ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが今年1-6月に、ガソリンやディーゼル燃料など石油製品の北朝鮮への輸出を前年比で倍増させていたことが露税関当局の資料から明らかになった、と報じている。北朝鮮の核・ミサイル開発への国際的な非難が高まるなか、同国を経済面で支えるロシアの姿勢が改めて鮮明になったという。
・駐ロシア米大使館は21日、ロシアでの米国査証(ビザ)発給を大幅に縮小していく方針を明らかにした。米国の対ロシア制裁強化法への報復で、ロシアが米外交官の大幅削減を要求したことを受けた措置。米大使館は声明で、移民以外のビザ発給を8月23日からロシア全土で一時停止すると発表。9月1日に「大幅に規模を縮小して」発給審査を再開する意向を示した。この措置は、米国への観光旅行を望むロシア国民がモスクワまで出向かなければならないことを意味する。モスクワ以外の米総領事館は利用できなくなる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが今年1-6月に、ガソリンやディーゼル燃料など石油製品の北朝鮮への輸出を前年比で倍増させていたことが露税関当局の資料から明らかになった、と報じている。北朝鮮の核・ミサイル開発への国際的な非難が高まるなか、同国を経済面で支えるロシアの姿勢が改めて鮮明になったという。
・駐ロシア米大使館は21日、ロシアでの米国査証(ビザ)発給を大幅に縮小していく方針を明らかにした。米国の対ロシア制裁強化法への報復で、ロシアが米外交官の大幅削減を要求したことを受けた措置。米大使館は声明で、移民以外のビザ発給を8月23日からロシア全土で一時停止すると発表。9月1日に「大幅に規模を縮小して」発給審査を再開する意向を示した。この措置は、米国への観光旅行を望むロシア国民がモスクワまで出向かなければならないことを意味する。モスクワ以外の米総領事館は利用できなくなる。

[2017-08-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・露メディアSputnikは軍事専門家の見解を引用し、2014年のマイダン革命後の混乱の中でウクライナからミサイル技術が北朝鮮に漏えいした可能性が高いと伝えた。

[2017-08-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア連邦保安局が、モスクワにある商業施設や交通関連施設など多数の人が集まる場所を狙った爆弾テロを計画したとしてロシア人1人と中央アジア国籍の3人の計4人を拘束し、テロを阻止したと報じている。4人のうち中心人物は過激派組織ISの関係者だという。

[2017-08-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・昨年の大統領選を巡るロシア干渉疑惑を捜査しているモラー特別検察官が、プリーバス前大統領首席補佐官らの聴取をホワイトハウスに要請した、と報じている。

[2017-08-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍の極東地域を管轄する東部軍管区が、北方領土で千人以上の兵士や約100両の戦車などが参加した軍事演習を開始したと発表した。
・ラブロフ露外相「北朝鮮を巡る緊張の緩和に向けロシアと中国による共同計画がある」

[2017-08-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・「モラー特別検察官、ロシア問題調査で大陪審を設置」などと報じた。

[2017-08-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官が、トランプ米大統領の対ロシア制裁強化法案署名に対し、米国に対する新たな報復措置は取らない方針を明らかにしたと報じている。

[2017-08-01][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、北朝鮮による28日のミサイル発射についての見解を公表した。そのなかで、「国連安全保障理事会決議に正面から違反した」と非難する一方で、日米韓3ヵ国を名指しで「軍事的な活動を強めている」と懸念を表明している。

[2017-07-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は28日、米上院が対ロシア制裁強化法案を可決したことの報復措置として、米政府に対して9月1日までに在ロシアの外交官を削減するよう要求した。
・ロシア外務省はウエブサイトで米国の駐ロシア外交官の減員を要請した。要請では9月1日までに455人に減らすことを求めている。

[2017-07-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国営のロシア・トゥデイ(RT)テレビは、トランプ米大統領の長男であるトランプ・ジュニア氏が昨年の米大統領選挙期間中に面会したロシア人弁護士、ベセルニツカヤ氏がインタビューにおいて、昨年6月にマンハッタンのトランプタワーで行われた会合をめぐる動向を「集団ヒステリー」と形容。「弁護士を通して米議会上院で詳細を明らかにする用意がある」と述べたと報じている。

(最終更新日時 2017-08-22 04:03)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース