中国政府関係の発言・ニュース

中国国旗

 中国政府関係者による発言や、為替相場を代表とする相場に影響を与える可能性の高いニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の中国政府関係者による発言や、またそれに伴ったニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは複数の人物による数値となります。

 日本を抜き、世界GDP2位となった中国政府関係の発言は、世界のトレーダーからの注目を集めるようになってきています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国外務省は、11月に開かれた中国とアフリカ53ヵ国による「中国アフリカ協力フォーラム」閣僚級会議で採択された文書を公表した。国際問題や新型コロナウイルスへの対応で連携することを確認。アフリカが来年の北京冬季五輪を支持し、「スポーツの政治問題化に反対する」とも明記されている。
・中国外交担当トップの楊共産党政治局員は、訪中した韓国の徐国家安保室長と天津で会談した。中韓関係や朝鮮半島情勢などが議題となったほか、文大統領が提案した朝鮮戦争の終戦宣言も議論されたとみられている。
・中国の不動産開発会社、佳兆業集団の投資家は4億ドル相当の12月償還債の交換案を拒否した。
・共同通信によると、中国広東省政府は3日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の中核子会社に、経営正常化に向けた政府の作業チームを派遣すると発表した。同日、恒大トップの許家印主席を呼び出して事情を聴き、恒大の要請で決めたとしている。今後、地方政府レベルで恒大の危機回避に向けた動きが進む可能性がある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国政府関係の発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国外務省は、11月に開かれた中国とアフリカ53ヵ国による「中国アフリカ協力フォーラム」閣僚級会議で採択された文書を公表した。国際問題や新型コロナウイルスへの対応で連携することを確認。アフリカが来年の北京冬季五輪を支持し、「スポーツの政治問題化に反対する」とも明記されている。
・中国外交担当トップの楊共産党政治局員は、訪中した韓国の徐国家安保室長と天津で会談した。中韓関係や朝鮮半島情勢などが議題となったほか、文大統領が提案した朝鮮戦争の終戦宣言も議論されたとみられている。
・中国の不動産開発会社、佳兆業集団の投資家は4億ドル相当の12月償還債の交換案を拒否した。
・共同通信によると、中国広東省政府は3日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の中核子会社に、経営正常化に向けた政府の作業チームを派遣すると発表した。同日、恒大トップの許家印主席を呼び出して事情を聴き、恒大の要請で決めたとしている。今後、地方政府レベルで恒大の危機回避に向けた動きが進む可能性がある。

[2021-12-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国の劉鶴副首相は11月30日、2021年初頭以来中国経済は回復を続けているとの見方を示し、経済成長や雇用、物価、国際収支はおおむね正常であることから21年全体の中国経済成長は目標を上回ると指摘した。また、2022年を見据えて、中国政府はマクロ政策の継続性や安定性、持続可能性を維持し、中小企業や外国企業にとって最適な環境を作るよう努めると説明。22年の中国経済成長見通しにも非常に自信を持っていると述べた。『AAストックス』が1日伝えた。
・時事通信によると、中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、安倍晋三元首相が台湾の民間シンクタンク主催のフォーラムで、台湾に軍事的圧力を強める中国を強くけん制したことについて、「強烈な不満と断固たる反対」を表明するとともに、外交ルートを通じて厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。汪氏は安倍氏の発言を「公然とでたらめを言った」と批判。その上で「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」と警告した。
・中国外務省は、華外務次官補が、垂駐中国日本大使と緊急会談し、安倍元首相の台湾問題をめぐる発言について、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。一方、日本大使館によると、垂氏は安倍氏がすでに日本政府を離れていることから「政府として説明する立場にない」などと反論したという。
・ロイターは、中国の不動産開発業者3社が国内で社債を発行し、総額180億元(28億3000万ドル)を調達する計画だと報じている。1日の当局への申請で明らかなったという。

[2021-11-30][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国政府の在ウィーン国際機関代表部は、イラン核合意再建に向けた協議についてツイッターで、「王大使が合同会議で対話と交渉がイラン核問題を解決する唯一の正しい道。米国がイランのほか、中国など第三国に科している、核合意に矛盾するすべての制裁を解除すべきだと訴えた」と指摘した。
・ロイター通信によると、中国の内モンゴル自治区にあるエレンホト市と、ロシアとの国境に位置する北東部の綏芬河市で、鉄道による商品(コモディティー)輸入の一部を停止した。新型コロナウイルスが海外から流入するリスクを抑制することが狙い。
・中国外務省の趙副報道局長は記者会見で、来年2月開幕の北京冬季五輪に新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が与える影響に関し、「確かにいくらかの挑戦をもたらすと思う。しかし中国はコロナ対応の経験があり、冬季五輪は予定通り順調かつ成功裏に行われると確信している」と強調した。
・中国と韓国が包括的な経済協力を話し合う中韓経済共同委員会がテレビ会議方式で開かれ、米国が対中国を念頭に半導体などの供給網強化を進めるなか、中国は韓国にデジタル分野での協力を提案した。

[2021-11-29][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国軍は、米下院議員5人が25日に台湾を訪問したことを受け、台湾海峡周辺で「戦闘準備」に向けたパトロールを実施したと発表した。「台湾海峡の現在の状況に対応するために関連する行動が必要だ。台湾は中国の領土の一部であり、国家主権と領土を守ることはわが軍の神聖な使命である」などと指摘している。
・中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、米議員団の台湾訪問に反発する社説を掲載、米台が結束を深めれば「台湾の離島が中国大陸に解放される」事態もあり得ると主張した。中国軍による台湾の離島の金門、馬祖、澎湖などの占拠を示唆したとみられ、軍事圧力が一段と強まりそうだ。
・台湾国防部(国防省)は、中国の軍用機計27機が28日、台湾の防空識別圏に一時進入したと発表した。24時間以内にこれだけの規模の中国軍機が進入するのは、10月4日の56機以来となる。
・中国の王国務委員兼外相は、ロシアのラブロフ外相、インドのジャイシャンカル外相との3者会談をオンラインで行った。王氏は、米国が来月開く「民主主義サミット」を「分裂と対立をつくり出す」と非難した。インドは同サミットに招かれている。
・中国の王国務委員兼外相は、訪中したデンマークのコフォズ外相と会談した。王氏は中国とEUが干渉を排して安定した関係を築くべきだと訴え、デンマークが「建設的な役割」を果たすよう期待を表明した。欧州では中国離れが加速している。
・ロイター通信によると、中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙「環球時報」は29日、北京冬季五輪の外交的ボイコットを検討している西側の政治家を五輪に招待する計画はないと伝えた。匿名筋の話として報じた。バイデン米大統領とジョンソン英首相は北京冬季五輪の外交的ボイコットを検討している。環球時報によると、匿名筋は、米国の政治家を北京冬季五輪に招待していないと発言。新型コロナウイルスの感染リスクがあるため、多数の外国人を招待する計画もないと述べた。大国の指導者で中国の招待に応じたのは、ロシアのプーチン大統領のみとなっている。

[2021-11-26][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国外務省の趙報道官は記者会見で、米商務省が中国企業12社に制限を課すと決定したことについて強く反対した。そのうえで、中国は自国の企業の合法的な権利と利益を守るためにあらゆる必要な措置をとる、と述べている。
・中国国防省の呉報道官は記者会見で、中国軍が極超音速兵器を搭載できる新型弾道ミサイル「東風(DF)17」をすでに相当数配備していることを明らかにした。現在の米国のミサイル防衛(MD)では迎撃不能とされており、米国や日本、台湾などに対する脅威が増しているとみられる。
・時事通信によると、中国の昨年の出生率が、1949年の建国以来最低の8.5となったことが、先週公開された国家統計局の年鑑で明らかになった。労働人口の急速な高齢化や経済成長の鈍化、人口増加の減速による人口危機が浮き彫りとなった。
・ブルームバーグは、中国が滴滴に米上場廃止を要請、セキュリティー懸念で、と報じた。

[2021-11-25][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国の国営メディアは、中国が投資を促進するために2021年の残枠で地方政府特別債の発行ペースを加速させる、と報じている。経済が減速しているなかでの措置となる。国務院(内閣に相当)の発言として伝えた。国務院は定例閣議後、地方政府の債務リスクを抑える一方で、地方政府が効果的な投資を拡大するためにより積極的な役割を果たすべきと表明したという。
・ロイターは、中国が、戦略石油備蓄の放出について必要に応じて実施するとし、米国からの要請に従うかどうかについて明言を避けたと報じている。バイデン米政権は23日、日本や中国、インド、韓国、英国と協調し、石油価格の抑制に向け、戦略石油備蓄を放出すると発表。米政府高官によると、米国が中国など主要消費国と協調して備蓄を放出するのは初めて。
・中国国家発展改革委員会は、1ヵ月前に行った石炭業界への調査に関する暫定結果を公表した。これによると、石炭の価格指数を提供する一部企業がコンプライアンス(法令順守)に違反していることが判明した。
・中国商務省「米国のエンティティリストは米中関係に良くない」「中国企業への米国の制裁に反対」
・ロイター通信によると、中国国防省は25日、台湾を巡る妥協の余地はなく、米国はこの問題に幻想を抱いてはならないという見解を示した。

[2021-11-24][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国国防省は、魏国務委員兼国防相とロシアのショイグ国防相が、オンラインで会談し「合同パトロール」を強化することで一致したと発表した。中露は19日に日本海や東シナ海の空域で爆撃機による合同パトロールを実施したばかり。こうした動きを今後も続けるとみられている。
・中国の李克強首相はこのほど上海を視察した際、電力は経済運営の原動力だと述べた上で、電力と石炭の安定供給を確保して一部の地域で起こった電力不足の問題を解決し、深刻な電力不足で企業が生産停止に追い込まれる「限電停産」が新たに発生することを防止すると発言した。エネルギー効率を向上させる高度な技術を取り入れ、石炭のクリーン化による効率的な利用を促進し、グリーンで低炭素な発展を推進していく。『信報』が23日伝えた。

[2021-11-23][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国国営メディアは、李首相が、中国経済は新たな下向き圧力に直面していると認識しながらも、積極的に次々と景気対策を打ち出すのは避ける必要があるとの考えを示したと報じている。
・中国外務省の趙報道官は記者会見で、英政府などが北京冬季五輪の「外交的ボイコット」を検討しているとの報道に対し、「騒ぎ立てても、各国のスポーツ選手の利益を害するだけだ」と反発した。
・中国軍「米海軍の駆逐艦ミリウスは台湾海峡を通過し、安全保障上の危険をもたらした」「我々は主権を保護するだけでなく、脅威や挑発を撃退するために必要なすべての措置を講じる」
・共同通信によると、中国外交当局は23日までに、米英からオーストラリアへの原子力潜水艦導入支援計画について「核拡散の深刻なリスクだ」として凍結を要求、解決策を協議する国際原子力機関(IAEA)の特別委員会設置を提起した。原潜には核物質の軍事転用を防ぐIAEAの保障措置(査察)を効果的に適用できないと指摘している。
・ロイター通信によると、中国外務省の趙立堅報道官は23日の定例会見で、同国の女子テニス選手、彭帥さんの安否が懸念されている問題について、「特定の人々」は「悪意あるでっち上げ」をやめるべきだと強調した。また、この問題を政治化すべきではないと述べた。
・共同通信によると、中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、来年2月4日に開かれる北京冬季五輪の開会式にロシアのプーチン大統領が出席する方向で調整していると定例記者会見で明らかにした。国際社会で「外交ボイコット」の声が上がる中、中国を支持する国があるとアピールする狙いとみられる。
・共同通信によると、中国の2020年の出生率が1949年の建国以来、最低水準となり、注目を集めている。出生数が死亡数を上回る「自然増」も数十年で最も低い水準となった。新型コロナ感染の影響で婚姻の件数が減ったことなどが原因とみられ、近く人口減少に転じるとの見方が強まっている。
・中国外交当局は、米英から豪州への原子力潜水艦導入支援計画について「核拡散の深刻なリスクだ」として凍結を要求、解決策を協議する国際原子力機関(IAEA)の特別委員会設置を提起した。原潜には核物質の軍事転用を防ぐIAEAの保障措置(査察)を効果的に適用できないと指摘している。
・中国軍で台湾や東シナ海を管轄する「東部戦区」の報道官は、米ミサイル駆逐艦の台湾海峡を通過について、「米側の振る舞いは地域の安定を破壊するものだ。戦区部隊は一切の挑発行為に断固抵抗する」と反発した。

[2021-11-22][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・中国紙(毎日経済新聞など)によると、中国国家統計局は、昨年、人口1000人当たりの新生児数を意味する出生率が、8.52人を記録し、これは1978年の統計調査開始以来、最も低い出生率となったようだ。
・報道によると、行方が分からなくなっていた中国の女子テニスの彭帥選手が11月21日、北京で開かれたジュニア大会に来賓として出席していたようだ。大会の主催者が中国の対話アプリ「微信」の公式ページで写真を公開。
・中国国営メディアは、習国家主席が、広域経済圏構想「一帯一路」のリスクの防止と管理を強化する方針を示したと報じている。一帯一路は引き続き機会を提供しているが、国際環境は複雑さを増していると指摘したという。
・中国の国家市場監督管理総局は、電子商取引のアリババ・グループやJDドットコム(京東商城)、検索サイトの百度(バイドゥ)などに対し、過去の買収や提携43件に当局への報告漏れがあったとして罰金を科すと発表した。もっともも古い案件は2012年まで遡るという。
・中国外務省は、リトアニアとの外交関係を格下げしたと発表した。リトアニアが今月、事実上の大使館である台湾の代表機関設置を認めたことを受けた措置になる。
・中国の北京市政府は、市中心部にある天安門広場への観光客の入場を12月15日から予約制にする。新型コロナウイルスの防疫対策のためとしており、来年2月の北京冬季五輪を控え、警戒態勢を強化するとみられる。終了時期は示していない。
・米紙NYタイムズは社説で、中国の著名テニス選手、彭帥さんが張元副首相から性的暴行を受けたと告白、所在不明となっている問題をめぐり、中国が隠蔽に躍起と批判した。そのうえで、北京冬季五輪開催国としての適格性に疑問を呈している。
・ロイター通信によると、銀行関係者2人が明らかにしたところによると、中国の金融規制当局は一部の国内銀行に対し、不動産プロジェクト向けの融資を増やすよう指示した。不動産業界の資金繰り悪化を若干緩和する狙いがあるとみられる。
・銀行関係者2人がロイターに明らかにしたところによると、中国の金融規制当局は一部の国内銀行に対し、不動産プロジェクト向けの融資を増やすよう指示した。ロイター通信が伝えたもの。
・英紙フィナンシャル・タイムズは21日、中国が7月に実験した極超音速兵器が、音速の5倍以上の速さで南シナ海上空を滑空中にミサイルを発射していたと報じた。共同通信が引用して伝えたもの。
・ロイター通信によると、中国国務院(内閣)は22日、原材料価格の高騰や電力不足、最近の新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている中小企業への金融支援を強化する方針を示した。

[2021-11-19][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグは、中国が戦略石油備蓄の放出を進めていることを明らかにした、と報じている。バイデン米大統領と中国の習国家主席は今週の首脳会談で、両国の戦略石油備蓄を放出する利点について話し合っていた。中国による石油備蓄の放出は、世界の2大石油消費国である米中がエネルギーコストの抑制に向けて協力する姿勢であることを示唆する動きだ。
・経営危機に陥った中国不動産大手、中国恒大集団は、保有する傘下のインターネットサービス会社の株式すべてを21億2700万香港ドル(約310億円)で売却すると発表した。資金繰りが逼迫するなか、当面必要な資金を確保する狙いとみられる。
・中国政府系紙の証券日報は、政府が税金減免および手数料削減を追加で実施する可能性が高いと報じている。記事は識者の分析に基づいており、そのひとりは削減額は5000億元(783億1000万ドル)以上に上ると予想した。
・中国外務省※台湾がリトアニアに代表機関を開設したことについて「中国は主権を守るためにあらゆる必要な措置を講じる」「リトアニアは自らがしたことの代償を払わなければならない」
・李克強中国首相「人民元のレートは基本的に安定している」「中国経済は新たな下落圧力に直面している」「高い商品価格の圧力を軽減するための措置を講じる」
・ロイター通信によると、中国の李克強首相19日に行われた財界人との会合で、国内経済は新たな下方圧力に直面しており、内外の情勢は依然として複雑で厳しいとの認識を示した。国営新華社通信が伝えた。李氏は商品価格の上昇によって川下の中小企業が受けている圧力を緩和する措置を取る考えを示した。また人民元相場を基本的に安定させると表明した。企業の手数料や税負担を軽減するための新たな措置を検討すると述べた。
・債務危機に揺れている中国不動産大手、中国恒大集団(03333)が広東省の広州市、佛山市など15都市などで手掛ける63件の不動産開発プロジェクトについて、中断していた建設工事が全面的に再開した。同社の珠江デルタ地区部門が対話アプリ「微信」の公式アカウントを通じて明らかにした。引き続き物件の受け渡しと品質の確保に務めるとしている。『香港経済日報』が19日伝えた。

(最終更新日時 2021-12-04 12:27)

中国政府関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース