ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-02-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領がトランプ米大統領と電話会談し、中東和平問題について協議したと発表した。プーチン氏はその前にパレスチナ自治政府のアッバス議長とモスクワで会談しており、それを受けてアッバス氏は米国への不信感を示し、米国による和平交渉仲介は認めないとの考えを改めて示したという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2018-02-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領がトランプ米大統領と電話会談し、中東和平問題について協議したと発表した。プーチン氏はその前にパレスチナ自治政府のアッバス議長とモスクワで会談しており、それを受けてアッバス氏は米国への不信感を示し、米国による和平交渉仲介は認めないとの考えを改めて示したという。

[2018-02-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの国営テレビは、ラブロフ外相がインタビューで、北方領土問題について「第2次大戦の結果」であり、日本がこれを認める必要があるとする見解を改めて示したと報じている。
・ロシアの運輸調査当局は、モスクワ郊外で離陸直後に墜落した旅客機について、乗客65人と乗員6人の計71人全員が死亡したことを確認したと発表した。当局が事故原因を調べているが、いまのところテロの可能性には触れていない。

[2018-02-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、河野外相が衆議院予算委員会で「核の世界を不安定にしているのは、米国ではなくロシア」と発言したことについて、「軍事的、政治的分野での日露両国の信頼醸成という優先課題に反する」「平和条約交渉を含む2国間関係全般に否定的な影響を及ぼす」と述べ反発した。

[2018-02-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・北朝鮮に駐在するロシアのマツェゴラ大使は、ロシア国内で働く北朝鮮の労働者について、国連安保理の制裁決議に基づいて本国への送還を始めたことを明らかにした。「地方の複数の知事は、すでに労働者を送還し始めた」「極東地域の経済には打撃だが、ロシアは国連安保理の決議を無条件で実行している」と述べ、安保理の制裁決議を順守する姿勢を強調している。

[2018-02-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア議会下院で国防問題を担当するシャマノフ委員長は、記者団に対し、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のポーランドとリトアニアに隣接するロシアの飛び地、カリーニングラード州に核弾頭を搭載できる短距離弾道ミサイル「イスカンデルM」を配備したことを明らかにした。これに対し、リトアニアのグリバウスカイテ大統領が、「欧州諸国にとっての脅威であり、非常に深刻だ」と述べるなど、警戒の声が上がっている。
・ロシアは、対立するNATO=北大西洋条約機構の加盟国に隣接するロシアの飛び地に核弾頭を搭載できる短距離弾道ミサイルを配備したことを明らかにし、周辺国から警戒の声が上がっている。

[2018-02-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、米国が発表した「核戦力体制見直し(NPR)」について、「深く失望した。敵対的で反ロシア的な態度が明白」「米国はロシアが核戦力を近代化させていることに関連づけることで、大幅に核兵器を増強することを正当化している」と批判する声明を発表した。
・同国のノヴァク・エネルギー相が記者団に対し「ロシアは、今年1月、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国と非加盟国による産油量削減に関する合意の取り決めを完全に遵守しており、自国の産油量を日量30万1200バレル削減している」と述べたと報じている。

[2018-02-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府が実効支配している北方領土択捉島の民間空港を、今後は軍民共用とするよう命じる政令を出したと報じている。近年のロシアは北方領土の軍備を急速に増強させており、政令は、択捉島に本格的な空軍部隊を駐留させるための布石である可能性があるという。

[2018-01-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア通信は、モルグロフ外務次官が、北朝鮮に対するものも含め、米国が策定した制裁措置にロシアは従う義務はないとの考えを示した、と報じている。

[2018-01-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は、トランプ米大統領がロイターのインタビューで、ロシアが北朝鮮の制裁逃れを手助けしていると非難したことについて、「ロシアはすべての国際的合意の義務を順守してきたし、今後も順守する」と述べ、遺憾の意を示した。
・ロシアのノバク・エネルギー相が、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相と並んでインタビューに応じ、ロシアは今年末の減産期限終了後もOPECやサウジとの協力を続ける用意があると述べた、と報じている。
・ロシアと米国の外交官は北朝鮮問題を協議する次の会合をモスクワで開く見通し。ロシアのタス通信が20日、モルグロフ外務次官の話として伝えた。日程は未定という。ロイター通信が引用で報じたもの。

[2018-01-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・米紙NYタイムズは、関係筋の話として、ロシアによる2016年の米大統領選干渉疑惑をめぐる捜査で、バノン前米大統領首席戦略官・上級顧問が大陪審での証言のため、モラー連邦特別検察官から召喚されたことが分かったと報じている。

(最終更新日時 2018-02-14 01:23)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース