ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ラブロフ露外相(ティラーソン米国務長官との電話会談で)「米国の対ロシア制裁は米露関係を脅かす」
・ロシア政府の米大統領選介入疑惑を捜査するモラー特別検察官のチームがトランプ大統領による司法妨害の可能性を調べるため、コーツ国家情報長官とロジャーズ国家安全保障局長から先週中に事情を聴いたと報じている。
・RIAによると、ロシア海軍がシリア内のIS目標に向けて、巡航ミサイル6発を発射した。
・ロシア上院のオゼロフ国防委員長は23日、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のバグダディ容疑者が殺害された可能性は100%に近いとの見方を示した。インタファクス通信が伝えた。報道によると、オゼロフ委員長は「この情報は100%に近いと思う」と述べ、「ISがバグダディ容疑者を依然として表に出していないことも、同氏が殺害されたという確信を強める理由だ」と語った。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ラブロフ露外相(ティラーソン米国務長官との電話会談で)「米国の対ロシア制裁は米露関係を脅かす」
・ロシア政府の米大統領選介入疑惑を捜査するモラー特別検察官のチームがトランプ大統領による司法妨害の可能性を調べるため、コーツ国家情報長官とロジャーズ国家安全保障局長から先週中に事情を聴いたと報じている。
・RIAによると、ロシア海軍がシリア内のIS目標に向けて、巡航ミサイル6発を発射した。
・ロシア上院のオゼロフ国防委員長は23日、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のバグダディ容疑者が殺害された可能性は100%に近いとの見方を示した。インタファクス通信が伝えた。報道によると、オゼロフ委員長は「この情報は100%に近いと思う」と述べ、「ISがバグダディ容疑者を依然として表に出していないことも、同氏が殺害されたという確信を強める理由だ」と語った。

[2017-06-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・米FOXニュースは、複数の米政府当局者の話として、ロシア軍のスホイ27戦闘機が19日にバルト海上空で米軍電子偵察機RC135に約1.5メートルまで異常接近したと報じている。ロシア機は両翼に空対空ミサイルを搭載した状態で、米軍機に向かってきたという。
・ロシア大統領府は21日、ウクライナ情勢を巡り米国が新たな対ロ制裁を発表したことについて、さまざまな報復措置を検討していると明らかにした。
・ロシアのタス通信は21日、ショイグ国防相が乗った航空機がバルト海上空を飛行中、北大西洋条約機構(NATO)の戦闘機F16に接近されたと報じた。F16はロシアの軍用機に追跡され去ったという。タス通信によると、F16は公海上空にもかかわらずロシア機に接近しようとしたもよう。ショイグ国防相は西部の飛び地であるカリーニングラードへ向かう途中だった。

[2017-06-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの通信社は、同国国防省が、米国の戦闘機によるシリア軍機撃墜を受けて、空軍が展開するシリア上空における飛翔体は、すべて標的と見なすとの立場を示したと報じている。

[2017-06-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、訪露したカタールのムハンマド外相とモスクワで会談し、アラブ諸国との断交について「混乱の拡大を懸念しつつ見詰めている。友好国同士の関係悪化はよろしくない。対話で解決してほしい」と表明した。

[2017-06-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は、カタールの通信社がハッキング被害に遭ったとする問題で、米CNNがロシアの痕跡が存在すると報道したことについて根拠がないと述べた。

[2017-06-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとトランプ陣営の癒着疑惑捜査を監督するモラー特別検察官が、フリン前大統領補佐官のトルコとの関係をめぐる大陪審の捜査についても、指揮権を握る方向で捜査を拡大していることが関係筋の話で分かった、と報じている。

[2017-06-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとトランプ陣営の癒着疑惑捜査を監督するモラー特別検察官が、フリン前大統領補佐官のトルコとの関係をめぐる大陪審の捜査についても、指揮権を握る方向で捜査を拡大していることが関係筋の話で分かった、と報じている。

[2017-05-31][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・大統領選へのロシア介入疑惑に関する議会の調査で、トランプ大統領の顧問弁護士のコーエン氏が調査の対象になっていると報じている。
・ロシア政府が米大統領選にトランプ大統領陣営と協力して介入した疑惑で、フリン前大統領補佐官が上院情報特別委員会に関係書類の一部を提出することに同意した、と報じている。フリン氏は一切の協力を拒否していたが、議会からの反発を警戒し軟化したとみられている。

[2017-05-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのチトフ第1外務次官が、北朝鮮による新たな弾道ミサイル発射について「当然非難するし、状況に懸念を抱いている」と表明したと報じている。また、関係各国に対し「軍事活動を含め、自制するよう」呼び掛けたという。

[2017-05-25][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア下院は、来年予定される大統領選の投票日を3月18日とする修正法案を可決した。2014年にロシアがウクライナ南部クリミア半島を強制編入した日に当たり、プーチン政権は愛国主義を宣伝して支持獲得を狙う意味がありそうだ。
・ロシアのノバク・エネルギー相は、参加した会合後の会見で、石油輸出国機構(OPEC)内外の主要産油国が協調減産を2018年6月までさらに1年間延長する可能性について協議すると明らかにした。
・米CNNテレビは、セッションズ米司法長官が当局の身辺調査に対し、昨年のロシア関係者との接触を申告していなかった、と報じている。今回未申告が明らかになったことで、特別検察官による捜査の対象になる可能性があるという。
・ロシアAPEC研究センターのタチアナ・フレゴントワ所長の見解を引用し、米国はWTOや現在の形式の多角的貿易体制を支持せず、深い改革をする意向との声明をはっきりと出していると伝えた。

(最終更新日時 2017-06-26 02:15)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース