ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア上院は15日、来年の大統領選挙の日程について採決を行い、3月18日に実施することを承認した。
・ロシアのモルグロフ外務次官は15日、同国は北朝鮮を経済的に締め付けるような制裁実施の用意はないと述べた。インタファクス通信が報じた。また、報道によると、外務次官は北朝鮮への圧力が「レッドライン」に近づいていると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2017-12-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア上院は15日、来年の大統領選挙の日程について採決を行い、3月18日に実施することを承認した。
・ロシアのモルグロフ外務次官は15日、同国は北朝鮮を経済的に締め付けるような制裁実施の用意はないと述べた。インタファクス通信が報じた。また、報道によると、外務次官は北朝鮮への圧力が「レッドライン」に近づいていると述べた。

[2017-12-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・RIAによると、ロシアと北朝鮮が危険な軍事行動の防止策を協議している。

[2017-12-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・インタファクス通信は、ロシアのラブロフ外相が、朝鮮半島情勢について「高温相(hot phase)」に移行するリスクがあるとの見解を示したと報じている。
・ロシア国防省は、中露両軍がミサイル迎撃を想定した合同の図上演習を北京で開始したと発表した。北朝鮮の脅威を理由に、北東アジアでミサイル防衛(MD)網を強化する米国などをけん制する意図がありそうだ。

[2017-12-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・インタファクス通信は、ロシアのラブロフ外相が、朝鮮半島情勢について「高温相(hot phase)」に移行するリスクがあるとの見解を示したと報じている。
・ロシア国防省は、中露両軍がミサイル迎撃を想定した合同の図上演習を北京で開始したと発表した。北朝鮮の脅威を理由に、北東アジアでミサイル防衛(MD)網を強化する米国などをけん制する意図がありそうだ。

[2017-12-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、シリアに派遣されたロシア軍が過激派組織IS掃討を「完了した」と発表し、勝利宣言を行った。ロシア軍高官が記者会見し「テロ組織ISがシリアでつくり上げていた武装勢力の壊滅という派兵の目的をロシア軍はやり遂げた」と発表している。
・ロシア外務省は、ラブロフ外相が米国のティラーソン国務長官と会談を行ったと発表した。そのなかでラブロフ氏は、米韓合同軍事演習、および米国の挑発的な発言は朝鮮半島の緊張の高まりにつながっているとの見解を伝えたという。

[2017-12-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのリャプコフ外務次官は、ラブロフ外相と米国のティラーソン国務長官が7日にウィーンで会談することを明らかにした。会談は欧州安全保障協力機構(OSCE)閣僚級会合の場で行われ、北朝鮮をめぐる情勢について議論される見込みだという。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、関係者の話として、ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官が、欧州大手銀行のドイツ銀行に、トランプ大統領との取引に関する資料提出を求める召喚状を出したと報じている。
・国際オリンピック委員会(IOC)は5日、国家ぐるみのドーピングを理由にロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決定した。ただし、一定条件をクリアした選手については、個人資格での参加を認めている。

[2017-12-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、プーチン大統領が昨年、米国の新たな対露制裁に対応しないことを自らの意思で決定したとし、フリン前米大統領補佐官の影響は受けていないとの見解を示した。

[2017-12-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・北朝鮮を訪問し同国最高人民会議の金常任委員長らと会談したロシア下院議員団が、「北朝鮮側は世界の複雑な問題はロシアなしには解決しない」と述べ、朝鮮半島の安定に向けロシアが参加した交渉なら検討すると語った、と報じている。

[2017-12-01][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ヘイリー米国連大使が、すべての国連加盟国に対して北朝鮮とのあらゆる関係を断つよう呼びかけたことについて、「否定的に捉えている」と述べた。そのうえで、「最近の米国は、北朝鮮が過激な行動をとるよう挑発しているように見える。北朝鮮を壊滅させる口実を見つけたいのならば、はっきりそう言えばよい」「制裁の強化は意味がない」と述べ、米国の対応が北朝鮮を追い詰めているとの考えを示している。
・11月27日から北朝鮮を訪問していたロシア超党派議員団のパシン下院議員は1日、会談した北朝鮮指導部が「北朝鮮に対する圧力が増せば、さらに臨戦態勢を強める」と語ったと明らかにした。インタファクス通信が報じた。

[2017-11-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍が千島列島中部のマトゥア(松輪)島と北部パラムシル(幌筵)島に基地を建設し、最新鋭の地対艦ミサイル「バル」と「バスチオン」の配備を計画していると報じている。来年に配備を開始するという。
・ロシア国連大使「北朝鮮ミサイル発射に深い失望」

(最終更新日時 2017-12-16 00:58)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース