日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース

日本銀行(日銀)

 日本銀行(日銀)は日本国の中央銀行で、政策金利(旧・公定歩合)操作、公開市場操作、支払準備率操作等の手法により金融政策を実施し、通貨流通量を調整することで物価と国民経済を安定させるたり、発券銀行として日本銀行券の発行および管理を行うなどの業務を行っている。

 このカテゴリには、複数の日銀関係者による為替相場や株式相場に影響があると考えられる発言や日銀短観レポート(全国企業短期経済観測調査)などの内容もニュースの1部として含まれています。

 政策金利については、世界の政策金利関係の発表・ニュースのカテゴリにおいて、他国と合わせて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-21][NP-3.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・布野幸利日銀審議委員「強力な金融緩和を粘り強く推進していくことが必要」「目標達成の具体的な期限を設けて、単純に物価の上昇を目指しているわけではない」
・布野幸利日銀審議委員「各国の通商政策の先行きに不透明感高く注視が必要」
・布野幸利日銀審議委員「物価は予想物価上昇率の動向中心に下振れリスク大」「過度な期待の強気化を示す動きは観察されていない」
・布野幸利日銀審議委員「物価はここにきて伸びがやや鈍化している」「物価の先行きはもみあいながらも、やや長い目でみれば上昇傾向を強めていく」
・布野幸利日銀審議委員「物価に過度に悲観する必要はない」
・日銀は21日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース

[2018-06-22][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・日銀は22日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を703億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-21][NP-3.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・布野幸利日銀審議委員「強力な金融緩和を粘り強く推進していくことが必要」「目標達成の具体的な期限を設けて、単純に物価の上昇を目指しているわけではない」
・布野幸利日銀審議委員「各国の通商政策の先行きに不透明感高く注視が必要」
・布野幸利日銀審議委員「物価は予想物価上昇率の動向中心に下振れリスク大」「過度な期待の強気化を示す動きは観察されていない」
・布野幸利日銀審議委員「物価はここにきて伸びがやや鈍化している」「物価の先行きはもみあいながらも、やや長い目でみれば上昇傾向を強めていく」
・布野幸利日銀審議委員「物価に過度に悲観する必要はない」
・日銀は21日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-20][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP +0.0]
・4月26-27日分の金融政策決定会合議事要旨「大方の委員は、企業の賃金価格設定スタンスがなお慎重なものにとどまっている点は注意深く点検していく必要があるが、2%の『物価安定の目標』に向けたモメンタムは維持されているとの認識を共有した。」「大方の委員は、企業の賃金・価格設定スタンスがなお慎重なものにとどまっている点は注意深く点検していく必要があるが、2%の『物価安定の目標』に向けたモメンタムは維持されているとの認識を共有した。」
・4月26-27日分の金融政策決定会合議事要旨「複数の委員は、人口動態の変化や技術革新など、金融機関経営に影響を及ぼす構造的な問題と、金融緩和に伴う影響は、区別して分析議論すべきであるとの認識を示した」「別のある委員は、市場では金利の早期引き上げを求める声もあるが、実際に金利を引き上げた場合、債券価格と株価が下落するとともに、円高で企業の経営が悪化し、金融機関の収益に大きな悪影響が及ぶ可能性があるとの見方を示した」
・日銀は議事要旨を公開し、そのなかで「景気は緩やかに拡大している」「輸出は海外経済の着実な成長を背景に増加基調」「現在の金融市場調節方針のもと、強力な金融緩和を進めることが適切」などいった見解を示している。
・雨宮正佳日銀副総裁「わが国経済は緩やかな拡大を続けるとみている」
・雨宮正佳日銀副総裁「先行きの物価動向は引き続き注意深く点検する必要がある」「現在の強力な金融緩和を粘り強く進めていくことが適切」
・雨宮正佳日銀副総裁「国債金利は安定的に推移し金融環境は極めて緩和状態」「2%の物価安定の目標までにはなお距離」
・雨宮正佳日銀副総裁「19、20年度は消費税率引き上げを背景に成長ペース鈍化」
・日銀は20日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を703億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。
・日銀の黒田東彦総裁は20日、ポルトガルのシントラで開かれた中銀の会合で、「国民の中に根付いたデフレ心理は非常に強固なもので、完全な解消には時間がかかる見通し」と述べた。 一方、物価が広範な形で一段と上昇すれば、2%の物価目標達成への勢いは堅持されるとした。

[2018-06-19][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は19日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を703億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は18日、全国信用金庫協会と信金中央金庫が20日開く「全国信用金庫大会」に雨宮正佳副総裁が出席すると発表。15:36頃から7分間程の挨拶をする。
・日銀は18日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を703億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-15][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は15日の金融政策決定会合で金融政策の維持を8対1で決めた。片岡委員は7会合連続で反対。
・日銀金融政策決定会合は、消費者物価指数の見方を下方修正した。
・片岡日銀委員「物価が2%に向けて上昇率を高めていく可能性低い」「0年以上の金利幅広く引き下げるよう国債買入れ適当」
・日銀声明「消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は0%後半となっている」「予想物価上昇率は横ばい圏内で推移している」
・日銀声明「片岡委員は10年以上の幅広い国債金利を一段と引き下げるよう、長期国債の買入れを行うことが適当であるとして反対」
・日銀は15日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。
・日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後の記者会見で、物価が想定通りに上がらない要因について、企業や家計に残るデフレ心理とともに企業の生産性向上が背景にあるとの見方を示した。7月に新たに示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、物価が勢いを欠く背景について詳細な分析を行う考えだ。

[2018-06-14][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀による国債買い入れオペでは、3年超5年以下が3000億円となった。前回は3300億円だった。
・日銀は14日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を703億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-13][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は13日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-12][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は12日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-06-11][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP -0.3]
・日銀は11日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

(最終更新日時 2018-06-23 11:15)

日本銀行(日銀)関係の発言・ニュース バックナンバー

日本銀行(日銀) カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース