日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース

日本銀行(日銀)

 日本銀行(日銀)は日本国の中央銀行で、政策金利(旧・公定歩合)操作、公開市場操作、支払準備率操作等の手法により金融政策を実施し、通貨流通量を調整することで物価と国民経済を安定させるたり、発券銀行として日本銀行券の発行および管理を行うなどの業務を行っている。

 このカテゴリには、複数の日銀関係者による為替相場や株式相場に影響があると考えられる発言や日銀短観レポート(全国企業短期経済観測調査)などの内容もニュースの1部として含まれています。

 政策金利については、世界の政策金利関係の発表・ニュースのカテゴリにおいて、他国と合わせて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は24日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。
・元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは24日の記者向け勉強会で、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策について、現在「ゼロ%程度」としている長期金利目標の引き上げ条件などを事前に示すことは難しいとし、目標を変更する場合はサプライズ戦略になる可能性を指摘した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は24日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。
・元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは24日の記者向け勉強会で、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策について、現在「ゼロ%程度」としている長期金利目標の引き上げ条件などを事前に示すことは難しいとし、目標を変更する場合はサプライズ戦略になる可能性を指摘した。

[2017-04-21][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・26-27日に開く日銀金融政策決定会合後に発表する「展望リポート」で、2017年度の経済成長率見通しを上方修正する方向で調整に入った、と報じている。1月時点に示した1.5%から、1%代後半に引き上げる公算が大きいという。
・日銀は21日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円、不動産投資法人投資口(J-REIT)を12億円買い入れたと発表した。

[2017-04-20][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は20日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2017-04-19][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は19日、金融システムレポートを公表した、その中では「日本の金融システムは安定性を維持」「金融機関間の過度な競争は収益力を弱め経営を不安定化させる」「金融機関でストレス耐性にばらつき、リスク管理の強化が必要」などの見解が示されている。
・日銀は19日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。
・日本経済新聞によると、日銀は19日公表した「金融システムレポート」で、日本の銀行や信用金庫の高コスト体質を指摘した。なかでも中小の地銀は行員1人あたりの業務粗利益が欧州に比べて半分だと試算した。日銀が金融機関の体質改善に深く言及するのは異例だ。金融緩和が長引くなかで、金融仲介機能を担う金融機関の経営難を警戒し、収益源の多様化などの構造改革を求めた。

[2017-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀審議委員候補に片岡剛士氏を政府が国会に提示した。片岡氏は三菱UFJリサーチアンドコンサルティング上席主任研究員。
・政府は日銀審議委員候補に鈴木人司氏を国会に提示した。鈴木氏は三菱東京UFJ銀行取締役常勤監査等委員。
・日銀は18日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2017-04-17][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は17日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を725億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2017-04-14][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀の雨宮正佳理事が本日の衆院財務金融委員会に出席することが明らかになった。午前10時15分から45分までで、民進党議員からの質問に答えるという。
・雨宮日銀理事「長短金利操作は財政支援を目的としてない」「2%物価目標の実現が財政健全化に資する」
・雨宮日銀理事「出口の時期を予断持ってシナリオ語るの時期尚早」
・日銀は次回会合で景気判断の小幅上方修正を検討する方向となった。

[2017-04-13][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は13日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を725億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2017-04-12][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は12日、国債買い入れオペで「1年超3年以下」を2800億円(前回と同額)、「3年超5年以下」を3500億円(前回は3800億円)、「5年超10年以下」を4500億円(前回と同額)買い入れると通知した。
・日銀は12日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を725億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2017-04-11][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・日銀は11日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を725億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース バックナンバー

日本銀行(日銀) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース