ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官が、プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が5月3日にロシア南部ソチで会談すると明らかにしたと報じている。シリア情勢を中心に協議するとみられるという。
・ロシアの工作員が昨年の米大統領選期間中にトランプ氏の外交顧問ペイジ氏らを通じてトランプ陣営に浸透しようとしていた、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官が、プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が5月3日にロシア南部ソチで会談すると明らかにしたと報じている。シリア情勢を中心に協議するとみられるという。
・ロシアの工作員が昨年の米大統領選期間中にトランプ氏の外交顧問ペイジ氏らを通じてトランプ陣営に浸透しようとしていた、と報じている。

[2017-04-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのハバロフスクにある連邦保安局が襲撃を受けたと一部通信社が伝えた。なお、少なくとも2名が死亡したようだ。

[2017-04-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ノワク・ロシアエネルギー相「1バレル=50ドル台で推移する現在の原油相場は、生産国と消費国のいずれにも適した水準」「6月末が期限の石油輸出国機構(OPEC)との協調減産だが、半年間の合意はさらに半年延長の可能性を有している」

[2017-04-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ラブロフ露外相「北朝鮮の核・ミサイルに関する冒険的な動きは受け入れられない」「シリアで見たような、米国による一方的な行動を取らないことを期待している」

[2017-04-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は14日、核開発をめぐり北朝鮮と米国の間で緊張が高まっていることに懸念を表明し、関係各国に外交による解決を目指すよう促した。同報道官は記者会見で、全ての関係国が自制し、挑発的な行為を慎むよう求めると述べた。
・ロシア外務省「中ロ外相が北朝鮮について協議した」

[2017-04-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアを訪問しているティラーソン米国務長官は、ロシアのラブロフ外相との会談後、プーチン大統領とも会談し、トランプ米大統領との初の首脳会談に向けて、米国によるアサド政権への軍事行動を受けたシリア情勢について意見を交わしているようだ。NHKが報じた。
・ラブロフ露外相「ティラーソン米国務長官とプーチン露大統領は2時間以上会談した」「会談はオープンで実質的だった」
・ラブロフ露外相「ロシア、シリアの化学兵器攻撃に関する調査を要請した」
・ラブロフ露外相「ロシア、米国はイスラム国打倒という共通の目標を持っている」「米ロは北朝鮮を巡り外交的解決が必要との意見で合意」
・ラブロフ露外相「ロシア、米国は朝鮮半島の状況を懸念している」
・ラブロフ露外相「シリア、外交的な解決が必要」
・ラブロフ露外相「サイバー犯罪に関して協力」「米ロ関係は改善の余地がないとは思わない」
・ロシアの首都モスクワで行われた米ロ外相会談で、焦点となっていた、シリアでの化学兵器の使用やアサド大統領の今後の去就をめぐる立場の違いは埋まらなかったが、双方が冷戦後最悪と言われるほど悪化した米ロ関係の改善に取り組む必要性では一致した。このあと両外相は共同会見を行い、アメリカ軍によるシリアのアサド政権への攻撃をめぐって、ティラーソン長官は「アサド政権が化学兵器を使用した根拠がある」と述べ、攻撃の正当性を改めて主張したのに対し、ラブロフ外相は「確信に満ちた言葉ではなく、実際に存在する証拠を示してほしい」と述べ、OPCW=化学兵器禁止機関による中立的な立場で綿密な調査が不可欠だとの考えを強調しました。

[2017-04-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は、シリアで共同作戦を行うロシア、シリア、イランの3ヵ国外相が、モスクワで近く会談すると明らかにした。シリアのアサド政権に対する米国の軍事攻撃を踏まえたもので、「会談は今週末に計画されている」と述べている。
・ロシア外務省は、ティラーソン米国務長官のロシア訪問について声明を発表した。そのなかで、「米国は対北朝鮮で一方的な武力行使の可能性を示唆している」「国連安保理決議に基づき朝鮮半島の非核化を進めることが重要」「米国務長官の訪露で生産的な対話を期待する」などと表明している。
・ロシアのモルグロフ外務次官は11日、安倍晋三首相が27日から28日にモスクワを訪問し、プーチン大統領と会談すると述べた。米ロが対立を深めるシリア情勢は対日関係に大きな影響を与えていないとの認識も示した。

[2017-04-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・「ロシアの首都モスクワにあるヴヌーコヴォ国際空港から黒煙が上がっている」ようだ。

[2017-04-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、ラブロフ外相とティラーソン米国務長官が電話会談し、米国による攻撃後のシリア情勢を協議したことを明らかにした。米国のシリア攻撃後、米露外相の協議は初めてのことになる。
・ロシアのラブロフ外相は、ドイツのガブリエル外相と電話会談を行った。それに関し「シリアに対する米国の一方的なミサイル攻撃は、侵略的な行動」「米国は今回のシリア攻撃を正当化するための十分の証拠を持っていない」「シリアへのミサイル攻撃は、国際的なテロ対策に反するもの」などと述べた。
・リア・ノーヴォスチ通信によると、ロシア連邦(上院)防衛・安全保障委員会のビクトル・オゼロフ委員長「米海軍打撃群の朝鮮半島への派遣は、北朝鮮指導部を無思慮な行動へ追い立てる恐れがある」

[2017-04-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの国連代表は「シリアでの米国の行動は正当ではない」との見解を示した。また、中国の国連代表は「シリアでは軍事的手段は機能しない」との見方を示したようだ。
・ロシア政府「米国防総省とのシリアホットラインを8日切断する」

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース