ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省筋のコメントとして「核・ミサイル実験を中止する北朝鮮の決定を歓迎する」と報じている。
・ロシア政府から指令を受けたハッカー集団が今年3月上旬、米国の国防総省や陸軍のシステムに情報を窃取するサイバー攻撃を相次いで仕掛けていたことが22日、分かった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2018-04-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省筋のコメントとして「核・ミサイル実験を中止する北朝鮮の決定を歓迎する」と報じている。
・ロシア政府から指令を受けたハッカー集団が今年3月上旬、米国の国防総省や陸軍のシステムに情報を窃取するサイバー攻撃を相次いで仕掛けていたことが22日、分かった。

[2018-04-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア議会下院のメリニコフ第1副議長は、シリア情勢をめぐり米国が検討していた露制裁の見送りについて、「我々が検討している対抗措置に影響を与えるものではない」と述べ、これまでの制裁に対する対抗措置の検討は続ける方針を示した。
・ロシア国防省は、クリル諸島(北方領土を含む千島列島)で軍事演習を開始したと発表した。軍が駐留する北方領土の国後島や択捉島で行われている可能性がある。
・ロシアのマトビエンコ上院議長は18日、議会に提出された米国による対ロ制裁への対抗法案の採決について「時期を示すのは早すぎる」と述べ、慎重な審議が必要との考えを示した。タス通信が報じた。米ロ関係が冷え込むなか、プーチン政権が緊張緩和を目指して譲歩のメッセージを送ったとの見方も出ている。

[2018-04-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が、ドイツのメルケル首相と電話会談したことを明らかにした。ジュネーブ和平協議やアスタナ会議などの外交ルートを通じてシリア問題を解決する用意があることを確認したという。

[2018-04-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府高官は16日、オランダ・ハーグのロシア大使館で記者団に対し、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団が18日に、化学兵器が使用された疑いのあるシリアの首都ダマスカス近郊の現場に到着するとの見通しを明らかにした。時事通信が引用して伝えた。

[2018-04-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのアントノフ駐米大使が、トランプ米大統領がシリアへの攻撃を発表した国民向け演説でロシアを批判したことについて、「ロシア大統領に向けた攻撃的発言は受け入れられず、容認できない」との声明を発表したと報じている。

[2018-04-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのネベンジャ国連大使は、記者団に対し、シリアに対する軍事行動を控えるよう米国や同盟国に求めた。また米国との戦争の可能性について、「排除できない」との考えを示している。
・ロゴージン露副首相「国際関係を寝起きの気分次第で決めるべきではない」
・「ロシアは米航空会社の空港使用料を引き上げる可能性」と伝えた。
・ロシア議会は13日、米政府が前週課した新たな対ロシア制裁への報復措置として、米国からの財・サービスの輸入を禁止し、経済関係を制限する法案を作成した。下院副議長が法案を提示した。

[2018-04-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は12日、化学兵器が使用された疑惑があるシリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマをアサド政権軍が掌握したと発表した。
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は12日、シリア情勢を巡る偶発的な衝突を回避するための米国とのホットラインについて、双方が使用していることを明らかにした。

[2018-04-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相と北朝鮮の李外相がモスクワで会談した。ラブロフ外相は記者会見で、プーチン大統領と北朝鮮の金朝鮮労働党委員長の首脳会談について「両首脳は定期的にやりとりしており、個人的接触について、適切と見なす時期に議論するだろう」と述べ、開催の可能性に言及している。
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は11日、シリアについて、関係国すべてが既に不安定化している中東情勢をさらに悪化させるような行動を慎むよう期待していると述べ、自制を呼び掛けた。

[2018-04-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は9日、シリア中部ホムス郊外の基地にミサイルを撃ち込んだのはイスラエル軍だと主張した、と報じた。

[2018-04-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相と中国の王毅国務委員兼外相は、モスクワで会談した。北朝鮮問題での連携を確認した一方で、「北朝鮮の非核化を実現するためには、米国による軍事的な圧力を弱めるべき」との立場で一致したという。
・ロシア通信は同国外務省が「米韓軍事演習は朝鮮半島の緊張緩和に寄与しない」と指摘したうえで、米国は朝鮮半島での軍事活動を直ちに停止すべきだとの見解を示したと報じている。
・ロシアのノバク・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の協調減産が年末で期限を迎えた後、ロシアとOPECとの協力を定めた取り決めが無期限のものになる可能性があると述べた。

(最終更新日時 2018-04-24 00:03)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース