社会で批判されているイスラエルによる占領地への入植活動を、みずから支援するなど、パレスチナに対する強硬な姿勢から、イスラエル大使として適切な人材かどうかを疑問視する声が、アメリカ民主党の議員やユダヤ系左派の団体から上がっている。イスラエルには今月22日にトランプ大統領が訪問する予定で、フリードマン大使は会談や、演説などの準備に当たることになる。

[2017-05-15][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・スパイサー米大統領報道官は、北朝鮮によるミサイル発射を受けて声明を発表し「この挑発行為を、すべての国により強力な対北朝鮮制裁の履行を促す契機としよう」「北朝鮮の深刻な脅威に際し、同盟国への米国の立場は揺るぎない」「北朝鮮はずっと悪い立ち振る舞いを続けている。韓国、日本は我々とともに状況を注視している」と強調した。
・ホワイトハウス高官の話として、米国からサウジアラビアに総額1000億ドル超の兵器類を売却する交渉が、最終段階に入っていると報じている。トランプ米大統領は15日週に行う初外遊で、最初にサウジを訪問するという。
・米国を除くTPPの署名11ヵ国が、今月21日にベトナムで開く閣僚会合の共同声明原案が明らかになった、と報じている。「TPPを出来る限り早く発効させることを追求する」とし、早期発効に向けて結束する姿勢を打ち出すという。
・ローゼンスタイン米司法副長官が、ロシアの米大統領選介入、およびロシア当局者とトランプ大統領の選挙陣営が結託していた疑惑をめぐる捜査について、現時点で特別検察官の必要はないと考えていると報じている。
・米上院情報委員会の民主党トップであるワーナー議員へのインタビューとして、「連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏が来週開催する公聴会への出席を辞退した」「しかし、さほど遠くない将来において、コミー氏が上院情報委員会で証言する日が来ることを願っている」と報じている。同委員会は、コミー氏に16日開く公聴会で証言するよう要請していた。
・米海軍第7艦隊の原子力空母「ロナルド・レーガン」は15日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)から出港を予定していたが、16日に変更した。

[2017-05-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・米当局者「G7、ドルから新興国への波及リスクを指摘」「G7、英EU離脱と欧州債務の懸念を指摘」

[2017-05-12][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・「米上院、ライトハイザーUSTR代表の承認へ十分な得票数確保」などと報じた。
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが3.050%、応札倍率(カバー)が2.19倍となった。
・米財務省は30年債入札を実施。最高落札利回りは3.050%、応札倍率は2.19倍。
・「米上院、ライトハイザーUSTR代表を承認」と報じた。
・朝鮮中央通信は、米国人が最近、「敵対行為を働いた」として、北朝鮮当局に相次いで拘束されたことについて、同国外務省報道官が「犯罪者を法により罰するのは主権国家の正当な権利行使だ」と主張したと報じている。
・ロス米商務長官へのインタビューとして、米国の半導体産業はなお世界的に首位を保っているが、中国が自国の半導体産業の育成に投資を計画するなか、将来的に脅威にさらされる可能性があるとの見方を示した、と報じている。
・コーツ米国家情報長官は、上院情報特別委員会の公聴会で証言し、核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮について「非常に重大な脅威で、潜在的に米国の存続を脅かしている」と指摘した。
・ホワイトハウス当局者の話として、トランプ米大統領がFRBの新たなメンバーを数週間後に指名する見通し、だと報じている。その場合、審査や議会承認の手続きを経て、現在空席の3つのポストが補充されるのは今秋となる可能性があるという。
・アメリカ議会下院が北朝鮮に対する制裁を強化する法案を可決したことについて、北朝鮮は12日、抗議の書簡を送ったと発表し、「アメリカの敵視政策に対処した自衛的措置を絶えず講じていく」として、圧力に屈しないという姿勢を強調した。
・ロス米商務長官「中国の為替操作問題は現時点で解決している」

[2017-05-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領「コミーFBI長官の解任はロシアの捜査に関してではない」
・米財務省によると、10年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.400%、応札倍率(カバー)が2.33倍となった。
・米政府高官が、イタリアで12-13日に開催されるG7財務相中銀総裁会議で、トランプ政権が目指す貿易赤字削減に向け、輸出が不利になるドル高を改めてけん制する考えを明らかにしたと報じている。
・米財務省高官が11-13日にイタリアで開くG7財務相・中銀総裁会議で「通商問題は主要議題とならない」との見方を示した、と報じている。米高官は「今回は2国間で通商問題を協議し、G7全体としては月末の首脳会議で議論する」と指摘したという。
・アメリカの財務省高官は、今月12日から開かれるG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議を前に、為替政策をめぐって、通貨の競争的な切り下げを回避することが重要だという考えを示した。為替政策をめぐって、この高官は「すべての国にとって、為替に関するG7やG20でのこれまでの合意に従って、通貨の競争的な切り下げを回避することが重要だ」と述べ、輸出を有利にするため、通貨を意図的に安く誘導するべきではないという考えを示した。
・米主要メディアは10日、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏が数日前、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑の捜査を加速するため、態勢の強化を司法省に求めていたと伝えた。連邦議員らが明らかにした。トランプ政権は10日、解任は正当だとの主張を繰り返した。疑惑捜査はトランプ大統領の側近らとロシアの不透明な関係の解明が焦点。結果次第で政権は打撃を受けるため、野党民主党はトランプ氏が捜査妨害を狙ってコミー氏を解任したと非難している。政権は真っ向から否定しており、FBI長官の異例の解任を巡り、米政界は揺れている。
・米国防情報局は、北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)に重大な欠陥があるという分析を示した。

[2017-05-10][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは1.572%、応札倍率は2.76倍。
・ロス米商務長官「ドルが強過ぎるわけではない、他通貨が弱過ぎる」「年内3%成長達成は困難」
・米ホワイトハウス「トランプ米大統領がコミーFBI長官を解任」
・米国のスパイサー報道官は、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱に関する問題について、トランプ大統領はアドバイザーの見解に耳を傾けており、決定は当初の予定通りG7首脳会議から帰国した後になるとの考えを示した。
・ロス米商務長官「米国を除いた形のTPP協定を目指す動きがあるが、我々は反対しないと思う」と述べ、11ヵ国による議論を妨げることはないという考えを示した。
・米ホワイトハウスは9日、トランプ米大統領が10日にラブロフ・ロシア外相と会談すると発表した。

(最終更新日時 2017-05-21 16:22)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース