ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのマトビエンコ上院議長と北朝鮮の安最高人民会議副議長が、サンクトペテルブルクで会談したと報じている。そのなかで、安氏は「核戦力が国と国民を守るための唯一の有効な手段」と主張したという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのマトビエンコ上院議長と北朝鮮の安最高人民会議副議長が、サンクトペテルブルクで会談したと報じている。そのなかで、安氏は「核戦力が国と国民を守るための唯一の有効な手段」と主張したという。

[2017-10-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアで行われている国際会議に参加している北朝鮮代表団は、記者団に対し「米国が核による威嚇をやめて、我々への敵対政策を放棄しない限り、向き合って座る必要はない。韓国も米国もだ」と述べ、米韓との早期対話観測を否定した。
・ロシアの通信社各社によると、ロシア上院のマトビエンコ議長は北朝鮮の核実験を非難し、同国と国際社会にすべての国連決議を守るよう呼びかけた、と報じた。韓国国会の代表団との会談で述べた。代表団はサンクトペテルブルクで開催されている国際会議に出席している。

[2017-10-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、ラブロフ外相が、ティラーソン米国務長官と電話会談したと発表した。そのなかで、米政府による在米ロシア公館閉鎖は「違法」として、訴訟準備を進めていると改めて表明したという。
・ロシア国防省アレクサンドル・エメリヤノフ報道官の話を引用し、米国防総省は即時全地球攻撃(PGS)の攻撃兵器の製造に乗り出したと伝えた。

[2017-10-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省で中東問題を担当するボグダノフ次官は、長年対立が続き去年1月から国交を断絶しているイランとサウジアラビアについて、「『両国が接触する場を提供する準備がある』と双方に話をしている」と述べ、双方の関係改善に向けて仲介する用意があると明らかにした。
・ロシア外務省の高官は、国交を断絶しているイランとサウジアラビアの関係改善に向けて仲介する用意があると明らかにし、中東の大国の関係を取り持つことができると強調することで、ロシアの影響力を高めたい狙いがあると見られている。

[2017-10-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、ロシア駐在の米外交官を300人以下に削減するよう求める可能性がある。ロシア通信(RIA)が11日、外務省北米部のトップであるグレゴリー・ボリシェンコ氏の発言として報じた。ロシア政府は7月、外交関係の悪化から米国にロシア駐在の外交官と技術職員を約6割削減し455人とするよう求めた。

[2017-10-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・北朝鮮訪問を終えたロシア下院のモロゾフ議員へのインタビューとして、北朝鮮が近く発射実験を計画するミサイルは過去に発射されたものと同型だが、エンジンの推進力を強化し、到達距離などの性能を高めた大陸間弾道ミサイル(ICBMM)だと報じている。
・ロシアと中国が、週末にトランプ米大統領の示した北朝鮮への対応をめぐる発言を受け、自制を要請したと報じている。トランプ大統領は北朝鮮への対応で「効果があるのはひとつだけ」と発言し、軍事行動を視野に入れていることを示唆していた。
・ロシアのラブロフ外相は、米国のティラーソン国務長官と電話会談を行い、朝鮮半島におけるいかなる緊張の高まりも容認できないとの考えを伝えた。外交的な手段のみを通して対立を解決するよう呼び掛けたという。
・トランプ米大統領は、自身のツィッターに、「北朝鮮に対する米国の過去の政策は機能しなかった」「わが国は25年間、北朝鮮に数十億ドルを与えながら何も得られず、取り組みは失敗してきた」などと書き込んだ。

[2017-10-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・北朝鮮を訪問したロシア下院のモロゾフ議員が、北朝鮮が近く米国の西岸に到達可能な長距離ミサイルの発射実験を計画していると述べたと報じている。

[2017-10-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア訪問中のサウジアラビアのサルマン国王は、プーチン大統領とモスクワで会談し、「世界の原油市場の安定に向け、ロシアと協力を継続する」と表明した。両国は世界有数の産油国で、今年1月から協調して原油の減産を行っている。
・ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑を調査している上院情報委員会のバー委員長とワーナー副委員長は記者団に対し、トランプ陣営がロシア側と共謀したかどうかが依然として未解決だと指摘した。 両氏はまた、今後の国内選挙にロシアがもたらすリスクについて警鐘を鳴らしている。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、ロシア政府のハッカーが、米政府のサイバー防衛に関する情報を盗んでいたことが、関係筋の話で分かったと報じている。

[2017-10-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は記者会見で、北方四島での日露の共同経済活動の具体化に向けた日本側の2回目の現地調査について、今月末に実施されるとの見通しを示した。

[2017-10-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア連邦保安庁は、モスクワ市内で9月に計画されていたテロ攻撃を阻止したと発表した。拘束された男らはロシアの北コーカサス地方出身で、過激派組織ISとの関わりがあったという。モスクワ市内の人通りの多い場所や駅などで、9月中に爆発物を爆破させる予定だった。
・ロシアのノバク・エネルギー相は3日、今週モスクワで開かれる石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の会合について、石油輸出が主要な議題になるとの考えを明らかにした。

(最終更新日時 2017-10-18 00:19)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース